ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
タグ:GQ ( 3 ) タグの人気記事
GQオンライン「Future civil engineering スイスから学ぶ未来のための土木─その1」


b0053082_13522762.jpg

写真提供©ATG

今年夏に取材したスイスの記事、第一弾です。
スイスから学ぶ未来のための土木──その1
テーマは、ずばり「土木」。
私の記事としては異色かもしれません。

もともと鉄道、産業遺産、さらに歴史などに興味を持っていること、
2年前にスイスのイノベーションを取材した経験からスピンオフ的に書かせてもらいました。
イノベーションの記事は以下。
その1: 教育システム
その2: 小国の先見性
その3: グローバリズム
その4: クオリティ・オブ・ライフ
その5: 企業誘致
その6: 偶然
その7: 好奇心&チャレンジスピリット


今回は短期3回集中連載となります。まずは来月、正式に運営される世界最長のゴッタルドベーストンネルから。
取材前は、のりもの好きとしてこの貴重な体験がハイライトだと思っていました。
でも、取材を重ねていく中で見えてきたもうひとつの視点。それが、タイトルとなった「スイスから学ぶ未来のための土木」です。
これは技術的なことだけを指すものではありません。おそらくテクノロジーでは日本の建築環境のほうが先をいっていることでしょう。
それだけではない公共事業としての建築、土木とはどうあるべきか。
大いに考えさせられ、日本が参考にすべきことが国家としてのスイスにありました。

渾身の記事です。
ご一読ください。
by naoko_terada | 2016-11-25 14:18 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
GQ Japan6月号「The Cool旅館・ホットリスト」、ELLE Japon6月号「秘境とグルメの旅へ!」


b0053082_20362897.jpg
b0053082_2036404.jpg

ロナウドとビヨンセ。
どちらもナイスボディですね。

バカンスシーズン目前、ということで俄然、リゾート記事が増えてきました。

まずはGQ
サブに「メシがうまくてクールな旅館に泊まりたい。」
ということで、国内の最旬にして最強のホッとな旅館情報をフィーチャー。わたしは巻頭の気になる3軒を書かせていただきました。場所は志摩と京都。これでピンとくるかたはリゾート通ですね。

b0053082_20573965.jpg

そしてエルジャポン
こちらは女子ぽいネタ。「今行くべき43パワースポット」をサブに秘境とグルメの旬な情報をピックアップ。

わたしはこのところ通っている青森をレコメンド。
津軽きってのパワースポットと、そのおひざもと。弘前にある将来性に非常に期待している若手シェフの手がけるイタリアンを紹介しています。
いやぁ、ここ。ホント、美味しいのです。あまり教えたくないほど。笑


熊本のことを思うと、のんきに旅行なんて。
そう思うこともないわけではありません。

でも、日常を生きる私たちが委縮し、いつもどおりに過ごさないと社会はまわっていきません。
こんなときだからこそ、いつものように。
それでいて、ほんの少し、誰かを思う気持ちを胸に。
自分が使うお金について、まわっていく環境にも配慮して。今、最もベターだと思う旅をしてもらいたいと思います。

最強のボディはもちろん、最強に愛あふれる気持ちを持って。

日本の旅に出ましょう。
by naoko_terada | 2016-05-09 21:07 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
GQオンライン「Innovation Switzerland スイスが世界トップクラスのイノベーション大国になった7つの理由」


b0053082_14293528.jpg

写真/岡村昌宏(CROSSOVER)

今年、日本とスイスは国交樹立150周年を迎えました。
150年前といえば日本は幕末。
新しい国家として邁進する途上で、いちはやく国交を確立し今も変わらない友好な関係を築いている国がスイスです。今年6月には日本側から皇太子殿下がスイスをご訪問され、現地でスイスのみなさんと交流されました。

そして記念事業の一環として、スイス大使館によるメディアツアーが開催され、今年6月にわたしも訪問。そのときの取材がGQオンライン上にて、現在公開中です。
Innovation Switzerland
「スイスが世界トップクラスのイノベーション大国になった7つの理由」


通常の観光地の取材ではなく、今回は「イノベーション」がテーマ。
現在、スイスは世界で最も革新的な国としてランキングNo.1を誇ります。その理由はどこにあるのか。それを知るための機関、施設、企業を訪問。7回の短期連載として、現在4回目までが公開されています。もっと深く掘り下げるべき内容ではありますが、スイスが確信的に行っているイノベーションを構築するためのスキームがどんなものなのか。少しは理解してもらえるものと思っています。
ひるがえって、日本はどうか。おりしもノーベル賞を日本人(正確には日本生まれのアメリカ人の方もいらっしゃいますね)が受賞したことが話題ですが、未来を見すえたうえでのイノベーティブな取り組みがどこまでできているのか。スイスをめぐりながらあれこれと考えさせられてしまいました。

そんなことを考えるきっかけにこの記事がなれば嬉しいです。
あと、3回の公開が控えていますが、どれも興味深い場所の取材となっていますので、ぜひ、引き続きお楽しみいただければと思います。

今回の貴重な取材をサポートしてくださったスイス大使館の担当者のみなさん、緻密な編集作業に従事してくれたチームGQ。そして、150年変わらぬ友好で日本を支えてくれたスイスとスイスの国民のみなさんへ感謝を。

これからも変わらぬ友情がスイス、日本両国間ではぐくまれていくことを心から願います。

b0053082_151125.png

by naoko_terada | 2014-10-13 15:02 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム