ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
タグ:ホテル ( 82 ) タグの人気記事
最高の広報ウーマンがおしえてくれたこと
b0053082_13011040.jpg
今からもう30年前のこと。フリーランスになる前に少しだけ小さな編集プロダクションにいました。
そこはガイドブックなど旅関係の仕事が多く、今の私の原点でもあります。

当時、そこが某ホテルの小冊子の作成を請け負っていました。
ある日、最新版のための取材をまかされることに。
小冊子でホテルのシェフに教わるクッキングレシピのページがあり、その撮影と取材を担当することになったのです。

取材当日、カメラマンと一緒に浦安へ。
迎えてくれたのがホテルの広報担当の女性でした。
キビキビと働く彼女にまだ20代後半のわたしは気おくれするばかり。

撮影のためゲストのいないアイドリングタイムのレストランへ。
シェフにお話しを聞き料理の撮影を行い、とすべて順調。
取材中盤、メモをしっかり書き写すためわたしはレストランのテーブル席に座り、メモを取り始めました。

すると、広報の女性がこう言いました。

「そのテーブルはゲストをお迎えするためにスタッフが一生懸命きれいにセッティングしたものですよ。あなたが使うものではありません」

正確にどう言われたのかは覚えていませんがニュアンスとしてはこんな感じ。
それを聞いてとっさに立ち上がり、「すみません!!」とわたし。
心の中では、「なにこわーーーい。。」

でも今なら痛いほどわかります。
完璧に美しく整えられたテーブルや客室、ベッドにはどれほどの目に見えない裏方のスタッフのみなさんの労力がかかっているか。

当時はホスピタリティなどという言葉も知らないわたしでしたが、それからはホテルでの取材時には撮影で必要でないかぎり何も触らない動かさないということを心がけるようになりました。ベッドに寝たり、ソファに座るなんて言語道断!笑
つけたライトは消す、開けたカーテンはきちんと閉めるなど退出時にもとのままに戻すことを常にこころがけます。きちんとしたホテルは撮影後は再度、清掃をいれますがそれは別問題。取材対象のホテルへの、さらにはスタッフへの敬意をあらわしたいとの思いからです。

あのときわたしを叱ってくださった女性広報の方。お名前も忘れてしまいましたが、最高の広報ウーマンだったこと今ならよくわかります。
最近、ホテルの取材にうかがうと広報担当者はわたしよりも年下ということがほとんど。
そんな彼ら彼女たちに、「今回の取材撮影はよかった!」、そう思ってもらえるようにいたいと思っています。

それもすべてはアナタから。

あのとき叱ってくれたことに、心から感謝しています。

※写真はロンドンのサヴォイホテル。麗しきモネスイートです。この最高に美しい部屋もベッドメイキングのスタッフたちによって整えられているわけですね。



by naoko_terada | 2018-06-06 08:00 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(1)
商店建築 保存版!一冊丸ごと ホテル大特集
b0053082_00175702.jpg
対象が同じでも媒体が異なれば、まったく違うアプローチになるものです。

今回は久しぶりに商店建築に寄稿。一冊丸ごとホテル特集の巻頭で「ミレニアル世代が牽引する”ライフスタイルホテル”」というタイトルで最近、急速に広まってきている「ライフスタイルホテル」をひもといています。表紙は繊細な演出が施されているシャングリ・ラ・シンガポールのレセプション。本当に美しい。

それにしても内容充実。厳選した国内外の最新ホテルを網羅していますが、何がすごい、というか楽しいかというとホテルごとに客室やメイン施設の図面が紹介されていること。一般誌のホテル特集がソフトのサービス面などをメインに紹介するのに比べ、もうぐぐっとハード&スペック寄り。さすが建築のプロのための専門誌です。
デザイナー、建築家がどういった思い、コンセプトで空間を組み立てたのか。無機質な図面から有機的な立体空間、さらにはそこに宿っているホテルの哲学、アーティストの美学を読み取ることのなんと楽しいことでしょうか。

それにしても泊まりたくなる新しいホテルが日本にも増えました。
この一冊を参考に建築的視点でホテルを見るのも楽しいですよ。





by naoko_terada | 2018-06-04 08:00 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
クレアトラベラー最新号でメキシコ、そしてレオンで欲望ホテル!?
b0053082_20261489.jpg
b0053082_20260995.jpg

クレアトラベラー春号がでました。
一大特集は「新しいパリ」。
ホテル、美食、スイーツ、下町アートまでパリの最新アドレスがみっしり。保存版です。

そのうしろでひっそりと。笑
メキシコ特集を担当させていただきました。
あ、でも10ページで読み応えありますよ。
テーマは「アートと祈りの国メキシコ」。最近はANAが直行便を就航して話題になったゲートウェイのメキシコシティと、アート&クラフトといえば、ここ!と言われるオアハカへ。
ちょうど、先日のアカデミー賞で長編アニメーション賞と主題歌賞の2部門を受賞した映画『リメンバーミー』の舞台がオアハカ。「死者の祭り」などでも有名なオアハカの魅力をご紹介しています。

私にとっても久しぶりのメキシコ取材でした。
新しい名所やデザイン系ホテルなども増え、洗練さも増していましたがカラフルで奥深い。陰影ある風景やくらしぶりはメキシコならでは。直行便で12~14時間。ヨーロッパを訪れるのとおなじフライト時間ですが機内のエンターテイメントがたっぷり楽しめるというもの。笑 ぜひ、お手にとってごらんください。

b0053082_20261811.jpg

そしてもうひとつはレオン
こちらは直球テーマ「モテルるオヤジの欲望ホテル 煩悩の宿」。
最新の国内ラグジュアリーリゾートやら個性的なお宿がズラリとラインアップ。まあ、あれこれいろんなことに使えそうですよ。笑
わたしは、「旅の達人がリコメンド!欲望を叶えるホテルと宿」の中で大好きなホテルをひとつお薦めさせていただきました。日本で一番美味しい!と思っているアワビステーキが味わえます(というとピン!と来るかたもいるはず)。


それにしてもブログがなかなか更新できません。
こうやって掲載メディアをアップするだけで精いっぱい。。昨年末の南米旅行の話もちゃんとお伝えしたいと思っているのですが、なんだか時間があっという間に過ぎていきます。

今年はいろいろと新しいことが身の回りに起こっているのでそれもあるのですが。
すみません。
どうか、もう少し待っててくださいね。

ごめーーん!!




by naoko_terada | 2018-03-12 07:00 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
ドバイ メディアトリップ② ホテルステイはドバイのおたのしみ


さて、ドバイのホテル。

今回、政観が用意してくれたのがホテル・アル・マンジールという4つ星ホテル。ドバイには最高級ホテルからカジュアルなものまでさまざまあり、また、ビーチサイドなのかビジネスエリアなのか。旅の目的によって選ぶことがポイントです。
このホテル・アル・マンジール。雑誌やテレビをにぎわすようなド派手なわけでもなく、目玉が飛び出るほど絢爛豪華なわけではありませんでした。なので、第一印象は割と地味め(ゴメンなさい)。
でも、チェックインして部屋に入って驚愕!窓の外にジャーン。世界一の高さ(828m)を誇るバージュ・カリファが目の前に屹立していました。ひぇぇ。

b0053082_2282032.jpg

b0053082_2283450.jpg

ロビーはコンテンポラリーでシャープな印象ながら、アラビア風のテイストもあり、洗練されたムード。2階にはリゾートのようなプールも。今回は朝から夜中まで取材で外出していたので利用できず。。涙

b0053082_312024.jpg

b0053082_3121161.jpg

わたしの部屋はデラックス・バージュ・ビューというバージュ・カリファが見えるタイプ。32㎡と一般的なシティホテルの広さですがひとりなら問題なし。バスルームがガラス張りになっていてシャワーを浴びながらバージュ・カリファを眺めることができます。

b0053082_3134534.jpg
b0053082_3135923.jpg
b0053082_314998.jpg

ツアーに参加した女性記者やライターに好評だったのが朝食。ザクロなどみずみずしいフルーツに野菜、バラエティに富んだチーズやヨーグルト、焼きたてのパンにひよこ豆のディップやドライデーツ(なつめやし)など充実の内容とエキゾチックさ。そのどれもが美味しいのでつい食べ過ぎてしまいます。食のレベルの進化に驚いたドバイですがホテルの朝食も裏切りません。

b0053082_316855.jpg
b0053082_3162077.jpg

なかでも中東風パンというかクレープのようなものを焼いていた彼は、常に笑顔をたやさず丁寧に一枚一枚焼いては熱々をわたしたちに持ってきてくれました。

b0053082_3182958.jpg

いやホント、おいしい。3泊しましたが、全部制覇することができませんでした。というか、彼がわたしたちが「おいしい!」と言って喜んでいるのをみて、毎朝、何もいわずに焼きたてを持ってきてくれるためというのもあり。そんなフレンドリーなサービスもまたうれしいのですけどね。

ごちそうさまでした!
b0053082_3221168.jpg

by naoko_terada | 2017-07-31 07:00 | トラベル | Trackback | Comments(0)
MEN'S EX 高級ホテル ツウな業界人にこっそり聞いた「ここだけお得話」60


b0053082_7283297.jpg

おはようございます。
浅野温子です。

すみません。ウソです。

「あぶない刑事」タカとユージのしびれるツーショットが表紙のMEN'S EX 2月号
恒例になりつつあるホテル特集のお手伝いをさせていただきました。

題して、高級ホテル ツウな業界人にこっそり聞いた「ここだけお得話」60

私よりももっとホテル通なみなさんがとっておきの情報をご披露されています。
ホテル好きの方には定番の情報もありますが、特集として眺めていると、「ああ、そういえばあそこのサービスそうだったよね」と、あれこれリマインドされるはず。

個人的にはお得話11、13、17、21、46あたりがお気に入りです。


ホテル好きのみなさん、ぜひお読みください。
by naoko_terada | 2016-01-20 07:44 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
DIME ダイム 2016最新版 ニッポンのホテル 超 賢い使い方


b0053082_7595629.jpg

DIMEの最新、2月号。
特集は「ニッポンのホテル 超 賢い使いかた」

巻頭でコメントをさせていただきました。
ちょっと大きめの写真掲載、お目汚しすみません。。

低廉ビジホから高級ホテルまで、最新ホテルがずらっと登場しています。
ホテル好きの方はどうぞ、情報収集にお役立てください。


あ、付録つきです。
5way マルチペンですって。
by naoko_terada | 2015-12-18 08:07 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
NIKKEI プラス1 「子や孫と楽しい家族旅行の宿」


b0053082_011914.jpg

少し前の記事になってしまいましたが、日経新聞・土曜の人気企画。NIKKEI プラス1の選者に加えていただきました。テーマは「子や孫と楽しい家族旅行の宿」。
オンラインで読むことができます。記事は→コチラ

それぞれ個性・経験値のある選者のみなさんなので、なるほどねー、というランキングです。

ちなみに、ここにはもれてしまいましたが、私が家族旅行にお薦めしたいのが、ムーンオーシャン宜野湾 ホテル&レジデンス。キッチン付きでロングステイにも最適。3世代ならプレミアムスイート2ベッドルームをぜひ。
宜野湾を望む広いバルコニーにビューバス、もちろんキッチン付き。トイレが二ヵ所にあるのもプライバシーが保てて◎。キッチン用具や赤ちゃんのおむつ、ベビーベッドなども貸してくれます。

ここには一度、我が家3世代で泊まりましたがとても快適でした。スイートルームというと料金が気になりますが、意外にお手頃。大人数で泊まるからこそのお得なプライスでワンランク上の贅沢な休日を楽しんでみてください。

もちろんランキング入りしたホテル&リゾートはさすがの実力派ぞろいです。どこもさまざまなアクティビティやイベントを用意。家族の時間をたっぷりと満喫できるはずです。

ぜひ、ご参考ください。
by naoko_terada | 2015-10-06 00:24 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
LEON「真面目なオトナが知ってはいけない38のモノとコト」&GOLD「新しくて美味しいハワイ・オアフ島」


b0053082_16203070.png

春めいてきましたね。
お出かけ気分もあがり、誰かとステキな時間を過ごしたくなってきます。

ということで、レオン5月号
特集は「真面目なオトナが知ってはいけない38のモノとコト」。
ヨコシマな気持ちをオシャレに。相変わらずのレオン流大人の極め方を全方位的に伝授。わたしは持っていればヴァリューなゲストとしてもてなされるホテルのロイヤリティプログラムについて解説しています。男性誌ですが最新デートスポット、リゾート、グッズ&小物など女性の心もロックオンするアイテム充実。彼へのおねだりリストの参考にぜひ。個人的にはイケメンモデルさんたちに眼福です♥

b0053082_16383230.png

もうひとつは、GOLD
相変わらずゴージャスで美しい後藤久美子さんが表紙。こちらはハワイ特集のお薦めスポットレコメンドのお手伝いをしました。わたしはほんのちょこっとだけ登場ですが、ハワイ通のみなさんお薦め厳選スポットがたっぷりなので、ぜひご参考に。

今日、明日とすでにお花見を楽しんでいる方も多いことでしょう。桜並木のあるわたしの事務所の外からも笑い声が聞こえてきます。

どうぞステキな週末をお過ごしください。
by naoko_terada | 2015-03-28 16:54 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
吉祥如意!ハッピネス全開!旧正月にグランド ハイアット東京「チャイナルーム」で開運薬膳火鍋で女子会


b0053082_5313319.jpg

今日から旧正月、中国では春節と呼ばれるめでたい季節です。

ということで新しい一年を幸福に、かつ体も温めようということで仲良しの女性三人で会食。
選ばれたのはグランド ハイアット東京の大好きなレストラン「チャイナルーム」の限定メニュー、開運薬膳火鍋です。

b0053082_5463792.jpg

コレ、とにかく食材がすごいです。開運というだけあり、金運、出世、夫婦円満(これは関係ないけど。笑)などありったけの運気上昇の縁起アイテムが盛り込まれてます。
たとえば出世魚で知られる脂ののった寒ブリ、不老長寿の車エビ、風水によるとビジネス運、金運を象徴するという肉にあやかり羊ロース、北海道産牛ロース。中国語で"儲ける"を意味する「発財(ファーツァイ)と同じ発音を持つもずく、お金の形を意味する水餃子。燃え上がる恋(!)をするための「火」の"気"をもつ鶏肉のコラーゲンスープジュレなどなど。
圧巻のメニュー詳細はホテルのサイトを。

b0053082_5473965.jpg

ソムリエ氏にお願いして選んでもらったワインはコチラ。ナパのべリンジャー「プライベート・リザーブ・シャルドネ」。濃厚な食材とスープの鍋にちょうどいい感じ。

b0053082_5495195.jpg

鍋のスープはコラーゲンの入った白濁した濃密なスープと、グッとしびれる辛みの真っ赤なスープ。「先にお野菜などを白いほうでお食べいただき、その後に肉などを辛みスープで召し上がるといいかと思います」。スタッフにそう言われ、最初はおとなしく白スープから。妙齢の女性三人は、「コレは金運」、「こっちは良縁」などぶつぶつつぶやきつつ、貴重な食材を鍋に投入。気は心からですから。
次に真っ赤なスープに挑戦。ナツメなども入った薬膳鍋でもあるのでスパイシーなだけでなく食べていくと体の中から温まっていくのを実感。それにしてもすごいボリューム。
食べている間にも異なった職業を持つそれぞれが最近のこと、仕事のこと、あるいは人生観を語り、そして女性として共通する想いもはき出す。食べて飲んでしゃべって笑う。これこそが邪気を追い払う究極のデトックスかもしれません。
ああ、楽しい。

b0053082_5592945.jpg

シメはもちろん麺。小さなお椀によくばって両方のスープでの食べ比べ。白スープにはコラーゲンが溶けだしているのでがんばって飲み干します(笑)。

b0053082_605280.jpg
b0053082_61410.jpg

食後、「いやぁ、食べちゃったねー」と満腹、満足なわたしたちの前にシェフみずからワゴンを持って登場。
「なんですか、それ!」
なんと直径約30cmのアメ細工でできたチャイナルーム特製の縁起のいい「ドラゴンエッグ」。これを新たな年の幸せを祈願して木づちでたたいて割ってくださいとのこと。きゃあ、楽しい!友人と一緒に願いをこめてパンっとドラゴンエッグをたたきます。

b0053082_654667.jpg

中には不老長寿のシンボル「桃」の形の桃饅頭が。最後まで開運にこだわった演出に感心です。美味しいものと共に幸福もいただいた気分は本当に心地よく。また、大好きな友人たちの楽しそうな笑顔、そんなシアワセそうな私たちをもてなすレストランのスタッフのみなさんのハッピーな表情。あらためていい一年にしたい、そう思う口福な夜でした。

この開運鍋は3月31日までの期間限定。料金はひとり8800円(税サ別)。←これも縁起のいい数字ですね。予約は2名から。追加ひとり2200円(税サ別)でさらに前菜・デザートが付くそうですがお鍋だけでボリュームたっぷりなのでたぶんこれは頼まなくていいかと思います。
追加料金3000円(税サ別)で90分フリーフローのオプションもありますが(※この記事で紹介したワインは異なります)、平日に4名でホテルのオンラインから予約するとスパークリングワイン1本のプレゼントがあるので利用されるとよりお得です。

ハッピネス全開の開運火鍋女子会をぜひ!
by naoko_terada | 2015-02-18 06:31 | ワイン&ダイン | Trackback | Comments(0)
Looking for an Angel その後、そして新しい年へ


今年も一年、多くの場所を訪れ、たくさんのすばらしい出会いをいただき、記憶に残る旅をさせていただきました。本当にありがたいことと思っています。

2009年の大みそかに書いたこのブログをおぼえていらっしゃるでしょうか。

Looking for an angel

11月にシドニーを再訪する機会がありました。
その中で、この絵の隣にある高級住宅街ダブルベイにインターコンチネンタル シドニー、ダブルベイができたので取材をさせてもらったのでした。

ホテルの取材が終わって、コンシェルジュに「タクシーをお呼びしましょう?」と聞かれ、
「いいえ、少し歩いてみます」と伝え、わたしはブログで「エンジェル」と名づけたこの絵がまだ、あるかどうかを確かめにエッジクリフに向けて歩き出しました。

b0053082_1557377.jpg


ありました。
エンジェルは健在でした。

青い空に通行人からまったく気にもされないまま、両手をしなやかに広げる彼女。最後に見てから5年。その間に世界は大きく変わり、日本人としてもそれまでにない時間を過ごしてきました。
それでも、ここにいるエンジェルを見て、少し勇気をもらったような気に。

「これで、また少し前に進める」


2014年に感謝を。
出会った多くの方々、わたしの仕事を応援してくださるみなさんへ、心からのありがとうを。

今年のハッピートラベルデイズはコンプリート。
来年、2015年もどうぞよろしくお願いいたします!

b0053082_1671063.jpg

by naoko_terada | 2014-12-31 16:11 | その他 | Trackback | Comments(2)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム