ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
<   2016年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
新刊 「フランスの美しい村を歩く」東海教育研究所 寺田直子 著

b0053082_157424.jpg

今月2月24日、東海教育研究所から新著が出ます。

タイトルは「フランスの美しい村を歩く」

すでにアマゾンにも反映されています。

「フランスの最も美しい村 "Les Plus Beaux Villages de France" 」という団体があり現在、厳しい基準をクリアした155の村が加盟しています。ここ最近、それらの村をめぐる観光が少しずつ注目され、人気を集めています。。
今回は1年以上をかけて取材を重ねてきた30の村々を旅した紀行文であり、またガイド的な要素もあわせもった一冊に仕上げました。
正確には団体に加盟する23の村に、個人的に魅力を感じた6つの村、さらに環境整備が整い神秘性を増したモンサンミッシェルの感動体験の合計30ヶ所という内容です。
東海教育研究所のオンラインサイト「かもめの本棚」で連載をしていた「いつか訪ねたい世界の美しい村」に加筆した村もありますが、大半はこの本のための書きおろしとなっています。

選んだ村にはこだわりがありました。
自分が村を訪れる際、155もある中から「まずはどこに行ったらいいのか」とても悩んだからです。そこで、フランス政府観光局となるフランス観光開発機構に協力いただきお薦めとなる村のリストを作ってもらいました。中には「フランス人が最も好きな村」などもあり、どの村も強烈な魅力を持ち、訪れる価値のあるものばかりです。

取材はすべて自分で行い、ひとりの旅人としての視点を大切にしました。
村はフランス全土に広範囲に点在し、公共アクセスの悪いものが多く、めぐるにはレンタカーがベストなのですが、運転に自信がないといった場合のための電車、バスなどを使ったアクセスも可能なかぎり情報として盛り込んであります。

「フランスの最も美しい村」をめぐりたい。
そう、思った際にまずはどこから始めればいいか。
その参考になればと思います。

ぜひ、お手にとっていただき、次の旅の参考にしていただければうれしいです。
by naoko_terada | 2016-02-22 02:24 | その他 | Trackback | Comments(2)
クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在②


b0053082_12474493.jpg

クラウンプラザ チャンギエアポートの客室はエアポートホテルという性質上、ツインかダブルかなどの違いはありますが、基本はデラックスルームとスイートルームというきわめてシンプルなカテゴライズ。
大きく異なるのが、エアポート側か眼下にプールをのぞむ内側かということ。

ここで、痛恨のきわみ。
当然、エアポート側をリクエストしていたのですが、な、なんと満室。最近は特に「空港側」を指定するゲストが多いそう。エアライン好きが増殖中なの?ああ、残念すぎます。。

b0053082_12533634.jpg

それでも気を取り直して、お部屋のチェックです。入口手前にラゲージを置くスペース。

b0053082_12551698.jpg

気に入ったのはテレビの下に設けられたシームレスなスペース。スーツケースはもちろん、手持ちのバックなどを置くのに便利でした。

b0053082_12563951.jpg
b0053082_12564617.jpg

備品の収納もよく考えられています。しまえばスッキリ見えません。

b0053082_12572499.jpg
b0053082_12573242.jpg

バスルームはかなり大胆なデザイン。スイートも含め全室このモチーフが用いられています。女性好みのようにも思えますが、ビジネスマンの男性のみなさんはどうでしょう。ガラスウォールはロールスクリーンが降りるようになっています。

b0053082_1323227.jpg

窓からはプールとヤシの木。トロピカルなムードです。もちろん、これもステキな景色なのですが、やっぱり飛行機が発着するのが見たかった。。これはリベンジするしかないですね。


次はクラブラウンジなどその他のサービスをご紹介です。
by naoko_terada | 2016-02-14 23:59 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(0)
クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在①


b0053082_12112927.jpg

サムイから日本へ。
今回はシンガポール経由でしたが、これが予想以上に快適でした。

現在、日本からサムイへの直行便がないので通常だとバンコク経由を選ぶと思います。
ただ、そうするとバンコクで入国をしなくてはならず、これが結構、こんだりするのです。なにしろタイ全土へ移動する人たちがこの入国審査ブースにいっきに集中するのですから。以前はまったく列が進まず搭乗時間ぎりぎりだった経験もあります。

それがシンガポールからだと出入国はいずれもサムイで。サムイ島で降りる人たちだけなのでかなーりスムース。シンガポール航空ならシンガポール~サムイ間も姉妹エアラインのシルクエアーを利用すれば荷物もスルーでいきます。

もうひとつシンガポール経由にした理由が、ホテル。
クラウン プラザ チャンギ エアポート宿泊が今回のもうひとつの目的です。スカイトラックス2015年ワールド・ベスト・エアポート・ホテルに選ばれたホテル。以前から泊まりたかったのです。

まずはチャンギ空港のターミナル3(T3)をめざします。

b0053082_12251226.jpg

b0053082_12253123.jpg

クラウン プラザ チャンギ エアポートはT3に直結。T3方面への長い連絡通路で進みます。ホテル名も出ているので簡単です。

b0053082_12293478.jpg
b0053082_12295039.jpg

b0053082_12315171.jpg

連絡通路を抜けると正面にエレベータがあります。ホテル名を示す案内がないですが、これで1階へ。
ちなみに周辺にはファーストフードやカジュアルウェアの店舗などがゆる~く営業。

b0053082_12343670.jpg

1階で降りると左側にホテルへのエントランスがあります。

b0053082_12352872.jpg

b0053082_12355082.jpg
b0053082_12362630.jpg

近未来的なエントランスを歩いていくと、レセプションフロアに出ます。待ち合わせのためのソファも多く広いです。さすが眠らないチャンギ空港のエアポートホテル、24時間いそがしそう。

b0053082_12382336.jpg
b0053082_12383479.jpg
b0053082_12384844.jpg

ユニークなのはソファがパパイヤやスイカなどのトロピカルフルーツをイメージしているところ。シンガポールらしいですね。かわいい。フライト発着案内も完備です。

b0053082_124099.jpg

チェックインをして客室フロアへ。廊下はオープンエア。ちらりちらりと飛行機やターミナルを結ぶスカイトレインが見えます。エアライアン好きにはたまりません。


次はお部屋を紹介しましょう。
by naoko_terada | 2016-02-10 00:00 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(0)
サムイ島 インターコンチネンタル サムイ バーンタリンガム リゾートへ Vol.5

b0053082_20585096.jpg

タイ・サムイ島での最終日。
雨季特有のどんよりとしたくもり空。

b0053082_20594218.jpg

午前中にリゾートをチェックアウトするのですが、その前に念願のアクティビティを。

b0053082_2104256.jpg

そうです。
ムエタイレッスンです。
タイ風ボクシングのムエタイ。最近はエクササイズとして女性にも人気だとか。
今回はスポーツチームのスタッフに基本を教えてもらいました。
お手本をまねてパンチをくりだしますが、普段、使わない筋肉を使うので見た目以上にハード。

b0053082_2123953.jpg

「こうやるのさ」とばかり、ビシバシ、パンチ&キックをきめるスタッフ。
まったく無理。
「しょうがないなぁ」と笑われてしまいました。。

b0053082_213524.jpg

1時間のへなちょこムエタイレッスンを終えて、一度、部屋に戻りシャワーを浴びます。
出発まで時間があったのでリゾート内のヒルサイド部分を散策します。雲間からさす朝の光がリゾート敷地内の木々をきらめかせます。アジアのリゾートのこの瞬間がとても好きです。

b0053082_2174082.jpg

ヒルサイドはこんな感じで熱帯の森に囲まれた中にヴィラが点在します。ビーチフロントのヴィラやメイン棟の部屋がカップルや女子旅向けならば、こちらヒルサイドはファミリーに大人気。理由は2ベッドルームあるいは3ベッドルームのレジデンススタイルだから。今回、お部屋を見せてもらいたかったのですが、まったく空きがないという人気ぶり。

b0053082_21175312.jpg

そして、ここがポイント。
ヒルサイドには5つのプールが点在し、どのヒルヴィラに滞在してもすぐ近くにプールがあるように考慮されています。5つのプールはオレンジ、イエロー、パープル、ブルー、レッドの色分けがされています(風水かしら?)。こちらはレッドとなるSonthaya Pool。

b0053082_2122910.jpg

これは見た通り、ブルーのDara Pool。

b0053082_21245924.jpg

グリーンですが、これはイエローのTawan Pool。

b0053082_21254311.jpg
b0053082_21255499.jpg

一番奥のヒルトップにあるパープルのNapa Pool。こちらは周囲のヴィラ専用になっているようで立ち入り禁止でした。なので、チラ見。なんとなくパープルカラーのような。

b0053082_21274486.jpg

5つめのChantra Pool。ホントはオレンジカラーのはずなんですが、これもグリーンでした。苦笑


このシステム、とても感心しました。
ヒルサイドに滞在するゲストの多くはファミリー。子供たちをプールで遊ばせるためにいちいち長い階段をつかってビーチまで行く必要がないのはありがたいことです。
そして、ビーチフロント周辺に泊まるゲストの多くはカップルやハネムーナー。子供たちの姿が少ないビーチフロントのプールでのんびりと二人だけの世界に浸れるというわけ。
実にクレバー。


さて、あっという間の滞在。
リゾートの車で空港へと向かいます。
久しぶりのサムイ島。開発が進むほかのアジアンリゾートと比べてまだまだ素朴さが残る雰囲気にすっかり癒されてしまいました。リゾートも想像以上に心地よく、女子ひとり旅にも楽しめることを実感。

インターコンチネンタルのスタッフのみなさん、お世話になりました。


次は心機一転、シンガポールでトランジットを兼ねて気になっていたホテルをチェックです!
by naoko_terada | 2016-02-07 21:40 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(0)
グロー GLOW 「行ってよかった温泉10選」

b0053082_7442542.jpg

表紙の吉田羊さんのコケットさがすてきなGLOW今号。
「行ってよかった温泉10選」というテーマで、愛すべき温泉宿をご紹介させていただきました。
今回は温泉力、料理、リゾート感などそれぞれ特化したお宿をピックアップです。

先日も2泊で関西の名温泉地に行ったのですが、やはり1日滞在よりもじっくりと温泉も街も堪能できてしみじみと癒されました。特に温泉効果は絶大。ずっと張っていた肩がじんわりと回復したのには驚きでした。ゆっくりと何度も浸かることで体内温度もあがり、ぐっすり快眠。心と体がすっかりリフレッシュされ、あらためて温泉の力を感じ入りました。

そんな大人だからこその2泊3日の温泉旅。
ぜひ、みなさんにもこの冬、極めてほしいと思います。
by naoko_terada | 2016-02-01 07:55 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム