ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
静寂の中、万物に感謝する。バリ島で最も聖なる一日「ニュピ」
b0053082_1822192.jpg

今日はニュピ。
バリ島における「新年」にあたります。

この日は静寂の一日。
誰も一歩も外に出ることなく、電気も火も使わず室内で静かに瞑想し、心と体を浄化します。
すべての店は閉まり、道路には車やバイクはもちろん、誰の姿もない。
すごいと思うのは、なんと空港も閉鎖され、飛行機もこの日は発着しないこと。
まさに「神々の島」バリ島ならでは。
神(宗教)と共に生きる島ゆえのとても大切な聖なる儀式です。

一歩も外に出ないのはバリニーズだけでなく、観光客も同じ。
ニュピの日はリゾートの中で過ごすことが義務づけられています。
本来はホテルやリゾートもクローズしなければならないのですが、滞在する観光客のため一部の設備などは営業。道路やビーチに面したレストランやバーは使えません。


数年前、まさにこのニュピをウブドで過ごしました。
一日中、リゾート内にいなければならないのは想定内なので、ちょっと奮発してプール付きのヴィラを予約。食事は通常のオープンエアのレストランではなく、一番奥にあるスペースが臨時のダイニングになっていました。

ニュピは新月の日が選ばれます。
すべてのものごとの始まりとされる新月こそ新年にふさわしいもの。

通常であればバイクの音、音楽、子供たちの声などが聞こえてくるウブドも静寂に包まれます。
涼やかに流れていた庭園の噴水も止まり、すべてが時間が止まったようにみえる。

しんと静かな空間では、木々のシルエットがいつもより鮮やかに映り、太陽のきらめきもどこか神々しい。
小鳥の声、風にそよぐヤシの木の葉ずれだけがいつになく耳に響きます。

圧巻は夜になってからでした。

観光客はリゾートの外にでないかぎり、敷地内に出ることは許されます。

夕食をとりに臨時のダイニングに向かう途中、
いつもなら足元をてらす庭の照明もなく、漆黒の闇が広がるだけ。
光があることがあたりまえだと思っていることがどれほど無神経でおごりであることか。
ニュピはそんなささやかだけれど、とても大切なことを教えてくれます。

今日のニュピも、いつもと同じように静寂がバリ島を包んでいるはず。

万物に感謝し、平和でいられることを願う。
そんな夜が訪れるはずです。
by naoko_terada | 2014-03-31 18:25 | トラベル | Trackback | Comments(0)
バリ島トゥガナン村で出会った本物のアタ
b0053082_1716723.jpg

バリ島の特産品として人気があるのが、アタとよばれる天然素材の工芸品。
日本人女性には手かご、バッグなどが人気です。
アタという葦の一種の草を編み込み、さらに燻蒸するため、
独特の風合いとスモーキーな香りがほのかにします。
とても丈夫で、シックな風情でわたしも大好きです。

アタの名産地はバリ島東部、バリアガと呼ばれる先住バリ人たちが暮らすトゥガナン村。
素朴な村の入口にはアタのお店がズラリと並びます。

そこで、店の奥から持ち出してきてもらったのが、この手のひらに乗る小さなアタの小物入れ。
ここまで緻密に丁寧に作られた製品は初めて見ました。
美しすぎます。

b0053082_17265054.jpg

どれだけ細かい作業か。
一緒に手にいれたコースターも同じです。
右は市場などで売っている一般的なアタ。わたしが日常で使用しているものです。

小物入れの言い値は当時(7、8年前)で約2000円。
アタ製品は手間がかかるので値段が高いのですが、これはそれだけの価値があると思いました。
こういう製品を作る職人も少なくなっているはずですから、貴重です。
購入した店の主人も、「もう、これだけの製品はなかなか作られないねぇ」と話してくれました。

アタは市場や土産店に行くとたくさん売っていますが、大半はおみやげレベルのクオリティ。安いものはお隣のロンボク島で作っていたりします。

b0053082_1732585.jpg

小物入れは、いまでもかすかにスモーキーな香りを放ち、年月が経つごとにおだやかに手になじみ、味が出てきています。

先月、取材に行った際に手に入れたパールのピアスを入れて、
デスクの上に置いておくと、バリ島の青い空とむせかえる熱帯の空気に包まれているような気持ちになり、心がなごみます。
by naoko_terada | 2014-03-23 17:48 | マイ・フェイバリット | Trackback | Comments(0)
週刊東洋経済 「ビジネスマンのための最強のホテル」


b0053082_6173999.jpg

本日発売の「週刊東洋経済」の特集は、ズバリ、「ビジネスマンのための最強のホテル」。

最新のホテル事情や、投資物件の現状などさすがビジネス誌だけあり、多方向から説得力ある内容で読ませます。

わたしはその中で「世界標準ホテルが生まれる条件」というタイトルで寄稿させていただきました。
区によって異なる条例の不条理さと、国際的な格付けの必要性を説いています。


それにしても、週刊誌の記者のみなさんの仕事のスピード、フットワークの軽さには驚かされました。さらに、とことんこだわり、精度を高めた記事へと持っていく追い込み方もすごい。
とても勉強になりました。


出張の多いビジネスマンのみなさん必読の一冊です。
ぜひ、お手にとってご覧ください。
by naoko_terada | 2014-03-17 06:34 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
青森空港の「日本一」 ホワイトインパルス、出動!
b0053082_2126742.jpg

早朝の羽田から、降雪のため引き返すかもという「条件付き」でめざすは青森空港
猪苗代湖の上を通り、湯沢あたりまでは雲はあるもののそれなりに好天。

b0053082_212983.jpg

それが降下直前になり、雲の厚みと質感が異なってきました。
ゆっくりと下降しながら雲の中に入り、しばしホワイトアウト状態で、

b0053082_21302691.jpg

到着した青森空港は、真冬の雪景色が待ち受けていました。

しかし、わたしはというとニッコリ笑顔。
この天候であればミッション遂行できそうです。

b0053082_2131894.jpg

はい、今回のミッションがこちら。
青森空港が誇る、除雪車輌隊「ホワイトインパルス」です!
日本一、降雪量の多い青森のゲートウェイを保守する頼りになるチーム。
彼らの活動を見るため、あえて飛行機を選んだのでした。

※空港公式ムービーは→ コチラ
 ※音が出ます

b0053082_21364720.jpg

まずは県の担当者Kさんと待ち合わせをして、空港事務局にごあいさつ。
会議室で空港の概要をうかがっていると・・・。

担当者の携帯に連絡が。

「あ、ホワイトインパルス、出動するそうです!」

バタバタと準備をして空港施設の外に。
雪の降る中、すでに車輌が続々と滑走路に出ていきます。
うう、カッコイイ。

b0053082_2158214.jpg

特別に許可をいただき、空港の車に同乗してホワイトインパルスを追いかけます。
目の前を走る車は司令塔となる「路面摩擦係数測定車」。
編成チームの動きを統括し、かつ離着陸に必要な摩擦係数をチェックしてまわります。

b0053082_2293863.jpg

ホワイトインパルスの動きはこうです。

およそ30mの滑走路の半分を編隊を組んで除雪していきます。
トップはスノープラウと呼ばれる車輌。
パワフルにグッと雪を受け止めておし進めていきます。

b0053082_22124924.jpg

そのあとに続くのがスノースイーパ。
スノープラウが除雪した後を名前のとおり掃除していきます。

b0053082_2218719.jpg

そしてこんなタイプも。
これはプラウ付きスイーパー。

最後に滑走路脇に集まった雪をロータリーがさらに外に巻き上げていきます。
これを何度もくりかえして除雪していきます。

b0053082_22194188.jpg

とはいえ、すべて車輌でできるわけではありません。
灯火周辺はスタッフが人力で雪を掻きだしていきます。
ごくろうさまです。

b0053082_22221169.jpg

それにしてもすごいスピードです。

滑走路の長さは3000メートル。
55万㎡の広さがありますが、これは東京ドーム12個に相当。
ホワイトインパルスはそれを40分で除雪。
そのスピードは日本一。

青森は北海道よりも降雪の多い、こちらも全国一のレベル。
ここ数年は記録的な雪の量でしたが、ホワイトインパルスの活動で過酷な環境でも欠航率の低さを堅持しています。

b0053082_22402126.jpg

青森の雪は湿度があり重いそうで、一台で進めないときはこんな二台でのコンビネーションも。
すごいなぁ。

今年2014年7月1日からは現行のJAL、FDAに加えて全日空の伊丹~青森路線が運航決定。

雪深い青森も少しずつ春の気配。
これからはホワイトインパルスの出番も少なくなっていきそうです。
最近は出動前に空港内で一般の方のためにアナウンスを流しているそう。
もし、青森空港にいらっしゃったらぜひ、彼らの活動をチェックしてみてください。

パワフルでかっこいい、雪国・青森のライフラインを守るヒーローです。

b0053082_22464794.jpg

by naoko_terada | 2014-03-13 22:56 | 東北応援! | Trackback | Comments(0)
東北観光応援します!!~東日本大震災から3年~シンポジウム
b0053082_23545822.jpg

先日の仙台での開催に続き、本日、東京で開催されたのが、
「東北観光応援します!!~東日本大震災から3年~シンポジウム」

私は後半の「新しい東北観光のカタチ」のパネルディスカッションから拝聴させていただきました。

b0053082_20372769.jpg

前半最後、全国都道府県2000名の大学生を被災地に連れていくプロジェクト「きっかけバス47」の活動報告を少しだけ聞くことができました。
彼らは現在、JALの東北応援プロジェクト「SKY BATON」とも連動して活動をしています。

パネルディスカッションでは、東北復興新聞を発行する本間勇輝氏をモデレーターに、気仙沼で水産加工業を営みながら観光復興に尽力する斉吉商店の斉藤和枝さん、NPO法人 十和田奥入瀬郷づくり大学の事務局長の生出隆雄氏、さらに東日本旅客鉄道から高橋敦司氏、JTBから平野利晃氏の計5名による意見交換が行われました。

課題は「食」と「人」
東北の観光に欠かせない二つのキーワードから、新しい観光素材の可能性を探ります。

b0053082_20574517.jpg

斉吉商店が現在、行っているのが「ばっばの台所」
津波で工場と自宅を兼ねた本社が全壊した斉吉商店ですが、再起をしながら気仙沼を訪れた方々との交流の場となるスペースとして「ばっばの台所」を運営。
新鮮な地元の食材を使った食事が味わえるだけでなくワークショップなども行っています。

b0053082_2154083.jpg

最近は新鮮な魚を水揚げする漁師たちの存在のかっこよさにほれ込み、彼らを巻き込んでの観光イベントやツアーも立ち上げています。
写真は4月19、20日の1泊2日の「遠洋マグロ船 乗船体験の旅」のもの。

通常、漁船には船魂(ふなだま)さまという女性の神さまがおられるので、女性が乗ることは厳禁。
でも、今回は新造船で船魂をお迎えする前なので女性の参加もOK!

斉藤さんのお話しでは、最初は「いいよ、そんなの」とまったく受けいれてくれなかった漁師さんたちが、斉藤さんたちの熱心さと、ずっと続けてきたという「出船おくり」などの心のこもったもてなしを受けてきたことで気持ちが変わったとのこと。

b0053082_2141516.jpg

東日本旅客鉄道の高橋さんは、
震災時から東北新幹線の復旧までを語りつつ、鉄道事業の地域における役割りにまで言及。
食については、「東北には美味しいものがたくさんあるが、すべて素材のまま。もう少し手をかけた上質な食体験を」とコメント。
私も先日、試乗してきた、走る美食列車TOHOKU EMOTIONはその試金石となり、今まで東北に目を向けなかった女性層に支持され、今年9月までの販売は完売と大好評。

感動したのは、TOHOKU EMOTIONが運航する週末、
列車沿線に暮らす人たちが自発的に、列車が通る時刻に浜に立ち、大きく手や大漁旗を振って乗客をおもてなししているということ。
鉄道がつなぐ出会いですね。


今までの団体向けの観光は旅行会社、旅館、土産物といったクローズドな環境でした。
それが、今はこのように水産加工会社、漁師、地元の人など、観光とは無縁のみなさんたちがもてなす側の主人公となる体験、プロジェクトが増えはじめました。


「誰かに来てもらえてうれしい」

地元の人たちがそう思うようになることが大切。

そのためには旗振りをする人間が必要で、あきらめることなく何回も何回もアプローチして、まわりの人間を巻き込んでいく。それが重要であるとパネリストのみなさんはおっしゃいます。


そして、地域を巻き込むことで、子供たちも土地に対しての誇りと愛情をより持つことになり、数十年後の東北を担う大人に成長していってほしい。

それが、今日、会場にいた多くの人たちの願いです。

b0053082_065013.jpg

会場にはパネルに書かれたリンゴの木があり、来場者がメッセージを書いて貼りつけるようになっていました。

支援ではなく、観光で。
一度、訪れて地元のみなさんとふれあい、
「また、帰ってきたよ!」と再び、
何度でも通いたい場所。



東北は日本のふるさとです。
by naoko_terada | 2014-03-09 21:44 | 東北応援! | Trackback | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム