ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
<   2015年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
オーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフに誕生、ワン&オンリー・ヘイマンアイランド


b0053082_024867.jpg

眼下の海の色がひと際、鮮やかなターコイズブルーになっていく。目的地までもう少し。

b0053082_072039.jpg

一瞬、窓の外に見えたのはホワイトヘブンンビーチ。一生に一度は訪れたい世界の絶景のひとつ。そう、ここはグレートバリアリーフ。母なる地球が造りあげた世界遺産に登録される大サンゴ環礁です。

b0053082_0115269.jpg

昨年、11月にオーストラリア政府観光局が立ち上げた観光キャンペーン「美食大陸オーストラリア」の取材の一環で訪れたのは、グレートバリアリーフのウィットサンデー諸島にあるワン&オンリー・ヘイマンアイランド。モルディブ、バハマ、モーリシャスなど世界屈指のビーチエリアに最高級ラグジュアリーリゾートを手がけるワン&オンリーがついに豪州デビュー。ということでぜひ、取材をしたいと願ったのでした。

b0053082_0171262.jpg

ヘイマン島は古くからリゾートとし有名でした。イギリス王室御用達でもあったことから、「ロイヤル・ヘイマン」の称号を得たりと、常に高級リゾートとして君臨。そのヘイマンがワン&オンリーとして昨年7月にリブランドされたのです。開業にあたり8000万ドルをかけて一大改装を施し、客室もダイニングもアップグレードしたとのこと。それでも、以前と変わらない独特の形をした真っ青なプールを見ると、何度も取材で訪れたことのあるわたしには懐かしさがこみあげます。

b0053082_0373491.jpg

b0053082_0375025.jpg

グレートバリアリーフに浮かぶ島なので、もちろん美しいビーチと海があるのは当然、でもヘイマン島は驚くほどに熱帯雨林の緑濃い島でもあります。ワン&オンリーとしては生まれたてですが、歴史あるリゾートだけに敷地内のヤシの木やトロピカルな植物はたわわに繁茂し、涼しげな木陰と印象的な陰影を落とします。真っ赤な火炎樹の大木も見覚えがあります。

b0053082_0412814.jpg
b0053082_0415267.jpg

チェックインをすませ、取材担当者と挨拶をしたあと、部屋へと連れていってもらいます。ヘイマンアイランドはプールを囲むようにホテル棟が広がります。このあたりはまったく変わっていない。

そんなわたしも客室のドアを開けて、思わず「おおっ!」と声をあげてしまいました。以前とは比べものにならない広さと高級感じゃあないですか。さすがワン&オンリーとうならされます。聞けば、既存の部屋ふたつを一室に広げたとか。わたしが頂戴したのはプールウイングのワンベッドルーム・ダイレクトプールアクセス・スイート。贅沢です。

b0053082_0512582.jpg
b0053082_0513962.jpg

ダイニングスペースにリビングエリア、さらに分かれたベッドルームがあり、その奥にはこんなグラマラスなバスルームが!わたしは一人での滞在ですが、これはもうカップル向きですよね。透け感のあるデザイン性とあわせてなんともロマンチック。オーストラリアへのハネムーンをお考えなら、絶対、お薦めです。

b0053082_053970.jpg
b0053082_0532055.jpg

そして名前のとおり、圧巻は部屋から直接プールにアクセスできること。目の前には広々としたブルーラグーンのようなプールが、「早く水着になって遊びにおいで」と誘うよう。くー、これから撮影じゃなければすぐにでも飛び込みたいところです。

このほか、やや奥まった位置にあるヘイマンウイング、さらにケリー・ヒルがデザインしたビーチウイングなどがあり、ヘイマンウイングの最上階には最高級のペントハウスも整っています。

b0053082_0573097.jpg

b0053082_0574052.jpg

まずは「ランチを」というプレス担当の女性に誘われて、プールサイドの「オンザロックス」へ。撮影も兼ねてお薦めというグリルドフィッシュタコス、そしてビックリするような巨大な地元産ロブスターを!どれだけ大きいかを伝えるため、i-phone5を横に置いてみましたがどうでしょう。でも、新鮮なロブスターはプリッとした弾力とジューシーさで美味しすぎます。目の前には桃源郷のようなリゾートの風景と、そこでバカンスを満喫する世界中からのゲストたち。ただ、ただため息の美しさです。

b0053082_173164.jpg

静謐ささえ漂う、リゾートの奥深さ。まさにここだけの唯一の存在。

b0053082_1132040.jpg

ヘイマンアイランドではスパにも力を入れています。アマラという100%天然成分のスパプロダクトを使用したトリートメントは、「レスト」、「リバランス」、「リニュー」の3つのRをキーコンセプトにするもの。その中でシグネチャーのメニューのひとつが、レインフォレスト・マッサージ。熱帯雨林の中に設けられたオープンエアのカバナでオリジナルなストロークでボディ&マインドに働きかけるオイルマッサージを受けます。これが最高にまどろみの心地よさ。あえて環境BGMを止めてもらい、ヤシの葉擦れ、鳥たちの鳴き声に包まれての至福のトリートメントです。

b0053082_1224929.jpg
b0053082_123281.jpg

ヘイマンアイランドの大きな魅力のひとつがダイニング。リゾートというとレストランの数が限られますが、ヘイマンアイランドには7つのレストラン&バーがあります(一部、曜日によって定休あり)。そのひとつ、シグネチャーダイニングがファイアー。地元クイーンズランド州産をはじめ、シーフード、ビーフ、ラムなどオーストラリア有数のハイクオリティの食材を使ったガストロノミー料理が味わえます。

b0053082_131686.jpg

キッチンにお邪魔したら、フレッシュなハーブや野菜などはこうやって育てているんだよ、とシェフが見せてくれました。島という隔離された環境で新鮮な食材を使って一流の料理を作るための手間ひまを惜しまない姿勢に感心します。

b0053082_1323523.jpg

また、日本人にとってはアジアンフレーバーのメニューが楽しめるバンブーもお薦め。写真はToothfishって、アイナメの一種でしたっけ?それの四川風チリソースがけ。バターリッチな白身にピリッとスパイシーなソースは思った以上に完成度が高く、とても美味しかったです。
ダイニングシーンが充実するのはアイランドリゾートとしてとても貴重。もちろんこれ以外にも24時間のルームサービスや星空の下でのロマンチックディナーなどもリクエストできるので、二人だけのロマンチックな時間を満喫することだってできます。

b0053082_1401619.jpg

翌朝も完璧すぎるほどのブルースカイ。雲ひとつありません。朝の光にきらめくリゾートは本当におだやかで心を癒します。

b0053082_1434749.jpg

朝食は海辺のダイニング、パシフィック。ここは朝食のみにオープンするという贅沢さ。すでに多くのゲストでにぎわっていました。

b0053082_145720.jpg
b0053082_1451691.jpg
b0053082_1452596.jpg

一流のリゾートではゲストの写真はNG。なので朝食風景の写真も控えめに。さすがはワン&オンリー。冷やされたマムを常備。また、気に入ったのはホームメイドのミューズリー。ヘルシーで美味しい。フレッシュなフルーツもたっぷり。それにしてもリゾートにこれだけゲストがいたのかと、朝食時のにぎわいをみて驚きます。敷地内を歩いていてもあまりゲストとすれ違うこともなかったのですが、わたしたちが滞在していたときは完全に満室。しかも、誰でも知っているセレブもお泊りだったとか。それほどにプライベート感があるのだとあらためて実感しました。

b0053082_1535348.jpg

おいしい朝食を狙うのはコカトゥー。オーストラリアではおなじみのオウム。ちょっとテーブルを離れたすきにあっという間に焼きたてのトーストやクロワッサンをかすめ取っていきます。

オーストラリアらしいリラックス感と、一流のラグジュアリーを備えたワン&オンリー・ヘイマンアイランド。ステキな誰かと一緒にぜひ、訪れてほしいリゾートです。
by naoko_terada | 2015-02-25 02:00 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(0)
リンネル 「新しい自分に出会う 1泊2日 大人の一人旅」 金沢・伊豆大島・新潟南魚沼・青森八甲田

b0053082_9115444.png

ナチュラルムードの上野樹里さんが表紙の今号リンネル

春を目前にしたひとり旅企画の監修・コメントのお手伝いをさせてもらいました。
テーマは「新しい自分に出会う 1泊2日 大人の一人旅」
北陸新幹線開通で今、話題の金沢、わたしの癒しスポットであり、現在、椿まつり開催中の伊豆大島。そして、しんとした真っ白な世界で自分とむきあう雪ごもりの新潟と青森をフューチャーです。

リンネルの担当編集者Yさんとは昨年、イギリスのプレスツアーで一緒になりました。移動中などにあれこれとひとり旅の話をしたことが彼女の印象に残ったようで、戻ってから、「ぜひ、ひとり旅の記事を作りたいと思っています」と連絡をいただきました。
その後、何度も企画を練って、今回の8ページの記事に仕上がったわけです。おひとりさまでも滞在可能なお宿、ひとり参加可能なアクティビティをご紹介。実際にひとり旅に出ていただけるアイデアを盛り込みました。

どこもわたしの大好きな場所です。
ひとり旅の醍醐味を体感していただければうれしいです。
by naoko_terada | 2015-02-23 09:34 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
吉祥如意!ハッピネス全開!旧正月にグランド ハイアット東京「チャイナルーム」で開運薬膳火鍋で女子会


b0053082_5313319.jpg

今日から旧正月、中国では春節と呼ばれるめでたい季節です。

ということで新しい一年を幸福に、かつ体も温めようということで仲良しの女性三人で会食。
選ばれたのはグランド ハイアット東京の大好きなレストラン「チャイナルーム」の限定メニュー、開運薬膳火鍋です。

b0053082_5463792.jpg

コレ、とにかく食材がすごいです。開運というだけあり、金運、出世、夫婦円満(これは関係ないけど。笑)などありったけの運気上昇の縁起アイテムが盛り込まれてます。
たとえば出世魚で知られる脂ののった寒ブリ、不老長寿の車エビ、風水によるとビジネス運、金運を象徴するという肉にあやかり羊ロース、北海道産牛ロース。中国語で"儲ける"を意味する「発財(ファーツァイ)と同じ発音を持つもずく、お金の形を意味する水餃子。燃え上がる恋(!)をするための「火」の"気"をもつ鶏肉のコラーゲンスープジュレなどなど。
圧巻のメニュー詳細はホテルのサイトを。

b0053082_5473965.jpg

ソムリエ氏にお願いして選んでもらったワインはコチラ。ナパのべリンジャー「プライベート・リザーブ・シャルドネ」。濃厚な食材とスープの鍋にちょうどいい感じ。

b0053082_5495195.jpg

鍋のスープはコラーゲンの入った白濁した濃密なスープと、グッとしびれる辛みの真っ赤なスープ。「先にお野菜などを白いほうでお食べいただき、その後に肉などを辛みスープで召し上がるといいかと思います」。スタッフにそう言われ、最初はおとなしく白スープから。妙齢の女性三人は、「コレは金運」、「こっちは良縁」などぶつぶつつぶやきつつ、貴重な食材を鍋に投入。気は心からですから。
次に真っ赤なスープに挑戦。ナツメなども入った薬膳鍋でもあるのでスパイシーなだけでなく食べていくと体の中から温まっていくのを実感。それにしてもすごいボリューム。
食べている間にも異なった職業を持つそれぞれが最近のこと、仕事のこと、あるいは人生観を語り、そして女性として共通する想いもはき出す。食べて飲んでしゃべって笑う。これこそが邪気を追い払う究極のデトックスかもしれません。
ああ、楽しい。

b0053082_5592945.jpg

シメはもちろん麺。小さなお椀によくばって両方のスープでの食べ比べ。白スープにはコラーゲンが溶けだしているのでがんばって飲み干します(笑)。

b0053082_605280.jpg
b0053082_61410.jpg

食後、「いやぁ、食べちゃったねー」と満腹、満足なわたしたちの前にシェフみずからワゴンを持って登場。
「なんですか、それ!」
なんと直径約30cmのアメ細工でできたチャイナルーム特製の縁起のいい「ドラゴンエッグ」。これを新たな年の幸せを祈願して木づちでたたいて割ってくださいとのこと。きゃあ、楽しい!友人と一緒に願いをこめてパンっとドラゴンエッグをたたきます。

b0053082_654667.jpg

中には不老長寿のシンボル「桃」の形の桃饅頭が。最後まで開運にこだわった演出に感心です。美味しいものと共に幸福もいただいた気分は本当に心地よく。また、大好きな友人たちの楽しそうな笑顔、そんなシアワセそうな私たちをもてなすレストランのスタッフのみなさんのハッピーな表情。あらためていい一年にしたい、そう思う口福な夜でした。

この開運鍋は3月31日までの期間限定。料金はひとり8800円(税サ別)。←これも縁起のいい数字ですね。予約は2名から。追加ひとり2200円(税サ別)でさらに前菜・デザートが付くそうですがお鍋だけでボリュームたっぷりなのでたぶんこれは頼まなくていいかと思います。
追加料金3000円(税サ別)で90分フリーフローのオプションもありますが(※この記事で紹介したワインは異なります)、平日に4名でホテルのオンラインから予約するとスパークリングワイン1本のプレゼントがあるので利用されるとよりお得です。

ハッピネス全開の開運火鍋女子会をぜひ!
by naoko_terada | 2015-02-18 06:31 | ワイン&ダイン | Trackback | Comments(0)
シャングリ・ラの新ブランド1号店、「ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール」

先週は4日間のマラッカ海峡のショートクルーズの取材をしていました。
まずは発着地となるシンガポールへ。
前泊が必要だったので、気になっていた新しいホテルに泊まれるようにお願いしました。それが、昨年9月にオープンした「ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール」
「ホテル ジェン」はアジアを代表する高級ホテルブランド、「シャングリ・ラ」の新ブランド。既存の「トレーダース」というブランドを今後、「ジェン」に刷新していく計画です。

コンセプトは、シームレスな次世代ホテル。
今までの堅苦しいホテルサービスではなく、インタラクティブなハイテクを使い、ホテルとゲスト、ゲスト同士などのコミュニケーションを自由に、クリエイティブにつなげているのがポイント。最近、主要ホテルブランドが積極的に増やしている次世代の若いマーケット、トラベラーたちに向けたホテルスタイルです。

b0053082_17402831.jpg

b0053082_180483.jpg

「ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール」があるのは、名前のとおりオーチャード・ロード。シンガポールきってのショッピングストリートの中心です。
特徴は最新ショッピングコンプレックス「オーチャードゲートウェイ」に直結していること。両隣の既存のショッピングゾーン、「313@サマセット」、「オーチャードセントラル」ともつながっています。地階はMRTサマセット駅。実にみごとにアクセス&観光に最適なロケーションです。

グランドフロアの車寄せからフロントのある10階へ一気に。
オレンジやイエロー、グリーンなどビタミンカラーをさし色にカジュアルで、ちょっとファンキー。次世代ホテルの特徴です。

b0053082_1811240.jpg

コンシェルジュデスクにあったのは、モバイル機器の充電ステーション。ここ以外にもプールサイドなどに配置。いつでもつながっていたい世代に不可欠なツールですね。

b0053082_1842633.jpg

b0053082_1843721.jpg

私が滞在したのは一番下のカテゴリーのスーペリア。二人だとちょっと狭いけれど、おひとり滞在なら問題なし。バスタブなしのシャワーオンリーですが1泊なのでこれもOK。シャワーの水圧はバッチリ。窓からの眺めはシティビュー。

b0053082_1810471.jpg
b0053082_18101325.jpg

アメニティはシンプルかつ過不足なし。ホテルディレクトリーはインターネットTVで。ペーパーレスなのも次世代ホテルならでは。コーヒー&ティーセット、冷蔵庫は備わっていますが無料のミネラルウォーターのみでミニバーはなし。代わりに各フロアのエレベータ脇にドリンク、スナック類の自動販売機があります。地下のサマセット駅改札にコンビニもあるのでビールなどはここで調達。

b0053082_18195857.jpg
b0053082_182096.jpg

ホテルの施設で特筆したいのは、19階にあるルーフトップのスイミングプール。この写真を見て「あれ?」と思う方もいるかも。そうです、独創的なマリーナベイサンズの展望プールにそっくり。しかも、遠くにそのマリーナベイサンズが見えます。ジェンのほうがずっと小規模ですが、これはこれでなかなか解放感があります。バーもあり、ここでもi-phone片手に日光浴するゲストたちが多い。そうそう、ゲストサービスのひとつとして、滞在中、2500種類の新聞、雑誌が読めるPressReaderアプリへの無料アクセスがあります。客室に朝刊を届ける代わりとなるもので、これも革新的。もちろんwi-fiは無料です。

b0053082_18255249.jpg

同じく19階には「クラブラウンジ」があります。
クラブ利用者は朝食ブッフェ、ドリンクサービス、ランドリーサービスなどの特典が。そして17:30~19:30はイブニングカクテルタイム。

b0053082_18335776.jpg

ゲストがいらっしゃったので写真は撮りませんでしたが、ワインのほかにビール、スピリッツ類。おつまみは春巻き、揚げワンタンなどのチャイニーズもの、刺身、チーズ、スイーツといったところ。窓際の席からは下のショッピングセンターや、遠くにマリーナベイサンズが見えます。

b0053082_18362349.jpg
b0053082_1836363.jpg

19:30過ぎ(結局、最後までラウンジでだらだら飲んでしまった。。)、再度、プールサイドへ。ちょうど暗くなる前のマジックアワー。この時間がとても好きです。さっきまではしゃいでいたファミリーも部屋に戻ったようで、暑さもやわらぎ心地いい空間に。

b0053082_18384321.jpg

この角度からシンガポールの街並みを見るのも初めて。新鮮です。

b0053082_1905297.jpg
b0053082_191622.jpg
b0053082_1911779.jpg

翌朝、朝食は10階にある「マカン@ジェン」で。マカンはマレー語で「ごはん」。
このブッフェはすごかったです。中華系のおかゆ、点心、麺類をはじめハムなどの焼き物、ハムなどのコールドカット各種、チーズ、フルーツ、ヨーグルト、アイスクリームまで。パンもデニッシュ系、パウンドケーキ、バゲットと豊富。湯気をあげる料理が並ぶステーションのシズル感はアジアの屋台を思わせ、食欲もマックスに。ファミリーも欧米の観光客やビジネスマンのみなさんもガッツリ、食べていました。

最近、ホテルの料金が高いシンガポール。客室の稼働によって料金も日々、異なりますが、「ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール」の場合、ルームチャージ2万円半ば~といったところ。シンガポール以外にもブリスベン、香港、マニラ、モルディブなどアジア太平洋で10軒を展開中。カジュアルに泊まれるアジア系次世代ホテルブランドとして、注目していこうと思っています。
by naoko_terada | 2015-02-12 19:39 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(0)
毎日新聞「ディスカバー・アメリカ」離島の祭り、婦人画報「わたしのおやつ時間」松島・松華堂のカステラ


b0053082_0195560.jpg

1月25日の毎日新聞・朝刊の全面で展開された、アメリカ政府観光局であるディスカバリー・アメリカによる記事をごらんになった方もいらっしゃると思います。
その文章を担当させていただきました。

この記事広告は全3回にわたり、アメリカ各地の魅力をご紹介するもの。テーマは「祭り」です。アメリカのお祭りって?と思うかもしれません。意外に知られていないものですよね。第一回目はアメリカの島々の祭りにフォーカス。フラ愛好家にはおなじみのハワイ島のフラダンスの祭典「メリー・モナーク・フェスティバル」や、テニアン島やグアム島のトウガラシやマンゴーといった島の特産品を味わうもの、憧れのカリブ海の米領バージン諸島のカルチャーフェスティバルなどをとりあげました。

次回は今月、2月に登場。場所は島とはガラリと異なるクラシックかつ美しい自然に囲まれた魅力あふれる都市です。お楽しみに。

b0053082_0333866.jpg

そして、現在、書店に並ぶ婦人画報3月号。巻末のほうの連載「わたしのおやつ時間」で、わたしのお薦めを取り上げていただきました。それは、松島・松華堂さんのカステラ。記事にも書いてありますが、これがもう、優しくふくよかな美味しさで、本当にシアワセになる絶品のカステラなのです。
ウェブサイトも持たず、誠実に日々、お菓子を焼き上げている松華堂さん。松島海岸を望む場所にステキなカフェも併設されているので、ぜひ、松島まで足をお運びいただければと思います。カステラのほかにきなこ味のダックワーズもお薦めですよ!

祭りも名産品も、その場所に行ってこそ誕生した背景を知り、本質的な魅力を発見するものだと思います。


ああ、カステラ、食べたい。
by naoko_terada | 2015-02-01 00:53 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム