ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
MasterCard、コモ ホテルズ アンドリゾートと共に、昨年に続き学校、福祉団体を支援

もう、一年経ったのかと思うと、
早いと思う反面、ずいぶん、あの頃から遠くにきたような気もします。

昨年、ブログでも何回かにわけて紹介したのが、
マスターカードコモホテルズアンドリゾートによる、チャリティプロジェクト、MasterCard Purchase with Purpose。



以下、リリースからの抜粋です。

MasterCard Purchase with Purpose(マスターカード パーチェス・ウィズ・パーパス)は、

MasterCardがアジア/太平洋、中東、アフリカ地域で取り組んでいるCSR活動の中核となるチャリティー・プログラムです。責任ある消費活動を通じて、支援が必要な人々に手をさしのべようという主旨のもとに実施されています。このプログラムは、MasterCardのブランドのついたカード(以下、MasterCardカード)でお支払いをすると、その一部が社会に還元される仕組みとなっています。カードホルダーの皆様が自ら参加いただけるという点、また各地域で活動する慈善団体に寄付されるので、それぞれの地域に還元できるという点が特徴で、様々なプログラムが各国独自に展開されています。これまでに、カンボジア、インドネシア、フィリピン、タイなどの地域で現地の団体と一緒に地域に貢献する活動を率先して行っています。日本でも、昨年、六本木ヒルズで開催されたクリスマスマーケットにおいて、初めてPurchase with Purposeを実施し、森ビル株式会社を通じて一般財団法人メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンに寄付され、難病と闘う子どもたちの夢をかなえるために役立てられました。
MasterCard Purchase with Purposeの詳細はwww.mastercard.com/sea/purchasewithpurposeをご覧ください。



それが、今年も行われます。


まずは、昨年のご報告を。
※写真提供:MasterCard

b0053082_20421432.jpg

昨年のプログラムでは、教育、福祉活動にフォーカスし、合計35,580ドルが、各地域の慈善団体や学校に寄付されました。
これは、私も訪問したブータンの尼僧院、キラゴンパでの活動報告。
彼女たちの衛生面を支える日用品を寄付。

b0053082_20471147.jpg
b0053082_20472487.jpg

しかし、この荷物の搬送が、半端じゃありません。
尼僧たちに手伝ってもらって運びます。
なんといっても3000m級の絶壁にへばりつくように立つ尼僧院なので、
急な山道を休みながら一歩、一歩、登っていきます。

b0053082_20491368.jpg
b0053082_20492843.jpg
b0053082_2049414.jpg

おつかれさまです!
みなさんで、どうぞ使ってくださいね。


そして、今年ですが、再びコモホテルズアンドリゾートとコラボレーションを行います。

内容は、プログラムに参加するコモ ホテルズ アンドリゾートに滞在した利用客が、MasterCardカードを利用して支払いをするたびに、各ホテルの所在する現地の福祉団体や学校に対し、MasterCardから30米ドルが寄付されます。



対象期間:2011年10月1日~12月31日

<プログラムに参加するコモ ホテルズ アンドリゾート>

タークスカイコス諸島:パロットケイ

イギリス:ハルキンザ・メトロポリタン・ロンドン

タイ:ザ・メトロポリタン バンコク

ブータン:ウマ・パロ

モルディブ:ココア・アイランド

バリ島:コモ・シャンバラ・エステート、ウマ・ウブド


<支援先・支援内容>

◆パロットケイ(タークスカイコス諸島)
ガーディナー・ハイスクールは、長年にわたって、パロットケイと地域におけるパートナーであり、2008年に発生したハリケーン・アイクによって、学校がダメージを受けた際にも、学校の屋根の修繕をパロットケイが行いました。今回のPurchase with Purposeを通じて、タークスカイコス諸島において需要のある大工、家政学、ホスピタリティのスキルを生徒が身につけるための設備、道具、トレーニング教材が不足しているため、同校の生徒に優れた学習施設を提供するための資金として寄付が行われます。これにより、スキルを習得し、将来的に仕事に就くことができるようになります。

◆ ハルキン / ザ・メトロポリタン・ロンドン(イギリス・ロンドン)
ロンドンに拠点をおく地元慈善団体「Teens Unite Fighting Cancer」は、13歳~24歳の致死的な病気を持つ若者の生活を向上するために尽力しています。2010年以来、ハルキンとメトロポリタン・ロンドンは、地域においてパートナーであり、今回Purchase with Purposeを通じて、同団体の施設に、コンピュータールームの設備を提供し、30人の10代の若者に、コンピューターのリテラシーを高める機会を提供するための資金として寄付が行われます。  ザ・メトロポリタン(タイ・バンコク) タイのロッブリー県にある寄宿学校のSathya Sai Schoolは、自給自足で、シンプルな生活とサステイナビリティに注目しています。この学校では、自分たちの飲料水、食糧(野菜、お米)を作り、下水を再利用しています。Purchase with Purposeを通じて、ゴミを減らすためや持続可能でクリーンなエネルギーを生成するために、ゴミ発電技術を構築するための資金として寄付が行われます。

◆ウマ・パロ(ブータン)
今回のPurchase with Purposeにおいても、2010年同様、ブータン、ウマ・パロの近くにある地元の尼僧院キラ・ゴンバを支援します。2011年9月に発生した地震によってダメージを受けた修道院の施設の修繕、リノベーションのための資金として寄付が行われます。

◆ココア・アイランド(モルディブ)
今回のPurchase with Purposeにおいても、2010年同様、Maafushi School とGuraidhoo Schoolを支援します。今年は、学校の設備向上、図書館の設置のための資金として寄付が行われます。これは、本棚設置、図書館内のペンキ塗り、照明、屋根のメンテナンス、本の在庫管理システムを搭載したコンピューター装備といったことを含みます。

◆ウマ・ウブド(バリ島)
今回のPurchase with Purposeにおいても、2010年同様、バリのウブドのルンシアカンにあるサリハティ財団を支援します。今年も栄養豊富な給食や美術の授業で使用する材料、12か月分の教師の給与のための資金として寄付が行われます。また、12人の知的障害児とその両親のためにも資金が寄付され、両親は、財団の教師によって、トレーニングとアウェアネスセッションが受講できるようになります。

◆コモ・シャンバラ・エステート(バリ島)
今回のPurchase with Purposeを通じて、ティルタ・クマラの幼稚園には、情報テクノロジーと安全な歩道を装備するための資金として寄付が行われます。園児のために、コンピューターとプロジェクターを設置し、園児にインタラクティブな学習ソフトを使って教え、歩道の改修は、村にある主要道路から幼稚園まで敷石をひきます。



これからの2ヶ月で、バカンスをしようとお考えなら、
ぜひ、コモのリゾートも選択肢のひとつに加えていただけると嬉しいです。

みなさんの楽しい旅の思い出が、さらに誰かのしあわせへとつながっていきます。
by naoko_terada | 2011-10-14 21:24 | トラベル | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://naoterada.exblog.jp/tb/16440083
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ハッピーフライト!シチズン・ク... ロンリープラネットマガジン韓国... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム