ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
食在有趣 台湾、美食めぐり③ 台中編 台湾高鐵で1時間、春水堂で元祖タピオカミルクティー作りに挑戦!
b0053082_0579.jpg

さて、台北としばし、お別れ。

やってきたのは、わたしの大好きな場所、台北駅です!

台湾は九州ほどの大きさ。
台北、台中、台南と鉄道で移動するのが、それはそれは楽しいのです。

その足が、台湾高鐵。ご存知の方も多い、台湾版新幹線です。

日本の新幹線の技術、車輌を導入。
ナショナルジオグラフィックの「ベスト・ウインタートリップ 2013」にもランクインするほど。車窓からの眺めを楽しみつつ、各地の名所へと運んでくれる心強い旅ツール。

b0053082_0211911.jpg

台北駅は高鐵だけでなく、台北市内の地下鉄とも直結。広大なフロアにはさまざな施設が集まります。こちらはツーリストインフォメーションセンター。台北のうれしいのは、日本語がよく通じること。日本語表記もあり、やはりホッとします。

b0053082_1195048.jpg

柱にはこんなポスター。
クロネコヤマトは台湾でも大活躍です。

b0053082_0235298.jpg

旅行会社もあり、日本行きのチケットや、ツアーなども販売。

b0053082_0251195.jpg

ん?行列ですね。
どうやらチーズケーキが焼きあがるのを待っているようです。日本語で書かれているのを読むと、九州・博多からのスイーツブランドのよう。日本のブランドが台湾でもとても親しまれていて、うれしくなります。

b0053082_13555794.jpg

そして、お約束の駅弁。
残念ながら、今回は予定があるのでパス。。。
しゅん。

b0053082_0282540.jpg

b0053082_0284242.jpg

そのお隣に台鉄オフィシャルグッズショップ。
ここも好きな場所のひとつ。
でも、今回はあまり欲しいものがなく、小さなストラップを購入しただけでサラリと終了。

b0053082_03112100.jpg

この日、わたしたちが向かったのは台中。
台北からはおよそ1時間。

b0053082_032117.jpg
b0053082_0322350.jpg

地下になっている台北駅の高鐵のホームは残念ながら、あまり旅情はなし。
なので、待機中の車内販売のおねえさんに撮影をお願い。アンニュイな感じです。

b0053082_036078.jpg

車内は、まさに新幹線。
結構、混んでました。
我々は4人チームだったので、クルリとシートをまわして向い合せに。
これが、いいのよね。

b0053082_0453452.jpg

出発!

b0053082_0454022.jpg

先ほどのアンニュイなお姉さんが車内販売に来たので、コーヒーを。
台湾人2人、日本人2人。
日本語と台湾語と英語で、コーヒーを飲みながら、アレコレ話していたら。。。

b0053082_0474872.jpg

あっという間に台中に到着!
台中は、この旅の通訳をしてくれた、石クンのホームタウン。
俄然、はりきって案内してくれます。
天気がくずれそうだった台北と異なり、カラリと晴れて気持ちのいい気候です。

b0053082_0494145.jpg

今回は1泊だけでしたが、最近の台中はおしゃれなダイニングエリアなども増え、人気の夜市、ショッピングスポット、デザイン系ホテルなども多く、注目度アップとのこと。それに加えて、台北よりもさらにの~んびりした雰囲気で、なごみます。

b0053082_0522716.jpg

さっそくスケジュールにそって、向かったのがこちら。

ガイドブックにも登場する有名店、春水堂。
タピオカミルクティーを生んだお店ですね。

実はこのタピオカミルクティーの発祥はここ、台中。
春水堂の本店から誕生しました。

今回は、本店ではなく春水堂・人文茶館にうかがいました。

b0053082_0564774.jpg

待ち構えていたのが、ジャン。
このセット×2名分。

はい、ここでタピオカミルクティー作りに挑戦です。

b0053082_103934.jpg

つくりたてのタピオカ。
プルンとして美味しそう。
時間がたつと弾力がなくなるので、常にフレッシュなものを春水堂では用意しています。

b0053082_132383.jpg

「はい、ここまでいれて」

まずはミルクティーを作ります。
インド・アッサム茶葉を使っているとのこと。
甘味は砂糖ではなく、台湾産のサトウキビのケーンシュガーを使用。独特のコクと甘みはここから生まれます。

b0053082_143634.jpg

タピオカを入れて。

軽量をちょっと適当にしようとすると、「キチンと入れてください。そうしないとおいしいタピオカミルクティーになりません」と先生。

b0053082_16618.jpg

すべてが用意できたら、氷をたっぷりいれて。

b0053082_164727.jpg

ここからがハイライト。

はい、いきますよ。

b0053082_172257.jpg

先生がお手本のシェイク。
腕は正確に動かしつつ、体を微動だにしません。
さすが!
笑顔もパーフェクト。

b0053082_1898.jpg

いっぽう、ヘタレな日本チーム。
最初の数秒はいきおいで、動かしていましたが、すぐに腕が疲れてきて動きがにぶくなる。。。
笑ってるのは、なかばヤケクソです。

b0053082_194883.jpg

「はい、できました♥」

完璧な仕上がりの先生。

b0053082_1105227.jpg

自分たちの完成品を撮影して、ひと口。

う~ん、ちょっと水ぽいかも。

試しに先生の作ったほうを飲ませてもらうと、全然、違う!何しろフォームがまろやか。氷が溶けないうちにすばやく仕上げるのか、コクも甘味も完璧。さすがです。

このタピオカミルクティー作りは、誰でも体験できます。
3日前までの予約で、2人からで、料金は2人の場合、ひとり520台湾ドル、3~7人だとひとり480台湾ドル、8人以上はひとり380台湾ドル。かわいいイラスト入りのシェーカーのおみやげ付きです♪

みなさんも、ぜひお試しください!


<おまけ>
春水堂・人文茶館では食事もできます。

b0053082_1212976.jpg

テーブルにあるメニューにチェックを入れて、スタッフにわたす方式。
「東港之星」と名付けられたイカ団子、汁なしの「巧夫麺」、干し豆腐と豚の血、米などで作った餅を煮込んだ「綜合烏龍豆干米血」。

ほかのテーブルには学校帰りのカップル、ファミリーなどが多く、ファミレス的なムード。隣には茶芸館もあり、淹れたての台湾茶の試飲、購入もできます。
by naoko_terada | 2013-05-02 01:41 | トラベル | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://naoterada.exblog.jp/tb/20373315
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 大英博物館の次は皇室!? 宮家... 祝 ピーチ 関空~仙台就航!桜... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム