ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ザ・リッツ・カールトン沖縄 愉悦のスパ時間
b0053082_19454421.jpg

ゲストルームで、寛いだ後は、お楽しみのスパへ。

ロビーフロアに降りていくと、水に囲まれたダイニングルームでは、夜のセッティングが粛々と。今晩は、テラス席がにぎわいそうですね。

ホテルマンたちのこういう、姿を見るのが好きです。
細かな部分にまで神経を研ぎ澄ませた、無駄のない動き。


b0053082_20554239.jpg

スパ棟は、離れになっているので、カートで送ってもらいます。
歩いても、いいのですが、
ぼーっとしてたら、アポの時間ギリギリになってしまったので。

最高品質の植物エキスなどを使用することで知られる、
英国ESPA(エスパ)社による、ザ・リッツ・カールトン スパby ESPAです。

b0053082_20555433.jpg

「スパには力を入れました」

と、総支配人がおっしゃるように、エントランスを入って、思わず「ワオ」。

温かみある空間は、森林をイメージ。
「ビーチリゾートなのに?」
と、思うかもしれませんが、このあたりは名護岳をはじめ、緑深い山々に囲まれています。いわゆる、やんばる(山原)ですね。
息づく森の生命力をたたえたような、美しく贅沢なスパ施設に、
ゆっくりと、気持ちがリラックスしていきます。

b0053082_218119.jpg

b0053082_21125519.jpg

スパゲスト専用のリラクゼーションルームも、森のイメージ。
窓の外には、熱帯の森が広がります。

そして、まずは、温浴施設へ。
温泉ではありませんが、適温の浴場と、ドライサウナ、さらには風化サンゴのタイルを使用した岩盤浴!
今回、私は時間がなくほとんど利用できませんでしたが、
これから行かれる方は、ぜひ、たっぷりと時間をとってくつろいでください。
特に、岩盤浴は、お薦めです。
写真は、トリートメント前、誰もいなかったのでサクッと撮らせていただいた女性用。

b0053082_21164917.jpg
b0053082_21165431.jpg

トリートメントルームは8室に、バス尽きのスパスイートが2部屋。
加えて、指圧式ボディマッサージが受けられる屋外のカバナが。

わたしが体験したのは、シグネチャートリートメントのひとつ、
オーシャンシェル・ボディトリートメント(120分)。
写真のように、つるつるに磨かれた貝殻を使ってのトリートメント。
ESPA社オリジナルのもので、ボディブラッシング、スクラブを行ったあと、
温めたシェルとエッセンシャルオイルでボディマッサージを。
このシェル、中にお湯を入れて温めるようで、
ほのかなぬくもりと、スムースなオイルによるストロークで、絶妙なマッサージ効果があり、筋肉の疲れ、凝りなどをやわらげてくれます。

ホットストーンマッサージが、じわりと体の深部に働きかけるのと比べると、
全身の凝りや疲れを心地よい肌触りで癒してくれるのが、このシェル。

体験中は、とろとろにまどろみ。
終了後はみずみずしいピカピカのボディに(自己評価。笑)。


b0053082_21314548.jpg
b0053082_21321052.jpg
b0053082_21321443.jpg
b0053082_21323483.jpg

たっぷり2時間のスパトリートメントを終えて、リゾートに戻ると、
すっかり、空間はトワイライトタイム。
昼間のリゾートらしい表情から、しっとり艶っぽい大人の顔に変わっています。

部屋に戻れば、すでにターンダウンされたベッド。
このあたりは、一流ならではの、みごとさ。


この後、総支配人と会食。
イタリアンレストラン、「ちゅらぬうじ」では、早川総料理長による本格的なイタリアンを。
沖縄県産の食材が登場して、目でも味でも楽しませていただきました。
ゲストに配慮して、写真はなし。
すみません。


わずか、1泊ですが、充実した上質のリラクゼーションを堪能。
アジアンリゾートに匹敵の、沖縄でのラグジュアリーステイ。
これは、病みつきになりそうです。



<おまけ>

b0053082_2141818.jpg
b0053082_21412714.jpg
b0053082_21413275.jpg

翌朝は、9時から沖縄南部でのアポがあったので、なんと、7:30出発(涙)。

オープンと同時にうかがったオールデイダイニングの「グスク」。
じゅーしー、ゴーヤーちゃんぷる、もずく、ゆし豆腐など沖縄伝統のメニューから、焼きたてのオムレツ、クロワッサン、フレッシュなトロピカルフルーツまで。
充実のブッフェは、味も一流(写真はごく一部です)。
ゆっくり味わえなかったのがつくづく残念。
ここで、私が感心したのが、ブッフェ用のトレーが丸盆という点。
あの安っぽいトレーを持ってウロウロするのが嫌いなのですが、
なるほど、こうすると、本当にオシャレ。
こういうこだわりのセンスが大事なのね、と、ひとり感じ入ってしまいました。



と、駆け足の沖縄リゾートホッピングですが、
た~っぷりリフレッシュさせていただきました。


楽しかった。
にふぇーでーびる、沖縄!
by naoko_terada | 2012-06-19 19:44 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://naoterada.exblog.jp/tb/18469850
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< From Farm to Ta... 沖縄ラグジュアリー誕生、ザ・リ... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム