ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
タグ:女子旅 ( 3 ) タグの人気記事
ドバイ メディアトリップ② ホテルステイはドバイのおたのしみ


さて、ドバイのホテル。

今回、政観が用意してくれたのがホテル・アル・マンジールという4つ星ホテル。ドバイには最高級ホテルからカジュアルなものまでさまざまあり、また、ビーチサイドなのかビジネスエリアなのか。旅の目的によって選ぶことがポイントです。
このホテル・アル・マンジール。雑誌やテレビをにぎわすようなド派手なわけでもなく、目玉が飛び出るほど絢爛豪華なわけではありませんでした。なので、第一印象は割と地味め(ゴメンなさい)。
でも、チェックインして部屋に入って驚愕!窓の外にジャーン。世界一の高さ(828m)を誇るバージュ・カリファが目の前に屹立していました。ひぇぇ。

b0053082_2282032.jpg

b0053082_2283450.jpg

ロビーはコンテンポラリーでシャープな印象ながら、アラビア風のテイストもあり、洗練されたムード。2階にはリゾートのようなプールも。今回は朝から夜中まで取材で外出していたので利用できず。。涙

b0053082_312024.jpg

b0053082_3121161.jpg

わたしの部屋はデラックス・バージュ・ビューというバージュ・カリファが見えるタイプ。32㎡と一般的なシティホテルの広さですがひとりなら問題なし。バスルームがガラス張りになっていてシャワーを浴びながらバージュ・カリファを眺めることができます。

b0053082_3134534.jpg
b0053082_3135923.jpg
b0053082_314998.jpg

ツアーに参加した女性記者やライターに好評だったのが朝食。ザクロなどみずみずしいフルーツに野菜、バラエティに富んだチーズやヨーグルト、焼きたてのパンにひよこ豆のディップやドライデーツ(なつめやし)など充実の内容とエキゾチックさ。そのどれもが美味しいのでつい食べ過ぎてしまいます。食のレベルの進化に驚いたドバイですがホテルの朝食も裏切りません。

b0053082_316855.jpg
b0053082_3162077.jpg

なかでも中東風パンというかクレープのようなものを焼いていた彼は、常に笑顔をたやさず丁寧に一枚一枚焼いては熱々をわたしたちに持ってきてくれました。

b0053082_3182958.jpg

いやホント、おいしい。3泊しましたが、全部制覇することができませんでした。というか、彼がわたしたちが「おいしい!」と言って喜んでいるのをみて、毎朝、何もいわずに焼きたてを持ってきてくれるためというのもあり。そんなフレンドリーなサービスもまたうれしいのですけどね。

ごちそうさまでした!
b0053082_3221168.jpg

by naoko_terada | 2017-07-31 07:00 | トラベル | Trackback | Comments(0)
ドバイ メディアトリップ① エキゾチックさが新鮮!最先端な魅力をチェック
b0053082_23123262.jpg

10年ほど前は年に2回取材に訪れたこともあったドバイ。
当然、この世界一の高さを誇るバージュ・カリファもありませんでした。

久しぶりのドバイはさて。
と思ったのですが、当時よりも観光向けサービスが洗練され、とても質が高くなったと実感。ホテルやレストラン、アクティビティのスタッフの接客ぶりもとても優秀。これには感心しました。

b0053082_23154884.jpg

まずはドバイに来た観光客の多くが向かうこちらへ。
はい、上記で登場したバージュ・カリファ。高さ828メートル、160階。その124階部分にある展望フロア「アット・ザ・トップ」に行きますよ。なお、入場チケットはオンライン購入できるので時間の節約として事前に買っておいたほうがいいです。

b0053082_23424538.jpg

b0053082_23425556.jpg

案内にそって移動、高速エレベータに乗って到着!うっわー、と思わず声に出してしまいました。これは確かにすごい眺望。もう飛行機から見るのに近いレベル。しかも屋外に出られるポイントも。それにしてもここが砂漠の国とは思えないですよね。眼下にはまだまだ工事まっただ中の開発エリアがいくつも見えます。

b0053082_2347661.jpg
b0053082_2347449.jpg

新しいだけではちょっとつまらないものですが、歴史・文化的な表情もドバイの魅力。ガイドブックにはあまり紹介されませんが、ぜひ見ておきたいのがムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム首長が暮らす王宮。近くまでは行けませんが壮大かつ端正なたたずまいが圧巻。周辺には華麗なクジャクたちが放し飼いにされ、彼らだけ警備にとがめられることもなく自由きままに動きまわっています。

もうひとつがモスク。ドバイにはいくつもの大小のモスクがあります。その中でも観光客に人気が高いのがジュメイラ・モスク。アラビア語で「美しいモスク」の名前のとおり厳かなたたずまいが印象的。金曜以外の毎日、10時から見学ツアーを行っています。

b0053082_0275118.jpg
b0053082_028458.jpg

b0053082_0302968.jpg

b0053082_0281675.jpg

また、開発とは無縁な昔ながらの風情を残す旧市街に迷いこむのも楽しいもの。スパイス、ゴールドなどに特化した市場(オールドスーク)は観光客向けの商品も多いですが地元の人たちのショッピングスポット。サフラン、デーツ、香辛料、ナッツ類などはお土産としても人気です。

b0053082_0332979.jpg
b0053082_0334837.jpg

スークが集まるのはドバイクリークの両岸。ローカルの足であるアブラと呼ばれる渡し船は乗船料・片道1ディルハム(約30円)と安いのでぜひ、トライを。楽しいですよ。

b0053082_0375352.jpg
b0053082_038536.jpg

オールドスークとはまったく正反対。最先端のショッピングゾーンもその規模に驚かされます。世界最大級と豪語するドバイ・モールを筆頭にモール・オブ・ジ・エミレーツ、最も新しいシティ・ウォークといったショッピングモールには高級ブランド品からダイソーまでなんでもそろっています。わたしはもっぱら空調が効いたモール内に涼みに行くのとトイレタイムに活用。カフェやレストランなどもあるので食事にも使えます。でも、とにかく広いので迷子にならないように!

b0053082_0451579.jpg

b0053082_0443631.jpg
b0053082_0445026.jpg

戒律が厳しいイスラムの国の中で最もオープンなのがドバイといってもいいでしょう。ビーチに行けば水着姿の男女が実に開放的にサンベイジング。また、ノースリーブやミニスカートの欧米人観光客も見かけます。宗教観へのリスペクトと節度さえ持てばリゾートバカンスもしっかり満喫できるのもドバイならでは。

b0053082_0591587.jpg

ホテルやリゾート以外ではお酒の販売はもちろん、提供することもNGなのですが、これもゆるやかに解釈が変わってきていました。「ホテルに隣接した商業施設もホテルの施設である」ということで、うれしいことにバーやお酒を出すレストランが!!アルコールの値段が高いドバイなのですが夕方になるとこういった場所がハッピーアワーをやっていて1杯の値段で2杯、つまり半額に。10数年前にはありえなかったありがたいサービスに感謝、感謝です。笑

b0053082_1493.jpg

b0053082_142354.jpg

そしてドバイ観光にはずせないデザートサファリもやっぱり楽しかった!わたしは3回めなのですが今回が最もウェルオーガナイズされた内容になっていました。

b0053082_193938.jpg

b0053082_194966.jpg

ドバイにはいくつもデザートサファリを催行するツアー会社があり、わたしたちが今回体験したのはデザート・サファリ・ドバイ社のツアー。夕暮れの中、4WDで砂漠のオフロードを疾走。その後、各ツアー会社が運営する砂漠のキャンプサイトへ。そこでキャメルライド、サンドスキー、シーシャ(水パイプ)、ヘナ体験などを楽しむ趣向。すべてツアー料金に含まれています。同行の初ドバイの女子たちはラクダに乗って歓声をあげ、ヘナやシーシャに大興奮。やはりこのツアーはドバイでやりたいことがすべて入っているのでテンション上がります。

b0053082_1135291.jpg

b0053082_11417.jpg

その後、BBQディナーを食べながら民族ダンスやベリーダンスを鑑賞。ここでもビールやワインなどお酒が飲めると聞いて感動!もちろん有料ですがそれまで参加したサファリツアーでは一切飲めなかったのでもう、うれしい。苦笑 乾燥した砂漠で味わう冷えたビールは最高すぎました!料理もつくりたてでお味も上々。


確実に観光デスティネーションとして実力をつけたことを実感したドバイ・トリップ。このエキゾチックさとスケール感ある空間&アクティビティは他では味わえないもの。好きか嫌いかは別にして一度は体験しておいて損はしません。こういう世界もあるんだなぁ、としみじみ感じることでしょう。

ということで次回は滞在ホテル編!
by naoko_terada | 2017-07-10 01:23 | トラベル | Trackback | Comments(0)
クレア 「2013年は癒しのご褒美旅へ 私を変える週末旅!!」

b0053082_065735.jpg

女子旅

おひとりさま

リセット

プチ旅行


このところ、こういったキーワードの旅に注目が集まっているように思います。

そこで、クレア1月号は、「2013年は癒しのご褒美旅へ 私を変える週末旅!!」が特集。

式年遷宮を迎える伊勢神宮、金沢、倉敷、沖縄、軽井沢、
海外は、今、勢いに乗るシンガポールを徹底検証。
加えて、リアルプライスが女子の旅気分に響く、温泉宿、ホテルを網羅。
女性の大好物のラインナップが充実。

わたしは、「週末でも1万円台で泊まれてしまう宿」の選者のひとりとして、2軒ほどレコメンドさせていただきました。

温泉ジャーナリスト、フォトグラファー、ライターなどさすがの目利きたちがリストアップしただけあり、コスパなお宿ばかり。
さっそくの週末旅に役立つこと間違いなし。
ぜひ、ご活用くださいませ。


この企画用にあれこれと宿の価格を
オンラインでチェックしながら思ったのですが(これが仕事ながら、とっても楽しい。笑)、
最近は、正規料金を設けずに稼働率にあわせて毎日、料金を微調整するところも出てきている、ということ。
空いている客室は何ら、収益を生みませんから、多少、安くしても集客したい。海外のホテルでは一般となっているこの変動制が、国内の旅館などにも広まってきているようです。
今回の企画のように、「週末でも1万円台」というお宿でも、日によって1万円以上の場合もあれば、空いていればグッとお得な料金になる可能性も出てきそう。
オンラインのこういった予約体系は今後、さらに増えていくことと思います。

というわけで、クレアの今号などを参考にしつつ、最後はご自分で検索し、比較検討することがより、賢く旅行を楽しむコツになりそうです。


それにしても、ホテルや宿の検索といった旅の情報探しって、
どうしてあんなにときめくのでしょうか。
特に真夜中。

旅の醍醐味の一部ですね。


2012年のお疲れと、2013年へのリチャージに。
週末旅へ!
by naoko_terada | 2012-12-07 00:39 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム