ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
沖縄ラグジュアリー誕生、ザ・リッツ・カールトン沖縄
b0053082_18253178.jpg

b0053082_18415015.jpg

星のや竹富島から、石垣島を経由して那覇へ。

レンタカーを借りて、めざすは名護。
空港から高速で、ジャスト1時間。
快適な南国ドライブです。

ここを訪れるのは、3年ぶり、でしょうか。
以前は、喜瀬別邸の名前で運営されていました。
坂道をのぼり、ゴルフコースのグリーンを眺めながら、小さなエントランスの車寄せに。
今年5月28日に、ザ・リッツ・カールトン沖縄として生まれ変わった楽園は、
ゆったりとした空気で、出迎えます。

b0053082_18425110.jpg
b0053082_18432284.jpg
b0053082_18435054.jpg

日に焼けて出迎えてくれたのは、Y総支配人。
ザ・リッツ・カールトン東京の副総支配人でいらっしゃった頃とかわらない笑顔。
そのほか、海外などで出会ったホテルマンたちの顔も。
さすが、リッツの吸引力。
ベスト・オブ・ベストの人材を日本初となるリゾートに投入したようです。

ご挨拶を終えて、ゲストルームへ。
客室は、全97室。
今回、滞在するデラックスルームは、45㎡。
ザ・リッツ・カールトン仕様のベッド、シックなリゾートエレガンスとでも、呼びたい。
クラス感ある室内は、すでに一流の風格。
感動的なほど、ふわっふわのスリッパにも、リッツ・カールトンのロゴ。
これは、持って帰ってきちゃいました。

b0053082_19145168.jpg
b0053082_191527.jpg
b0053082_19152051.jpg
b0053082_19152959.jpg

圧巻は、バスルーム。
ビューバスなんてものじゃなく、パーフェクトビューバスと言っても過言じゃないでしょ。
ゴルフコース抜けの、名護湾を望むパノラマ。
この日は湿度が高く、カラリとした青空ではありませんでしたが、
快晴ならばみずみずしいグリーンと、ブルーの水平線を望みながらのバスタイムが満喫できますね。

アメニティは東京と同じく、英国アスプレイのパープルウォーター。
贅沢です。


スーツケースの荷物をほどき。
しばし、部屋でリラックスしたら、さっそく次なるお楽しみへ。

ザ・リッツ・カールトン沖縄が誇る、スパでのトリートメントが待っています。
by naoko_terada | 2012-06-18 19:25 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://naoterada.exblog.jp/tb/18464784
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by izola at 2012-06-19 22:45
星のやにリッツに、続々とオープンですね(^o^)
どちらも全く違う魅力がありそうで興味津々です♫
アスプレイのパープルウォーターはリッツ東京で使って
あまりの香りの良さにすっかり虜になり、オーデコロンを
イギリスから取り寄せて愛用しております。
写真のパーフェクトビューバスでこの香りに包まれて
海を眺めたら最高に幸せだなぁと思わず妄想してしまいました!
Commented by naoko_terada at 2012-06-20 22:03
izolaちゃん
星のや竹富島も、リッツもそれぞれの魅力、さらには土地(島)の魅力が溶け合い、オキナワンリゾート感、たっぷりです。
パープルウォーターは私も好きです。
ぜひぜひ、行かれてください!
Commented by それはヤバいでしょ! at 2012-11-03 16:00 x
スリッパ持って帰るってラグジュアリーな人間のやる事じゃないね(^o^)(^o^)(^o^)
Commented by naoko_terada at 2012-11-03 19:49
それはヤバいでしょ!サマ

はは。そうですね。
でも、と~っても気持ちよかったので、持ち帰りましたー♪
<< ザ・リッツ・カールトン沖縄 愉... 星のや 竹富島 ガジョーニ逗留 >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム