ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
タグ:ワイン ( 6 ) タグの人気記事
尊敬するワイン醸造家、池野美映さんとのワイン&人生談義
b0053082_125192.jpg

今や日本を代表するワイナリーのひとつとして知られるドメーヌ ミエ・イケノ
その代表であり、日本での女性ワイン醸造家のパイオニア的存在でもあるのが、池野美映さん。
長年、親しくしているご縁で、オフィシャルサイト内の読み物コンテンツ「会えたらいいな。」で、対談をさせていただきました。

b0053082_1405717.jpg

池野さんとの出会いは、かれこれ9年前、2007年のことです。リゾナーレ八ヶ岳におじゃましたときに広報のMさんが引きあわせてくれました。
ちょうどその前年、池野さんは畑を開墾しはじめたばかり。そのとき、たくさんのネコの足あとを見つけたことから畑の名前を「猫の足跡Les pas du chat(レ・バ・デュ・シャ)」と名づけました。
ハードな労作業を黙々と行う姿と、ときおり見せるはにかんだ笑顔。プロのたくましさと女性らしいチャーミングさを感じたものです。

b0053082_1451489.jpg

b0053082_150329.jpg

その後、機会があると食事を一緒にしたり。ときにはラベリング前のとっておきの1本をいちはやく味わわせてもらうことも。もちろん、ワインがすばらしいのもちろんなのですが、互いの近況から仕事に対する思いなど、あれこれと語り合う時間はとても貴重で楽しいものでした。

今回の対談もお声がけをいただき、とてもうれしく思いました。
対談場所は中でも紹介していますが、コンラッド東京の中国料理「チャイナブルー」。ちょうどコンラッドのエグゼクティヴムリエの森覚さんがいらっしゃったのでソムリエ自ら池野さん持参のリリース前の2014シャルドネをサーヴ。ラッキーすぎます!

対談時も食事をして、ワインを傾けながら取材そっちのけで思わず話し込んでしまいました。ワインと文章。生産するものは異なりますが伝えたい気持ち、誰かの喜びになればという願い。仕事を通しての思いは共感するものが多々あります。

最近は若手の醸造家の育成、アドバイスなども積極的にされている池野さん。チャーミングさはそのままにますますパワーアップしてもらいたいと思っています。

b0053082_1442284.jpg

9年前、まだ小さな苗木だけの「猫の足跡畑」で私も1株だけブドウの苗を植えさせてもらいました。
今、それが豊かにブドウを実らせ、池野さんの手によってすばらしいワインが生まれているかと思うと感無量。どこにいても、池野さんのワインを開けるたびに、あの美しいブドウ畑の風景が浮かびます。

b0053082_22312.jpg

by naoko_terada | 2016-11-07 06:30 | マイ・フェイバリット | Trackback | Comments(0)
ウェブマガジン オウプナーズ「美食大陸オーストラリア、美食とワインをめぐる旅へ」


b0053082_3235213.jpg

昨年11月に取材したオーストラリアの美食とワインをめぐる取材がオウプナーズの特集記事として公開されました。

まずは、なぜ、美食がオーストラリアなの?ということでこちら、新鮮な食材と自由な発想から生み出される豊かな食文化を。

そして第一章はワインを愛する人にはおなじみ、西オーストラリア州マーガレットリバーにフォーカスしたコチラを。

今後、第二章、第三章として新しいラグジュアリーリゾート誕生の世界遺産グレートバリアリーフ、さらに私が20代を暮した愛すべき街シドニー、そして今回のハイライトだったタスマニア州で開催された美食大陸オーストラリアのフードイベントのリポートも。
すべて今後、みなさんがオーストラリアを訪問した際に役立つようにガイド的なディテールをなるべく加えています。保存版的に活かしていただければうれしいです。

おいしい、オーストラリア、お伝えすます。
美食大陸オーストラリアへ、ぜひご一緒に!
by naoko_terada | 2015-03-16 03:40 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
<忘備録> 東北応援チャリティワインパーティ開催


きっかけは、友人のフェイスブックの投稿。

彼女の飲んだくれ画像に、オーストラリアを代表するデザートワイン、ノーブルワンが。
そこで、「あ、我が家にはこれのもっとすごいのがあるよ~」とわたしがコメント。

じゃあ、それ飲みましょうよ。
という展開になり、

せっかくならばわたしが、ずっと買いためていたオーストラリアワインを全放出しますか。
あ、だったらみんなを呼んで、ワインパーティにしちゃおうか。
それも、チャリティワインパーティにしようか。
東北復興のために。


ということで、去る6月にワイン会を開催。
名付けて、「寺田直子杯 東北応援チャリティワインパーティ」。
場所は、麻布十番のCafe Nest
若いご夫婦ががんばる、リーズナブルに美味しいワインと料理を出すコージーなお店。
会の趣旨に賛同していただき、
ワイン持ち込みを許していただきました。

b0053082_239664.jpg

10数年、オーストラリアのワインに凝っていたときに買ってきたワインは赤を中心に30本ほど。これを、一挙に全放出です。


みなさんに楽しんでもらうため、ワインリストを作成しました。

<ピノ>

◆Vertumnus Pinot Noir 1995(マーガレットリバーWA)
◆Domaine A Pinot Noir 2000(コールリバーヴァレーTAS)
◆Freycinet vineyard 2001 Pinot Noir.(フレシネTAS)
◆Moorilla Estate Reserve Pinot Noir 2001(ホバートTAS)
◆Moorilla Estate Pinot Noir 2005 Claudio’s Reserve(ホバートTAS)

<カベルネ>
◆Leeuwin Estate Art Series Cabernet Sauvignon 1994(マーガレットリバーWA)
◆Leeuwin Estate Art Series Cabernet Sauvignon 1995
◆Leeuwin Estate Art Series Cabernet Sauvignon 1997
◆Domaine A Cabernet Sauvignon 1997(コールリバーヴァレーTAS)
◆Domaine A Cabernet Sauvignon 1999
◆Leeuwin Estate Art Series Cabernet Sauvignon 2000
◆Domaine A Cabernet Sauvignon 2000
◆Moorilla Estate Cabernet Sauvignon 2001

<シラーズ>
◆Penfords RWT Shiraz 1997(バロッサヴァレーSA)
◆Tahbilk 1860 Vines 2001 Shiraz(ナガンビーレイクスVIC)

<マスカット>
◆De Bortoli Noble One 2001
◆Chambers Rutherglen ノンビンテージ

<シャルドネ>
◆Leeuwin Estate Art Series Chardonnay 1999


ポイントは、タスマニアのカルトワイン、ドメーヌAと、オーストラリアを代表する名ワイナリー、マーガレットリバーのルーウィンエステートのカベルネ・ソーヴィニヨンのいわゆる垂直飲み。
ほか、バックビンテージものを楽しんでもらう感じです。

当日は、13名ほど。
昔からの仕事を通じての友人や、最近、知り合ったライターさん、
グルメ&ワイン好きのみなさんなど。
ものすご~く久しぶりに会う仲間たちが一堂に会し、うれしい。

忘れないように、まずは、参加費を徴収。
そして、通過儀礼として、「ウコンの力」を一本(笑)。
チャリティワインパーティが、おごそかにスタートです。

今回はテーブル真ん中に並んだワインを好きな風に飲んでもらう、というスタイル。
次々、出されるボリュームたっぷりのお料理を味わいながら、
リストを見ながらあれやこれや、言いながら飲む。
これが、楽し~い。

田舎風パテ、作るのにとっても手間がかかるカスレなど、お料理も美味しい。


今回は、お店に払うお料理代+ワイン代を会費として全員から頂戴し、
ワイン代を寄付、という形にしたのですが、
なるべく募金額も集めたい、
ということで、チャリティオークションも開催!

それが、コチラ♪

★復興支援募金オークション!★
<シャルドネ>
◆Leeuwin Estate Art Series Chardonnay 1999
ルーウィン・エステートの最高峰のシャルドネ。かつて、「ポルシェの値段で買えるロールスロイス級のワイン」と評価される豪州きってのワイン。これは、完全にジャケ買いでした。パーカーポイント93、ワインスペクテーター95(Top100)、ジェームス・ハリデー97、ジェレミー・オリバー95。楽天参考価格:1万2600円

<シラーズ>
◆Tahbilk 1860 Vines 2001 Shiraz(ナガンビーレイクスVIC)
日本未入荷。オーストラリア開拓時代、1860年にヨーロッパから持ち込まれた世界最古のブドウから造られた超レアもの。その後、19世紀に欧州でフィロキセラが蔓延し、ブドウが全滅。結果、オーストラリアに持ち込まれたブドウの木が原種として生き残ることになりました。収穫量が少なくオーストラリアでもなかなか出回りません。2001年のビンテージはまあまあの年ですが、飲み頃は2018年頃とのこと。まだ寝かせられます。
ジェームス・ハリデー96、ジェレミー・オリバー90。現地参考価格:100~200豪ドル

<デザートワイン>
◆Klein Constantia Vin de Constance 2000(南アフリカ)
オオトリは、唯一の南アフリカワイン。南アはピノタージュが有名ですが、これは、幻のデザートワイン。ナポレオンが死ぬ前に、「もう一度、あのワインを」と言ったとか(ガセネタだったらすみません)。日本に30本しか入ってこないものの1本です。
輸入元のコメント。↓
「このヴィンデコンスタンスを生産しているクレインコンスタンシア社は、17世紀後半に南アフリカで最初にブドウ栽培が始まった所として知られる聖なる場所。極甘口のデザートワインで、18-19世紀にナポレオン、ビスマルク、ルイ・フィリップ(フランス王)、ジョージ4世(イギリス王)などヨーロッパの王侯・貴族が競って獲得しようとした、また、オースティン、ディケンズ、ボードレールらがこのワインを愛し、彼らの文学作品の中にも登場。「高品質な南アフリカのワイン」として、初めてヨーロッパに案内されたワインです。生産量は7000本。南アフリカの公式行事の後の晩餐会などでも使用されるため、出回るのはほんのわずか。日本にも毎年たったの30本しか入荷しないほどの超プレミア&レア物ワイン。約4年の熟成を経てから出荷されるこのワインは、なめらかで上品な甘さが魅力。評価:フランス「Coffee-table book」で「世界の伝説の100ワイン」、2000年には「世界で最も神話的な9つのワイナリー」に選ばれる。南アフリカ・ジョン・プラッターワインマガジンで毎年5星評価。世界中に毎年のビンテージを集めるコレクターもいる。」
オンライン参考小売価格:1万5000円

b0053082_3124621.jpg


オークションは結果、
一番、持って帰っていただきたかったワイン通の方がみごと落札。

持ち込んだワインもすべて、きれいに飲みきって、
たくさん食べて、たくさん笑って、パーティはフィナーレ。
この会のきっかけになった、ノーブルワンの2001と、参加者のおひとりが持っていた2008もデザート代わりに飲み比べ。

で、集金の結果、なんと、10万4000円が手元に!
やった、大台!
これを、チャリティプラットフォームの東日本大震災復興支援プロジェクトに寄付させていただきました。


実はこのワインたち、
震災後、いろんなものを整理したいという思いの中、手放そうかなと考えていた存在でした。
なんというか、こんなもの持っていてもどうするの、という気持ちで。

そんなときに、ひょんなことからみんなで飲もうか、ということになり。
しかも、飲み頃というタイミング。

大好きな仲間と一緒に、味わったワインの一本、一本には、
オーストラリアを訪れたときの思い出がぎっしり詰まっていました。
出会ったワインメーカーたち、一緒にいた懐かしき人たち。
ワイナリーへ向かうドライブ中の風の匂い、青い空。

ひとつ、ひとつが忘れがたい旅の記憶です。

今、手元にワインは残っていませんが、
それ以上にかけがえのない大切な時間がわたしの心の中に宿っています。

ワインにとっても、とてもいい飲み方をしたように思います。


参加してくれたみんな、ありがとう!

I love you all.
by naoko_terada | 2012-08-08 03:32 | 東北応援! | Trackback | Comments(0)
今秋公開、日本版『サイドウェイズ』でカリフォルニアワイン


b0053082_5534038.jpg
b0053082_5541177.jpg
b0053082_554272.jpg
b0053082_5544537.jpg

すべて©2009 Twentieth Century Fox and Fuji Television



数年前、全米を中心にカリフォルニア・ワイン・ブームを巻き起こした映画『サイドウェイ』

それが、今秋、日本バージョンとして『サイドウェイズ』の邦題でリメイク。
舞台は、ハリウッド版がサンタバーバラだったのに対し、日本版はナパ・ヴァレー。
カリフォルニア随一の銘ワインの産地です。
主演は、小日向文世、生瀬勝久、鈴木京香、菊池凛子。
監督は、チェリン・グラック。
故・寺山修司の映画の助監督を皮切りに、『ブラック・レイン』、『ピクチャー・ブライド』、
『トランスフォーマー』などの助監督を。
最近では、堤幸彦監督の『20世紀少年』シリーズの海外ユニットの演出を手がけるなど、日米で活躍。
また、音楽はジェイク・シマブクロ。

20世紀フォックス映画とフジテレビによるオール海外ロケ&海外スタッフという、
豪華な初コラボレーション映画です。



その試写会&ワイン・レセプションが、
カリフォルニア州観光局と20世紀フォックス映画により開催されました。

場所は、六本木ヒルズ内のTOHOシネマズ。
ここ、とても鑑賞によい映画館です。

まずは、シネマ内の会場でワインたっぷりのレセプション。
この日のセレクションは、映画にも登場するべリンジャー・ヴィンヤーズ
エレガントなドイツ風邸宅でのテイスティングが楽しめる
ナパ最古の老舗ワイナリーです。
ホワイト・ジンファンデルのスパークリングから、シャルドネ、カベルネ・ソーヴィニヨンと、
ナパらしいラインナップ。
これにあわせて来日された、カリフォルニア州の観光ミッションの方たちも混じり、
プレ・シアターらしいレセプション。
華やかです。


そして、シアターに移動して主賓の挨拶。
映画のワインの監修をされた、ワインインスティテュートの堀賢一さんの、
カリフォルニア・ワインのミニ解説など、
映画を楽しむためのTIPSが披露されました。


映画の内容は、ハリウッド版をほぼ踏襲。
オリジナルを観ている方は、その違いをチェックするのもいいでしょう。

わたしは、何度か訪れたナパのみずみずしさをスクリーンから感じ、
カリフォルニアでのワイナリーめぐりの楽しさを思い出してしまいました。
撮影時は、秋頃だったようで、
大画面の中からこぼれるほどきらめく、黄金色のブドウ畑、
少し肌寒くなりクリスピーな空気が透明感を与える街並み。
ナパの有名レストランやワインバーも登場するので、懐かしくなります。

そして、ワイン。

上記、べリンジャー以外にもロバート・モンダヴィニュートン・ヴィンヤーズ
オーガニック・ワインのフロッグス・リープなど。
ナパを代表するワイナリーが登場。
ワイン・カントリーの存在感をたっぷりと見せてくれます。


あと、全編に流れるのが80年代にヒットした洋楽たち。
ラヴァー・ボーイの「それ行け!ウィークエンド」、ケニー・ロギンスの「デンジャー・ゾーン」、
シンディ・ローパー「タイム・アフター・タイム」など。。。。

ああ、懐かしすぎる(笑)。
年代的に、どんぴしゃり。
一気に80年代の憧れのカリフォルニア気分です。

スクリーンの主人公たちも、あの頃に出会い、青春を謳歌。
ゆるやかにうねるナパのブドウ畑のように、
決して一直線ではなく、寄り道(サイドウェイ)をしながら、大人になってきた。

そんなビタースイートな気分にさせる映画、
それが『サイドウェイズ』です。


公開は、ちょっと先ですが今秋に全国ロードショーとのこと。
カベルネやピノが美味しくなる季節ですね。


それから、後で思ったのですが、
鈴木京香さん演じる麻有子(まゆこ)の上司役って、
世界ソムリエ・コンテストでアメリカ人初の優勝者となり、
映画監督コッポラの所有するワイナリー「ルビコン・エステート」
現マネージャーのラリー・ストーン氏のカメオ出演でしょうか?


気になります。


また、今回、個人的に興味深かったのは、
20世紀フォックス映画日本代表のジェシー・リーさん。
2月に公開された『オーストラリア』の記者発表の際にも、
その流暢な日本語のスピーチを聞かせていただきましたが、
なんというのか、彼の言葉はとても日本人の琴線に触れるのです。
ビジネスである前に、純粋に映画人のひとりである、という真摯な姿勢を感じる。
とても、魅力あふれる方です。

これからも、ぜひ、
旅に出たくなるようなステキな映画を発表していただきたいと思います。
by naoko_terada | 2009-06-12 07:44 | その他 | Trackback | Comments(4)
これは、ワインと募金のお話


知り合いの写真家、佐藤憲一さんは、中国トン族の写真を撮り続けるほか、韓国にもひんぱんに通う、「韓流」通でもあります。

さらに、彼は大のワイン好き。

そんな佐藤さんから、メールがきました。


佐藤さんの知人で、ロワールでワイン造りをされている日本人女性、新井順子さんが立ち上げたプロジェクトについてです。


プロジェクトは、1万円を「日本UNHCR協会」に寄付をし、所定の手続きで新井さんの運営するヴィーニ・ジャポンへ申告すれば、募金相当のワイン3本が送られてくるというもの。

この背景には、
新井さんがかつて、7500本ものブドウの苗木をダメにしてしまったことへの生産者としての心残り。
そして、新井さんの協力者であるワイナリーが、オーガニック醸造であるがゆえに生じたアクシデントで100本ちかいワインのディフェクト(味に変化はないがラベルやコルク不良で商品に出せないもの)に悩んでいること、などがあります。

詳細は、新井さんの日記をごらんください。


送られてくるワインにはそのディフェクトも含まれます。
また、所定の手続きをしないとワインは送られてきません。


「日本UNHCR協会」は、難民・人権問題をはじめ、ミャンマーのサイクロン、中国・四川の大地震などの災害にも積極的に援助活動を行っています。



岩手・宮城内陸地震の被災規模も、大きくなりつつあります。
気持ちでも、お金でも、ボランティア労働でも。

何かできることをできる範囲で行うこと。


このプロジェクトも、そのひとつではないでしょうか。
by naoko_terada | 2008-06-15 12:58 | ワイン&ダイン | Trackback | Comments(4)
足元に、数百万円のワインたち
b0053082_22493525.jpg

b0053082_22494918.jpg

冷えた白ワインや、泡ものが美味しい季節になってきました。

そんな時期の嬉しいお誘い。
5月18日にオープンしたばかりの、ワインと輸入食材の専門店、
Bon repas(ボン・ルパ)麻布十番店での小さなテイスティングパーティ。
場所はお店の2階、通常は高級ワインがディスプレイされいてるスペース。
特注のガラスのテーブルをパーティ用にみごとにセッティング。
きらめくワイングラスは贅沢にもお店で販売するリーデル社製。
ということで、我々の足元には数万円クラスのワインが箱詰めで鎮座。
営業中なので、すぐ横をワインを選ぶお客さまが通り過ぎたりと、なかなか楽しい。
ホストはこのお店を経営する会社「徳岡」の代表取締役会長の徳岡氏。
わざわざ大阪からこのために来てくださった、
ワインと食材の輸入に情熱をかける熱血経営者でいらっしゃいます。

この夜のテーマは、「Bon repas おすすめマリア−ジュ」。
ワインと生ハム、チーズなどの食材と、さらに塩やレモン、オリーブオイル、お醤油などをあわせることで変わる風味を楽しむのが目的。

シャンパンから始まり、まずは会長みずから厳選してくださった白ワインが4種類。
2種類はタンク発酵のみのデイリーワイン、2種類は樽での二次発酵をした高級ワイン。
これに水牛モツアレ−ラ、ノルウェー産スモークサーモン、サルディニア産からすみ、
チャトカ金線蟹脚肉などをいただくのですが、さらにそこにレモンをかけたり、オリーブオイルを加えることで味わいが劇的に変わることに一同、感動。

続いて同じく赤ワインが4種類。
これにはイベリコ豚の最高級ブランド、フリアンマルティン・イベリコ・べジュータや、24ケ月熟成させたフィオルッチパルマ・ハム、ドイツのグ−ゲルビアシンケン、手作りのセレクトスデカスティージャ社のフォワグラなどをマリア−ジュ。
こちらは、胡椒塩、醤油、36ケ月熟成のバルサミコ、トマトソースなどをちょっとつけてみると、さらに味に深みと複雑さが増しそれはもう、芸術的な美味しさ!
特に熟成したバルサミコと醤油との組み合わせは絶妙。
あまりのすばらしさに何度、足元のワインを蹴っとばしたことか(笑)。

Bon repasのすごいところは、商品のおよそ95%を自社輸入している点。
ワインだけで2300種類!
そして、なんとキャビアは1gから販売、オリーブオイルも量り売りという良心さ。
生ハムもその場で切りたてを買うことができます。
1階はデイリーユースのワインが中心で、価格も1000〜2500円と手頃。
2階は、それとは対照的にヴィンテージなど高級ワインを揃えたスペースに。

また、ぜひ利用したいのが会員サービス。
入会金100円で会員になると、商品価格が10%オフに。
年会費1万円を払う「プレミアム会員」になると、商品価格25%オフに加えて、
来店の際、2階でグラスシャンパン1杯と1スプーンのキャビアを「ウェルカムドリンク」としてサービスしてくれるというから嬉しい。
しかも6月までは開店記念ということで、「プレミアム会員」の年会費が50%オフの5000円になるとのこと。

もちろん、わたしも当日、しっかりプレミアム会員になり、
会長おすすめのシャンパンを1本購入。
25%オフで、7500円のところが5625円に。
これはかなりお得。
そろそろワインパーティを、などと思っていたところなので、
今年はここが、活躍しそうな予感。
ホント、見ているだけでも楽しくて、今日も行きたいくらい。

ワイン好きにはもう、たまりません!
by naoko_terada | 2007-06-05 23:54 | ワイン&ダイン | Trackback | Comments(4)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム