ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
<   2015年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.5
b0053082_21153936.jpg

プリンセスクルーズ記事、最終回です。

船はクアラルンプール郊外のポートケランに朝9時に着岸。この日の出発は18時。
ポートケランはマラッカ海峡に面した港湾で、マレーシアの貿易の重要拠点です。ただ、港周辺にはなーんにもありません。なので、乗客はエクスカーションに参加します。

マレーシアが初めての人はやはりクアラルンプール(KL)見学のツアーに参加する人が多かったです。これも自由行動のものから、KLを代表する名所、ツインタワーのペトロナスタワーなどの見どころをたっぷりまわるフルツアーまでいろいろ。わたしはKLはすでに行ったことがあるので、「リピーター向け」となっていた、「古都ケラン、リトルインディアと家庭訪問」ツアーに参加。所要約5時間半。料金はひとり$79。

b0053082_21203838.jpg
b0053082_21204778.jpg

わたしが参加したツアーは全部で十数名。現地のマレー系の英語ガイド氏が我々専用のバスに同乗して、まずはケランの街について解説をしてくれます。それを聞きながら窓の外を流れる景色を楽しむ。住宅や商業ビルなどがあちらこちらで建設中で、マレーシアの活気が垣間見られます。

b0053082_21224832.jpg
b0053082_2123188.jpg

途中、渋滞もあり約1時間半ほどバスにゆられて、到着したのがこのおうち。どうやらゲストハウスをしていらっしゃるよう。家の周辺にはこれもお仕事でしょうか。みごとなオーキッドガーデン。

b0053082_21242751.jpg
b0053082_21243785.jpg
b0053082_21244769.jpg

ぞろぞろとバスを降りたゲストたちも、ランの庭に「ワオ」と感嘆。日本では高価なコチョウランもたわわに咲いています。

b0053082_21255788.jpg

出迎えた家のお父さんが、「のどが渇いたでしょ」と、ささっと庭になっているココナッツの実をとって、パカンと割ってフレッシュなココナッツウォーターをふるまってくれます。

b0053082_2127564.jpg

おうちの中には紅茶とマレー風のお菓子が用意され、ここでティーブレイク。カップの脇にあるのはピサンゴレン(揚げバナナ)。素朴な甘さでおいしい。

b0053082_2128476.jpg
b0053082_21281476.jpg
b0053082_21282455.jpg
b0053082_21283317.jpg

「好きに見ていいよー」というお父さんの言葉にあまえて2階にあがってお部屋をチェック。質素ですが、きちんと手入れがされて心地いい空間。こういうところで何泊かしてマレーシアの家庭に触れるのもいいですね。

b0053082_2130588.jpg

こちらは毎年、KLの日本人学校のこどもたちを預かっているとのこと。そのペナントをおとうさんとおかあさんが見せてくれました。

b0053082_21311727.jpg

家庭訪問を終えたわたしたちが再びバスに乗って向かったのが、インド系マレーの人が多く住むリトルインディア。ここで1時間ほどショッピングも兼ねたフリータイムとなりました。

b0053082_21324486.jpg
b0053082_21325546.jpg

両脇にはサリー、アクセサリーを売る店、スパイスや日用品を並べる店がズラリ。インド人街らしくキラキラです。

b0053082_2134420.jpg

途中、お店をのぞいていたら、店員のおにいさんたちが、「オレたちを撮ってくれ!」というジェスチャー。インドの人って写真大好きですよね。なので、大サービスでパチリ。

b0053082_21343252.jpg
b0053082_21344491.jpg

店の前ではお寺にたむけるチューベローズの献花をせっせと作る女性の姿。できあがったものを売る露店も見かけます。日々の暮らしに信仰が欠かせないことがわかります。

b0053082_21431828.jpg
b0053082_21433011.jpg

占いも大切。緑色のインコがいるのわかりますか?このコが占い希望者があらわれるとおじさんの合図でカードを一枚ひきます。それを見て占います。とってもやってほしかったのですが言葉がわからなかったので、断念。

b0053082_21464592.jpg
b0053082_21465787.jpg

このほか、ブルーモスクが有名なシャーアラム、この地方セランゴールのスルタン(王様)の宮殿などに記念写真で立ち寄って、ツアーは終了。観光スポットとは異なる素顔のマレーシアを見られてとてもよかった。

そして夕方、ポートケランを出港したサファイアプリンセス号は、翌朝7時にシンガポールに帰着。楽しかった3泊4日のクルーズを全行程、コンプリートしました。

この手軽さとお値ごろプライス。わたしもまた家族と一緒に行こうかと思っているほど。本当に楽しかったです。ぜひ一度、みなさんにもお気軽クルーズ体験をしてみてほしいと思います。同じルートのクルーズ、次回は12月11日(金)。マイルかLCC利用でシンガポールへ。そこからの週末クルーズ。いかがですか?
by naoko_terada | 2015-06-14 22:01 | トラベル | Trackback | Comments(0)
クレアトラベラー×キャセイパシフィック航空 人生を彩る旅物語「Life Well Travelled」


b0053082_200442.png

クレアトラベラー最新号はフランス大特集。うるわしきヴェルサイユ宮殿が堂々の表紙です。

その中の1ページで、旅エッセイを書かせていただきました。
テーマはLife well Travelled 人生を彩る旅物語。
これは、現在、キャセイパシフィック航空が展開するプロモーションのキャッチフレーズで、そのプロモーションとの連動企画です。エッセイはクレアウェブのほうでもご覧いただけます→ コチラ

Life well Travelled.
この言葉を日本語に訳すのはとても難しいですよね。よりよい旅行体験が人生を豊かにする。そんなところでしょうか。短いエッセイですがこのメッセージを文章にするのにとても悩みました。少しでもこのフレーズが伝えようとする旅のエッセンスを感じとっていただけたらうれしいです。

本誌、ウェブともにどうぞよろしくお願いいたします。

そして、どうぞよい週末を♡
by naoko_terada | 2015-06-12 20:11 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
Asahi Weeklyでオーストラリア・シドニー、ボンダイビーチ


b0053082_23382438.jpg

ただいまキオスクなどでも発売中のAsahi Weeklyで、オーストラリア・シドニーのボンダイビーチの英文記事を書かせていただいています。

二度目のAsahi Weekly。英文での執筆はそれなりに苦労するのですが、今回は「食」がキーワード。ということで、美味しい話題のためかなんだかいつもよりスラスラと書けたように思います。

英語を学ぶ方のための新聞なので日本語でのキャプション、解説もあり英語のブラッシュアップにもお役立ちいただけます。

ご興味あれば、どうぞ手にとってみてください。
by naoko_terada | 2015-06-10 23:59 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
女性のライフスタイルウェブマガジン『freesiaフリージア』スタート!連載「心も身体もきれいになる旅へ」


b0053082_11232823.jpg

新しいウェブ連載のお知らせです。

2015年5月28日、女性のためのライフスタイルウェブマガジン「freesia(フリージア)」がスタートしました。
フェイスブック公式ページは→コチラ

運営するのはスキンケア商品でおなじみの株式会社ハーバー研究所。以下、リリースから一部引用します。

女性のためのライフスタイルウェブマガジン 『freesia(フリージア)』 2015年5月28日(木)よりスタート

株式会社ハーバー研究所(所在地:東京都千代田区)は、2015年5月28日(木)より、女性のためのライフスタイルウェブマガジン「freesia(フリージア)」をスタートしました。
「freesia(フリージア)」は、美しく生きる女性のためのライフスタイルマガジンです。色によって花言葉が変わるフリージアのように、それぞれの美しさや個性を秘めている女性たちが、このマガジンの主役です。ハーバービューティプロデューサー廣森知恵子のビューティーコラムをはじめ、ヘルシーフード、ティータイム、映画、旅行をテーマにしたスペシャルコラム、フランス、スペイン、アメリカ、中国と、世界各国から寄せられるブログなど、女性の多様な興味を満たす情報をラインナップ。現在のライフスタイルをさらに豊かに彩るヒントをお届けするマガジンサイトです。今後は各界で活躍する女性のインタビューなど、さらにコンテンツを充実していく予定です。



声をかけてくれたのは、かつて伝説の名雑誌「エスクァイア日本版」副編集長を務め、世界で暮らした経験を持つベテラン編集者M氏。「企業色は一切なく、好きに書いてください」との申し出にお受けしました。

ということで、好きな風に旅連載をはじめました。
タイトルは「心も身体もきれいになる旅へ」。わたしも含め、読者層を考えると旅先で心身の美しさ、すこやかさを養う体験はとても気になります。第一回めのベトナム・ダナンのサスティナブルリゾート(これはブログでも紹介済みです)、第二回めの南インド・アーユルヴェーダの秘境リトリートがすでに公開中。ぜひ、立ち寄っていただけるとうれしいです。

今後も月一回の更新予定で、キレイになる旅をお届けしたいと思います。

どうぞよろしくおねがいします。
by naoko_terada | 2015-06-06 11:48 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム