ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
タグ:旅館 ( 8 ) タグの人気記事
新潟のおいしさたっぷり!「里山十帖」の感動、朝ごはん


b0053082_1936153.jpg

5月に訪れた里山十帖続きです。
すっきりと朝風呂をいただき、さて朝食です。

近くの山の湧水はお部屋、ラウンジにも用意されていますが、
朝食のテーブルにもステキなメッセージと一緒に置かれていました。

b0053082_2044866.jpg

このときは春がやっと訪れた季節。
ということで、まず大ぶりの角皿に盛られた山菜が登場。
こごみ、ふきのとうなどねばり、苦味のある味わいが春を感じさせます。
シャクシャクと軽快に口の中で咀嚼、季節をいただきます。

ちなみにこの角皿をはじめ、使われているのは北前船で持ち込まれた伊万里とか。
日本海の寄港地だった新潟ならではのストーリーがこういった食器から伝わってきます。

b0053082_20282034.jpg

これはお味噌汁の具材。
ザクザクと切られた野菜をテーブルに備えた小鍋に味噌を溶き、自分好みの味噌汁に仕上げます。
味噌もこちらの自家製。

b0053082_20311614.jpg

そして、土鍋で炊き上げた熱々の白米は、もちろん新潟・魚沼産コシヒカリ。
その中でも宿のある「大沢」集落の源流部にあたる「大沢山」産のものを使用。魚沼の中でもと~っても美味しいと賞される地区のもの。
ハフハフと湯気をあげる炊きたての白米をほうばり、噛みしめる幸せ。
日本人に生まれてよかったと、心から思う瞬間です。お米の神さまと農家さんに感謝、感謝です。
前の晩は到着が遅く、夕食をスキップしたのでなおさら美味しく感じます。
おこげまでちゃんといただいて、あ~、満腹、満足。

b0053082_2037543.jpg

たーっぷりと朝食を味わい尽くし、一度部屋へ。室内の露天風呂にさっと浸かり、二度寝、といきたいところですが、せっかくなのでお宿内を探検。
ピクトグラム風の案内もデザイン性があり、おしゃれ。

b0053082_2040776.jpg

アンティークな箪笥、若手アーティストの作品などの新旧が違和感なく溶け込むラウンジのエントランス。

b0053082_20412871.jpg

ゲストは誰でも利用できるラウンジには、写真集、雑誌などが置かれ、19〜22時には日本酒、ウイスキーなどの無料サービスがあります。

b0053082_20441146.jpg

b0053082_204426100.jpg

ゲストが他にいなかったので、お願いして空いている客室も見せていただきました。それぞれ個性があり、好みで選ぶと楽しそう。巻機山を望むマウンテンビューはもちろんですが、逆側の里山の森の景色も悪くない。ここにこもって仕事をするのもいいかな。

b0053082_20484624.jpg

そうそう、今回、とても気に入ったのが滞在中の部屋着として用意されていたこのアウター。フェアトレード製品を扱う「ピープルツリー」の製品で軽くて温かく、肌触りも最高にすばらしい!
スタッフのユニフォームもシンプルでとてもおしゃれだったのですがそれも既製品とのこと。オリジナルにこだわらなくてもどう組み合わせるかでセンスある空間、存在感が作れるということを教えてくれて感心しました。

b0053082_20575483.jpg

そして最後、駅までの送迎の車を待つ間、レセプション脇の階段をとんとんと。

b0053082_205945.jpg
b0053082_20591697.jpg

「小屋組み」と名づけられた隠れ家のようなラウンジ。
ヤコブセンのエッグチェア、柳宗理のバタフライスツール、イームズのCTWなどの名チェア、テーブルなどが贅沢に置かれています。どっしりと重厚な150年の古民家とがっぷり四つに組んだモダンさが秀逸。まさに温故知新。
みごとです。

b0053082_2143497.jpg

ここにこもって、お気に入りの本でも読みながら過ごすのがなによりの贅沢でしょうが、そろそろチェックアウトの時間です。

b0053082_2161329.jpg

宿に別れを告げ、車で送ってもらい10分。最寄りの大沢駅へ到着。
ここから越後湯沢まで電車に揺られてさらに10分、あとは新幹線で東京まで一直線。都内から伊豆あたりに行くのと変わらない距離感なのだとあらためて実感。
それでもこの田舎の風景は、はるか遠くの鄙びた里山の雰囲気を残していて郷愁をおぼえます。

b0053082_21101572.jpg

ガタンゴトンと揺られながらの車窓の先には、最後に見送るかのように越後の山々。
スコーンと晴れあがった青空に凛々しく映えます。

b0053082_21121115.jpg

そのふもとには水が張られはじめた田んぼ。
あたりまえのような里山の景色ですが、このとき、ほんの刹那的に愛おしく、大切に思えたのはそれを受け継ぐ里山十帖のような宿に滞在していたからかもしれません。

心の中で日本の美しき風景に感謝をしながら、

また、遊びに来ようと思ったのでした。
by naoko_terada | 2014-08-05 21:35 | 日本 | Trackback | Comments(0)
2013年マイベスト旅館!勝手に旅館遺産認定!青森・八戸 新むつ旅館
b0053082_14554538.jpg

今年もいろいろなお宿にうかがいました。
どこも魅力にあふれ、ゲストに心地よい滞在と楽しい思い出を作って帰ってもらうため一生懸命がんばるご主人たちがいる。
かけがえのない日本の財産です。

その中で今年、最も印象に残ったのがこちら。
青森県・八戸市にある新むつ旅館です。
東北初のダイニングトレイン、TOHOKU EMOTIONに乗車するのに伴い、八戸で一泊した際に選びました。
普通の住宅街を歩いていると、まるでタイムスリップしたかのようにそこだけ異空間があらわれます。
近所のニャンコが玄関番でお出迎え。

b0053082_15121491.jpg

明治31(1898)年創業。
前身は「新陸奥楼」という遊郭です。
建物は登録有形文化財に指定され、現役の旅館としての存在は珍しいそう。

b0053082_15141451.jpg

玄関を入るとこんな感じ。
いい感じに鄙びています。
たまらないです。

b0053082_1520590.jpg

二階が座敷です。
かつてはここで華やかな宴会が毎夜、行われていたのかと思うと感慨深いです。
ちなみにこの日の宿泊はわたしだけ。
本当は断ろうかと思ったけど、夜に宴会があるのでごはん作るの一緒だしね、だからお客さん受けたのよ。と快活に笑う女将さん。
ラッキー。
数日前に電話で、「東京から女ひとりでの宿泊なのですが大丈夫ですか?」とたずねたときもこの女将さんでした。
「ああ、はいはい大丈夫ですよー」
そう、屈託なく答えてくれた応対がとても気持ちのいいものだったので、来る前からここはきっといい宿だと勝手に思っていました。で、やっぱり正解。

b0053082_15243552.jpg

大広間には今日の宴会の席が設けられていました。

b0053082_15252997.jpg
b0053082_15254921.jpg

貸座敷というのですね。
当時の誘客名簿が広間に並べられています。
中身がすごいです。いつ、いくらというのはわかるのですが、人相、年齢、着ていた着物まで詳細に記録されています。
夜から翌日の午前中までというのが多く、遊興費は壱円が多いです。
当時の一円は約4000円とか。
意外にお安いかも。
でも、このあたりだともうちょっと高い感じでしょうか。

b0053082_15455581.jpg
b0053082_1546657.jpg

花街としての栄華を感じる写真も。
北国らしい色白の美人さんが多い。
顔立ちから見て10代ですね。もっと幼い子供たちの姿も。

b0053082_15483256.jpg
b0053082_15484663.jpg

これが私のために用意された客室。
トイレ、お風呂はもちろんなしです。
釘隠しに鶴などの金物の意匠が施され、随所にある凝った造りにかつての羽振りのよさがうかがえます。

b0053082_15514154.jpg

夕食は厨房が見える居間のようなお食事スペースで。
もちろん、わたしひとり。
耳はまったく聞こえないけれどしゃきしゃきと働く90超えのおばあちゃんと女将さんが上で始まった宴会の料理を作っています。
わたしは瓶ビールをいただいて、料理をつまみに東奥日報を読みつつNHKニュースを。
ときおり女将さんと、「明日は雪かもしれないねぇ」などとおしゃべり。
外はしんと冷えてきたけれど、ストーブの暖と人のぬくもりで温かい。

これで1泊2食6825円。
観光客に人気の魚菜小売市場が近いので、そっちで朝食を食べるというと300円引いてくれます。

場所は八戸線「小中野駅」か、「陸奥湊駅」から徒歩10分ほど。
陸奥湊駅にはタクシーがいるのでそれを利用してもいいと思います。


勝手に旅館遺産に認定の、新むつ旅館。
TOHOKU EMOTIONとあわせて利用してみてもらいたい、愛すべき日本の宿です。
by naoko_terada | 2013-12-30 16:05 | 東北応援! | Trackback | Comments(0)
婦人画報 「日本の名旅館」 日経 何でもランキング 「女子会プランが充実しているホテル 東西ベスト10」


b0053082_14222213.jpg

涼しげな表紙が夏への旅に誘います。

婦人画報7月号は、創刊108周年記念号!

特集は、「新基準で考えた 日本の名旅館」です。

さすが堂々の名宿が登場。
わたしは、東京の温泉好き、旅館好きの方にぜひ、訪れていただきたい、関西の名湯・城崎温泉の老舗の宿をレコメンドさせていただきました。

また、大好きな宮城県・松島の小体な入江の宿も紹介されていて嬉しい!

テーマは新基準、となっていますが、
最終的には、それぞれの方の「好み」が一番、いい宿になると思っています。
美しい写真、推薦者の言葉をヒントに、自分だけの愛すべき「日本の名旅館」と出会っていただければと思います。



そして、もうひとつ。
こちらは、ホテル好きのみなさんへ。

日経何でもランキング「女子会プランが充実しているホテル 東西ベスト10 」

5月11日の朝刊に掲載されたものなので、すでに見ていただいた方もいらっしゃるかもしれませんが、サイトのほうで読めるようになっていますので保存用に。

ホテル業界のみなさんと一緒に推薦者として、あれこれリストアップさせていただきました。選んだポイントは、やはりコストパフォーマンスのよさ。
スペースが限られている紙面では、すべてのプランの詳細を紹介することはできませんから、ご興味あるプランがあれば、ぜひホテルのホームページでチェックしてみてください。


さらに、女子会プランを満喫するコツとしては、

① ひとり料金がおさえめになる3人での利用(4人一部屋可能なプランがあれば4人での利用も)。

② できれば平日を選ぶ。

③ お得な分、ワンランク上の客室を選んでみる。

④ 翌日も昼頃まで、自由な時間を作っておく。



沖縄はすでに夏まっさかり、東北ならば、新緑。
日本は美しく、豊かです。

四季うつろう風情ととけあった日本の宿、ホテルは、さわやかな季節を迎えています。
by naoko_terada | 2013-06-02 15:02 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
婦人画報で「雪の宿」、UOMOで、ペニンシュラ直伝の知られざる香港!

b0053082_1215349.jpg

こういう特集の季節がやってきました。

婦人画報12月号で、「雪の宿」を大特集。
ほれぼれとする美しい雪見の宿の写真が、つんと冷たい冬の旅へと誘います。

エッセイスト・紀行作家でいらっしゃる柏井壽さん、
温泉ビューティ研究家の石井宏子さん、温泉教授の松田忠徳さんと一緒に、
絶景の雪景色と温泉のお宿をお薦めさせていただきました。

「温泉通」となっていますが、
すばらしい宿の数々を挙げられている
ほかのみなさんに比べたら、わたしはまだまだ修行の身ですね。

ひとつだけ、こだわったのは手が届くリーズナブルさのあるお宿、という点でした。
憧れの宿もいいですが、やはり実際にうかがうには、
現実的なお値段のものが望ましいですからね。


b0053082_1304321.jpg

そして、渋いヒュー・ジャックマンが表紙のUOMO12月号

今回は、寺田祭りですっ!(ウソ)

まず、「あなたの まだ知らない香港」
というタイトルで6pの特集を。
撮影は、「メイキング・オブ・ザ・ペニンシュラ東京」の著者、山口規子さん。

知られざる表情の香港を教えてくれるのは、
ザ・ペニンシュラ香港の現役スタッフたち。
ペンが『Our Hong Kong』というスタッフたちから集めた、
すてきな50のストーリーをちりばめたイラスト本を作った記念企画。
知っている場所も多く登場しますが、
そこにスタッフの幼い頃の思い出、趣味人としてのこだわりなど、パーソナルな思い出が寄り添い、なんともペンらしいファミリーライクな一冊に仕上がっています。

この本、現在、客室に1冊プレゼントされる非売品。
ペニンシュラファンなら、ぜひ、手に置きたい貴重なアイテムです。


そして、連載の「わがままコンシェルジュ」では、
気になる、パリの老舗VSニューカマーのホテル革命勃発をテーマに、新旧ホテルの「今」をフィーチャー。
キーワードは、「パラス」です。

さらに、今号はもうひとつ。
人気連載、茂木健一郎さんの「脳に効くホテル・旅館」のお手伝いを。
通常は、担当編集者S嬢が同行する茂木さんとの取材をバトンタッチ。
富士を愛でるお宿へお連れいたしました。
文学者としての茂木氏の文章が、富士との邂逅をつづります。



冬のバカンスはもう目の前。

思い出深い旅を、今年もぜひ。
by naoko_terada | 2011-11-02 01:55 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
和モダンでなく、湯田モダンへ  山口県「古稀庵」 本日オープン
b0053082_8163836.jpg

観光審議会委員をさせていただいている山口県。
いつも訪れる際、何かとお世話になるのがライフという会社を運営する藤井ファミリー。
このすばらしい商品がきっかけで家族ぐるみでおつきあいさせていただいています。
先日の地中海クルーズのお伴をしてもらった、コレも藤井さんからのご紹介。


その藤井さんの奥さまからお電話をいただいたのは、ひと月ほど前でしょうか。

「湯田温泉に新しくできる旅館の試泊をしませんか」

というお誘い。

なんでも、運営するご一家とは昔からのお知り合いとのこと。
せっかくのステキなお誘い、喜んでお受けすることにしました。

宿の名前は、古稀庵(こきあん)
山口出身で、激動の幕末を生きた宰相、
山縣有朋が70歳のときにかまえた別荘が名前の由来。
ロケーションは、湯田温泉
白いキツネによって見つけられたという伝説を持つ、美肌の湯。
アルカリ性単純温泉は、サラリと優しいお湯です。

b0053082_821878.jpg
b0053082_8213176.jpg

湯田温泉のメインストリートに面したエントランスを抜けて、中へ。
初々しい接客のスタッフたちに導かれて入ると、みやびさとスタイリッシュさを兼ね備えた空間が。この洗練されたスタイルは今までの湯田温泉にはなかったもの。
わぁ、と見まわしてしまう(笑)。

b0053082_8354915.jpg

b0053082_8414062.jpg

今回は開業前の試泊、ということで、
なんと、この日の宿泊はわたしだけとのこと!
ジャパネスクな色調のカーペットにモダンな萩焼がアクセント。
風情のある回廊を抜けて通されたのは、
宿の中で最もゆったりと贅沢なスペースを持つ離れ「瑠璃茉莉(るりまつり)」。

b0053082_8314150.jpg

古稀庵には客室が全16室。
瑠璃茉莉は1階に位置し、ベッドスペースに琉球畳の和室スペースを兼ね備えた和洋室。さらに、緑の庭園とテラス、そしてプライベートプールがあります。

デザインは、山口県を代表するもうひとつの和モダンな宿、音信(おとずれ)と同じ、石井建築事務所。
全国のモダンリゾート、ホテルなどを手がける知る人ぞ知る、実力派アーキテクト集団。
どうりで、ちょっとテイストが似ている感じ。

b0053082_932667.jpg
b0053082_9338100.jpg

客室のお風呂は、すべて源泉かけ流し。
瑠璃茉莉にはダブルシンクの洗面スペース、シャワーブースの先に露天風呂。
さらにその奥にはプールと庭園。
なんとも贅沢です。

b0053082_955013.jpg

木桶も、畳も、あたりまえですがどれもピッカピカに新しく、
とても気持ちがいい。

b0053082_973133.jpg
b0053082_9746100.jpg
b0053082_975978.jpg

夕食まで、少し時間があったので、大浴場へ。
内湯と露天も、もちろん源泉かけ流し。
生まれたてのフレッシュなお湯を誰もいない湯船で独占状態、の~んびりリラックス。
湯上り処や、空間に配された可憐な花や和のテイストの演出がなごみます。
今回は体験しませんでしたが、隣には本格的なスパ施設もあります。

b0053082_9173371.jpg
b0053082_9174882.jpg
b0053082_918313.jpg

温泉からあがった後のお楽しみは、もちろん夕食。
ステキなコンシェルジュ、スタッフの案内で、ダイニングへまいります。
「桜の香」と名付けられたレストランは、パブリックスペースのアイコン的存在、リゾート気分の庭園を望む、エレガントな空間。
窓の外の緑、随所に配された意匠が印象的です。

b0053082_9233784.jpg
b0053082_9235416.jpg

料理長が腕をふるうメニューはオリジナリティあるひねりを効かせた日本料理。
ゆずの皮に明太子を詰めたスイカに見立てた前菜、山口県産のアワビ、カレイなどのお刺身は、季節感あふれ、目でも楽しめる涼やかさです。

b0053082_9291598.jpg
b0053082_9292996.jpg

今回、ご招待くださった藤井ご夫妻を囲んでの、楽しい夕餉。
フカヒレの碗、洋食のテイストを加えた煮物と続き、
これも山口名産の車エビの焼き物に、牛肉ならではの風味が広がる秋吉台高原牛のヒレステーキ。

さらに、湯田温泉をはじめ、山口のレジャー産業をけん引されてきた代表取締役が秘蔵の銘酒「金冠黒松」を藤井ご夫妻のためにど~んとご提供。
わたしもそのお相伴にあずかります。
これは純米酒部門全国一位をとった貴重なお酒。
スッとのどをとおる淡麗さと、芳醇さを持った実にきれいな日本酒です。

b0053082_9454654.jpg

会話が弾み、美味しい食事を楽しんでいるうちに、庭園にも夜の表情。
まるでバリ島のどこかのリゾートにいるような気分になります。

b0053082_9472732.jpg

最後のデザートまで全部で12品。
どれも、細やかな仕事がされた料理長の腕と情熱を感じさせるメニューばかり。
食のクオリティの高さは新しい宿としては驚くほど。
すばらしい内容です。


b0053082_9525920.jpg

翌朝も、おいしい朝食からスタートです。

料理長手作りの胡麻豆腐、関東と関西の二種類の味の玉子焼き、むつみ豚の低温ロースト、鯛うす造りなどバラエティに富んだメニューが、少しずつ。
長州黒かしわが入った、山口荒神味噌のお味噌汁が、しみじみと美味しい。

b0053082_9571046.jpg
b0053082_9572457.jpg

昨日は雨だった空も回復傾向。
夕景とは異なった、開放的な庭園がまた、みごと。
脇には足湯もあり、ここでのんびりするのも楽しそう。


新しい宿なので、ソフト&ハード共にまだまだ未熟さも見え隠れします。
それでも、こういった宿が生まれることで、いままでになかった新しいゲストに山口県に来ていただけるきっかけができると思っています。

ラグジュアリーなだけではない、心からのおもてなしがある空間。

それを、和モダンではなく、湯田モダンと提案したいと思います。


湯田モダンな宿、古稀庵。
本日、開庵です。



ぜひ、みなさま、山口へお越しくださいませ。
by naoko_terada | 2011-07-06 10:02 | 日本 | Trackback | Comments(2)
OPENERS  あたらしい東京へのロードマップ


ビジョンを持った媒体との仕事は、相互のモチベーション、パフォーマンスが迅速に行動、公開となる場合が多く、常に刺激と喜びに満ちます。

オウプナーズも、そんなメディアのひとつ。


ファッション、料飲、ホスピタリティ産業などが経済をまわしつつ、日本の中心となる東京の新しい未来への形をどう創造できるか。そんな視点のプロジェクトをスタート。


それが、Guide to Tokyo in New Perspective あたらしい東京へのロードマップ


わたしも、ホテル編としてザ・ペニンシュラ東京、ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ、ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパと、それぞれ異なるブランドを取材、執筆させていただきました。


スタート前にY編集長と打ち合わせした際、このプロジェクトを長期に、多岐にわたり続けていくお話をうかがいました。今回はホテルに絞りましたが、わたしも、今回限りとは思わず、さらに多くのホテリエ、旅館の女将やオーナーなど、観光産業にたずさわるみなさんとお会いし、形になる行動をしていきたいと思っています。



ビジョンを持つのはメディアだけではありません、
ホテルや宿など、ホスピタリティ産業こそ、その大きな存在です。
by naoko_terada | 2011-05-22 14:28 | 日本 | Trackback | Comments(0)
婦人画報 「今、泊まりたい宿 105選」


b0053082_1464778.jpg

今年、創刊105年という日本の婦人雑誌の先駆けであり、
日本の「美」を伝え続けてきた「婦人画報」

今月号は、その105年にちなんで「今、泊まりたい宿 105選」が巻頭特集です。
わたしもちょろりと選者として「今すぐ行きたい宿」でお宿をレコメンド。


それにしても、日本には惚れぼれとする宿が数多くあります。
老舗もあれば、誕生したばかりの最新のお宿も。
ホテルとは異なるしっとりと艶めく空間は、日本の美学の集大成。



春がゆきて、新緑の季節。


旅へと心が躍ります。
by naoko_terada | 2010-05-01 14:17 | 掲載メディア | Trackback | Comments(2)
山口のぬくもりある、モダンな宿「てしま旅館」へ
b0053082_156379.jpg
b0053082_156266.jpg

山口県を訪れたなら、ぜひ泊まってみたいと思っていたのが、こちら。
阿知須(あじす)にある、てしま旅館です。
ジャスト30才の三代目を中心にファミリーでがんばる、ちいさな小さなお宿。
ビジネス旅館として経営していたものを、モダンなデザイン旅館に改装。
新しいニッポンの楽しみ方を教えてくれます。

チェックイン時には、まず、玄関にあるラウンジでおしぼりとお茶。
そして、てしま旅館名物の「てしまんじゅう」のプチサイズが。
これは隣接したショップで販売もしています。
かわいい、おもてなしに心がほころびます。

b0053082_1520835.jpg


私が泊まった部屋は、通常、二人で利用できるもの。
もちろん、シングル利用もできます。
バスルームはありませんが、温泉の大浴場があるのでそんなに気にはならない。
ミニバー、お茶のセット、CDなどが揃い、
窓側の真っ赤なチェアはなんとマッサージ機能付き!
旅館でもない、ホテルでもない独特のてしまイズムが感じられます。
ただし、窓の外には国道、さらにその先には鉄道が走っているので、車や電車の音がBGMです(笑)。静寂をお好みの方には不向き。
ちょっと観光地に飽きた外国人などに好まれるのでは、と思いました。
三代目はカナダに留学経験もあるので、英語も通じます。

b0053082_15283829.jpg


そして、この宿の真骨頂が食事。
ニ代目が作る創作料理は、山口の新鮮な食材がたっぷりと。
プロの技術に家庭的なエッセンスが少し。
作った人の顔が見えてくる料理は、とても好感が持てます。
夕食に同席していた全員が大絶賛したのが、写真の「甘鯛の揚げだし」。
好みでトロリとした半熟卵をかけていただく。
クリスピーな揚げ加減と、上品な味付け。
ひとりずつに大きめの甘鯛一匹が供されましたが、みなペロリ。
また、山口県の特産である「活き車海老」も絶品!
お酒が困るほどすすみます(笑)。

b0053082_15382259.jpg


翌朝の朝食は、和食を所望。
好みで洋食も選べますが、やっぱり日本の正しい朝食をいただきたいもの。

登場したのはこちらも、てしま旅館の大人気商品、「あおさ醤油」。
醤油に「あおさ」を加えたもので、風味よし。
お隣に優しくよりそうのは、ぷっくりした黄身の「てしたまご」。
昨日の「てしまんじゅう」も、「甘鯛の揚げだし」もすべては、この卵が主役。
どちらもお取り寄せ可能なので、さっそく我が家族や友人に送ったところ、大好評。

ぶちうまいです!!


今回、山口県をまわってみて感じたのは、若い地元の人たちのがんばり。
都会や海外など、一度、外を見ているからこその新しい視点で、自分たちの生まれた場所の魅力を発信していきたいと考えています。


そんな彼らを、わたしは応援したいと思っています。
by naoko_terada | 2008-02-06 15:55 | 日本 | Trackback(2) | Comments(4)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム