ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
麗しのスパークリング・レッド
b0053082_1135825.jpgb0053082_1141926.jpg

昨日は、親しい友人たちとBYOワイン・パーティ。

BYOとは、Bring Your Ownの略で、オーストラリアのレストランで採用されている
お酒持込みシステムのこと。
なので、みなそれぞれワインとおつまみを持参。

19日までオーストラリア取材に行っていたわたしは、この日のために日本未入荷のオーストラリアワインを持ち帰ってこようと思っていたのですが、その中でも、絶対、みんなに飲んでもらいたいと考えていたのがスパークリング・レッド。
赤のスパークリング・ワインです。

これ、ロゼではありません。シラーズ、カベルネ・ソーヴィニヨン、ピノ・ノワールなど、
赤ワイン用のブドウを使った、発泡性の赤ワインのこと。フルートに注いだ際の驚くほど
きめの細かい泡立ちと、美しいルビー色。
初めてスパークリング・レッドを体験した人、特に女性陣は、これを目の当たりにすると、
誰もが「わぁ・・・」と、感動の吐息をもらします(ホント)。

中でもわたしがお薦めなのが、セペルト社
「スパークリング・レッドならセペルト」といわれるほど、シャンパン・メソッドにこだわったワイン作りには定評あり。その中でもカジュアルに楽しめるのが、オリジナル・スパークリング・シラーズと名付けられた1本。今回はシドニーの空港で購入して、お値段はA$19.95(約1600円)と手頃なのですが、この程度の価格帯のスパークリング・レッドの中ではトップクラスのすばらしさ!リッチなシラーズの芳香と、発泡性のかろやかさがそれはそれはステキ。
今宵のクリスマス・イブやニューイヤーなど華やかな季節には絶対、お薦めです。

セペルト社では、ショー・スパークリング・シラーズというビンテージ・ブランドもあり、こちらはオーストラリアで購入してもA$80前後(約6400円)する一級品。南オーストラリア特有の濃厚でスパイシーなシラーズらしい、通好みの味。

数年前、セペルト社のワイナリーを訪れた際、スパークリング・シラーズをまとめて10本購入する、という大胆なことをしたのも、「日本に入っていない」という殺し文句とこの美味しさゆえ。
でも、免税範囲を超えたワインにかけられる税金っていくらかご存知ですか?
実はわずか1本150円
この時も3本の免税を除いた、7本分1000円(100円未満の端数は切り捨て)を税金として支払っただけ。もっとも、エアラインでエクセス(荷物超過)チャージをされたら、元も子もないのですがね。

今宵、すてきな夜を過ごす人へ。
もし、ワインリストにスパークリング・レッドがあればぜひお試しあれ。
クリスマス・イブがさらに華やかでハッピーなものになりますよ。
by naoko_terada | 2004-12-24 01:45 | ワイン&ダイン | Trackback(2) | Comments(6)
トラックバックURL : https://naoterada.exblog.jp/tb/1507029
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 花兵衛/HANA BAY at 2005-02-21 23:24
タイトル : 居酒屋 花兵衛HANA/BAY 正式オープン!
給料日前? 月曜日? そんなのは関係なぁし! お酒やら お花やら たくさん集まったし お客さんもたくさんきてくださっているし オープンです! 今宵も たっぷりと遊んでいってね! 呼び込みのお兄さんまで来てくれたわ!! え? westが中に入ってくれてるの? 原稿・・・・大丈夫? ... more
Tracked from プレゼント&ギフト選びな.. at 2005-03-04 16:19
タイトル : お酒・ワイン
お祝い事にお酒はつきもの。こちらで紹介しているお店は、ソムリエが選んだワインを贈ってくれるサービスがあったり、テイストが詳しく分類されて記述されていたり、非常に贈り物として選びやすいショップばかりです。... more
Commented by 小倉悠加 at 2004-12-24 21:50 x
 おいしそーなスパークリング・レッドですね。ごく最近、夫がワインに懲り始め、週末はワインを開けての食事が超楽しみになっています。このスパークリング・レッドがどこかで入手できるか、早速夫にこのブログを見せました。
 こちらはアイスランドのブログを立ち上げています。寺井さんは、アイスランドへ行かれたことはありますか?もしもあれば、ぜひその時の話を聞かせてくださいね。楽しみにしています。
Commented by 小倉悠加 at 2004-12-24 21:53 x
ごめんなさい。お名前を寺田さんと寺井さんと間違ってしまいました。寺井直子さんという有名なジャズのバイオリニストの方とごっちゃにしていまいました。失礼しました!
Commented by naoko_terada at 2004-12-25 12:58
小倉サマ

はじめまして。
コメント、ありがとうございます。

そうなのです、このスパークリング・レッドは本当に美味しいのです!
小倉さんは日本にお住まいですか?
わたしが探した限り日本では並行輸入も含め手にはいらないようなのです。
残念!

アイスランドにはまだ行ったことがありません。
ブログ、拝見いたしました。
季節柄、温泉に反応しましたが(笑)、アイスランドの音楽もいままで
体験したこのない新鮮さを感じました。

ワインも音楽も、好みのものに出逢った時の喜びがなによりの魅力ですね。

名前の件はお気になさらずに。
Commented by Nazli at 2004-12-28 17:50 x
こんにちは。初めてお邪魔させていただきます。

懐かしいスパークリング・レッドに思わず反応してしまいました。
コレ、豪州帰りの友人に貰った一本でした。
はい、私も、初めていただいた時「わぁ・・・」と感嘆の声を上げた一人です。(^^)
見た目エレガント、中味はリッチ。とってもチャーミングなワインですよね。あー飲みたくなってきました!(笑)

ところで、こちらは色々な国の方がお出でになるようですね。
かくいう私は、イスタンブールからです。(^^)
Commented by naoko_terada at 2004-12-29 23:39
Nazliサマ

コメントありがとうございます。

イスタンブールは本気でもう一度、行きたい場所!
ブルー・モスク、アヤ・ソフィアなどを気のすむまでじっくりと見学し、
バザールを冷やかし、最後はガラタ橋のサバサンドでフィニッシュ(笑)。
こんな旅が楽しいですね。

前回は贅沢にもチュラーン・パレス泊。今度はキベレ・ホテルがいいな、と思っているのですが、どうでしょう。
Commented by hana_bay at 2005-02-21 23:24
teradaさん TB ありがとうございます。
こちらからお礼方々 パーティーの様子TBします!
<< 遠くの世界に想いをはせる・・・ シドニー名物、屋内クリスマスツリー >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム