ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
2005年 12月 02日 ( 1 )
ロンドン美食、へのいざない
b0053082_19594054.jpg

先週、英国政府観光庁によるセミナー、
その名も『英国式幸福論』に参加。
現地から訪日したミッションの方々から、最新のイギリス旅行情報をうかがうことに。

イギリスの魅力は、決してロンドンだけではありません。
湖水地方、コッツウォルズ、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドなど。
小さな村や町にこそ、この国のすばらしさがある、といっても過言ではないでしょう。
自然、伝統、歴史遺産、グルメ、
そして、素朴でおだやかなライフスタイルを実践する人たち。
まさに、英国式幸福論、なのです。

わたしがロンドンを訪れたのが、今年の7月。
早いもので、もう、5ヶ月が過ぎてしまいました・・・・。

そのときの取材が、一冊の本として出版されました。
タイトルは「ロンドン美食ガイド」

98年に出版されたものの改定版で、
最新のロンドン人気レストランをあらたにリサーチ&取材。
お店の紹介とあわせ、ゴードン・ラムゼイ、「世界一」に選ばれた「ファット・ダック」
ヘストン・ブルメンタールなど、今をときめく人気シェフたちのインタビューも掲載。
残念ながら、わたしはスケジュールがあわず上記シェフたちのインタビューは
実現できませんでしたが、
BBCで人気料理番組を持つブライアン・ターナー
ミシュランの2つ星を堅持する「ル・ガヴローシュ」のミシェル・ルー・ジュニアなどに
話を聞くことができ、得がたい経験をさせてもらいました。
個性はそれぞれですが、途切れることなくあふれる言葉に、
職人としての料理への愛情を感じずにはいられない。
それが、一流シェフの存在感なのだとしみじみと実感。
さらに、それを料理のなかで表現できる才能にも、脱帽!

ロンドン旅行をお考えのみなさま、ぜひ、ご活用くださいませ。

さてさて、ブログ1周年記念プレゼントへのコメント、TB、ありがとうございました。
近々、当選された方へは直接、非公開にてコメントをお送りいたします。

もうしばらくお待ちください、ね。
by naoko_terada | 2005-12-02 21:26 | ワイン&ダイン | Trackback | Comments(9)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム