ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
セント レジス バリ リゾート、誕生! resort2008
b0053082_2222186.jpg

9月15日、バリ島ヌサドゥアに最高級ホテル「セント レジス バリ リゾート」が開業。
建設時から、何度か様子を見てきていただけに、感動もひとしおです。

ニューヨークの名門ホテル「セントレジス」からスタートしたこのホテル・ブランド、アジアのリゾートとしてはこのバリ島が初めて。
どんなにラグジュアリーなのかと言いますと。

客室はすべてスイート仕様で、わずか79室。
上の画像がその室内。
コンテンポラリーでスタイリッシュなヴィラやリゾートが急増中のバリ島においては、実にノーブルな高級感にあふれています。
好きですね、こういうの。
遊び心があるデザイン性もいいですが、本当にリラックスできるのはこういうオーセンティックなスタンダードなのかもしれません。
母娘旅行などに、お薦めですね。
バスルームがガラス張りで丸見え、なんていうデザイン系では泊まれませんからね。

b0053082_2226384.jpg

で、こちらがバスルーム。
う〜ん、広いです。
こちらも落ち着いたカラートーンですてきですね。

b0053082_22304574.jpg

そして、セントレジスの真骨頂が、42棟のプライベートヴィラ。
中でもオーシャンフロントの「ザ・ストランド・ヴィラ」の完璧なまでの美しさと贅沢感は圧倒的!
上の写真はそのリビングエリア。ひとつひとつの調度品、装飾品がすべてにおいて一流の風格を備えています。誰が見ても、本物の持つ存在感を実感するはずです。

印象としては、「リュクスなボヘミアン」といったところでしょうか。
バリらしさはあえてそぎ落としているように見受けられます。
リゾートにおけるラグジュアリーの本質を追求したら、こうなりました。

そんな風に、感じました。

b0053082_2240542.jpg

b0053082_22402243.jpg

ベッドルームもこれもまた、最高級の贅を尽くした仕上がり。
手触りのよいイタリアの極上コットンを使用した逸品のリネン類。
ベッドサイドには本物のオウムガイとクリスタルを組み合わせた装飾。
これ、持っていかれないか心配です。。。

b0053082_2243519.jpg

b0053082_22432181.jpg

バスルームは、スイートよりもさらに広くラグジュアリー。
スタッフが用意してくれたフラワーバスも、こんなバスルームでならより、楽しめそうです。
また、アメニティは「ル・メードゥ」ブランド。
セントレジスでしか使用されていない、噂のブランドです。
シャンプーなどはかなり強烈な色ですが、植物の優しい香りとナチュラルな使用感でこれも結構、好き。
リゾートにはこの、「ル メードゥ スパ」もあるので、滞在したらぜひ試してみたいものです。

フルバトラーサービスや、ブラディマリー発祥ホテルとしても知られる「セントレジス」。2010年には大阪にも誕生でますます知名度もアップ。

バリ島の新しいラグジュアリーにたっぷり浸ることができます。



セント レジス
by naoko_terada | 2008-09-19 22:53 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://naoterada.exblog.jp/tb/9530928
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pretty-bacchus at 2008-09-20 00:58
ほんとうに素敵なホテルですね〜〜〜〜
そ、、、と持ってきたい物も沢山ありそう、、、、どこまではアメニティーなのでしょうね、、、

素敵な情報をありがとう!
ボンヌ・コンティニュアシオン!



Commented by naoko_terada at 2008-09-20 16:06
pretty-bacchusサマ

とてもフォトジェニックなヴィラですよ。
たまにはのんびりと、アジアンリゾートもいかがですか。

アメニティ。
実は、結構、無くなるものなのです。
ホテルの頭の痛い問題です。

オウムガイの持ち出しは、NGですよ!
Commented by carambola at 2008-09-21 12:49
バスタブが…部屋(バスルームなんだろうけど)の中にド~ン☆
水をこぼしてしまわないか心配な鯔です(笑)

>これ、持っていかれないか心配です。。。
確かに(笑)
持ち帰りやすい大きさでもあるし(^^;)
チェックアウト時に真っ先にスタッフがチェックしに行くんじゃないかな(笑)
Commented by naoko_terada at 2008-09-21 17:18
鯔サマ

あふれさせたら、バトラーくんに掃除させてください。
「マイプレジャー、マダム!」といって笑顔でやってくれますよ(たぶん)。
頼む勇気があれば、のことですが(笑)。

オウムガイの飾り。
ありがたいことに、クリスタルのチェーンがネックレスのようにはずれるのですよ。
まあ、喜んでお買い上げするようなゲストが泊まるヴィラですけどね。
Commented by hiyoko at 2008-09-22 11:20 x
こちらにもコメントしたいと思いつつ、忘れてました。(ボケ・・・)

美しく素敵なインテリアにうっとり、質のいい素敵な椅子に、さすが!と感心しているところに、直子さんのコメント、
>ひとつひとつの調度品、装飾品がすべてにおいて一流の風格を備えて
>います。誰が見ても、本物の持つ存在感を実感するはずです。

今年、クンジャとFSを泊まり比べて、まさに同じ感想を持ちました。
それは自宅のインテリアにも言えることで、一つ一つ納得した質のいい物を揃えていかなければ、いつの間にか安っぽい空間になってしまう、、、と。

ところで、バリでカサブランカって珍しいですよね。
このあたりも、ここのこだわりなのでしょうか。
Commented by naoko_terada at 2008-09-24 00:00
hiyokoサマ

あ、たしかに。
カサブランカって珍しいですね。

ここは本当に、「リュクスなボヘミアン」というイメージ。
このまま、アフリカのサバンナや、モロッコの砂漠、ネパールの山奥にあってもおかしくないしつらえです。

一度くらい、FSから浮気してみませんか~(笑)。
Commented by warna-warni at 2008-10-01 14:31
こんにちは。
ちょうど滞在時にオープン直後だったもので見学だけしてきました。
セントレジス、まずはフロントでノックアウトされてしまいました(笑)
ヴィラもスィートも見れば見るほど溜息が出るばかり・・・。
見学前はラックレートからも絶対縁ないホテルだな~と思ってましたが、
見学後いつか滞在してみたい・・・という気持ちにすっかり変わっていました。
完成していなかったデリにも興味深々です!
Commented by naoko_terada at 2008-10-03 02:11
最近のバリの新しいリゾートは、けっこう、キワものっぽいのも多いので、ここのノーブルさが、とても新鮮でした。
しかも、上質さがあるところが「本物」を感じさせて。

スイートルームくらいなら、泊まれると思いますが。。。。。
デリ、あとスパも楽しみですね。
Commented by マー ザ・マン at 2008-11-28 11:20 x
寺田さん!泊まってきましたよ!St Regis エントランスから感動の嵐でした。 バリのおすすめNo.1に躍り出た!って感じです。低く構えたビーチサイドのバーのゆるい雰囲気と、アラカルトの朝食は滞在中の至福の時でした。次回はもっと長期滞在して満喫したいと思っています!
Commented by naoko_terada at 2008-11-30 19:13
マー ザ・マンさま

高い天井のエントランスは、ほんと。
今までのバリにない、グラマラスなもの。

ビーチサイドのバーもいいですし、
オフホワイトのダイニングもステキです。

もちろんアラカルトの朝食も!
あれを食べるために泊まっても後悔しませんね。
Commented by mitto at 2009-02-19 21:46 x
はじめまして

先週まで5泊でセントレジスパリに滞在しました。
10ヶ月の娘と主人と3人で行きました。
私たちはストランドヴィラを予約して泊まりました。
ビーチの前でとっても眺めもよくお部屋なども素敵でした。

しかしまだ1年経過しないためかサービスがいまいちでした。
というか...かなり問題ありでした。滞在予定を1日短縮して
帰国しました。

ハードは素敵ですが従業員の教育などができていなかったのが
とても残念でした。1年後ぐらいに又行ってみたいものです。
クレーム対応も問題ありだしハードが素敵なだけに残念でした。

食事はビーチサイドのレストランは最高でした。
私も主人もフランス生活が長いのですがここで食べた
フォアグラは今までで一番おいしかったです。
Commented by naoko_terada at 2009-02-23 00:08
mittoサマ

はじめまして。

そうでしたか。
バリ島としては異例なほど開業前の研修に時間をかけていたのですが。
まだ1年未満ですし、
行き届いていなかったのですね。

でも、ぜひまたしばらくしてから訪問してみてください。
すばらしいホテルならば、マイナスの面から学び、伸びていくことができます。
一流のゲストの厳しい感想こそがホテルを育てますので。

ビーチサイドのレストランは、
私もとても気に入っています。
<< あの、高級ホテル&リゾートが、... 「アジア楽園時間」で、ANA旅... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム