ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
タグ:イタリアン ( 2 ) タグの人気記事
本日から!シャングリ・ラ ホテル東京で、ミシュランスターシェフとのイタリアン・コラボレーション
b0053082_0532477.jpg

絶景のスカイツリービューで、
人気も上昇の愛すべき東京ホテルのひとつ、シャングリ・ラ ホテル 東京

そのメインダイニングであり、華やかさでは、東京でもトップクラスのイタリアン、ピャチェーレで、7月30日~8月5日限定の、イタリア・ミシュラン1つ星のシェフ、マルコ・スタービレ氏と、ピャチェーレの料理長であるパオロ・ペロシ氏とのコラボレーションイベントがスタート。
ひと足、お先にそのお披露目にうかがいました。

マルコ・スタービレ氏は、フィレンツェの「オーラ・ダリア Ora d'Aria」のオーナーシェフで、ミシュラン1つ星を獲得するほか、イタリアのリストランテ格付けガイド本「ガンベロ・ロッソ」でも80点以上の高得点を与えられたスターシェフ。イタリアの風土、伝統の味を忠実に守りながら、新しいひねりを加えた「ネオ・イタリアン」に昇華。今回は、日本初来日です(なんと、昨日、到着したそう!)。

また、ピャチェーレの料理長パオロ・ペロシ氏は、オーラ・ダリアの1年いた経験があり、スタービレ氏は先輩にあたるシェフ。師弟関係にある二人のシェフが、東京のホテルを舞台に初競演となります。

b0053082_114480.jpg

b0053082_1133394.jpg

シャングリ・ラは、シャンデリアが有名。
東京も、50以上のシャンデリアがロビー、ダイニング、フロアなどに配されています。
そのうちの20個のシャンデリアは、東京のための特注。
東京をイメージしたイチョウがモチーフのものもあります。
もちろん、ピャチェーレにもエレガントなシャンデリアの数々が。
艶っぽいアンバーな輝きを放ち、ゲストを出迎えます。

ディナーは、まずは厳選されたスプマンテからスタート。
カデルボスコ社のフランチャコルタ・キュヴェ・プレステージNV。
キリリとした味わいが、夏の夜の宴にふさわしい。

b0053082_1195580.jpg

アミューズはパンプキンスープ。
カルダモンが入り、ちょっとエキゾチックな大人の味。

b0053082_2451384.jpg

次は北海道産帆立貝のポワレ マスクメロンとオレンジのサラダ仕立て。
帆立の上には、火を入れたプロシュート。
熟したマンゴーと一緒に。
海と大地の幸が競演です。

b0053082_1251385.jpg

これが、おもしろかったです。
フィレンツェ風フォアグラのソテー 林檎のキャラメリゼ ジンジャーとリコリスの香り。
ダークチョコレートをまとったフォアグラのビターな味わいと、酸味と甘みのあるキャラメリゼされた林檎。
それぞれを味わってもいいし、両方を一緒に味わえば奥行のある風味に。

「このひと皿で、ワイン1本、空けられますね~」
とお隣の料理雑誌の編集女子と意見が一致(笑)。

b0053082_134045.jpg

シェフがおじいちゃんから教わったという、
仔鳩のトルテリーニ カリフラワーのクリームと洋ナシのロースト。
真ん中にあるのは仔鳩の胸肉。
香ばしく、シャッキリした洋ナシのキューブと一緒にいただくテクスチャアがおもしろい。
鳩の肉を詰めたトルテリーニは、優しい味のカリフラワーのピュレと一緒にいただきます。

b0053082_148575.jpg

ここで、赤ワインが登場。

b0053082_205967.jpg

ですが、それにあわせるのは魚。
タラと黒いバター レジェッロ産ヒヨコ豆のクリーム カルダモンの香り。
トスカーナでは塩タラ(バッカラ)の料理はとてもポピュラー。
上手に塩抜きがされ、香ばしくグリルしたタラにヒヨコ豆のピュレが絶妙なマッチング。

b0053082_211536.jpg

以上は、ゲストシェフであるマルコ・スタービレ氏のメニュー。
最後は、ピャチェーレの料理長パオロ氏のひと皿。
鹿児島県産牛フィレ肉のロースト ズッキーニ添え。
下には緑も鮮やかなジェノヴェーゼのペストが敷き詰められています。

b0053082_2293544.jpg

ドルチェは、これもスタービレ氏がマンマから伝授されたという、
チェリーとイタリアンメレンゲのトルタ 香草風味のカスタードクリーム。
香草は、これもトスカーナの料理によく使われるセージを、あえてデザートに起用。
ふんわり柔らかいのがイタリアンメレンゲの特徴。
シンプルですが、細かいところまで計算されたまさしく、一流シェフの最後の一品です。

b0053082_2324179.jpg

最後はお約束のツーショット。
左がパオロ・ペロシシェフ、右がマルコ・スタービレシェフ。
見た目は対照的なお二人ですが、意外にもマルコ氏のほうがより、繊細さのある料理を作り、パオロ氏はエレガントな中にもぐっと骨太なテイストがあるように感じました。

ピャチェーレ、久しぶりの夜にうかがいましたが、やはり素晴らしい空間。
マネージャーを筆頭に、細やかなもてなしは適度なエンターテイメントさも感じられ、ゲストのための特別な夜を演出してくれます。

ふたりのシェフによる、モダントスカーナ料理の競演。
8月3日には、一夜限定のガラディナーもあります。

お楽しみあれ!


コラボレーション with シェフ、マルコ・スタービレ

2012年7月30日(月)~8月5日(日)
ランチコース(8月4~5日を除く):5,700円 *グラススプマンテ付き
ディナーコース(8月3日を除く):15,000円より

ガラ・ディナー 2012年8月3日(金)
ドアオープン:18時30分
ディナー:19時
ディナーコース(8品 / ワイン:トスカーナワイン):25,000円

ウィークエンド ブランチ 2012年8月4日(土)・5日(日)
ブランチコース:6,500円
スプマンテ フリーフロー:4,500円
カデルボスコ社 「フランチャコルタ キュヴェプレステージNV」

※料金は13%のサービス料を別途。
by naoko_terada | 2012-07-30 02:44 | TOKYO HOTEL | Trackback | Comments(0)
官能のイタリアンを恵比寿で
b0053082_0423436.jpg

う〜ん、久しぶりに感動的なイタリアンをいただきました。

名前はボッカ・ディ・レオーネ

訳せば「ライオンの口」。Boccaボッカとは「口」の意味。
ローマには、映画『ローマの休日』に登場した青空市場が有名な同名の通りがあります。ちなみにやはり映画の中で登場した名所、「真実の口」はイタリア語でBocca della Verita。

今回はクレア編集部の麗しきH嬢とI嬢、
そして香港取材で行く先々の女性のハートわしづかみのイケメンフォトグラファーのモーリーとの新年会を兼ねた(遅い)ご苦労様会。
レストランのチョイスはこちらのオーナーと知り合いだというモーリー。
(上の写真も彼の撮影です)。

Goodチョイスです。

こちらはまず、食材の見立てがすばらしい。
オーナーの故郷だという石川県直送の鮮魚、自らの足で見つけてくる精肉や野菜。
どれも新鮮なのはもちろん、「旬」の香りがむんむんする。

素材がいいと、「本来の美味しさ」を活かすために味付けがシンプルになりがちですが、シェフの真骨頂はこの食材との互角の勝負。
きっちり男前な料理へと昇華させているところがみごと。

そう、男前というのがこちらの料理にふさわしい表現。
それもイタリアンな男前。

絶妙に炭火を通した肉厚なホタテのシズル感。
むっちりと色っぽい手打ちパスタには、ムスクのように鼻腔をくすぐるかすかなシナモンの香り漂うラグー。
最後のドルチェまで、五感を刺激する官能的な料理に女性陣はノックアウト。

食事の後に仕事が残っていたので、ワインはあまり飲みませんでしたが、「チッチョ」の愛称を持つソムリエ氏厳選のイタリアワインのセレクションもなかなか。
実はソムリエ氏とオーナーシェフはご兄弟。
こちらも男前なお二人であります。

場所は恵比寿と広尾の中間。
そういえばこの辺って、秀逸なイタリアンが多いですね。
勝手に「リトルイタリー」と命名しちゃいましょうか。

春から初夏にかけては季節限定で、それはそれは美味しいトマトのパスタが登場するんですって。


今から楽しみにしている我々であります。
by naoko_terada | 2008-01-15 01:55 | ワイン&ダイン | Trackback | Comments(8)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム