ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
タグ:雪見温泉 ( 2 ) タグの人気記事
氷瀑(ひょうばく)ライトアップが圧巻!奥入瀬渓流リゾートで雪と氷と温泉と美食②

b0053082_20095395.jpg

b0053082_20095484.jpg


b0053082_20095403.jpg

2日めも無料のアクティビティで冬の奥入瀬を満喫します。
1日7回、バスでの冬の奥入瀬渓流ガイドツアーが催行されます。前の晩、ライトアップツアーで訪れた名所を今度は明るい時間に観賞。夜のうちに雪が積もりさらに固く凍った氷柱や氷瀑。夜と異なる白銀の世界はまたそれも魅力。両方を見ることで奥入瀬の大自然を体感することができます。

b0053082_20091500.jpg

b0053082_20095422.jpg

奥入瀬渓流ホテルのすべての客室にビクセンのルーペが置かれています(部屋の備品なので持ち帰りは厳禁ですよ!)。これもアクティビティスタッフのアイデア。滞在中は自由に使用でき、ツアー参加中、雪の結晶や苔にできたツララのさらにその内部の気泡を眺めたりが楽しいっ(笑)。小さな世界にひそむ美しさ、不思議さ。冬の奥入瀬の自然のなんと饒舌なことでしょうか。もう少しアクティブに氷瀑を楽しみたい場合は氷瀑スノーシューツアーがあります。ガイド同行でこちらも無料です。

b0053082_20090096.jpg

b0053082_20090057.jpg

さらに雪の散策を満喫したいのであれば、蔦沼スノーシューハイキングがおすすめ。こちらは有料でひとり2160円~。ブナ林の中をスノーシューをはいてハイキング。やさしいブナのシルエットと純白の雪のコントラストが本当に美しい。
b0053082_20085946.jpg

b0053082_20090161.jpg

冬の寒さをじっと耐える苔類などの説明も。持参したルーペがここでも活躍してくれます。
防寒・防水ジャケットやスノーブーツの貸し出しもあるので気軽に参加しているゲストがたくさんいらっしゃいました。

b0053082_20502788.jpg


マイナスの外気温の外でのアクティビティを終えて、「ラウンジ森の神話」へ。岡本太郎氏による高さ8.5メートル、重さ5トンのブロンズ製暖炉チムニーはホテルの象徴。大きな窓ガラスに向かったテーブルとソファ。混みあう夏の時期よりも空間を楽しんでもらいたいと暖炉を囲むようテーブルの位置を移動し、よりゆったりとした配置にしているそうです。
b0053082_20090012.jpg

私が予約したパッケージにはラウンジの特製スイーツと湧水珈琲の無料特典が。ということでお願いしたのが「幸福林檎のミルフィーユ」。注文を受けてからスライスするしゃきしゃきリンゴにさっくりパイ生地のサンド。湧き水で淹れた湧水珈琲と共にゆっくり味わいます。薪の香りと冬景色もまたごちそう。

b0053082_20091590.jpg

エコ活動にも積極的な奥入瀬渓流ホテル。翌日の清掃不要の場合、写真のエコロジーカードをドアノブにかけておくとお礼として売店で利用できる1000円の金券をくれます。ミネラルウォーターをくれたり、500円程度の金券に交換できるエコリゾートは知っていますが1000円は太っ腹。コーヒーブレイク後、売店を物色。ちょうど失くしていて欲しいと思っていたティッシュペーパー入れがあったので即決。青森県のクラフト、裂き織り(さきおり)のかわいいタイプ。値段は1080円。得しちゃいました。

b0053082_20093086.jpg
夕食前にはスパを予約。外部のサービスですがとてもお上手でした。予約時間前には温泉に入念に浸かり、体を温めておきます。お願いしたのは60分のボディ。慢性的な肩こり持ちなので肩まわりを丁寧に。適度な強さのストロークでいつのまにか寝てしまっていました。翌日、肩こりはもですがもみほぐしてもらった足がスッキリ軽くなっていて感激。

b0053082_20093152.jpg
b0053082_20093154.jpg
そして2日めの夜のハイライト。昨晩とは異なるメインダイニング「奥入瀬」で「西洋膳処 奥入瀬」と名づけられたコースメニューをいただきます。前菜、スープ、サラダ、魚、お肉などデセールを入れて9品。日本人好みの洋食と会席を融合させた料理長オリジナルの内容。もちろん青森県産の食材がたっぷり使用されています。
あわせるお酒はお薦めという日本のワイン、日本酒の4種類のペアリング。

まずは前菜。ウニと人参のムース、ホタテのカダイフ揚げ、パテドカンパーニュなど。ロゼワインとあわせます。

b0053082_20093101.jpg
b0053082_20092949.jpg
次に出てくるのがオニオングラタンスープ。これおいしかった~。熱々なのでゆっきり味わいます。はふはふ

b0053082_21472154.jpg
冬が旬のブリと根菜のサラダ、タラの白子のフリット、ブイヤベースと続きます。小ポ―ションですが少しずつお腹がいっぱいに。あ、東京から取り寄せているという焼きたてパンがおいしいのでつい食べてしまいますのでご注意を。

b0053082_20092997.jpg
ペアリングの日本酒、本来は八仙なのですが昨晩、同じものを飲んでしまったことを告げると豊盃に代えてくれました。どちらも青森を代表するお酒です。

b0053082_20094087.jpg
b0053082_20093024.jpg


メインは牛ほほ肉の赤ワイン煮とステーキ。お肉をふたつの料理で楽しむ趣向です。

b0053082_20094082.jpg
そしてシメがひと口欧風カレー。「ひと口分だけ!」と頼んだら本当にひと口くらいのボリュームでありがたい。欧風ですがピリッとスパイシー。このあとにデセールが続き、もう満腹、満足。場所柄、ご年配のお客様のご利用も多いはず。ナイフとフォークに加えてお箸も用意されていました。日本人好みの洋食テイストを取り入れた料理の数々もお箸でいただけるものがほとんど。りんごキッチンのブッフェとあわせて楽しみたいダイニングオプションでした。

今回は2泊しましたが、奥入瀬は1泊ではもったいないとあらためて実感。冬場はふたりで宿泊すれば1泊2食付でひとり1万円台~とリーズナブル。しかもご紹介したように各種アクティビティも無料です。ただしスキーシーズンでもあるので週末や2月の旧正月などは海外からのお客さまも増えると予想されるので予約はお早めに。

わたしが滞在した日はやや暖かく、本格的な氷瀑を見るまでには至りませんでした。なので、あともう一度。厳冬の時期に再訪したいとチャンスを狙っています。

冬の奥入瀬で、氷瀑が待っていますよ!

b0053082_20095953.jpg

by naoko_terada | 2018-01-22 07:00 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(0)
氷瀑(ひょうばく)ライトアップが圧巻!奥入瀬渓流リゾートで雪と氷と温泉と美食①
b0053082_23262069.jpg
すべてが凍るこの時期、奥入瀬に行ってきました。
星野リゾート 奥入瀬渓流ホテルが9年ぶりに冬季営業をはじめたのが昨年12月。現場スタッフの「冬の時期の奥入瀬の魅力を伝えたい」という思いが実現した形になります。
この数年、青森県の観光促進のお手伝いをしていたことから真冬の奥入瀬・八甲田に来たことがあり、そのときに「厳しいけれどほかにはない雪体験は実に魅力がある」と感じていました。観光客に来てもらうためには客室数が多い、奥入瀬渓流ホテルが冬季営業することは重要なこと。それだけに再開の発表はとてもうれしいものでした。


b0053082_23511887.jpg
スキー場がある八甲田と異なり、奥入瀬の魅力は雪と氷のおりなす自然景観こそがキラーコンテンツ。そのためには冬の奥入瀬を楽しむ仕掛け、アクティビティが必要です。
そのアクティビティの目玉が、「氷瀑ライトアップツアー」。
氷瀑とは滝が凍った状態のこと。それをゲストだけのためにライトアップするという趣向。国立公園の奥入瀬渓流沿いは人工的な照明は一切なく。ゲストを乗せたバスと並走して特殊な照明を搭載した車が数分間、光のショーを見せてくれます。「馬門岩」「千筋の滝」「雲井の滝」「三乱の流れ」の4スポットに停車。ブルー、パープル、赤と幻想的に色を変えて映し出される氷瀑や氷柱としんと静まり返った雪の世界。数分だけライトアップされる奥入瀬の表情に魅入ってしまいます。

b0053082_23511718.jpg
見上げる枝もアートのよう。
このアクティビティですが、なんと宿泊ゲストは無料!まだトライアル的な要素もあるため、今年は無料で提供しています。代わりに参加者のみなさんの意見を聞きたいので、体験された方はぜひご感想をスタッフに伝えてあげてください。
ちなみに氷瀑ライトアップツアー。十和田市も開催していますがこちらは有料(大人1000円~)。運行がホテルとは逆の十和田市側からスタートするため見学ポイントも異なります。詳細はこちらへ。

b0053082_00055646.jpg
休業中は客室や大浴場などのアップグレードに費やされているため、快適さはググッと向上していました。特にお部屋。以前の和室のイメージを刷新。スタイリッシュに居心地のいい空間に生まれ変わっていました。上の写真のこちらは2015年に誕生した「渓流和室」。窓の外は奥入瀬川のせせらぎ。そこに向かって置かれているのが「渓流ごろんとチェア」と名づけられたカウチ。ここはお二人でもいいですがひとりでこもるのにもちょうどいい空間。

b0053082_00055632.jpg
同じようなスタイルで洋室仕様なのがモダンルーム。

b0053082_00060680.jpg
露天・半露天風呂付きの特別室。わたしが滞在したのはこちらの半露天風呂。もちろん温泉です。一見、内風呂のようなのですが。。

b0053082_00061690.jpg
こんな感じで窓を思いっきり全開すると半露天に。まさに渓流の音を聞きながらの雪見風呂を好きなときにいつでも堪能できる贅沢さ。柔らかいお湯は湯あたりもせず、飽きません。


b0053082_00061572.jpg
「渓流ごろんとチェア」で読書をしながら、雪を眺め、温泉に浸かる。少し遅めのお正月休み、と思い自分を甘やかします。


b0053082_09351886.jpg
温泉大浴場も昨年、リニューアル。冬露天の醍醐味として、「氷瀑の湯」と名前も変わりました。その名前のとおり、渓流に面する大露天の壁面を氷瀑にみたてる演出が。わたしが滞在した1月上旬はまだそれほど雪も寒さもおだやかで氷瀑もささやかでしたが、スタッフによると見頃は2月上旬あたりとのこと。写真のようなドラマチックな空間でぬくぬく温泉浴が楽しめるという趣向です。
※写真はサイトから借用しました。

b0053082_00210406.jpg
b0053082_00210539.jpg
今回は2連泊。初日のディナーは「青森りんごキッチン」。青森といえば、なんといってもりんご。りんごのモチーフ、インテリアだけではなく料理にもりんごが多用されています。
b0053082_00210568.jpg
リンゴを用いたメニュー以外にもお刺身や、青森名物のばら肉とタマネギを甘辛く炒めたバラ焼きなど和洋メニューがそろいます。
b0053082_00210547.jpg
b0053082_00210679.jpg
熱々で提供するのが大きなホタテのグリル。隣ではローストビーフをシェフが盛り付けています。

b0053082_00210577.jpg
お供は奥入瀬ビール。このあとは日本酒ですね。

b0053082_00210450.jpg
ゲストに人気のデザートが、こちら。アップルパイ。中にリンゴのコンポートが入った生地をさっくりと焼き上げています。熱々のアップルパイを食べ、濃厚なソフトクリームをひとくち。サイズ感もちょうどいい。

b0053082_00465106.jpg
「青森りんごキッチン」は朝食ブッフェもすごかったです。
b0053082_00465241.jpg
b0053082_00465141.jpg
b0053082_00465143.jpg
b0053082_00465176.jpg
しぼりたてのりんごジュースや目の前で焼くりんごのパンケーキ。今年は野菜が高騰しているけれどパリッとしたみずみずしいサラダもたっぷり。わたしはなんとなく和食の気分だったので、こうなりました。

b0053082_00465061.jpg
b0053082_00465034.jpg
ごはんは少なめにしたのですけどね。笑 ついあれこれのっけてしまいました。食べ過ぎ。

b0053082_00520416.jpg
岡本太郎の「太郎かっぱ」に笑われてしまいました。

続く

by naoko_terada | 2018-01-16 07:00 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム