ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
<   2012年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ふるさとは、心の中にある


大みそかの東京は、静かでおだやかです。
東京生まれのわたしは、ここ10数年、父と一緒に年末年始を東京で迎えます。


今年も、ありがたいことにたくさん旅をさせていただきました。
海外だけでなく、国内も。
あたらしい出会いがあり、多くのことを学びました。
失敗もいくつか。
やり残したこと、未熟ゆえご迷惑をおかけしたことも多々、ありました。
反省と、そこから得たものを糧として来年への課題にしたいと思っています。


国内の地方を旅させていただき、気づいたのは、
若い方たちの新しい取り組みと、地元への愛と、地方の持つポテンシャルへの意識。

観光だけではなく、農業、アート、起業とさまざま視点で自分が生まれた場所の魅力を発信していこうとする活動が各地で広がっていることを実感しました。
ツイッター、フェイスブックなどで海外と軽やかにつながっていく彼らは、実に頼もしく、日本の未来を輝かせる存在です。

そんな彼らを、わたしは応援します。
全国に点在する彼らを、つなげていく触媒のようであればいいと願います。
ひとりでは限られた力が、異なる人とつながることで生まれるケミストリー。
そのパワーに、わたしは日本の未来を託したい。


東京を離れて戻る、ふるさと。

帰る方もいれば、残念ながら帰れない方もいるでしょう。
あるいは、悲しいことですが、帰る場所を失ってしまった方もいらっしゃいます。

それでも、ふるさとは心の中にあります。


新しく誕生した命にも、
その先の日本を見つめる、若い人にも。
もちろん、わたしの中にも。
どこにいても、ふるさとは心の中にある。



今年一年を思い、新しい年に希望を託して。


みなさん、どうぞよいお年をお迎えください。


b0053082_16543362.jpg

by naoko_terada | 2012-12-31 16:57 | その他 | Trackback | Comments(5)
客室・施設充実、ラフォーレ修善寺を視察
b0053082_22265361.jpg

朝食を終えたら、さっそく視察です。

ラフォーレ修善寺は、大きく、センターフロント、ウエストフロント、イーストフロントの3つのゾーンに分かれて、それぞれに客室、ダイニング施設、温泉、アクティビティ施設などが集まっています。

まず、見せていただいたのがウエストフロントにある、ゲストハウスと呼ばれるタイプの客室です。

b0053082_23212043.jpg

改装された客室は、モダンで清潔感あるもの。

b0053082_23232596.jpg

b0053082_23235497.jpg

気に入ったのが、出窓のところに設けられたリビングスペース。
窓の外にはゴルフコースの先に顔を出す、富士山。
好きな本をもって、ひとりでここにおこもり、なんていうのもいいですね。
唯一、残念なのがベッドがデュベではないこと。
ここはぜひ、デュベにアップグレードしてもらいたいところです。

b0053082_23324476.jpg
b0053082_23332013.jpg

併設のラウンジもシックでおしゃれ。
落ち着いた空間に、秋の光が差し込みます。

b0053082_23364877.jpg

ラフォーレ修善寺は、ゴルフ場を併設。
北に富士、南に天城連山をのぞむロケーションで、18Hパー72。
40m×6打席の練習場、アプローチ練習場も備わります。

b0053082_23395558.jpg
b0053082_23401268.jpg

そして、ここがわかる人にはわかる、名物の聖ラフォーレ教会。
伊豆の海、空、太陽をモチーフにしたステンドグラスが有名ですが、もうひとつ、
大人気トレンディドラマ、『101回目のプロポーズ』に登場した教会なのですねー。

b0053082_2354363.jpg

どうです、見おぼえありますか?

b0053082_23543890.jpg
b0053082_2354505.jpg

センターフロントには温泉「森の湯」が。
露天付き男女別大浴場は日帰り入浴も可能です。

b0053082_00539.jpg

「森の湯」のすぐちかくに宴会場があるのですが、
ここからの天城連山の眺望がみごとで、見惚れてしまいました。
修善寺の自然のすばらしさを見せつける絶景です。

b0053082_014664.jpg

次に見せていただいたのは、センターフロントにある人気のドッグコテージ。

b0053082_0153472.jpg

お部屋はこんな感じ。
和室タイプの室内には、ケージとワンちゃんが畳の室内に入らないためのゲートが。

b0053082_0174896.jpg
b0053082_018132.jpg
b0053082_0181490.jpg

犬用の備品も用意されています。

b0053082_0194658.jpg
b0053082_0195860.jpg

コテージ1棟がすべてドッグコテージなので、周囲に気遣うこともありません。
目の前から遊歩道があるので、お散歩もOK。
また、無料で利用でるドッグランが2つあります。

b0053082_115152.jpg

b0053082_121292.jpg

b0053082_123187.jpg

イーストフロントには、ホテル棟と呼ばれる客室が。
洋室、和室、和洋室のタイプがあります。

b0053082_155672.jpg

ホテル棟のいいところは、もうひとつの温泉施設、「温泉スパ」にもっとも近いということ。男女別大浴場から、岩盤浴、水着ゾーンがあり、こちらも日帰り入浴可能で、終日、にぎわっています。

b0053082_0293840.jpg
b0053082_0293388.jpg

b0053082_03556100.jpg

そして、ラフォーレ修善寺のユニークさが、こちら!
カラオケ付きコテージと、な、なんと焼肉コテージ!!
社員旅行、グループ旅行で気兼ねなく、がんがん歌いまくる、あるいは焼きまくることができるとあってかなりコアな需要があるそうです(笑)。
ちなみにカラオケは23:00までということで、時間になると強制的に機械がオフになるそうです。

b0053082_0514013.jpg
b0053082_0515518.jpg
b0053082_052939.jpg

施設もすごいです。
立派な体育館があって、卓球、バドミントン、バスケットボールなどの用具がそろい、宿泊者は無料で利用できます。写真は上司と本気で打ち合う、つれのT嬢。
使用者は体育館靴に履きかえるのが、気分です。

このほか、ナイター完備のテニスコートが15面、パターゴルフ(有料)、キッズルーム、自然散策路などの設備が、165万㎡という広大な敷地に広がります。

このように、客室、施設のバリエーションが充実しているラフォーレ修善寺。
最先端ラグジュアリーの「山紫水明」から、気軽に滞在できる手頃なタイプの部屋まで、選択肢は豊富。季節にあった宿泊プランもいろいろと用意されています。もちろん、法人契約されている企業にお勤めならば、お得な特別料金で泊まることができます。


b0053082_1102674.jpg
b0053082_1103932.jpg

ということで、お仕事、終了。
東京に帰る前に、ランチをゲストハウスにあるリビングでいただくことに。
ホテルスタッフのみなさんが、「イチオシ!」という、イズシカのカツレツをオーダー。
イズシカとは、伊豆鹿のこと。
地元のグルメとして、官民一体となってさまざまなメニューを売り出しています。
シカ肉は脂肪分が少なく、高タンパク・低カロリーで鉄分豊富。さらにリノール酸が体内環境を改善してくれるとのこと。ゴルフのゲストにも人気のメニューだそうです。

サックリとした衣に、ジューシーな肉質。
クセもなく、コクのあるソースにからめると、ご飯にもあう。
まさに、ホテルメイドの洋食といった一品。


最後まで、おいしく、楽しい修善寺を満喫させていただきました。

感謝!
by naoko_terada | 2012-12-30 22:23 | 日本 | Trackback | Comments(0)
富士をのぞむ新ラグジュアリー ラフォーレ修善寺 「山紫水明」
b0053082_2141070.jpg

終日、修善寺、天城を満喫したわたしたちが訪れたのは、
ラフォーレ修善寺。
新しいコンセプトの上級クラスの客室として誕生した山紫水明で、ひとあし早く、冬のプランを体験させていただくという趣向です。

山紫水明は、コテージ1棟を使った特別室。
部屋に通されると、落ち着いた和の空間が出迎えてくれます。

b0053082_101557.jpg

和のテイストですが、寝室スペースにはベッド。
このあたりは、最近のラグジュアリー系お宿のスタンダードですね。

b0053082_1025515.jpg

ステキなのが外のテラス。
贅沢にも、温泉露天風呂付き。

b0053082_1035531.jpg

そして、上の写真ではちょっとわかりにくいので、アップで。
そう、露天風呂から富士山が眺められるのが、山紫水明の最高のおもてなしです。
すでに日が暮れた薄暮の中、端正な姿が見えます。
こんな美しい日本の象徴を眺めつつ、温泉三昧。
ラフォーレ修善寺の温泉は、アルカリ性単純温泉。万人に心地よい柔らかなお湯に癒されながら、ホッとなごみます。


b0053082_18332422.jpg

スッキリ、ほわんと温泉浴で癒されたら、お待ちかねの夕食。
ホテル内の和ダイニング「櫻」でいただきます。

今回は、2013年2月28日までの冬のプラン、「山紫水明~冬あかり」の料理を味わいます。前菜は、チーズ豆腐、生ハム、さざえ磯煮、川海老、それに伊豆鹿山葵味噌、富士宮ジャンボ落花生。
訪問したのがまだ秋の季節だったので、演出に色づいた葉があしらわれていますが、このあたりはこれからの季節にあわせて変わっていくことでしょう。

b0053082_20241553.jpg

次に登場したのが、下田産の伊勢海老のお造り。
テーブルにいた全員は、思わず「おおっ!」と声をあげます。
まだ動いている新鮮な身は、「さくり」と感じるほどの歯ごたえ。添えてあるのはもちろん、天城の生ワサビ。自分でおろしたばかりのフレッシュな辛みのワサビをつければ、伊勢海老の甘味がぐっと引き立ちます。

b0053082_20304767.jpg

焼き物は、富士の聖水で育った富士宮鱒(マス)のネギ巻き焼きです。
適度に脂がのった淡泊な身が、ネギの甘味と合います。

b0053082_20355849.jpg

蒸し物は、フォアグラ大根。
柿田川湧水群クレソンを添えてあります。
柔らかく煮含めた大根と濃厚なフォアグラとの組み合わせは、いつ食べても感じ入ります。

b0053082_2040755.jpg

ちなみに、料理のお伴には日本酒をチョイス。
地元、伊豆の蔵元である万大醸造さんのお酒をちょうだいしました。

b0053082_20461647.jpg

コース後半も、おいしいものが続きます。
肉料理には、国産和牛の富士溶岩石焼き。自分で、富士の溶岩の上でジュウジュウと豪快に焼きます。西浦産柑橘ポン酢が用意されていましたが、シンプルに塩やワサビでいただくのもいいです。

b0053082_2051315.jpg

最後に、白米と香の物。留め碗は、先ほどの伊勢海老のおかしらを使った伊勢汁。お腹いっぱい、でも、炊きたての白米と伊勢海老のダシが効いたお椀の美味しさは別格。
しっかり味わっていただきます。
ふう。


b0053082_20542473.jpg
b0053082_2054439.jpg

さらに、女性が喜ぶデザートは、2種類。この夜はグランデザートとしてチョコケーキと柑橘シャーベット。アバンデザートとしてオレンジマカロン、苺チョコ。


うーん、お腹いっぱい。
でも、かなり計算されているようで、残さず美味しくいただけるような量バランス。女性同士なら、おしゃべりをしながらゆっくり食べれば完食できるでしょう。
たっぷり、伊豆の海の幸と里山の幸を季節感を味わいながら、楽しませていただきました。



b0053082_2141187.jpg

そして翌朝は、みごとな晴天!
テラスからは雪をかぶった富士山がくっきり。
空気も澄みわたり、爽快です。

b0053082_2155398.jpg

もちろん、朝風呂は欠かせません。
富士を眺めながら、ザブンと湯船に浸かり極楽気分。


b0053082_218271.jpg

そして、また食べるわけですね。
朝食は、ホテル棟のレストランでブッフェです。

b0053082_21103475.jpg
b0053082_21104781.jpg

b0053082_21111837.jpg

洋食、和食はホテルメイドのパン、卵料理から、コトコト煮込まれたポトフや、ワサビ漬けなど伊豆の食材も。お茶碗の柄が選べるのがいいですね。

b0053082_2116591.jpg

わたしは洋食スタイルにしてみました。
朝から、たっぷりいただきます。


1泊ですっかりリフレッシュした修善寺のプチ週末旅行。

この、「山紫水明~冬あかり」プランは、2013年2月28日まで(一部、適用外日あり)。
料金は、1部屋4・5名利用の場合で2万5100円~、2名利用で3万2000円~。

さらに、ラフォーレを福利厚生施設として法人契約している企業、法人にお勤めの方なら、法人会員料金で利用できます。これだと、上記の1部屋4・5名利用の場合で1万8100円~に、2名利用で2万5000円~とかなりお得。

お正月明けのリフレッシュにでも、企業にお勤めの方は、ラフォーレと法人契約されているかチェックして、ぜひ、このプランを体験してみてください。



さて、わたしはエナジーチャージしたところで、
ラフォーレ修善寺のホテルチェックへとまいります。
お伴は、みごとな富士山!


b0053082_2142511.jpg

by naoko_terada | 2012-12-29 21:57 | 日本 | Trackback | Comments(0)
オフロードバイクで、伊豆・天城の自然を体感!
b0053082_1522480.jpg

おいしい、あまごの漬け丼をいただいた後は、
一気に天城まで移動です。
向かうは伊豆市観光協会天城支部の事務所となる、「夕鶴記念館」。
天城温泉会館内にあります。

「では、ついてきてください」
事務局長のIさんに誘導されて、快晴の天城の道を。
名物のボンネットバスとすれ違い、木漏れ日のカーブをゆっくりとまわり、
天城の野趣あふれるムードの中、ドライブを満喫。

b0053082_2322088.jpg

やがて、車は旧道に。

b0053082_232395.jpg

観光名所のひとつ、二階滝が見えました。
天城では、滝のことを「たる」と呼びます。水が垂れ落ちるさまをあらわしたものと言われ、平安時代からこの地で使われている言葉です。ですから、これも「にかいだる」となります。
すぐ上には、寒天橋。
ご存知、名曲、「天城超え」の歌詞に登場する橋です。

b0053082_2401389.jpg

そして、ハイライトはやはり、こちら。
旧天城トンネルです。
正式名称は、天城山隧道(あまぎさんずいどう)。
標高711m、明治38年に開通。国内最長・最古の石造道路隧道として国の重要文化財に指定されています。というよりは、小説『伊豆の踊り子』で有名ですね。

b0053082_2502861.jpg

で、ジャン。

わたしがランチにビールをあきらめたのは、このため。
旧道をオフロードバイクで走り抜ける作戦です。
伊豆市観光協会天城支部によるレンタルバイクを利用して天城の自然を体感しながら旧道をアクティブに疾走しようというわけ。
レンタルできる自転車は、なんとイタリアの有名ブランド、ビアンキ。
かっこいい。

レンタルは、ヘルメット、ドリンクホルダー、ライト付きで1日2000円。
予約は伊豆市観光協会天城支部。詳細は、コチラをごらんください。

b0053082_304365.jpg

今回の同行者、T嬢の雄姿。
走る気満々です。
とはいえ、この日は時間がなくトライアルなショートコースではあります。

b0053082_324328.jpg

ということで、スタート。
まずは、旧天城トンネルを抜けていきます。
トンネルの中はひんやりと涼しい。
車が通るため、ゆっくりと走ります。
上司をうしろに、マイペースで走っていくT嬢。

b0053082_362620.jpg

トンネルを抜けて、逆側からの眺め。
紅葉の時期になり、レジャー客の車、徒歩の観光客なども多く、観光協会のみなさんが交通整理をされていました。

b0053082_3323050.jpg

当然、走っていると写真は撮れないもので。。。
わたしの雄姿をごらんにいれることはできないので、途中にあった川端康成の文学碑の写真などを。

b0053082_392164.jpg
b0053082_393327.jpg

途中、伊豆フィルムコミッションのケータリングによるコーヒーとお菓子のサービスも。
※毎日、行われるわけではありません。

b0053082_3284251.jpg

さらに、伊豆の踊子もご登場!
紅葉のシーズンやイベント時には、こんな踊り子たちと出会うチャンスもあるとのことなので楽しみですね。

本当に短いオフロード走行でしたが、
旧道の奥深い自然を一気に駆け抜け、かなりリフレッシュ。観光協会おすすめのコースもいくつかあるようなので、次回はじっくりと攻めてみたいと思います。



b0053082_3452556.jpg

再び、地元の案内人W氏と合流。
次にめざしたのは、こちら。

b0053082_3552444.jpg

天城名産、わさびを栽培するわさび田です。
わさび田は、数か所に点在していますが、W氏のとっておきのお薦めスポットがこの筏場です。
車を降りて、向かった先の風景には思わず声をあげてしまいました。
奥行のある棚田に、わさびが群生して圧巻。
今までにもわさび田は見たことがありますが、ここは確かにみごとです。すばらしい!

b0053082_46778.jpg

わさびの栽培に欠かせないのが清流。
勢いよく流れる清らかな水が、わさび田をうるおしていきます。

b0053082_484365.jpg

タンタンと音がするので、そちらを見ると収穫中の若い青年。
ジェットコースターのような電動トロッコが棚田の間を縫うように走り、収穫したわさびを運ぶ仕組み。おもしろい。

b0053082_4152524.jpg

収穫したばかりのわさびを見せていただきました。
根がついたままのわさびのみずみずしいこと。
このままスライスにして食べたい!

b0053082_417536.jpg

美しいわさび田を見ていたら、おいしいわさび漬けが食べたくなってきました。案内人W氏に、そういうと、
「じゃあ、一番、おすすめのお店に寄りましょう」。

連れてきてもらったのは、芳野屋さん。
わさび本来の味を極めるため、からしなどを一切、加えないまさに、正真正銘のわさび漬け。天城のわさびは根が紫色をしているため、こちらのわさび漬けもほんのり紫。ひと口、なめるとピリリとした爽やかな辛みが広がります。んまい!ちびちびと味わう、お酒のあてに最高です(笑)。

b0053082_43751.jpg

W氏が最後に連れていってくれたのが、修善寺の隠れた名瀑、旭滝。
高さ105m、六段に折落し、真東を向いているため朝日にきらめくときが最も美しいとこの名前が付けられたとのこと。尺八の名曲「滝落ちの曲」はこの滝によって誕生しました。
いたるところにある清流や滝の数々。
修善寺、天城は本当に水の恵みを受けた肥沃な場所ということを実感します。

b0053082_4282852.jpg

暮れゆく里山を見守るのは日本の名峰、富士。
たっぷりと遊んだ一日が、終わります。

さあ、そろそろ、お宿に向かいましょう。
富士の雄姿が見えるうちに。


b0053082_4482745.jpg

by naoko_terada | 2012-12-23 00:27 | 日本 | Trackback | Comments(2)
近場の癒しを求めて、伊豆・修善寺1泊、ミニトリップ!
b0053082_16121721.jpg

先月のことですが、錦秋の修善寺へ。

いつもは車で向かったのですが、今回は電車で。
まず、新幹線「こだま」で三島駅へ。
そこから、かわいいブルーのボディの伊豆箱根鉄道に乗り換え。
車掌さんがポーズをとってくれました。
手に持っているのは、忘れ物の傘。
そう、この日は前日まで雨模様だったのでした。

b0053082_16154884.jpg
b0053082_16155851.jpg

同行者と向かい合って、ガタンゴトンとローカルな気分の伊豆箱根鉄道に揺られて35分。修善寺駅に到着です。

b0053082_16254458.jpg

出迎えの方と合流して、まずは修善寺内の隠れたみどころスポットなどを散策。
最初に訪れたのは、ハリストス正教会顕栄聖堂。
メインストリートから一本脇の静かな通りにひっそりとありました。
明治45年に建てられたもので、静岡県の文化財に指定されています。
外観は洋風ですが、当時の大工たちが作ったものなので建築工法は日本式。持ち送り(軒下)のブドウの飾りは左官職人たちの技が活かされ、みごと。
残念ながら内部の見学はできませんでしたが、中には日露戦争時、旅順にあったロシア正教会からニコライ大司教に託され復元された聖器物などが保存されているそうです。

b0053082_16353984.jpg

観光客も少ない、静かな脇道をのんびりと歩いて向かったのは、やはりここ。
修善寺をつらぬく桂川の景勝。
河原にあるのが露天の温泉。
行脚中の弘法大師が、独鈷(仏具)で川の岩を打ち湧出させたといわれる修善寺温泉発祥の地。
昔は、囲いもなく、裸で浸かるおじいちゃんたちも見かけるのどかさでした。
ちなみに混浴です。

この頃から、青空が顔を見せ始めます。
いい兆候。

b0053082_16402267.jpg

そして独鈷の湯の目の前にあるのが、修禅寺です。
平安初期、大同二年(807年)、弘法大師が開創したと言われる名刹で、
伊豆八十八ヶ所霊場巡りの結願の札所です。

b0053082_1642458.jpg

今回、ゆっくり参拝しましたが、この寺は実に優美な装飾が施されています。
手水場の龍の口からはさすが、温泉が流れ落ち。
紅葉の艶めきと共に、みずみずしい空気感が漂います。

b0053082_1646861.jpg

もうひとつ、印象的だったのが日枝神社。
ちょっと見過ごしてしまいそうですが、石段を登って境内へ入るとむせかえるようなモイスチャーな緑。
マキ、ケヤキ、スギの見事な巨木がそびえ、県の天然記念物のイチイカシ、「めおと杉」と呼ばれる2本、寄り添ったスギの木などが陰影ある表情を見せています。

b0053082_16494763.jpg

参拝後は、地元に精通した頼りになる案内人の後に続き、修善寺さんぽ。
こんな民家の脇の通行道を抜けて、

b0053082_16533443.jpg

石段の道を進む。
ひゃあ、楽しい!

b0053082_1654789.jpg
b0053082_16543444.jpg

途中、竹細工のお店で実演を見て、
どこへ出るのか、小さな路地に迷い込み。
修善寺がこれほど、散策して楽しめる場所だとあらためて知りました。

b0053082_16562954.jpg
b0053082_16564179.jpg

修善寺に対面した位置にひっそりとあるのは、指月殿。北条政子が息子頼家の冥福を祈り菩提所として建立したもの。伊豆最古の木造建築といわれており、本尊の釈迦如来像は、禅宗式という珍しいお姿で、持物のないはずの釈迦像が、右手に蓮の花を持っているのが特徴です。

あ、脇にある金剛力士像は、ちょっとアダモちゃんチックで個人的にナイス!


b0053082_1782010.jpg

b0053082_1724460.jpg

観光客の流れにそって、桂川沿いの竹林の小経へ。
このときには、太陽も顔を出し、青空に。
晴れ間の中での風景は、やはり一段と美しい。

b0053082_1742870.jpg

紅葉と竹の緑のコントラストが鮮やか。
若い女性の観光客も多く、温泉街に華やかさとにぎわいを与えています。
※伊豆市観光協会修善寺支部では、浴衣・着物のレンタルをやっています。女性同士、カップルでぜひ!


b0053082_1791197.jpg

歩けば、お腹が空きます。
そろそろ、ランチの時間。
地元の通が勧めてくれたのは、あまご茶屋
天城の清冽な湧き水で育てられたあまごを堪能できるお店。
迷わず、あまごの漬け丼を注文。
特性のタレに漬けた大ぶりのアマゴの切り身に、黄金色のアマゴの卵が上に。
脂がたっぷりのっているもののくどさは皆無。
甘味があり、とてもおいしい。

ホントはビールをクイッといきたいところでしたが、我慢。

というのも、このあと、アドベンチャーな体験をする予定なのでした。
by naoko_terada | 2012-12-21 17:19 | 日本 | Trackback | Comments(0)
バリ島1泊3日弾丸!「ウブド クリーン&グリーン」に参加  DUA
b0053082_22555638.jpg

さて、翌朝。
雨を心配していましたが、驚くほどの晴天!
神々の島バリには、やっぱり奇跡がおこるものなのですね。

清掃は7:00スタートということなので、
我々は、宿泊しているロイヤル・ピタマハを6:30に出発。


今回の、「ウブド クリーン&グリーン」は、ウブド・ホテル協会の創立8周年を記念してのボランティア活動でした。
ウブド・ホテル協会はウブドのホテルの経営者、GMなどトップ陣たちによる非営利の団体。ホテル同士が情報を共有し、交流をうながすことでウブドの観光産業をけん引する存在になることを目的としています。


前日、ディナーの席で実行委員のひとり、ウブド・ホテル協会の会長のワヤンさんはこう、おっしゃっていました。

「今までは創立記念にパーティなどを行ってきましたが、もっとスペシャルな、ウブドのためになることをやろう、ということになったのです。ウブドはバリ島の観光の中心といってもいいような場所です。美しい棚田、自然があるウブドだから、多くの日本人の観光客の方が訪れてくれる。その魅力を私たちが守っていくことは大切です。そこで、清掃プロジェクトを立ち上げたのです」

たしかに、ウブドに限らず、バリ島の観光開発が進む中、ゴミ処理の問題はそのままという現状です。道を歩いていても落ちているゴミが気になることも少なくありません。何しろ、ゴミ箱というものがまず、ない。
分別などの課題もありますが、こうして地元の観光関係者が気づき、行動することでゴミ問題解決への第一歩になってくれればうれしいです。

b0053082_23392441.jpg

リゾートを出発して、まず、向かったのはプリルキサン美術館
ウブドを代表する、バリ・アートを収蔵した美術館です。
清掃活動は、ウブド・ホテル協会会員の約40のホテルが参加。王宮を中心に4方向から掃除をおこなっていくという計画に。そのスタートのひとつが、プリルキサン美術館だと、前夜、ダブルチェックしたのですが。

7:00前に美術館に行っても、誰もいない。。。。

待とうか、という話にもなったけれど、
そこはバリ、というかバリニーズたちのゆるさをよーく知っている我々。

「ここじゃないね」

ということで、清掃後の式典が行われる王宮横のワンティランと呼ばれる集会所に歩いて向かうことに。

すると、はい、やっぱり、みなさんこっちに集まってきていました。

b0053082_0482237.jpg

ちなみに、ウブドの観光名所、パサール(市場)はただいま工事中。
建物が古かったのできれいにするようです。代わりに離れた場所に臨時の市場が開設されているようですが、不便ということであまり人気がないよう。
市場のあの混沌とした雰囲気、きらいじゃなかったのですが建物の老朽化と混雑ぶりはこの数年、著しかったですものね。ウブドも年々、近代化が進んでいるようです。

b0053082_23594523.jpg

ワンティランにはウブド・ホテル協会の実行委員のみなさんも。
以前、取材にしたホテルのマネージャーたちも多く、わたしを見つけて、「来てくれたんですね。ありがうとございます!」と笑顔でかけよって握手。みんな、元気そうでなによりです。

b0053082_024440.jpg
b0053082_032272.jpg

ウブド周辺の6つの学校も、今回、プロジェクトに参加。
まず、生徒たちがワンティランのまわりの清掃をスタートしました。

b0053082_035987.jpg

それに続けとばかりに、威勢のいい参加チーム。
木刀持ってケンカにでもいきそうな感じですが、手に持っているのはゴミ拾いには欠かせないアイテム。ちりバサミ?で、いいのかな。木でできているところがバリぽいですね。

b0053082_071631.jpg

すでに四方向からの清掃はスタートしているらしい、ということで、
わたしたちはモンキーフォレスト通りの清掃チームに加わることに。王宮からモンキーフォレストに向けて歩いていくと、いました!

b0053082_0113347.jpg

参加ホテルごとに10名が参加しているとのこと。
全体では400名ほど。
コマネカ、バロン・リゾートなど、モンキーフォレスト通り界隈のホテルのスタッフたちが集合。これだけの参加者が、手に手にホウキを持ってゴミを集め、拾う姿は壮観です。

b0053082_0131262.jpg

ところで、どんなゴミが落ちているのか。
たとえば、これはテイクアウトの残骸かな。かつては紙袋に入れられていましたが最近はビニール袋が主流。このほか、ペットボトル、スナック菓子の袋なども多い。つまり、プラスティック製品がそのまま道に捨てられていることが問題なのですね。

Plastic is not Fantastic.

誰かが、こう言っていましたが、
まさに、そういうことです。

b0053082_0281670.jpg

モンキーフォレスト通りにある通称サッカー場前には小学校があり、子供たちは学校の中を清掃。制服がかわいいなぁ。女の子たちに、「チャンティック(かわいいねー)」と言うと、みんなニッコリで、「テレマカシ(ありがとう)」。

b0053082_03119.jpg

清掃された通りは、みごとにゴミひとつ落ちていません。
駐車する車もまだ少ないためもあり、すがすがしい光景です。
うーん、気持ちいい。

b0053082_033585.jpg

スタートから2時間、清掃チームが各ルートから集会所へと戻ってからは式典が始まりました。
最前列にはウブドのあるギャニャール県の代表、プリルキサン、アルマ、ブランコ、ルダナ、ネカといった美術館の代表。ウブドの名士たちです。

b0053082_047563.jpg

バリ島でイベントがあるとなれば、やはりこれ、歓迎のレゴンダンスから。

b0053082_0555435.jpg
b0053082_056748.jpg
b0053082_0564732.jpg
b0053082_0565912.jpg

ウブド・ホテル協会の会長、サマヤ・ウブドのワヤンさんのスピーチに始まり、今回のイベントの関係者たちのスピーチ。続いて、ウブドの文化振興と観光に尽力した各美術館へ感謝のトロフィーの授与。そして、ゴミ箱がなかったウブドに80個の分別式ゴミ箱の贈呈が。
↓コレ、ですね。オーガニックとは「燃えるもの」という意味。モンキーフォレスト前などに埋めるそうです。
b0053082_141986.jpg



b0053082_16061.jpg

で、この後がバリ島らしい、というか。
各ホテル協賛の抽選会がスタート。そして、朝だというのに今回のスポンサーのお酒メーカーによるカクテル・パフォーマンスがスタート。できあがったものはキャンギャルがおエライ方々に配っていきます。

b0053082_1111742.jpg
b0053082_111317.jpg

式典にはクリーンアップ・バリ!というボランティア活動をされている石橋さんも参加されていました。
石橋さんは、バリ島の子供たちにゴミを捨てないように楽しみながら意識を持ってもらおうとエコカルタを制作。学校などを訪問しながら啓蒙活動をされています。活動は寄付などでまかなわれているので、賛同される方はぜひ、サイトをごらんになりエコカルタを購入するか、ご寄附をお願いできればと思います。


b0053082_1212492.jpg

参加者として、わたしもサーティフィケートを頂戴しました。


空港も道路も、観光スポットもどんどん開発され、日々、変わっていくバリ島。
それもまた時代の流れというもの。ただ、バリらしさ、美しさだけは残していってほしいと切に願っています。そして、今回のようにホテルや観光関係者が率先して行ってほしい。

1泊3日の弾丸ツアー。
終わってみれば、イベント、知人たちとの再会など、とても充実した内容でした。

いつでも、バリ島のためなら喜んで駆けつけようと思う。

大好きな人、場所がある限り。



<おまけ>
b0053082_365980.jpg

午前中で、清掃イベントは終了。
フライトはこの日の深夜の成田便。
ホテルに戻り、のんびりスパを満喫してからレイトチェックアウトで夕方にホテルを出発。
知人とたっぷり会食を楽しんでから、余裕で空港に。

翌朝、気温3度という成田に無事、到着。
寒いっ!
我々のフライトが駐機したすぐ横に同じくガルーダ航空のジャカルタからの飛行機。
ダブル・ガルーダの雄姿。


行きは羽田、帰りは成田へ。
たとえば、金曜の深夜に出発して、月曜早朝着。
これなら土・日曜をフルに使えるので、1泊3日でも意外に楽しめるということが今回、判明。

こんな弾丸ツアーが出てきてもいいですね。
by naoko_terada | 2012-12-19 01:48 | トラベル | Trackback | Comments(0)
バリ島1泊3日弾丸!「ウブド クリーン&グリーン」に参加
b0053082_12145498.jpg

今年最後の海外は、バリ島になりました。
それも、1泊3日の弾丸取材。。。

目的は、ウブド・ホテル協会の創立8周年を記念した清掃プロジェクト、
ウブド クリーン&グリーンに参加するためでした。


羽田深夜発のガルーダ航空のフライトは初めて。
バリ島到着は、7:30。
早朝のバリ島は、聖峰アグン山、アバン山、バトゥール山の
みごとな稜線の重なりを眺めつつのランディング。
メロウな光の夕方の到着もいいですが、
朝のすがすがしいきらめきの中のバリ島もとても美しい。

b0053082_12195925.jpg

ところで、バリ島のングラライ空港はただいま、工事中。
来年のAPECがバリ島で開催されるため、それまでに最新スペックの空港になるべくアンダー・コンストラクション。送迎車が到着・出発ターミナル目の前まで行けないといった不便が生じています。今後、またいろいろと変わることも出てくることでしょう。

b0053082_12242117.jpg

さらに、このところ大渋滞が問題だったDFSギャラリア前のシンパンシウールと呼ばれるバイパス・ジャンクションも地下道路を作るため一大工事中。
夜中にやればいいものを、真昼間に行っているため、当然、恐ろしいほどの渋滞を引き起こしています。ということで、しばらくは空港への移動などは早めにしたほうが賢明です。

b0053082_12293396.jpg

まだ早いので、ウブドに移動する前に、前日にオープンしたばかりの、
シェラトン・バリ・クタ・リゾートを訪問。
お部屋は見られませんでしたが、レストラン、プール、ルーフトップなどを見せていただきました。
すぐ隣が、新しくできたショッピングコンプレックス「ビーチウォーク」なので、これからクタの中心的存在になりそうです。

お世話になった方のオフィスにうかがい、
あれこれとおしゃべりしていたら、あらら、すでに11時近く。
ということで、そのままちょっと早いランチを、ということで地元ご用達のバリ・ベーカリーへ。やっぱり、あそこはなごみますね。



b0053082_1557585.jpg

ゆっくりランチを終えて、ウブドへやっと移動。

1泊3日の弾丸アーということで、主催者さんのご配慮。
貴重なウブドステイは、なんとロイヤル・ピタマハ
ウブドのスカワティ王家が所有する高級リゾートです。
うれしー。
コンテンポラリーなデザイン系リゾートが急増するなか、
伝統的なバリニーズスタイルのヴィラは、どこかほっとなごみます。
バリ島は、やっぱりこうじゃなくっちゃね。

b0053082_16242642.jpg

b0053082_16245337.jpg

結局、入る時間はありませんでしたが(涙)、プールヴィラをいただきました。
外には、こんな贅沢な広さのプールと、ウブドの肥沃な熱帯の風景。
渓谷の高みにあるプールの先をのぞくと。。。

b0053082_1626232.jpg

それこそが、ロイヤル・ピタマハの真骨頂。
谷底にアユン川にそった所有地が広がるドラマチックな眺望。
ここには湧き水をたたえた池があり、聖なる場所としても有名。
ラフティングのゴムボートが嬌声をあげながら、アユン川を下っていくのも見えます。



b0053082_1633978.jpg

そして夕方、関係者とおちあって、向かったのがサマヤ・ウブド
翌日に行われる「ウブド クリーン&グリーン」を主催する、ウブド・ホテル協会の現会長ワヤン氏がホテル・マネージャーを務めています。夕食を共にしながら、インタビュー。

b0053082_16391448.jpg

b0053082_16392856.jpg

この夜は、バリ島でのお祝い時などにいただくリスタフェルというバリ料理があるというので、全員、迷わずチョイス。暗いので、きちんと撮れていませんが、ブルングバリ(バリ風海藻サラダ)、ヤングパパイアとエビのスープ、口直しのソルベと続き、サテ、ラワール・パク(野菜のつけあわせ)、ベベック・ベトゥトゥ(アヒル料理)、べアワン・サンバルマタ(ツナのスパイス添え)といった料理の盛り合わせがどーんと登場。三角に盛られたナシ(ごはん)は、おイモ入り。

そして、このレストランがかなり美味しいことに感激!
伝統的な料理ばかりですが、非常に繊細な味に仕上がっていてシェフの技量を感じさせます。きっとほかのメニューもおいしいだろうと思わせて、期待できそう。
また、来訪したい1件にリスト入りです。

お伴は、最近、にわかに美味しくなってきたバリ島産のワインをチョイス。飲み比べましたが、ハッテン・ワインのTwo Islandがなかなかいけるということで満場一致(笑)。
かつてのハッテン・ワインはあまり好みではありませんでしたが、Two Islandは豪州・南オーストラリアのブドウを使用。しっかりドライで、料理にもあいます。

インドネシアは輸入アルコールの関税が高いため、気軽にシャンパンやワインを開ける気になれないところがありました。でも、ハッテン・ワインなら国産となるため、今までの半額程度でオーダー可能。これからは、ダイニングシーンに欠かせない存在になりそうです。


夕方になると雨が降るバリ島。

翌日のイベント時には、絶対、晴れてほしい。
そんな我々の願いをバリ島の神さまたちに届けつつ、しばらくぶりに会った友人、知人たちと一緒に、しっとり艶やかなウブドの夜を満喫。
それにしても、ガルーダの羽田深夜発、バリ島早朝着のフライトは1日がたっぷり使えていいですね。9時過ぎからぐっとすごくなる渋滞の前に、ウブドや北部まで一気に移動できるメリットもあります。


と、そんなこんなで、まだ初日とは思えないディープな1日が終わっていきました。

<続く>
by naoko_terada | 2012-12-17 17:10 | トラベル | Trackback | Comments(0)
クレア 「2013年は癒しのご褒美旅へ 私を変える週末旅!!」

b0053082_065735.jpg

女子旅

おひとりさま

リセット

プチ旅行


このところ、こういったキーワードの旅に注目が集まっているように思います。

そこで、クレア1月号は、「2013年は癒しのご褒美旅へ 私を変える週末旅!!」が特集。

式年遷宮を迎える伊勢神宮、金沢、倉敷、沖縄、軽井沢、
海外は、今、勢いに乗るシンガポールを徹底検証。
加えて、リアルプライスが女子の旅気分に響く、温泉宿、ホテルを網羅。
女性の大好物のラインナップが充実。

わたしは、「週末でも1万円台で泊まれてしまう宿」の選者のひとりとして、2軒ほどレコメンドさせていただきました。

温泉ジャーナリスト、フォトグラファー、ライターなどさすがの目利きたちがリストアップしただけあり、コスパなお宿ばかり。
さっそくの週末旅に役立つこと間違いなし。
ぜひ、ご活用くださいませ。


この企画用にあれこれと宿の価格を
オンラインでチェックしながら思ったのですが(これが仕事ながら、とっても楽しい。笑)、
最近は、正規料金を設けずに稼働率にあわせて毎日、料金を微調整するところも出てきている、ということ。
空いている客室は何ら、収益を生みませんから、多少、安くしても集客したい。海外のホテルでは一般となっているこの変動制が、国内の旅館などにも広まってきているようです。
今回の企画のように、「週末でも1万円台」というお宿でも、日によって1万円以上の場合もあれば、空いていればグッとお得な料金になる可能性も出てきそう。
オンラインのこういった予約体系は今後、さらに増えていくことと思います。

というわけで、クレアの今号などを参考にしつつ、最後はご自分で検索し、比較検討することがより、賢く旅行を楽しむコツになりそうです。


それにしても、ホテルや宿の検索といった旅の情報探しって、
どうしてあんなにときめくのでしょうか。
特に真夜中。

旅の醍醐味の一部ですね。


2012年のお疲れと、2013年へのリチャージに。
週末旅へ!
by naoko_terada | 2012-12-07 00:39 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
ダイナースカード シグネチャー 「美食王国、山口」

b0053082_9535038.jpg

ダイナースカード会員誌、「シグネチャー」最新号の特集は、「美食王国、山口」。
この数年、何度も通っている山口の知られざる食の魅力をご紹介しています。

名産の「ふく(山口では福にあやかり、ふぐをこう呼びます)」はもちろん、
フレンチ、江戸前寿司、イカの活き造りなど、旬の美食を厳選。
この冬、ぜひ訪れていただきたい温泉自慢の名宿も登場です。

書店売りされないので、すべての方に読んでいただけないのが恐縮ですが、
お手元に送られてきましたら、どうぞ、ページをめくってみていただければと思います。
撮影は、多方面でご活躍される五十嵐隆裕さん。
リリカルでしたたるような、シズル感あふれる氏の写真をたっぷりと盛り込み、
山口の食の豊かさを感じとっていただけると思います。


12月13日には、岩国錦帯橋空港も開港、山口への旅のゲートウェイが増えます。

ぜひ、この冬は美食探訪で、
おいでませ、山口へ。
by naoko_terada | 2012-12-02 10:11 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム