ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
沖縄 ニラカナイ西表島 ジャングルバトラーとトレック&カヤック
沖縄 ニラカナイ西表島 ジャングルバトラーとトレック&カヤック_b0053082_22251839.jpg

翌朝、西表島の天候はやや、回復気味。

本日は、この島に来たらハズせない、ニラカナイ西表島が催行するジャングルアドベンチャーツアーに参加です。

リゾートから車で向かったのは、島の西側の船着き場。
ここからマングローブが茂る仲良川をさかのぼり、ジャングルをトレッキングします。

途中までは、リバークルーズのご家族と一緒。
元気いっぱいのスタッフが、出迎えてくれます。

沖縄 ニラカナイ西表島 ジャングルバトラーとトレック&カヤック_b0053082_2332417.jpg
沖縄 ニラカナイ西表島 ジャングルバトラーとトレック&カヤック_b0053082_2333223.jpg

わたしたちを乗せたボートがゆっくりと、川をのぼっていきます。
スタッフが、マングローブをはじめ、西表島の自然環境・植生などを教えてくれます。

沖縄 ニラカナイ西表島 ジャングルバトラーとトレック&カヤック_b0053082_2335781.jpg

沖縄 ニラカナイ西表島 ジャングルバトラーとトレック&カヤック_b0053082_23563732.jpg
沖縄 ニラカナイ西表島 ジャングルバトラーとトレック&カヤック_b0053082_23572976.jpg

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、
マングローブが育つのは海水(塩水)と真水(河川)がまじわる汽水域。
海の干満にあわせて水位が変わる仲良川河口周辺の湿地帯に手つかずのまま、広がります。

とても興味深いのは、その植生。
写真のようにいくつか黄色く紅葉したような葉っぱが点在します。

通常、植物は海水を与えられると枯れてしまいます。
では、なぜ、汽水域のマングローブは生きていけるのか。

その答えが、この黄色く変色した葉っぱたち。
マングローブには汽水の塩分のみを濾過するシステムがあり、それを古くなった葉っぱに集中して集め、排出することができるのです。
個体を守るために、古くなり寿命を終えようとする葉っぱたちが犠牲になるわけです。

沖縄 ニラカナイ西表島 ジャングルバトラーとトレック&カヤック_b0053082_0172277.jpg
沖縄 ニラカナイ西表島 ジャングルバトラーとトレック&カヤック_b0053082_017323.jpg

30分ほどクルーズを楽しんでいると、川幅がどんどん狭くなり、
やがて、ボートでの最終地点に。
ここで、お子さん連れのほかの参加者はUターン。
わたしとリゾートのスタッフのみ船を下り、ジャングルトレッキング、開始です。

沖縄 ニラカナイ西表島 ジャングルバトラーとトレック&カヤック_b0053082_030344.jpg
沖縄 ニラカナイ西表島 ジャングルバトラーとトレック&カヤック_b0053082_0305983.jpg

ボートのエンジン音が遠ざかると、周囲が急速に透明感を増し、
大自然の静寂と饒舌に満ちあふれていきます。

ふう、と深呼吸をひとつ。
歩き始めます。

沖縄 ニラカナイ西表島 ジャングルバトラーとトレック&カヤック_b0053082_0345498.jpg

先を歩くのは、この日のわたしの旅先案内人。
ジャングルバトラーです。

ジャングルバトラーとは、ニラカナイ西表島リゾートの島遊びの達人。
一組限定で、「ジャングルバトラーツアー」としてゲストの興味、リクエストにそったオーダーメイドのアクティビティをガイディング。

わたしのペースにあわせてゆっくりと、先を進むジャングルバトラー。
昨晩までの雨のせいで、足元はすべりますが、濡れてもいいボルダリング専用のシューズが用意されているので安心。荷物を入れるバックパックも貸してくれます。

沖縄 ニラカナイ西表島 ジャングルバトラーとトレック&カヤック_b0053082_035912.jpg

ゆるやかな尾根を越え、清流を渡っていきます。

沖縄 ニラカナイ西表島 ジャングルバトラーとトレック&カヤック_b0053082_0584863.jpg
沖縄 ニラカナイ西表島 ジャングルバトラーとトレック&カヤック_b0053082_0582122.jpg

小1時間ほど歩いたでしょうか。
やがて、清流の音が聞こえ出し、
しばらく歩くと、滝が見えてきました。
ナーラの滝です。

しかし、ここで難所が。

むむ、ここを通り抜けるのね。。。
軽々と越えていくバトラーさま(なぜか、さまになる)。
でも、背の低い私にはちょっとハードルが高い。
しかも、すべりそう。

結局、手を貸してもらって、無事、クリア。

沖縄 ニラカナイ西表島 ジャングルバトラーとトレック&カヤック_b0053082_13241.jpg

そして、ついに滝に到着。
高さ20メートルのナーラの滝です。

沖縄 ニラカナイ西表島 ジャングルバトラーとトレック&カヤック_b0053082_1553.jpg

滝壺があり、夏場はここで水遊びができるそう。
わたしたちが訪れた4月はまだちょっと早いので、それはなし。
(水着になる勇気もなしだし)。

沖縄 ニラカナイ西表島 ジャングルバトラーとトレック&カヤック_b0053082_1675.jpg

代りにリゾートが用意してくれたお弁当を、滝の前の広い岩場でいただきます。
おにぎりに鶏のから揚げ、シャケに玉子焼き。
普通のものでも、体を動かした後の大自然では、ごちそうです。

おにぎりをほうばりながら、ちょっと冷えてきた体を、ジャングルバトラー名物の淹れたてコーヒー(インスタントですが)でウォームアップ。


沖縄 ニラカナイ西表島 ジャングルバトラーとトレック&カヤック_b0053082_1135350.jpg

休憩後、再び、ボートを下りた場所までもと来た道をトレイル。

そして、帰りはカヤックで船着き場まで戻ります。

荷物を積み込み、わたしが前方に座ります。
カヤックは今までも体験済みなので、なんとなくコツはわかります。

沖縄 ニラカナイ西表島 ジャングルバトラーとトレック&カヤック_b0053082_1201144.jpg

カヤックの醍醐味はなんといっても、川面に近い目線と静寂さ。

スルリと水をかきながら、進んでいく動きには周囲の自然と融和する柔らかさがあります。
ときおり聞こえる鳥の声や、羽ばたきの音さえも聞こえてくる、静かな世界。

沖縄 ニラカナイ西表島 ジャングルバトラーとトレック&カヤック_b0053082_1264134.jpg

途中、我が、ジャングルバトラーさんを盗み撮り。
あれ、パドリングせずにさぼって風景に見とれているわたしのこと、怒ってます?

沖縄 ニラカナイ西表島 ジャングルバトラーとトレック&カヤック_b0053082_1272737.jpg

いえいえ、そんなことはありません。
「どうぞ、漕ぐのはやりますから、のんびり楽しんでください」
とピース&スマイル。
嬉しくも頼もしいお言葉です。

沖縄 ニラカナイ西表島 ジャングルバトラーとトレック&カヤック_b0053082_1282011.jpg

ときおり、ポツリと雨が落ちてきますが、
このくらいのほうが、西表島の陰影ある自然の美しさが際立つよう。
晴天すぎると、日に焼けて大変だったかもしれません。

沖縄 ニラカナイ西表島 ジャングルバトラーとトレック&カヤック_b0053082_1305058.jpg
沖縄 ニラカナイ西表島 ジャングルバトラーとトレック&カヤック_b0053082_1318100.jpg

30、40分ほど下ると川幅が広くなってきました。
河口に近づいてきました。

「ちょっとお見せしたいものがあるので、止まりますね」
と言いながら、マングローブの奥に向かうバトラーさん。

沖縄 ニラカナイ西表島 ジャングルバトラーとトレック&カヤック_b0053082_133417.jpg

手にとって持ってきてくれたのは、貝。

「しじみです」

ええ~っ、しじみですか。
超巨大。
このあたりは栄養が豊富なのですかね。
びっくりです。

沖縄 ニラカナイ西表島 ジャングルバトラーとトレック&カヤック_b0053082_1345824.jpg
沖縄 ニラカナイ西表島 ジャングルバトラーとトレック&カヤック_b0053082_1351464.jpg

さらに、潮が引き始めた入江で見せてくれたのが、カニの集団。
マングローブの周辺に生息するカニたち。
泥の中から顔を出しているのですが、近づくと、アッという間に隠れてしまいます。

沖縄 ニラカナイ西表島 ジャングルバトラーとトレック&カヤック_b0053082_1371280.jpg

再び、カヌーで漕ぎ出して、
しばらく進んでいくと船着き場が見えてきて、ツアーもファイナル。

西表島の大自然をたっぷり満喫したさせていただき、大満足。



今回のツアーでは、行きがボート、帰りがカヤックでしたが、
干潮の時間によってその逆になることもあります。

また、仲良川の航行権はニラカナイ西表島のみが持っているということなので、
この行程でのジャングルツアー体験もニラカナイだからできるもの。

翌日の筋肉痛も含めて、貴重なネイチャー体験を満喫してみてください。
by naoko_terada | 2012-07-09 01:40 | トラベル | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://naoterada.exblog.jp/tb/18569483
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< オアフ名物 フードトラック大集... 沖縄 星野リゾート ニラカナイ... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム