ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
<   2015年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.3
b0053082_23411436.jpg

b0053082_23495690.jpg

さて、エクスカーション(現地ツアー)のお話しを。

今回は3泊4日というショートクルーズで、寄港するのはペナンとポート・ケランというクアラルンプール郊外の港。どちらもマレーシアですね。

まずは2日目の午後。ペナンに到着。
ここはプラナカンの文化を色濃く残した世界遺産の旧市街ジョージタウンがあります。

プリンセスクルーズは寄港地ごとにさまざまなエクスカーションを用意しています。有料ですが専用のバスとガイドが付くので初めて訪れた場所はやはり便利です。ペナンにはわたしは何度も来ているので、今回はエクスカーションに参加しないゲストのための市内の大きなショッピングモールへの循環バスのチケットだけをオーダー。これは片道8ドル。事前に船内で購入します。

b0053082_2354245.jpg

灼熱の東南アジア。気軽な服装で、でもバス車内やショッピングモールやレストランなど店舗内はエアコン効きすぎで激寒のことも多いので薄いカーディガンをバックパックに詰め込み。ペナンの客船ターミナル前からバスに乗り込みます。

b0053082_2357081.jpg

b0053082_082819.jpg

バスに乗り込み20分ほどで、プランギンモールPrangin Mallに到着。クルーズゲスト専用のバスはここと客船ターミナルまでを出港まで巡回します。まず、みなさん両替。バスが到着したエントランス入ってすぐに両替所があります。ほとんどのゲストはここで両替。でも、中にもうちょっと進むと実はもうひとつ両替所が。こちらのほうがこの日は若干、レートがよかったです。
プランギン・モール自体はかなりローカル。わたしとしてはあまり見るところもないので、ここからジョージタウンへと向かいます。

b0053082_0122256.jpg

b0053082_0123398.jpg

世界遺産ジョージタウンはイギリス植民地時代の面影と、プラナカンと呼ばれる貿易で財をなしたマレーチャイニーズたちの栄華な暮らしぶりを知る史跡・邸宅が残されている貴重なエリア。それらをたどりながら歩くのが楽しい場所です。
※ジョージタウンの詳細はマレーシア政府観光局のコチラを。

ちょうど旧正月前で、お正月用の真っ赤なランタンなどを売るお店が目立ちます。

b0053082_0445237.jpg

b0053082_0171857.jpg
b0053082_0173227.jpg
b0053082_0174499.jpg

コロニアルな雰囲気の建物とチャイニーズらしい暮らしぶりが溶けあった不思議。それがジョージタウンの魅力です。観光客向けのトライショー(人力車)もここの風物詩。また、インド人街、イスラムのモスクなどもありマルチカルチャーさもマレーシアらしいエキゾチックさ。饅頭屋やバイク修理、雑貨など昔ながらの店構えのところも多いですが、最近はしゃれたカフェやショップなどもちらほら。見飽きません。

b0053082_0212618.jpg
b0053082_0213839.jpg

ここはジョージタウンの大きな見どころのひとつ。プラナカン・マンション。18世紀末の富裕な一族の邸宅。現在は博物館になっていますが、中には豪奢なプラナカン独自の衣食住の展示物が展示され圧巻です。でもここは以前、見ているので今回はパス。

b0053082_0242145.jpg
b0053082_0243621.jpg
b0053082_0244689.jpg

最近、ジョージタウンに増えているのがこういった壁画アート。ローカルの日常風景をえがいたペイントや、コミカルな鉄で作ったアイアンアートなどが50数か所。どこも記念撮影スポットとして大人気です。

b0053082_0304047.jpg
b0053082_0305396.jpg

地図を片手にふらり、ふらり。
そして、気づいたら埠頭まで歩いてきていました。サファイア・プリンセスが見えできましたよ。ここまで2時間ほど。初めてで博物館などを見てまわっても4時間ほどでしょうか。歩いて戻るのは問題なし。
ということで往復買ったシャトルバスの片道は結局、使いませんでした。ですのでわたしのようにジョージタウンを気ままに散策するのであればシャトルバスはどちらか片道だけの購入でいいと思います。

b0053082_0361317.jpg

船に乗り込もうとするゲストを待ち受けて、スタッフがおしぼりを渡しています。

b0053082_0401814.jpg

b0053082_0403032.jpg

写真を撮らせて!とカメラを向けるとはにかむクルー。クルーズの最大の魅力はいろいろありますがなんといってもこのクルースタッフのホスピタリティこそが一番。船に戻ってきたときに、「おかえりなさい!」と言われると本当にホッとするものなのです。この感覚はクルーズに乗ってこその思い。これを体験すると再び、船に乗りたくなるのが不思議です。ぜひ、このかけがえのない体験をひとりでも多くのみなさんと共有したいといつも思ってしまいます。

b0053082_0474015.jpg

b0053082_0475296.jpg

この日の出航は20:15。シャワーをあびてスッキリした後は、デッキで美しいペナンのサンセットを堪能。楽しかったペナンでの一日の終わりを楽しみます。出航までのちょっとメロウな気分もまた、クルーズならでは。ペナンは何度か訪れていますが客船から望むジョージタウンの街並みは新鮮。カクテル片手に潮風に吹かれながらほろ酔い気分に。

あ、でも、もちろん船でのお楽しみはまだまだこれからですよ。

でも、さよならペナン。
また、来れることを願って。

b0053082_0495060.jpg

by naoko_terada | 2015-04-23 00:56 | トラベル | Trackback | Comments(0)
明日あたりが最後の週末見頃かも。外国人観光客が熱愛する新倉山浅間公園が絶景!
b0053082_21481352.jpg

この絶景、どこだかわかりますか?

これは山梨県富士吉田市にある新倉山浅間公園(あらくらやませんげんこうえん)
この写真は16日に行ってきたときのものです。

最近ポスターなどでもよく見かけるようになりましたが、ここが今、外国人観光客に大人気のスポットなのです。一瞬、京都を思わせるような五重塔(正確には忠霊塔)とその向こうに大きく姿をあらわす富士山。そして桜という日本のイメージがそのままひとつになって見られることから外国のガイドブックにも紹介される人気スポットです。

b0053082_21544192.jpg

わたしがここを知ったのは2013年12月24日の日経新聞の記事でした(ビリビリ破ってしわくちゃでゴメンなさい ^^;)。
ちょうど「インバウンド」という訪日観光客の数が増えてきた頃で、観光立国に焦点をあてた記事になっていました。それ以来、一度見に行こうとずっと思っていたのです。

b0053082_21574215.jpg

そして東京がちょうど桜が満開の3月31日、徹夜明けの早朝、妙に覚醒した気分の中、「そうだ、あそこにこのまま行ってみよう!」。そう思い立ち、新宿07時出発のスーパーあずさ1号に乗車。山梨といえば、の信玄餅アイスなどを味わいつつ大月から富士急行線に乗り換えて下吉田駅へ。公園までは駅から歩いて20分ほどです。

b0053082_2213446.jpg
b0053082_221464.jpg

b0053082_2241236.jpg

ところが。
東京よりもやはり気候が違うのですね。公園の横にある富士浅間神社周辺で二分咲きほど。階段をのぼって上がる撮影ポイントの忠霊塔付近はまったく咲いていませんでした。。
天気は雲ひとつなく最高によかったので、それはそれで絶景だったのですが、これはリベンジしないと。それでも外国の観光客が後から続々と。やっぱり人気だということがわかります。特にタイ人観光客が多いのですよねー。なんでもタイの人気口コミサイトで火がついたようです(日経の記事によると)。

b0053082_2261237.jpg

b0053082_2262189.jpg

その後は開花情報をちょこちょことチェックしながら、待つことおよそ2週間。「忠霊塔周辺満開」の情報が出たところで、いざ!天気予報も「晴れ」。仕事のスケジュールも半日なら問題なし、ということで富士急行のキャラ電、トーマスランド号に揺られて再び下吉田駅へと。

b0053082_2294547.jpg

参道入り口も満開!これは期待できそうです。

b0053082_22103548.jpg

でも、公園への難関はこの397段の階段。スコーンと晴れた青空とうしろにそびえる富士山を背に登るのがひと苦労。それでも、早く絶景が見たいがゆえに急ぎます(気持ちだけは)。

b0053082_22122330.jpg

そしてついに2年越しの願いがかない、この絶景を見ることに。
さすがに満開の時期なので撮影ポイントには日本人はもちろん外国人のアマチュアカメラマンたちが三脚をたてて構えています。わたしも夢中でシャッターを押したあとは心に焼きつけるためカメラを離してすばらしい日本の春を見つめます。

b0053082_22205471.jpg

忠霊塔の前では映画かな?撮影中。どうやらヴェトナムからのクルーのようです。きっと公開されたらヴェトナムでも行きたいスポットになるでしょうね。

b0053082_22174415.jpg

上ってきた階段をゆっくりと降りて神社前まで来ると、そこからは鳥居の先に堂々とした富士の姿。
そうそう、ここに来たらまずはぜひ神社へおまいりをしてくださいね。

おそらく明日は満開を楽しむ最後の週末になると思うのできっと混雑することでしょう。
でも、もし時間があればぜひ行ってみてください。新宿から電車で片道2時間で出会える日本が誇る絶景です。
by naoko_terada | 2015-04-18 22:27 | 日本 | Trackback | Comments(4)
プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.2


b0053082_10454180.jpg

b0053082_1011280.jpg

サファイア・プリンセスにはメインダイニングが5ヶ所。雰囲気は異なりますが、メニューはどのレストランも共通なので、一番好みのところを選べばOK。もちろん料金はかかりません。ほかにも若干の追加料金でイタリアン、ステーキ、シャンパンディナーなどのオプションが選べます。なかでもひとり追加$25で味わえるサバティー二へはぜひ。高級感ある空間で味わうクラシックなイタリアンは格別です。
詳細はこちらをチェック!

また、毎日、食事の時間がフィックスされるトラディショナルダイニングと、好きな時間に食べられるエニタイムダイニングが選べます。お子さんがいらっしゃるファミリーや、待たずに食事がしたいご年配の方などはトラディショナルダイニングがいいかもしれませんが、おひとりクルーズの私はエニタイムダイニングを。初日のディナーは早めに行ったのでまったく待つことなく、テーブルへと案内されました。

コースは日替わり。シュリンプカクテルとサラダ、メインはポークを選んでみました。お酒は有料なのでワインリストを所望。このところお気に入りのピノグリがあったのでボトルでオーダー。$30ちょっと。嬉しいのはボトルで注文しても飲みきる必要がないこと。残ったボトルはレストランでキープしてくれるので、次の食事のときにそれを出してもらえばいいわけです。私は部屋飲みをしたかったので持って帰りました。

料理ですがとっても美味しかった。正直なところ、クルーズ代金から考えていたレベルよりも驚くほどよく、この印象はクルーズ中、ほかのダイニング施設でも変わりませんでした。プリンセス、コスパ高しっ!というのが私の感想です。サービスも大型客船としてはスムースでスタッフも接客もよかった。ひとりでいると、まわりのゲストの表情や会話がなんとなく入ってくるものですが、食事中のみなさん、とても楽しそうな笑顔で私もほんわかハッピーに。次回は家族と来てもいいなぁ、としみじみ。

b0053082_1165342.jpg

このほか、プリンセスクルーズ名物といわれるメニューは盛りだくさん。こちらはプールサイドにあるトライデント・グリル。その場で作ってくれるハンバーガーが大人気。

b0053082_1110881.jpg

私のお気に入りになったのはアルフレッド・ピッツェリアのピザ。今年、創立50周年アニバーサリーのため、特別メニューのピザが登場。ピザスライスとビールを片手にプールサイドで映画。あまりに楽しくてピザの写真を撮るのも忘れてしまいました。。

b0053082_11131674.jpg

ソフトクリームも。ふふ

b0053082_11142023.jpg

b0053082_11155643.jpg

ご一緒したリピーターのアメリカ人のご婦人が教えてくれたのが、上のシナモンロール。船内のキッチンで焼きあげるペイストリー、スイーツ類は充実。ベーグル―、フォッカチアなどの軽食類は24時間オープンのカフェでいつでも。禁断の夜食に最高です。笑

とまあ、飽きることのないグルメ三昧。これもクルーズの醍醐味。3泊のショートクルーズならそれほど罪悪感もなく、かつ体重増加もほどほどなので許しましょう(自分自身に言い訳)。
それでも体がちょっと重いかな、と感じたので寄港地ペナンでは旧市街ジョージタウンをがっつり歩くことに。

世界遺産ですしね。
by naoko_terada | 2015-04-13 11:29 | トラベル | Trackback | Comments(0)
プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.1
b0053082_20495114.jpg

2月にシンガポール発着の3泊4日のクルーズに乗ってきたときの記事をはじめます。大型客船はひさしぶりだったのですが、とーーーっても楽しかったのでご報告します。

今回の乗船はプリンセスクルーズの所有するサファイアプリンセスで。乗客定員2670名、11万5875トンの美人さんです。シンガポールを出てマラッカ海峡を北上、マレーシアのペナン、ポートケランに寄港。再びシンガポールに戻ってくるというお気軽なもの。

b0053082_2055839.jpg

シンガポールの乗り場はマリーナベイ・クルーズセンター。行きは不安だったのでタクシーを使いましたが、歩いてすぐのところに地下鉄MRTマリーナサウスピア駅ができたのでそれを使ってもいいでしょう。チェックインカウンターはこんな感じ。大型船なので乗客をさばくのに時間がかかるかな、と思っていたのですが驚くほどにスムースであっという間に完了。さすが、手慣れたものでした。また、キャリーケースのような小さな荷物ならポーターに預けず、自分で運んでもいいようなのでそうすれば荷物が届くのを待つ必要もありません。

b0053082_20592165.jpg

b0053082_20583314.jpg

b0053082_20584692.jpg

今回、頂戴したお部屋は海側バルコニー。出航前、バルコニーからマリーナサンズがよく見えました。

b0053082_2122373.jpg
b0053082_2123461.jpg
b0053082_2124656.jpg

ベッドルーム以外はこんな感じ。バスタブはなしですが3泊4日なのでまったく気になりません。クローゼットも広いけれど今回はショートクルーズ。ガラディナーもないので小さなキャリーケースのみ。荷物整理もあっという間に終了。2週間超え、フォーマルばっちりなクルーズと違い(そういうのも楽しいのですが)、この身軽さがラクちんでうれしい。

b0053082_1010396.jpg

b0053082_217562.jpg

初日、出航は16:00。ペナンへと向かいます。このクルーズの特徴はマレー半島とインドネシア・スマトラ島にはさまれたマラッカ海峡を航行する点にあります。それが何を指すかというと、「ほとんど揺れない」ということ。大きく揺れることもある外洋と異なり、まるでリバークルーズのよう。船酔いを心配される方、ものすごく揺れるのではないかと思われる方には安心して乗れるコースだと思いました。アジアの貿易に欠かせない場所だけに数多くのタンカー、コンテナ船が行き交うのを見ることもできます。

b0053082_21183625.jpg

出航後、船内探索。14デッキのプールはインドア。ジャクジーもあり全天候型で楽しめます。

b0053082_21381080.jpg

b0053082_21235365.jpg

そしてこれがプリンセスクルーズの大人気施設、ムービーズ・アンダー・ザ・スターズ。15デッキにある屋外シアターです。さまざまなジャンルの映画を上映、もちろん無料。これがめちゃくちゃ楽しい。昼間は水着で、夜は涼しくなるとブランケットをスタッフが貸してくれるのでそれにくるまりながら名作を鑑賞。満天の星空の下、心地よい潮風に吹かれてまどろみながら。なんとも贅沢な時間でした。

b0053082_2129828.jpg
b0053082_21292445.jpg
b0053082_21293635.jpg

スパ、オーセンティックなバーラウンジ、毎日エンターテイメントが行われるシアター、カジノなどがあります。

b0053082_21412054.jpg

吹き抜けの空間ではライブやショーなども。最後の夜にはここで盛大にバルーンパーティが開催されるとのこと。

b0053082_21425844.jpg

こんな感じで初日はあくせくしないで、のんびりと船内をめぐって終了。
さー、そろそろディナーの時間です。
by naoko_terada | 2015-04-06 07:00 | トラベル | Trackback | Comments(0)
Light It Up Blue Japan!4月2日は国連「世界自閉症啓発デー」ブルーで世界がつながります


明日、4月2日は国連が提唱する「世界自閉症啓発デー」です。
自閉症(英語でAutism オーティズム)に対しての理解を深めることを呼びかけるもので、2007年からスタート、毎年この日はLight it up blueと名づけられたキャンペーンを国際規模で展開。世界中の都市、歴史的史跡、高層タワーやビルなどがテーマカラーである「ブルー」にライトアップされます。上の公式ビデオを見ていただければわかりますが、今までに、パリの凱旋門、イタリアのピサの斜塔、シドニー・オペラハウス、南アフリカのネルソン・マンデラブリッジ、ブラジル・ブエノスアイレスの国家記議事堂、ニューヨーク・エンパイアステートビルディング、ロンドンのロンドンアイ、ドバイのバージュアルアラブなど。すごいのは国際スペースステーションも参加、宇宙からのメッセージを届けています。

日本でも全国的にさまざまな場所が幻想的にライトアップ、ブルーに染まり必見です。特に東京タワーでは終日、キャンペーンをサポート。14:00 ~ 15:00にはブルーカーが集結!青いフォーミュラーカーの展示&試乗や、15:00 ~ 17:30は自閉症の人たちによるアート作品展示、だれでもできるギター演奏会、自閉症支援グッズ展示、青い帽子制作/被災地作業所製品販売。18時からは点灯式を開催。また、今年はさらにパワーアップされたようで、六本木ヒルズ、表参道ヒルズ、ラフォーレ原宿などがブルーにライトアップされます。テレビ局初の参加としてフジテレビの社屋もブルーに!

今年の日本の参加施設はコチラからどうぞ →2015年Light it up blue参加施設リスト

東京は今まさに桜が満開。お花見の途中、もしどこかの建物が青く輝いていたら、それは「自閉症について考えるきっかけ」を促すためなんだ、ということをどうぞ思い出してください。そして、もし賛同のお気持ちがあればぜひ、明日は青い服や小物を身につけてこのプロジェクトに参加してみてください。

わたしたちが彼らの心の声に耳を傾け、気持ちを寄り添うことでもっと自閉症の子供たち、家族のみなさんが安心して暮らせる社会になるはずだと信じています。わたしも明日は大好きなブルーを何か身につけて過ごそうと思っています。

AUTISM APEAKS, It's time to listen.
by naoko_terada | 2015-04-01 19:34 | その他 | Trackback | Comments(2)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム