ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
氷瀑(ひょうばく)ライトアップが圧巻!奥入瀬渓流リゾートで雪と氷と温泉と美食②

b0053082_20095395.jpg

b0053082_20095484.jpg


b0053082_20095403.jpg

2日めも無料のアクティビティで冬の奥入瀬を満喫します。
1日7回、バスでの冬の奥入瀬渓流ガイドツアーが催行されます。前の晩、ライトアップツアーで訪れた名所を今度は明るい時間に観賞。夜のうちに雪が積もりさらに固く凍った氷柱や氷瀑。夜と異なる白銀の世界はまたそれも魅力。両方を見ることで奥入瀬の大自然を体感することができます。

b0053082_20091500.jpg

b0053082_20095422.jpg

奥入瀬渓流ホテルのすべての客室にビクセンのルーペが置かれています(部屋の備品なので持ち帰りは厳禁ですよ!)。これもアクティビティスタッフのアイデア。滞在中は自由に使用でき、ツアー参加中、雪の結晶や苔にできたツララのさらにその内部の気泡を眺めたりが楽しいっ(笑)。小さな世界にひそむ美しさ、不思議さ。冬の奥入瀬の自然のなんと饒舌なことでしょうか。もう少しアクティブに氷瀑を楽しみたい場合は氷瀑スノーシューツアーがあります。ガイド同行でこちらも無料です。

b0053082_20090096.jpg

b0053082_20090057.jpg

さらに雪の散策を満喫したいのであれば、蔦沼スノーシューハイキングがおすすめ。こちらは有料でひとり2160円~。ブナ林の中をスノーシューをはいてハイキング。やさしいブナのシルエットと純白の雪のコントラストが本当に美しい。
b0053082_20085946.jpg

b0053082_20090161.jpg

冬の寒さをじっと耐える苔類などの説明も。持参したルーペがここでも活躍してくれます。
防寒・防水ジャケットやスノーブーツの貸し出しもあるので気軽に参加しているゲストがたくさんいらっしゃいました。

b0053082_20502788.jpg


マイナスの外気温の外でのアクティビティを終えて、「ラウンジ森の神話」へ。岡本太郎氏による高さ8.5メートル、重さ5トンのブロンズ製暖炉チムニーはホテルの象徴。大きな窓ガラスに向かったテーブルとソファ。混みあう夏の時期よりも空間を楽しんでもらいたいと暖炉を囲むようテーブルの位置を移動し、よりゆったりとした配置にしているそうです。
b0053082_20090012.jpg

私が予約したパッケージにはラウンジの特製スイーツと湧水珈琲の無料特典が。ということでお願いしたのが「幸福林檎のミルフィーユ」。注文を受けてからスライスするしゃきしゃきリンゴにさっくりパイ生地のサンド。湧き水で淹れた湧水珈琲と共にゆっくり味わいます。薪の香りと冬景色もまたごちそう。

b0053082_20091590.jpg

エコ活動にも積極的な奥入瀬渓流ホテル。翌日の清掃不要の場合、写真のエコロジーカードをドアノブにかけておくとお礼として売店で利用できる1000円の金券をくれます。ミネラルウォーターをくれたり、500円程度の金券に交換できるエコリゾートは知っていますが1000円は太っ腹。コーヒーブレイク後、売店を物色。ちょうど失くしていて欲しいと思っていたティッシュペーパー入れがあったので即決。青森県のクラフト、裂き織り(さきおり)のかわいいタイプ。値段は1080円。得しちゃいました。

b0053082_20093086.jpg
夕食前にはスパを予約。外部のサービスですがとてもお上手でした。予約時間前には温泉に入念に浸かり、体を温めておきます。お願いしたのは60分のボディ。慢性的な肩こり持ちなので肩まわりを丁寧に。適度な強さのストロークでいつのまにか寝てしまっていました。翌日、肩こりはもですがもみほぐしてもらった足がスッキリ軽くなっていて感激。

b0053082_20093152.jpg
b0053082_20093154.jpg
そして2日めの夜のハイライト。昨晩とは異なるメインダイニング「奥入瀬」で「西洋膳処 奥入瀬」と名づけられたコースメニューをいただきます。前菜、スープ、サラダ、魚、お肉などデセールを入れて9品。日本人好みの洋食と会席を融合させた料理長オリジナルの内容。もちろん青森県産の食材がたっぷり使用されています。
あわせるお酒はお薦めという日本のワイン、日本酒の4種類のペアリング。

まずは前菜。ウニと人参のムース、ホタテのカダイフ揚げ、パテドカンパーニュなど。ロゼワインとあわせます。

b0053082_20093101.jpg
b0053082_20092949.jpg
次に出てくるのがオニオングラタンスープ。これおいしかった~。熱々なのでゆっきり味わいます。はふはふ

b0053082_21472154.jpg
冬が旬のブリと根菜のサラダ、タラの白子のフリット、ブイヤベースと続きます。小ポ―ションですが少しずつお腹がいっぱいに。あ、東京から取り寄せているという焼きたてパンがおいしいのでつい食べてしまいますのでご注意を。

b0053082_20092997.jpg
ペアリングの日本酒、本来は八仙なのですが昨晩、同じものを飲んでしまったことを告げると豊盃に代えてくれました。どちらも青森を代表するお酒です。

b0053082_20094087.jpg
b0053082_20093024.jpg


メインは牛ほほ肉の赤ワイン煮とステーキ。お肉をふたつの料理で楽しむ趣向です。

b0053082_20094082.jpg
そしてシメがひと口欧風カレー。「ひと口分だけ!」と頼んだら本当にひと口くらいのボリュームでありがたい。欧風ですがピリッとスパイシー。このあとにデセールが続き、もう満腹、満足。場所柄、ご年配のお客様のご利用も多いはず。ナイフとフォークに加えてお箸も用意されていました。日本人好みの洋食テイストを取り入れた料理の数々もお箸でいただけるものがほとんど。りんごキッチンのブッフェとあわせて楽しみたいダイニングオプションでした。

今回は2泊しましたが、奥入瀬は1泊ではもったいないとあらためて実感。冬場はふたりで宿泊すれば1泊2食付でひとり1万円台~とリーズナブル。しかもご紹介したように各種アクティビティも無料です。ただしスキーシーズンでもあるので週末や2月の旧正月などは海外からのお客さまも増えると予想されるので予約はお早めに。

わたしが滞在した日はやや暖かく、本格的な氷瀑を見るまでには至りませんでした。なので、あともう一度。厳冬の時期に再訪したいとチャンスを狙っています。

冬の奥入瀬で、氷瀑が待っていますよ!

b0053082_20095953.jpg

# by naoko_terada | 2018-01-22 07:00 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(0)
氷瀑(ひょうばく)ライトアップが圧巻!奥入瀬渓流リゾートで雪と氷と温泉と美食①
b0053082_23262069.jpg
すべてが凍るこの時期、奥入瀬に行ってきました。
星野リゾート 奥入瀬渓流ホテルが9年ぶりに冬季営業をはじめたのが昨年12月。現場スタッフの「冬の時期の奥入瀬の魅力を伝えたい」という思いが実現した形になります。
この数年、青森県の観光促進のお手伝いをしていたことから真冬の奥入瀬・八甲田に来たことがあり、そのときに「厳しいけれどほかにはない雪体験は実に魅力がある」と感じていました。観光客に来てもらうためには客室数が多い、奥入瀬渓流ホテルが冬季営業することは重要なこと。それだけに再開の発表はとてもうれしいものでした。


b0053082_23511887.jpg
スキー場がある八甲田と異なり、奥入瀬の魅力は雪と氷のおりなす自然景観こそがキラーコンテンツ。そのためには冬の奥入瀬を楽しむ仕掛け、アクティビティが必要です。
そのアクティビティの目玉が、「氷瀑ライトアップツアー」。
氷瀑とは滝が凍った状態のこと。それをゲストだけのためにライトアップするという趣向。国立公園の奥入瀬渓流沿いは人工的な照明は一切なく。ゲストを乗せたバスと並走して特殊な照明を搭載した車が数分間、光のショーを見せてくれます。「馬門岩」「千筋の滝」「雲井の滝」「三乱の流れ」の4スポットに停車。ブルー、パープル、赤と幻想的に色を変えて映し出される氷瀑や氷柱としんと静まり返った雪の世界。数分だけライトアップされる奥入瀬の表情に魅入ってしまいます。

b0053082_23511718.jpg
見上げる枝もアートのよう。
このアクティビティですが、なんと宿泊ゲストは無料!まだトライアル的な要素もあるため、今年は無料で提供しています。代わりに参加者のみなさんの意見を聞きたいので、体験された方はぜひご感想をスタッフに伝えてあげてください。
ちなみに氷瀑ライトアップツアー。十和田市も開催していますがこちらは有料(大人1000円~)。運行がホテルとは逆の十和田市側からスタートするため見学ポイントも異なります。詳細はこちらへ。

b0053082_00055646.jpg
休業中は客室や大浴場などのアップグレードに費やされているため、快適さはググッと向上していました。特にお部屋。以前の和室のイメージを刷新。スタイリッシュに居心地のいい空間に生まれ変わっていました。上の写真のこちらは2015年に誕生した「渓流和室」。窓の外は奥入瀬川のせせらぎ。そこに向かって置かれているのが「渓流ごろんとチェア」と名づけられたカウチ。ここはお二人でもいいですがひとりでこもるのにもちょうどいい空間。

b0053082_00055632.jpg
同じようなスタイルで洋室仕様なのがモダンルーム。

b0053082_00060680.jpg
露天・半露天風呂付きの特別室。わたしが滞在したのはこちらの半露天風呂。もちろん温泉です。一見、内風呂のようなのですが。。

b0053082_00061690.jpg
こんな感じで窓を思いっきり全開すると半露天に。まさに渓流の音を聞きながらの雪見風呂を好きなときにいつでも堪能できる贅沢さ。柔らかいお湯は湯あたりもせず、飽きません。


b0053082_00061572.jpg
「渓流ごろんとチェア」で読書をしながら、雪を眺め、温泉に浸かる。少し遅めのお正月休み、と思い自分を甘やかします。


b0053082_09351886.jpg
温泉大浴場も昨年、リニューアル。冬露天の醍醐味として、「氷瀑の湯」と名前も変わりました。その名前のとおり、渓流に面する大露天の壁面を氷瀑にみたてる演出が。わたしが滞在した1月上旬はまだそれほど雪も寒さもおだやかで氷瀑もささやかでしたが、スタッフによると見頃は2月上旬あたりとのこと。写真のようなドラマチックな空間でぬくぬく温泉浴が楽しめるという趣向です。
※写真はサイトから借用しました。

b0053082_00210406.jpg
b0053082_00210539.jpg
今回は2連泊。初日のディナーは「青森りんごキッチン」。青森といえば、なんといってもりんご。りんごのモチーフ、インテリアだけではなく料理にもりんごが多用されています。
b0053082_00210568.jpg
リンゴを用いたメニュー以外にもお刺身や、青森名物のばら肉とタマネギを甘辛く炒めたバラ焼きなど和洋メニューがそろいます。
b0053082_00210547.jpg
b0053082_00210679.jpg
熱々で提供するのが大きなホタテのグリル。隣ではローストビーフをシェフが盛り付けています。

b0053082_00210577.jpg
お供は奥入瀬ビール。このあとは日本酒ですね。

b0053082_00210450.jpg
ゲストに人気のデザートが、こちら。アップルパイ。中にリンゴのコンポートが入った生地をさっくりと焼き上げています。熱々のアップルパイを食べ、濃厚なソフトクリームをひとくち。サイズ感もちょうどいい。

b0053082_00465106.jpg
「青森りんごキッチン」は朝食ブッフェもすごかったです。
b0053082_00465241.jpg
b0053082_00465141.jpg
b0053082_00465143.jpg
b0053082_00465176.jpg
しぼりたてのりんごジュースや目の前で焼くりんごのパンケーキ。今年は野菜が高騰しているけれどパリッとしたみずみずしいサラダもたっぷり。わたしはなんとなく和食の気分だったので、こうなりました。

b0053082_00465061.jpg
b0053082_00465034.jpg
ごはんは少なめにしたのですけどね。笑 ついあれこれのっけてしまいました。食べ過ぎ。

b0053082_00520416.jpg
岡本太郎の「太郎かっぱ」に笑われてしまいました。

続く

# by naoko_terada | 2018-01-16 07:00 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(0)
自遊人(じゆうじん) 2018年 2月号「これからのリゾート。」
b0053082_12253304.jpg
新潟県南魚沼に拠点を置き、日本各地のサスティナブルな人、モノ、プロジェクトなどを丁寧かつユニークな視点で発信する雑誌「自由人」。最新号のテーマは「これからのリゾート。」
その土地に愛情を持つ個人オーナーから外資のアプローチまで、日本各地に世界を魅了する大小個性のあるリゾートが少しずつ増えてきています。今、日本のリゾートはどうなっているのか。どこへ向かうのか。編集長であり、今や話題の古民家宿里山十帖のオーナーでもある岩佐十良さんと対談をさせていただきました。

対談にあたり、あらためて「リゾートとは何だろう?」ということを考えてみました。
アジアンリゾート以前、アジアに観光で行くことはまだまだ一般的ではありませんでした。ハワイ、グアム、サイパン、ゴールドコーストなどのビーチが主流。日本だけではなく世界の社会状況などと共にリゾート文化は成熟してきたのだと思っています。
リゾートの変遷をおさらいするにはちょうどいいと思います。

また、話題の豪華クルーズ瀬戸内海の「ガンツウ」や、「ベラビスタ」「坐忘林」などリゾート通に評価の高い宿などもかなり詳細に紹介されています。
今年行くための保存版としてぜひ、一冊。お手にとってみてください。



# by naoko_terada | 2018-01-09 08:00 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
2018年のハッピートラベルデイズ
b0053082_17241393.jpg
今朝、明け方の東京にはこんな美しい月がのぼっていました。

昨年はとても大きなことをいくつか乗り越える、という一年となりました。
今年はそこから導きだされたことを実行していこうと考えています。
具体的には56歳となる年齢から、今後の人生をどう進めていくか、ということ。
「フリーランスは定年がない」というのは確かですが、逆に考えれば引き際を自分で決めなければいけません。
そのための種まきをゆっくり少しずつ行っていくつもりです。

旅の仕方も変わることと思います。
どんなふうに変わっていくのか、自分自身でも楽しみたいと思っています。

今年もハッピートラベルデイズをどうぞよろしくお願いします。






# by naoko_terada | 2018-01-05 07:00 | その他 | Trackback | Comments(1)
ブルータス BRUTUS 「温泉 ♡ 愛 百人百湯の旅がある。」
b0053082_04583467.jpg
ついに11月になりました。
今年もあと2ヶ月。
ということで人肌恋しい、いえいえ温泉のぬくもりが恋しい季節ですね。

ブルータスの最新号はドンと、まるごと温泉特集。
「百人百湯の旅がある。」のキャッチコピーどおり、100人の温泉好きへのアンケートをもとに北海道から沖縄まで。個性あふれる全国の温泉地が紹介されています。
わたしはアンケートの52番め。日本で最も標高の高い場所にある温泉を挙げています。

それにしても日本は本当に温泉大国であり、なんと温泉好きの多いことか。
めくるたびに知らなかった温泉地、温泉宿が登場し、「ああ、行きたい」と思わせます。

年末年始の予約はもうムリかもしれませんが、これからの季節。心と体をあたためてくれる温泉旅に出てみませんか?




# by naoko_terada | 2017-11-02 05:11 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
エル・ジャポン12月号「たった1泊で大満足♡幸せの週末旅」
b0053082_21290492.jpg

ただいま発売中のエル・ジャポン
キュートなエマ・ワトソンが表紙。彼女ももう27歳。誌面でのインタビューも興味深いです。

今回、わたしは「たった1泊で大満足♡ 幸せの週末旅」でお宿や食をレコメンド。
ほかにも写真家、スパジャーナリストなど旅通の友人たちも魅力的なスポットを挙げています。温泉もいいし、この時期の南の島もいい。食べ歩きや人生をたちどまって考える時間も大事。それぞれのエレメントにあわせてセレクトされています。自分の今のライフスタイルにあった場所に出会う参考にどうぞ、してください。

個人的には映画好きなので、後半ページの「世にも恐ろしい大女優の鬼ママ列伝」が強烈すぎてツボ。
ひー。


そちらもあわせて、ぜひ、お手にとってみてください。





# by naoko_terada | 2017-10-30 05:00 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
ハッピー55バースデイパーティやりました!報告③ 募金報告
b0053082_20551110.jpg


先日のハッピー55バースデイパーティでたくさんのみなさんからの協賛をいただいたラッフルの売り上げなどの寄付先が決定。無事、入金してきました。


今回ラッフルの売り上げが18万円。
パーティに参加できないけれど寄付をしたい、という声も多く特別に口座を作りそこに振り込んでもらったお金が4万8500円。加えて私が売却した不用品のお金が5万円。合計27万8500円が集まりました。


これに寺田が上乗せして合計30万円に。これを東北と熊本の震災にあった子供たちのために寄付しようと考えました。
いろいろとリサーチした結果、NPOカタリバの熊本地震子ども応援募金に15万円、東日本大震災復興支援財団の高校生対象給付型奨学金「まなべる基金」に15万円を振り込みました。協力してくださった協賛企業、そしてラッフルを購入してくれた友人、寄付をしてくれた友人たちに感謝します。


「熊本地震子ども応援募金」は、多くの子どもたちが仮設住宅を出るであろう来年3月までをめどに「学習機会」と「居場所」の提供を通してサポートを行うもの。「まなべる基金」は被災した高校生を対象に卒業まで最長4年間、最大48万円を奨学金として給付するもの。原資が今回のような寄付によるものなので学生には返還義務が生じません。

ささやかではありますが、少しでも子どもたちのために役立てばと願っています。

まだまだ復興の道のりは遠いものではありますが、その中で未来を見つめる子供たちができる限り、前を向いて進めるよう。これからも応援していこうと思います。

そして、旅の楽しさも、これからも自分らしいスタイルでお伝えできればうれしいです。今週末も東北へ。大好きな人たちに会いにいきます!
ハッピートラベルデイズは続いていきますよ♥



b0053082_14181749.jpg



# by naoko_terada | 2017-10-23 07:00 | 東北応援! | Trackback | Comments(0)
ハッピー55バースデイパーティやりました!報告② チャリティ抽選会と ずれやまズレ子ライブ!
b0053082_11292679.jpg



b0053082_11384104.jpg


今回はたくさんの友人、知人が集まってくれました。福島からは何かとお世話になっている方々に参加していただきました。
川内村の議員であり商工会長も務める井出茂さん。小松屋旅館の経営者でもあり私も何度か宿泊させていただいています。井出会長自ら持参してくれたのは川内村名産のいわなの加工品とカエルグッズ。川内村にある平伏沼(ヘブスヌマ)は全国で2ヶ所のみ。モリアオガエルの繁殖地として国の天然記念物の指定を受けている場所のひとつ。今年の春、私も行ってきましたがそれは美しい緑に抱かれたネイチャースポットでした。

b0053082_11292658.jpg

b0053082_11385141.jpg

もうひとりは南相馬市小高で震災後、いち早く起業に取り組み地元への復帰へとつなげている
和田智行さん。現在、基幹とするHARIOランプワークファクトリー小高の愛らしいハンドメイドのガラスアクセサリーの販売をお願いしました。私もいくつか持っていますが透明感あるデザインでとても気にいっています。友人たちもたくさん買ってくれました。


b0053082_11292613.jpg



また、震災のための募金も行い一枚1000円でラッフル(くじ)を販売。賞品はいつもお世話になっているホテルやエアラインなどにお願いしました。みなさんどこも協力的でなんと海外の高級リゾートの宿泊など思っていた以上にすばらしい賞品の協賛を得ることができ本当に感激。ご提供くださったみなさんに心から感謝いたします。
以下が協賛社リストです(順不同)

MSCクルーズジャパン/フレグランス「MED」のルームスプレー、オードトワレ等

星野リゾート/宿泊券(青森屋界 阿蘇

ネスプレッソ/コーヒーメーカー イニッシア

パレスホテル東京/フレンチ『CROWN』ペアーディナー券

シンガポール航空A380A350 ディスプレイ用エアクラフトモデル

フォーシーズンズホテル丸の内東京MOTIF RESTAURANT& BAR フルコースディナー(ペアー)にポメリーのフルボトル

旅館くらしき/ペア宿泊券1枚

シャングリ・ラ ホテル 東京/ピャチェーレのディナー券(一組2名様)

庭のホテル/日本料理「縁」ペアランチ券 会席膳「葵」

森トラスト・ホテルズ&リゾーツ/軽井沢マリオットホテル「ノースウィング温泉露天風呂付プレミアルーム朝食付ペア宿泊券

グランド ハイアット 東京/ホテルお食事券

際コーポレーション/五島列島リゾートホテル マルゲリータ・ペア宿泊券

Lifestyle RetreatsThe Bale Phnom Penh(カンボジアプノンペン)宿泊券

Yプロジェクト株式会社/海のおどこの勝負パンツ「マグブリ」と俺のウニ・テーシャツ

スモールラグジュアリーホテルズオブザワールド/世界500軒のホテルからお好きなホテルで2泊滞在できるペア宿泊券

オーストラリア政府観光局/オーストラリアワイン赤白3セット

ザ・ペニンシュラ東京/アフタヌーンティー

クラブ・コンシェルジュ/スイス・シャスラワイン2本

三交社/ボディケアセット



b0053082_11551599.jpg




そして、お待ちかねのエンターテイメント!今回のために特別に仕込みました。笑。この日のためにスタンバっていただいたのがずれやまズレ子さん。青森県・むつ市が生んだご当地ソングの歌姫です。私が青森県の観光アドバイザー的なお手伝いをしている中でひょんなことでズレ子さんの存在を発見。今年の夏頃にアプローチしてありがたくもご出演願った次第。

b0053082_11551476.jpg


b0053082_11551574.jpg



ズレ子さんの持ち時間は約20分、3曲を披露。ゴージャスな衣装でエントランスから飛び込んできたズレ子さんに会場も大盛り上がり。代表作、『マリモにふれたら阿寒湖』でつかみはOK。沖縄民謡風の『やんばるクイナ食べちゃダメ』から、出身地・青森への想いをこめた『』とズレ子ワールド。途中、「お水ちょうだい」と某サイトのイケメン○さんに指示をする無茶ぶりはまさに姫キャラ。音響さんもつけ、リハーサルも行った甲斐がありました。

b0053082_11551595.jpg




なんと、私のために書き下ろしてくれたというバースデイソングのサプライズとかわいい花束も受け取り女子同士、ガッシリとハグ。笑 




b0053082_12002939.jpg


b0053082_11292706.jpg




3時間の予定が盛り上がりと段取りの悪さで1時間延長決定。苦笑

パーティの最後はお待ちかねのラッフル抽選会。180本用意したラッフルは完売。ズレ子さん、そして最近とても仲良くしていただいている女優の大桃美代子さんにも助っ人していただき番号を読み上げていきます。
ついでに残った日本酒も賞品にして持ち帰っていただきました。
参加してくれたみなさんにはこんなメッセージを。中にわたしも愛用するドイツの錫職人さんが手作りしたラッキーチャーム。お願いしたのは数十年おつきあいのある花巻のバックシュトゥーベ。なんとポールさんご夫妻と娘の茜ちゃんも会場に来てきれて再開!
また、美しい印刷をお願いしたのは三交社さん。心優しき熱血社長のYさんには「まごころプライス」で引き受けてくれました。ありがとうございます。

最後に写真を撮ってくれたのはツイッタ―&飛行機好きということでつながったカメラマンの林貴美さん。
そして見かねて途中からアシスタントとして抜群のサポート力を発揮してくれたYさんと、大阪から受付嬢としてかけつけたMちゃん。当日は汗だくで駆けまわってくれて本当にありがとうね。みなさんからの評価も高く、おかげでわたしの株があがりました。

※今回、ラッフルの売り上げが18万円。さらにパーティに参加できないけれど、として募金をしてくださった友人たちから。これに個人的に不用品を売った売上の合計を復興過程の子供たちのために寄付したいと思います。詳細は次回のブログでお知らせさせていただきます。



トラベルジャーナリストとして世界や国内を旅するなかでさまざまな場所、人たちとのご縁が生まれました。
震災後は「自分ができることを何かしたい」という思いで各地に向かった時期もありました。もちろんその思いは今も変わることはありません。でも、この数
年は少し私の中で変化が出てきたように感じています。それは、復興応援のため、という気持ちよりも
「ああ、またあの場所へ行きたいなぁ」
あるいは、「そろそろ、○○さんに会いに行こう!」。
そんな気持ち。

大切な友人、知人たちの暮らす場所へまた行こう。
自然にそう思うようになってきました。

楽しい時間を大好きな友人たちと共有できたことを心から幸せに思っています。

ありがとうございました!
これからもよろしくお願いします♥



b0053082_11292538.jpg




# by naoko_terada | 2017-10-21 17:00 | 東北応援! | Trackback | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム