ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
新生カオラック、癒やしのリゾート 〜サロジン②〜
b0053082_12443216.jpg
b0053082_1245112.jpg
b0053082_1245252.jpg
b0053082_12454722.jpg

ゲストルームも秀逸ですが、サロジンの真骨頂が、グラマラスなプール。

25mの広さを持つプールは、真昼の社交場。
ベストスポットは、水に浮かぶわずか3つの、「アイランド・パビリオン」。
天蓋付きで、昼間はシーブリーズにゆれる純白のシェードがかけられ、おこもり感が。
ここでゲストは日中、ずぅっと戯れ、甘美なバカンスに浸りきります。
夜は写真のように、ライトアップされてクールな印象に。

サロジンにはレストランが、ふたつ。

ひとつはイチジクの古木の下にある、「フィカス」。
すぐ脇のハス池を望むテラスと、エアコン完備の室内。
朝食、ランチ、ディナーと楽しめるオールデイダイニングで、
ちょっとおしゃれをしていきたい、スタイリッシュな空間が演出されています。

もうひとつは、ビーチを目の前にする、「ジ・エッジ」。
こちらはビーチバーも兼用していて、モダンなプレゼンテーションのタイ料理が中心。
欧米人向けの味付けなので、スパイシーな本場の味をご所望ならオンリクエストを。
タイ人シェフがばっちりお好みの味に仕上げてくれます。

そして、期待のスパ「パスウェイズ」。

エントランスを入ると、写真のようなデイベッドが。
トリートメントの後、温かいジンジャーティーをいただき、波の音を聞きながら、うとうと。
まさに至福の時間です。
スパメニューはアロマ、アーユルヴェーダ、タイとバリエーションも豊富。
おすすめはオリジナルの、ロイヤル・オリエンタル・マッサージ。
タイヨガとアロマオイルマッサージを組み合わせたもので、これがかなりいい。
整体のようなタイマッサージと異なり、ゆっくりとストレッチをするような感覚が新鮮。
セラピストはゲストとの相性もあるかと思いますが、
今回の担当者はわたし好みの深くやや強めのプレッシャーをうまく駆使して、
ベリーグッド!
ナチュラル仕様の潮風が通り抜ける半オープンエアのスパルームも、気持ち良い。
くわえて愛らしいタイ人スタッフやセラピストたちの笑顔が、心をとろけさせます。

この秀逸なリゾートのオーナーが英国人のケンプ夫妻。

長くタイで暮らしていた夫妻が、念願のリゾート開業の地として選んだのがカオラック。
昨年、2005年1月の開業を間近にして、津浪に遭いましたが、
「リゾートを造ることが自分たちの使命」との思いから再建を決意、
およそ9ヶ月の期間を経て、2005年10月にオープン。
その間、スタッフを解雇することなく、地元の人たちの生活を支えました。

滞在中、夫妻と一緒にディナーを共にしながら復興について語り合う機会が。
わたしが以前から伝えたいと思っている「被災後の支援としてのツーリズムの意義」について、おおいに共感していただき、
あらためて、カオラックに観光客が戻ることの重要さを確認しあいました。

タイへのリスペクトとして断念することなく、リゾートを再建したケンプ夫妻。
そして、実はその想いに打たれ、日本でのPRと予約業務を請けおうことにしたのが、
サンヨーインターナショナルのD社長。
彼が、「ぜひ、サロジンを訪れてみてください。決してセールストークではありません。それがカオラックのためになるのです」との熱い思いを発信。
それに触発されて、急きょ、今回の取材となったわけです。

カオラックへの多くの人たちの思い。

この輪を結ぶ、最後の「きずな」が、観光客のみなさん。

実際にカオラックへ行き、サロジンに滞在する。
それは、地元へお金を落とし、現地の人たちの生活基盤を支えることを意味します。

カオラックは再建に向け、さまざまな工事が進められています。
今年の年末には続々と新リゾートがオープンする予定。

自分たちができる範囲での行いが、希望となる。
こんなにステキなことはありません。

新しいカオラックに出会いに、行ってみませんか。



※サロジン日本の予約・問い合わせ サンヨー・インターナショナル03-3461-8585
by naoko_terada | 2006-08-09 15:29 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://naoterada.exblog.jp/tb/5448611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by carambola at 2006-08-09 23:47
ゲストルームに引き続き素敵な空間が…
ため息ものです.
こんな所でホケ~っとできたら…

観光客が訪れることが
被災地の真の復興支援になる.
私も常々そう考えています.
だから,と言うわけではないけれど
余り募金活動には参加しません.
実際に現場に行き,直接お金を落とすことはもちろん
人々とのふれあいでお互い笑顔を共有したい.
ものと心,両方が潤って初めて復興が始まると考えています.
Commented by MK at 2006-08-10 04:45 x
あぁ、溜め息ものです。
オーナー夫妻の、リゾートへの、そしてカオラックへの愛、
そんなものが感じられる完成度ですね。
その愛が訪れる人々に伝わり、受け継がれて行く。
素晴らしい!

寺田さんもいつかお書きになられていましたが、
「愛だけが人の心を本当に動かす」
まさにその通りだと思います。
Commented by koharu827 at 2006-08-11 20:01
こんばんは~お久しぶりです。
こういうプールがあるリゾートホテル、憧れです!
ロイヤル・オリエンタル・マッサージがおすすめですか♪ いいな♪
オーナー夫妻、素敵ですね。 
今日に至るまでの道のり、感動です。 とっても愛を感じます。
新しいカオラックの誕生、楽しみですね。
Commented by naoko_terada at 2006-08-11 20:34
carambolaサマ

そうだよね。
それでいいと思います。
それがcarambolaサンの支援スタイルなのだから。

モノと心の両方がうるおうこと。
とても共感します。

あ、ヒマになったcarambolaパパたちと行ってみたらいかがー?
ダーリン、入荷不可ならば(笑)。
Commented by naoko_terada at 2006-08-11 21:13
MKサマ

今回、あれだけ多くの犠牲者を出したカオラックに滞在すること。
実はちょっとビビってました(笑)。

でも、このリゾートのエントランスを入った時に、
「ああ、ここは大丈夫だ」と感じたのです。

ここには「愛」があるって。
だから大丈夫だと。
Commented by naoko_terada at 2006-08-11 21:15
koharuサマ

こんばんは。

すてきなオーナー夫婦でしょ。
イギリスの大学で知り合ったということです。
ちょっとユーモアのあるご主人と、しっかり者の奥サマ。

とても魅力的でした。
Commented by たんぽぽ at 2006-08-14 14:04 x
こんにちわ。

南国のリゾートホテルいいですね。ゆったりとした時間やその空間、演出、匂いまでも幸せな気分になっちゃいます。

近々バンコクにいくので行ってみたい!って思ったのですが、たぶん時間がないのでいけそうにないです・・・・・・・残念!

そして、被災よりの再建、なによりですね。
Commented by naoko_terada at 2006-08-15 22:03
たんぽぽサマ

こんにちは。

バンコクに行かれるのですね。
タイは楽しいですよねー。
ごはん、買物、スパ、ホテル&リゾートなどなど。

カオラックもがんばってます。
次回、時間をつくってぜひ、訪れてみてくださいませ。
<< 夏は、みうラバ! 新生カオラック、癒やしのリゾー... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム