ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
タグ:クルーズ ( 11 ) タグの人気記事
トゥクトゥクに乗ってシェムリアップから悪名高きトンレサップ湖へ①


カンボジア・シェムリアップから、この日は遠出。
郊外にあるトンレサップ湖へ日帰りで行ってみました。

トンレサップ湖は実は悪名高い場所。
クルーズに乗ると法外なチップを要求されたり、湖上生活する貧しい子供たちのためにこちらも高額な食糧を買わせようとするなど観光客がカモにされることがあります。

ということなのであまりにも悪徳すぎるようだったらクルーズにも乗らず、帰ってこようと。
そんな気軽な感じでちょっとしたドライブ気分で出発です。

この日のドライバーは昨日、アンコールワット遺跡めぐりでチャーターをお願いした運転手さん。
おって書きますが、この方がとーーーっても親切で誠実な方でした。
なので、トンレサップ湖行きを昨日、ホテルに送り届けてくれたときにお願いしていたのです。
ホテルから行って帰ってきて15ドル。
この値段は言い値。わたしもねぎっていません。

トンレサップ湖までは1時間半程度とのこと。
快晴の朝、トゥクトゥクに揺られてスタートです。

b0053082_222628.jpg

シェムリアップの市街地をどんどん進む。
ひとりでの貸切りトゥクトゥクは風が抜けて快適、らくちん。

b0053082_22274914.jpg

しばらく行くと田園風景に変わっていきます。

b0053082_2228162.jpg

こんな感じで田んぼの間に点在するのは、ハンモックをつるした休憩スポット。コーラなど飲みながらハンモックで涼める、という趣向です。

b0053082_22293094.jpg
b0053082_22294146.jpg
b0053082_22295176.jpg

1時間半ほどで湖沿いに来ました。
ドライバーが、「ノー・ウォーター」と指さす。
そうなんです、わたしが訪れた5月は乾期とのこと。雨季ならばこの家々も湖に浮かぶそう。
ちなみに5月あたりは一番暑い時期で、観光客の少ないオフシーズンでもあります。

b0053082_22381042.jpg

とりあえずクルーズ乗り場へトゥクトゥクで向かいます。
船着き場から見ても、あきらかに水位が低いのがわかります。

トンレサップ湖は「伸縮する湖」といわれ、雨季には1万2000平方キロメートルの面積に広がり、深さも12メートルを超えるそう。それが乾期になるとわずか250平方キトメートルに縮小。数位はなんと1.5メートルに。実際、今回もかなり沖合でも子供たちが裸で水につかって遊んでいるのを見ました。

さて、どうしましょうかねぇ。

クルーズの受付に行くとあんまり人相のよからぬ男性が英語で話かけてくる。
クルーズ料金を聞くと2時間で30ドルだという。

水位も低いし、水上生活の風景はほかでも見ているので、このままシェムリアップに引き返してもいいけどなぁ、とぼーっと考える。でも、戻ってもホテルはすでにチェックアウト済み(この夜に帰るため)だし。

せっかくなので乗りますか。

「オーケー」
わたしがそう言って30ドルを渡すとさっとそれを手にしたおじさんはこう言った。
「今は乾期なので、大きな船では水上村まで行けない。途中から村人がこぐ小さなボートに有料で乗らないとダメだ」
なに、それ。お金払ってから言うこと?
「じゃあ、それはいくらなの?」と聞くと、村人の船だから自分にはわからないととぼける。
ひどいね、詐欺ですね。

こうなってきたらどんな手口で観光客からお金を取ろうとするのか逆に興味がわいてきました。
韓国人の学生グループたちがきゃあきゃあ盛り上がっている横をすり抜けてボートに乗り込みます。

2時間、30ドルのクルーズの開始ですよ。
by naoko_terada | 2016-06-25 23:13 | トラベル | Trackback | Comments(0)
プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.1
b0053082_20495114.jpg

2月にシンガポール発着の3泊4日のクルーズに乗ってきたときの記事をはじめます。大型客船はひさしぶりだったのですが、とーーーっても楽しかったのでご報告します。

今回の乗船はプリンセスクルーズの所有するサファイアプリンセスで。乗客定員2670名、11万5875トンの美人さんです。シンガポールを出てマラッカ海峡を北上、マレーシアのペナン、ポートケランに寄港。再びシンガポールに戻ってくるというお気軽なもの。

b0053082_2055839.jpg

シンガポールの乗り場はマリーナベイ・クルーズセンター。行きは不安だったのでタクシーを使いましたが、歩いてすぐのところに地下鉄MRTマリーナサウスピア駅ができたのでそれを使ってもいいでしょう。チェックインカウンターはこんな感じ。大型船なので乗客をさばくのに時間がかかるかな、と思っていたのですが驚くほどにスムースであっという間に完了。さすが、手慣れたものでした。また、キャリーケースのような小さな荷物ならポーターに預けず、自分で運んでもいいようなのでそうすれば荷物が届くのを待つ必要もありません。

b0053082_20592165.jpg

b0053082_20583314.jpg

b0053082_20584692.jpg

今回、頂戴したお部屋は海側バルコニー。出航前、バルコニーからマリーナサンズがよく見えました。

b0053082_2122373.jpg
b0053082_2123461.jpg
b0053082_2124656.jpg

ベッドルーム以外はこんな感じ。バスタブはなしですが3泊4日なのでまったく気になりません。クローゼットも広いけれど今回はショートクルーズ。ガラディナーもないので小さなキャリーケースのみ。荷物整理もあっという間に終了。2週間超え、フォーマルばっちりなクルーズと違い(そういうのも楽しいのですが)、この身軽さがラクちんでうれしい。

b0053082_1010396.jpg

b0053082_217562.jpg

初日、出航は16:00。ペナンへと向かいます。このクルーズの特徴はマレー半島とインドネシア・スマトラ島にはさまれたマラッカ海峡を航行する点にあります。それが何を指すかというと、「ほとんど揺れない」ということ。大きく揺れることもある外洋と異なり、まるでリバークルーズのよう。船酔いを心配される方、ものすごく揺れるのではないかと思われる方には安心して乗れるコースだと思いました。アジアの貿易に欠かせない場所だけに数多くのタンカー、コンテナ船が行き交うのを見ることもできます。

b0053082_21183625.jpg

出航後、船内探索。14デッキのプールはインドア。ジャクジーもあり全天候型で楽しめます。

b0053082_21381080.jpg

b0053082_21235365.jpg

そしてこれがプリンセスクルーズの大人気施設、ムービーズ・アンダー・ザ・スターズ。15デッキにある屋外シアターです。さまざまなジャンルの映画を上映、もちろん無料。これがめちゃくちゃ楽しい。昼間は水着で、夜は涼しくなるとブランケットをスタッフが貸してくれるのでそれにくるまりながら名作を鑑賞。満天の星空の下、心地よい潮風に吹かれてまどろみながら。なんとも贅沢な時間でした。

b0053082_2129828.jpg
b0053082_21292445.jpg
b0053082_21293635.jpg

スパ、オーセンティックなバーラウンジ、毎日エンターテイメントが行われるシアター、カジノなどがあります。

b0053082_21412054.jpg

吹き抜けの空間ではライブやショーなども。最後の夜にはここで盛大にバルーンパーティが開催されるとのこと。

b0053082_21425844.jpg

こんな感じで初日はあくせくしないで、のんびりと船内をめぐって終了。
さー、そろそろディナーの時間です。
by naoko_terada | 2015-04-06 07:00 | トラベル | Trackback | Comments(0)
Cruise Traveller シルバー ガラパゴスで往く「ガラパゴス世界遺産への探検航海」

b0053082_0363963.jpg


ごぶさたしてます。
更新、とどこおってます。
すみません。。

そんな中ではの掲載誌の紹介です。

ラグジュアリーな船旅へ誘う専門誌「Cruise Traveller」最新号。
FBは→コチラ

第一特集がThe Galapagos Islands World Heritage,Expedition Cruise.
そのメイン記事として「ガラパゴス世界遺産への探検航海」として、探検船シルバーガラパゴス乗船記を書きおろしています。
なんと30数ページという久しぶりの一大特集です。それだけ費やしてもまだまだ書き足りなかったほど。それほどに今回のクルーズは心に残る人生を変えるものでした。
大自然の驚異、人間との共生など。
わたしたちが未来へとつないでいくべき大切なものが数多くあるということ。
そんなことをクルーズ中もあれこれと考えてしまいました。

もちろん大半は楽しく感動的な体験でしたが、とても深く考える旅でもありました。

そのエッセンスが少しでも伝わると嬉しいです。
ほかにも世界をめぐる数々の魅力的な探検クルーズの紹介も満載です。
ぜひ、クルーズ保存版としてお使いいただけるとうれしいです。
by naoko_terada | 2014-09-24 00:49 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
リシェス Richesse 「進化する船旅、クルーズ新時代」


b0053082_1636247.jpg

25ans世代のためのさらなるクラス感を極めたハイエンドマガジン、リシェス

現在、書店に並ぶ今号の特集は「クルーズ」です。
ここにきてさまざまな新しい客船の登場と、お値ごろ感で旅のトレンドに入りつつあるクルーズですが、リシェスではその中でもよりすぐりのラグジュアリーな船旅をセレクト。豪華執筆陣のみなさんの深い経験値から導き出されたクルーズシップの本質を描き出しています。

わたしは巻頭でクルーズの魅力とトレンドを執筆。ちょうどガラパゴス・クルーズの途中が締め切りというスケジュールとなり、船内で執筆をして、帰路のエクアドル・キトの空港で校正という綱渡りな仕事となってしまいました。

誌面に登場するクルーズはさすがに高額なものばかりです。
でも、いつかは叶えたいと思えるまさに一生に一度の体験となりうるものばかり。

地球を体感するための心躍る船旅への扉を、まずはリシェスの誌面から開いていただければと願います。
by naoko_terada | 2014-07-05 16:38 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
「美しき船旅へ」 Sette Mari セッテ・マーリ


b0053082_174834.jpg

ここにきてにわかにクルーズが話題になってきています。
クルーズ=豪華というわけでもなく、カジュアルかつリーズナブルに楽しめる船が続々と登場したのがきっかけだと思います。
お子さん連れでも、ひとりでも。
旅の目的にマッチしたタイプを選べば、幅広い楽しみ方があるのが船旅。
ぜひ、新しい旅の魅力として浸透していってもらいたいです。

そんな中で静かに船出をした雑誌がこの「セッテ・マーリ」
セッテ・マーリとはイタリア語で「七つの海」。

一般的なクルーズ雑誌ではなく海&クルーズを愛する人のライフスタイル誌のおもむき。
それもそのはず、編集長は「レオン」をはじめ数々の男性誌を手がけたクリエイティブディレクター干場義雅さん。クルーズの紹介はもちろん、憧れのブランドの名品も登場。かなりラグジュアリーに仕立ててあります。

この中で、「初めてのクルーズはやっぱりエーゲ海~アドリア海」という特集でコメントをさせていただいています。
お気に入りの島も紹介していますが、
わたしの場合はクルーズファンならご存知のギリシャのあの島!←ナイショ。笑

ぜひ、書店で手にとっていただきご確認いただければと思います。
by naoko_terada | 2014-04-04 18:05 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
「フランス・ルポルタージュ大賞」受賞!OPENERS 「ボルドーからノルマンディーへの船旅」


b0053082_17222780.jpg

昨晩、フランス観光開発機構(フランス政府観光局)とエールフランスによる第13 回「フランス・ルポルタージュ大賞」のインターネット部門で、私が執筆しましたOPENER オウプナーズの記事、“探検船”でラグジュアリーな冒険を!「シルバー・エクスプローラー」で巡るボルドーからノルマンディーへの船旅が大賞を受賞しました。

ありがとうございました。

私にとってもこの取材は、ノルマンディー上陸作戦が行われたビーチ、戦争墓地を訪れるなど、一般的な観光名所とはことなる場所を訪問し、非常に印象深い取材旅行でした。
結果、ウェブとしては異例なほど書き込んだ紀行文だけにとてもうれしいです。
ご興味あれば、ぜひ立ち寄って読んでいただければと思います。

また、雑誌部門はマガジンハウスPOPEYE10月号「シティボーイ、パリを行く」、TV部門はテレビ東京「美の巨人たち」〝パリを彩る美しき歴史遺産スペシャル“(前・後編)

こちらもおめでとうございました。
by naoko_terada | 2013-12-13 17:42 | 掲載メディア | Trackback | Comments(2)
ウエブマガジン オウプナーズ “探検船”でラグジュアリーな冒険を!
b0053082_029811.jpg

ウエブマガジン オウプナーズの特集として、
「“探検船”でラグジュアリーな冒険を!」が公開されました。

これは、昨年、エクスプローラー客船、シルバー・エクスプローラーでボルドーから最終的には英国ポーツマスを旅した記録です。

ウエブ記事というと、ビジュアル中心で文章はごく短く、というスタイルが主流。
でも、オウプナーズでは、情報ではなく、ストーリーを。
時間の流れ、訪れた場所での心のゆらぎなど、旅をしたわたしが感じた、
心象も含めて語っています。

ボルドー、モンサンミッシェルなど有名な場所もクルーズでたどると、またおもむきが変わります。

また、今回は「D-デイ」のノルマンディー上陸作戦の地へも。
当時の遺構が残る海辺を歩き、若い兵士たちが眠る墓地をめぐるなど、いつもとは少し、異なった旅の時間はわたしにとってもとても印象深いものでした。


たっぷりと読みごたえのある内容です。
フォトギャラリーでは、クルーズのエッセンスが届くようなビジュアルをセレクトしました。


ご覧になっていただければうれしいです。



b0053082_2327198.jpg

by naoko_terada | 2013-01-18 00:30 | トラベル | Trackback | Comments(0)
グラマラス6月号、MEN's EX  キーワードは東京、ホテル活用術!

b0053082_14361483.jpg

ただいま発売中のグラマラス6月号。
「これが私の東京イチバン!」で、お薦めをひとつ、コメントさせていただきました。
個性あふれるさまざまな選者のみなさんによる
カルチャー、食、空間など東京の「イチバン!」がたくさん登場です。

b0053082_14375374.jpg

そして、『相棒』、杉下右京サマが表紙のMEN's EXでは、
「エグゼクティブのホテル活用術」で、意外に知られていないホテルサービスなどをご紹介。
結構、「へぇ」というものがあるのですよ。
今月、17日に開業のパレスホテル東京の紹介もあるので、ホテル好きはぜひ。


このほか、書店売りではないので、
一部の方のお手元にしか届かないのですが、
ダイナースカードの会員誌「ヴァリューズ」では、日本の美しき宿をご紹介。

また、JCBゴールドカード会員誌「The Gold」では、
憧れの地中海クルーズの特集を執筆させていただきました。



ご高覧いただけましたら、うれしいです。
by naoko_terada | 2012-05-10 14:51 | 掲載メディア | Trackback(1) | Comments(0)
東京湾でキリンと出会う日
一昨日の日曜、「海の日」を前にして東京湾クルーズを。

といっても、主催は「東京港埠頭株式会社」
東京港のコンテナターミナルや客船ターミナルをはじめ、お台場海浜公園、有明コロシアムなどのレジャー施設を管理しているようです。
あ、海上清掃、廃油回収なども行っています。
知りませんでした。

ということで、クルーズの目的はこういった事業施設を海上から見せてもらう、というもの。
我が愚姉が応募してみごとに200名の参加枠に当選。
わずか1時間の乗船ですが、「工場萌え」的な気分です。

船の乗船場所は日の出桟橋。

と、我々の小さなフェリーの横に、なにやら珍妙な物体が。

b0053082_872171.jpg


「御座船 安宅丸」ですか。
いやぁ、ビックリでした。
東京湾にこんな船が走っているなんて。
葵のご紋も誇らしげに、スタッフもごていねいに裃(かみしも)チックな制服です♪

安宅丸(あたけまる)は、徳川幕府の御座船(ござぶね)。
江戸防衛の任務を兼ねて、軍艦形式の船になっていたそうです。

う~ん、乗りたい。
港湾見学じゃなくて、こっちに乗りたかったです。


b0053082_8163474.jpg

やや波が高いものの、快晴の東京湾を出発。

日の出桟橋からレインボーブリッジの下をくぐり、大井コンテナ埠頭~水産物埠頭~海の森予定地~東京ゲートブリッジ~フェリー埠頭、青海コンテナ埠頭とかなり駆け足で進み、終点はお台場海浜公園というコース。
この視点で東京湾を望むのはなかなかないこと。
船内ではガイド嬢による、東京港のあれこれを解説したアナウンスが。

いわく

・東京港は1998年から外貿コンテナ取扱個数が連続日本一。

・首都圏4000万人の生活と産業を支える物流拠点としての機能を担っている。

・清掃事業や、稚魚の放流、従来のディーゼル発動機に加え蓄電装置を搭載したハイブリッドクレーンを使用するなど環境に配慮。

などなど。

b0053082_8312413.jpg
b0053082_8313878.jpg

このクルーズのハイライトは、なんといってもコンテナターミナルを間近に見ること。
にょきにょきとたたずむキリンの群れ、ならぬクレーンたち。
ガントリー・クレーンと呼ぶそうです。
近くで見ると迫力満点!
その横を羽田に着陸する飛行機が、ばんばん降りていきます。

くー、カッコいい!笑


こうやって見ると、東京湾がどれだけ働き者かがわかります。
ひんぱんに行き交う船舶、貨物をぎっしりと詰めたメガサイズのコンテナターミナル。
おそらく日曜だからこれでも数は少ないのでしょう。

レインボーブリッジに東京タワー、汐留やお台場の高層ビル、その奥にはスカイツリー。
潮風を受けて眺める東京摩天楼も美しく、どこを切り取っても絵になります。

たまにはこんな風に東京湾を楽しむのもいいですね。
クルーズもヴァンテアンや、シンフォニー、足代わりの定期航路などいろいろなルート、スタイルがあるのでファミリーでも、カップルでもお好みで選ぶことができます。


思った以上に楽しく、大満足のクルーズとなりました。
今度は御座船に乗ってキリンを見にいきましょう!
by naoko_terada | 2011-07-19 08:52 | 日本 | Trackback | Comments(4)
究極のトラベルアイテム “GENELEC TANAKA MODEL”


b0053082_1875566.jpg

シルバーシー・クルーズの大きな魅力はなんといっても滞在する客室の快適さ。
今回はミッドシップベランダというベランダ付きの部屋ですが、
これがもう、最高に快適。
ベッドのあるスペースに加えてリビングエリア、ウォークインクローゼット、そしてベランダ。バスルームにもシャワーブースと別にバスタブがあるのが嬉しい。
アメニティはブルガリ。
日本人ゲストに人気のカテゴリーというのも納得です。

b0053082_1893314.jpg

そのラグジュアリーな客室でただいま聴いているのが、今回のクルーズのために日本から持ってきた究極のトラベラーズツール。GENELEC TANAKA MODEL
重さ、わずか620グラムの高性能スピーカーです。
写真で見てもらえばわかりますが、大きさもコンパクト。
持ち運ぶための専用バッグがあり、脚台とスピーカーは切り離し可能。台の中にスピーカーを収納できるデザインになっているためスーツケースに入れても問題ありませんでした。

驚くのはその音質。
i-podなどから直接、音源を取り込み再現した音の奥深さ、広がり。
さすが、世界最高峰の音響ブランド、フィンランド・ジェネレック社ならでは。
今回のクルーズ用にいろいろなお気に入りをダウンロードしてきました。
今、聴いているのはサラ・ブライトマン。
ベタですね(笑)

移動が多く、忙しい取材スケジュールの場合、荷物は最小限にしぼりこみます。
スーツケースも機内持ち込みが可能なサイズがスタンダード。
でも、クルーズはまったくその逆。
一番、大きなスーツケースにとにかくお気に入りのドレス、靴、帽子、カバンなどを詰め込みます。加えて未読の小説、さらに音楽は必需品。
客室にもi-podのステーションがありますが、音質まではさすがに期待できません。

窓を開け、ベランダからの心地よい地中海の潮風を受けながら、上質の音楽を聴く幸せ。こんなゆったりとした時間は、本当に久しぶりです。

このTANAKA MODEL。1000台限定のリミテッドアイテムで、すべてにシリアルナンバー付き。わたしのは、086/999。
お値段はちょっと高いですが、音を聴けば納得するクオリティ。
次回は、バリ島のヴィラにでも持ち込んでみたいとひそかに考えています。



なくても困らないけれど、あると旅がさらに美しく、思い出深いものになる。
そういった小道具がラグジュアリーバカンスには欠かせません。

b0053082_181149.jpg

by naoko_terada | 2011-06-15 18:19 | トラベル | Trackback | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム