ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
2011年 01月 15日 ( 1 )
大英博物館に、「聖☆おにいさん」がぁ!?
ただいまロンドンです。

ロイヤルウェディングを4月に、オリンピックを2012年に控え、
活気あるムードのロンドン。
今は冬のセールのファイナル時でもあり、
観光客、ローカル共にショッピングに夢中です。

今回はアジアのメディアと一緒のプレスツアー。
わたしだけひと足、早くロンドン入りをしたので、みんなとジョイントする前に、
ひとりでロンドンを散策&視察。

b0053082_271773.jpg

で、向かったのが大英博物館
ありがたいことにロンドンの主要な博物館の大半は入場無料。
大英博物館もそのひとつです。

b0053082_273417.jpg

ピラミッドの収蔵品や、古代ローマ、ギリシャ時代の遺品、
ロゼッタストーンにエジプトのミイラなど。
世界各地のナショナルトレジャー級の収蔵品が展示される世界最大の博物館のひとつ。
一日では時間が足りない、人類の軌跡の集大成です。
特別展は有料ですが、通常の展示室はすべて無料。
写真だって、一部を除き誰でも好きに撮影可能。
ガラスで囲われたり、ロープで仕切られたれしない展示品も多く、
紀元前の遺物でさえも、手に触れる近さで見学できます。
こういうところ、やっぱり英国はすごいなぁ、と思います。


アジア地区の展示コーナーもあり、二階の一番奥が「日本」の展示室。
久しぶりに行ってみました。

b0053082_85862.jpg

青銅器、はにわ、鎧、国宝の仏像などがおごそかに鎮座し、
そのさらに奥には北斎の版画、浮世絵などが。

そして、さらにその奥に行くと。

ん?

b0053082_913062.jpg

え?

ええ?

おお~っ!


いやぁ、目を疑ってしまいました。
なんと、ブッダとキリストの初のコラボレーション、
偉大なる傑作、『聖☆おにいさん』が展示されているではないですか!
中村光、すげー。

b0053082_963178.jpg

大英博物館ですから、きちんと解説付きです。
ご丁寧に立川の狭いアパートで共同生活をしている、と書かれています(笑)。
立川のみなさ~ん、
ブッダとキリストが「奇跡」を起こした世界で唯一の町として、
世界遺産登録するなら今ですよ~。


『聖☆おにいさん』を愛読するわたしとしては非常に嬉しいことではありますが、
かの偉大なる手塚治虫の『ブッダ』ではなく、なぜ、これが?
と思う気も。笑


大英博物館。
おそるべし。
by naoko_terada | 2011-01-15 09:28 | トラベル | Trackback(5) | Comments(58)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム