ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
<   2013年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
月刊エアライン2013年11月号 「機内サービス入門」


b0053082_12401721.jpg

エアライン好きのための専門誌、イカロス出版の月刊「エアライン」の最新号のテーマは「機内サービス」。
この中で「客室乗務員のヒューマンサービス力」という記事を書かせていただきました。
一流ホテルとはどう違うのか?
エアライン業界とは少し、異なった視点での読み物になっていると思います。

この記事を書くにあたり、エアラインのCAとホテルスタッフとのホスピタリティの違いを経験値から検証してみました。環境がまったく異なるのでむずかしいですが、共に「人的」な印象がその企業への好感度につながることは間違いありません。

そのあたりにも触れています。
最新シートや機内食などのアップデート情報もたっぷり紹介されています。

ぜひ、ごらんになってみてください。
by naoko_terada | 2013-09-30 08:00 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
食在有趣 台湾、美食めぐり⑧ ファイナルはみんなで辦桌(バンド)


b0053082_0553049.jpg

半年以上かかって、いよいよ最後のブログとなりました台湾の美食めぐり。

最終日は、この取材のハイライト。
今回のイベントの主催者、i see Taiwanのフェイスブックの募集でみごと当選した地元の人たちとの一大宴会、辦桌(バンド)の昼食会です。

辦桌とは台湾で昔、よく行われていた祝いの宴会のこと。
大勢で円卓を囲み、大皿料理をわいわいと食べるのがしきたり。
幸せな宴を多くの人たちと分かち合うためのものです。
最近はすっかり少なくなったこの辦桌を、わたしたちのために用意してくれたわけです。
ありがたい。

で、会場が上の写真のこちら。
幸福宴。
最高にナイスな店名です。

b0053082_162174.jpg

店内はこんな感じ。
昔懐かしいレトロさがこのレストランのウリだそうです。
まさに辦桌に最適です。

b0053082_174980.jpg

店内には古い看板やら、昔なつかし系のオブジェなど。
このビールの宣伝の女の子、誰だかわかりますか?

b0053082_115477.jpg

メディアもおおぜい取材に来ていて、主催者の関係者たちにインタビュー。
わたしたちも今回の美食の旅についてお話しさせていただきました。

b0053082_1251793.jpg

ご招待のみなさんも、続々と到着。
一卓に10名なので総勢、60名ほど。

b0053082_1314997.jpg

b0053082_216556.jpg

MCもちゃんといます。
ピンクのミニのチャイナドレスがかわいいアレックスちゃん。
台湾でのニックネームは花栗鼠小A。

b0053082_1435765.jpg

b0053082_1411990.jpg

ということで、宴が開始です。
メニューにはごちそうが満載。
まずは、前菜。

b0053082_1444874.jpg

続いてたっぷりの厚みの刺し盛り。
台湾の人もお刺身はと~っても好物。
今回の旅でも何度か登場しました。

b0053082_1462260.jpg

鶏の焼き物に、タロイモをまぶしたエビフライ。

b0053082_1561063.jpg
b0053082_1562577.jpg

客家風の角煮はとろっとろ。
ウェイトレスがハサミで切ってくれます。

b0053082_1575357.jpg

そうそう、このレストランはレトロさがテーマなので、
スタッフがなんと幼稚園児のコスプレなんです!
彼女、カメラを向けるととってもはにかんで素朴でかわいかったです。

b0053082_20096.jpg

途中で、お楽しみゲームが。
こうやって客人をもてなすのも辦桌の特徴。
基金の関係者、ゲストもみな、童心にかえって楽しんでいます。

b0053082_205079.jpg

こちらは台湾で著名な食評論家の胡天蘭先生。
貫録です。

b0053082_23375.jpg

葱油をかけた七星鱸。

b0053082_293573.jpg

ニンニクたっぷりの海老。
美味しくないわけがありません。

b0053082_2105253.jpg

桜えび入りのおこわも香ばしくておいしい。
でも、お腹いっぱいになってきましたよ。


b0053082_2133456.jpg
b0053082_2134880.jpg

最後はこんな恰好のスタッフが、カゴの中から杏仁豆腐を取り出して手渡してくれて辦桌は、無事終了。いやぁ、よく食べて笑って、大勢のみなさんとお会いしました。


b0053082_2152392.jpg

b0053082_2153779.jpg

最後はisee Taiwanのスタッフと記念撮影。
スタッフのひとりは、わたしたちにこんなステキな手づくりブレスをプレゼントしてくれました。
ありがとうございます。
b0053082_2171670.jpg

満腹の胃袋をかかえたまま、みんなとお別れをして、急いで空港へ。


b0053082_2182223.jpg

松山空港に到着して無事、チェックイン。
出国前に、この取材に同行してくれたisee Taiwan Foundationのプロジェクトマネージャーのマラットさんと通訳をしてくれたジャニーズ系イケメンの石くん、グルメブロガーの西さんと最後の記念写真。
本当にお世話になりました。

おいしい料理はもちろんでしたが、この旅でふれあった多くの台湾の人たちの温かいもてなしこそが一番のご馳走でした。大好きな台湾がより、身近にそして、大切な友人たちのいる国になりました。
心からお礼をいいます。

多謝、台湾。


また、遊びに行きます!
ありがとうございました。
by naoko_terada | 2013-09-23 00:42 | トラベル | Trackback | Comments(0)
新聞のチカラ
b0053082_15153611.jpg

ブログ、ご無沙汰しちゃってます。

ついでにフェイスブックやツイッターも。
集中して執筆をしているため、ちょっと放置してます。

今週はSNS環境が悪い場所にこもっていたりもしたので、なおさらです。

実際、メールをやらない(できない)ところにいると、このてのものにどれほど日々、時間を費やしているのかということを今さらながら実感しています。
なくなればそれにも慣れてしまうので、わたし的にはあまりストレスはありません。
むしろすがすがしい。
こうやってブログをアップしているように有益な情報や、伝えたいことなどを共有するにはいいツールだということはわかっていますが、どうもそれにしばられ過ぎていたかしら、とこの数日考えています。

だからといってあれやこれやもの思いをしたり、温泉に入ったり、売店に牛乳を買いに行ったりで執筆そのものがはかどっているわけではないのですけどね。


今週は岩手にいました。
ひと足お先に東北の秋を体感したかったのですが、遅い夏を味わったようなお天気でした。


地方に行くと地元の新聞を買って読みます。
お悔みから季節の行事関連のおしらせ。
ローカルなレストランのフェアの案内やショッピングセンターの大売りし。
その町の暮らしが、新聞の紙面から浮かび上がってきます。

東北の場合は、復興に関しての情報がやはり目に入ってきます。

全国紙や、東京にいると伝わってこない情報のなんと多いことか。
「復興」、あるいは「東北」とひとことで片付けてしまいがちですが、それぞれの地域に課題があり、超えていかなければならないものがあります。
地方新聞から、わたしはそれを学びます。
そして、地元の方たちにとっては「復興」が日々の暮らしであることをあらためて思い、忘れてはいけないのだと自分に言い聞かせます。

地方新聞の記事は、執筆される記者の目線があたたかいです。
一過性ではなく、震災から何度も足を運び、見守ってきた人間だけが持つ優しさがあります。
地元と一緒に生きるジャーナリストの視点。
そこに、励まされもします。



バーチャルなつながりもときに必要ですが、
やはり、わたしは人に会いたい。

そして、あたたかさを持った記事を書きたいと思っています。
by naoko_terada | 2013-09-22 15:47 | Trackback | Comments(0)
資生堂 「花椿 OCT2013」 フランスの最も美しい村
b0053082_1214320.png

1937(昭和12)年から続く、資生堂の広報誌「花椿」

資生堂では企業文化誌と呼び、美しき生活文化を通じて企業と消費者をつなぐ役割をになってきました。
創刊から75年目、2012年の4月号から新装刊されたということで、今回はその中の「モーメント:今、この瞬間を伝える」というリレー連載でエッセイを書かせていただきました。

わたしが選んだテーマは「最も美しい村」。
これからブームとなりそうな予感を感じる存在としてこの数年、意識しているコンテンツです。
フランスからはじまり、イタリア、ベルギー、さらには日本でも誕生。
世界遺産に次ぐ人気になると思っています。



花椿は全国の資生堂カウンター、ギャラリー、書店などで配布されています。
リストは→コチラ

また、各種アプリで読むこともできます。
アプリは→コチラ


花椿ならではのアール ド ヴィーヴル な世界をぜひ、お楽しみください。
by naoko_terada | 2013-09-12 12:21 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
VOGUEオンライン 旅達人も太鼓判!今秋のおすすめショートトリップ(海外編)


b0053082_674473.jpg

いよいよ9月ですね。

ヴォーグのオンラインで先日の国内編に続き、海外編も公開されました。
写真は今、マレーシア・ボルネオにあるガヤ・アイランド・リゾート。


目の前にはいろんなことが山積み。
悩み、つらいこともあるけれど、たまには立ち止まり、深呼吸をしてゆっくりとまわりを見回してみる。そうすると見えてくるものがあります。
旅の時間はそんなときに、本当に効きます。
わたしもそうやって、多くのことに向き合い進んでいます。

自分へのごほうび。
上等です。
だって、それだけがんばっているのだから。

自分に自信がつき、強くなれれば人に優しくなれる。


夏休みがまだの人、そろそろ自分へのエナジーチャージはいかがですか?
by naoko_terada | 2013-09-01 06:39 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム