ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
サンフランシスコ散策と、ゴールデンゲートブリッジツアーを体験
b0053082_546280.jpg

カリフォルニア取材最終スポット、ヒルトン・サンフランシスコ・ユニオンスクエア滞在はわずか、1泊。
まずは、市内散策といきます。
ホテルのエントランスには、こんなポイントを示した地図が掲げられていました。
碁盤の目のように通りが交差するサンフランシスコでは、ホテルを出てまずは、どっちに行けばいいのか。とっさに判断できないので、これはとても役立ちます。

b0053082_5471593.jpg
b0053082_5462750.jpg

ホテルエントランスから歩いてすぐの場所が、ユニオンスクエア。
SF(サンフランシスコ)のダウンタウンきっての観光スポットで、高級デパートのサックスフィフスアベニュー、ニーマン・マーカスをはじめ、プチプラファッションのH&Mから、グッチ、プラダといったハイブランドまで並ぶショッピング天国でもあります。

b0053082_6392430.jpg

周囲には歴史的な建物も多く、
上記左は、1928年創業の老舗、サー・ドレイク・ホテルの印象的な外観。手前はサックスフィフスアベニューの建物。右の写真は、ユニオンスクエアの中心に立つ戦勝記念像。

b0053082_6514299.jpg

そして、SFといえば、もちろんケーブルカー。
急こう配の坂道を縦横に走り抜く名物は、観光客に大人気ですが、ローカルの足としても活躍。こんな感じでつかまり乗りするスタイルが爽快です。

b0053082_6591442.jpg

b0053082_78673.jpg

b0053082_7105682.jpg

ケーブルカーに乗り込めば、坂道をアップダウンしながら、絶景の景色を満喫することができます。
それにしても、本当に坂道の街ですね。
日常で歩いてまわれば、健脚になりそうです。笑

途中、チャイナタウンを通り抜け、向かったのは。

b0053082_7102583.jpg

フィッシャーマンズワーフ。
開放的な港の風情と、観光客向けのレストランやショップが集まった人気スポット。
沖合には観光クルーズの船が見え、『ザ・ロック』など映画の舞台になった監獄島アルカトラズものぞめます。
ワーフには、名物ゆでたてのダンジネスクラブや、サワードウと呼ばれるパンを食べさせる屋台や店が並び、観光客でおおにぎわい。カニは1ポンド(約450g)で13~14ドル(約1000円)ほど。

b0053082_7175358.jpg

気持ちがとろけるような快晴の港を、のんびりと散策。
海へと延びる埠頭からふりかえると、楽しそうなレジャー客とその背景には、圧倒的な存在感の坂道。サンフランシスコの心象を焼きつけます。


b0053082_17152298.jpg

帰りも、もちろんケーブルカーで。
終着基点では車掌たちがこうして手動でぐるりと回転させて、位置を変えます。
運転、停止もすべて手動。
こういったアナログさが、懐かしくもあり、風情です。



b0053082_17173145.jpg

いったん、ホテルに戻り、夕方近く最後のアクティビティに出発。
時間的に帰宅ラッシュ。
渋滞の車が通りぬけようとするのは...。

b0053082_1738372.jpg

はい、こちら。
ゴールデンゲートブリッジです。

b0053082_17261063.jpg
b0053082_17261287.jpg
b0053082_17263915.jpg

ゴールデンゲートブリッジは、国立公園になっています。
今年は誕生から75周年ということで、さまざまなイベントが行われていました。

b0053082_17312331.jpg

そして、75周年という記念すべき今年、スタートしたのが公園のレンジャーによるオフィシャルガイドツアー。45~60分ほどのウォーキングツアーで、ガイドによる解説を聞きながら橋を歩きます。

b0053082_17422340.jpg

橋を歩いて渡るのは、初めて。
あらためて、その巨大さに感じ入ります。
赤く塗られたケーブルと鋼鉄の塔が頭上高くまで、そびえ立ちます。
ちなみに日本の瀬戸大橋とは姉妹関係らしいです。

b0053082_17443550.jpg

橋の長さは、全長2737メートル。
各タワーは2万1500トンの鉄鋼を使用し、総重量は4万4000トン。それが6万1500トンにのぼる道路部分をケーブルを使って支えています。

b0053082_17544179.jpg

歩行用通路ですが、自転車でわたることも可能。
また、1937年の完成から自殺の名所としても知られています。そのため、ブリッジパトロールが巡回しています。

このガイドツアー、料金は大人12.95ドル、6~17歳のこどもと62歳以上のシニアは9.95ドル。5歳以下は無料。冬場は強風や荒れた天候が多いためお休みとなります。
来年、暖かくなった頃に再開される予定ですので、ぜひ、体験してみてください。

75歳の美しい橋に敬意を表しつつ、ガイドの解説を聞きながらウォーキング。
これにて、カリフォルニア西海岸の旅は終了。
心地いい、ファイナルとなりました。


感謝。

b0053082_1865645.jpg

by naoko_terada | 2012-11-26 05:44 | トラベル | Trackback | Comments(0)
サンフランシスコ観光の拠点は、こんなところで
b0053082_0511054.jpg

こちらの続きです。

ソノマから、車でサンフランシスコ(SF)に移動。
名物ゴールデンゲートブリッジを渡り、ダウンタウンへ。

サンフランシスコといえば、ご存知、坂道の街。
この風景は、やはり印象的です。

b0053082_11473.jpg

よ~く見ると、車が縦列ではなく、横列駐車。
あまりにも急な勾配のためのルールです。
すごい。

b0053082_1111618.jpg

実は、上の眺めは、部屋からのもの。
今回のツアー最後のステイ先、ヒルトン・サンフランシスコ・ユニオンスクエアです。
名前のとおり、サンフランシスコの観光の中心ともいえる、
ユニオンスクエアから歩いて数分というロケーション。

b0053082_294949.jpg

1900室超えという、SF最大級の規模のホテルなので、
レセプションも、圧巻のロングカウンター。
観光客、ビジネスマン、エアラインクルーと終日、チェックイン&チェックアウトのゲストでにぎわいます。

b0053082_222644.jpg

b0053082_2293388.jpg

これは、私が滞在した部屋。
2008年の改装後、モダンな印象のデザイン性のある雰囲気になっています。
広いスペースにカウチスタイルのソファとオットマン。
眺望は、上記の写真そのままにSFの街並みと高層ビル群をのぞみます。

b0053082_2315978.jpg

ベッドは、全米売上No.1というサータ社による、ヒルトンオリジナルの、「ヒルトン・セレニティ・ベッド」。スイートドリームマットレス、羽毛のコンフォーターと枕、250スレッドのシーツと、極上の眠りを追及した仕様。確かに快適な眠り心地でした。

b0053082_2385167.jpg
b0053082_239534.jpg

ベッドサイドテーブルの上には、こんな茶色の紙袋。
リサイクルをうながすメッセージが印刷され、ここに回収可能な紙、ボトル、缶類を入れる仕組み。
こういうことをキッパリと行うところが、アメリカらしくて好きです。

さらに、水の使用量の削減のためのメッセージカード。
ヒルトンでは、滞在中、4日に一度のリネン換えを行うのがスタンダードということで、このカードを朝、枕の上に置いておくとその都度、リネンを取り換えてくれます。

b0053082_31526.jpg
b0053082_323542.jpg

バスルームはコンパクト。
アメニティは、ピーター・トーマス・ロス。
バスタブがない部屋でしたが、忙しいエグゼクティブたち向けでしょうか。わたしもシャワーだけで問題ないほうなので気になりませんが、バスタブがマストな方は予約時に確認したほうがいいですね。

b0053082_39627.jpg
b0053082_393558.jpg
b0053082_393497.jpg

他の客室も見せていただきました。
トリプルは、簡易ベッドを入れるのではなく、3つとも備え置きというのが公平でうれしい。
また、落ち着いた感じのクラシックエレガンスな客室もあり、こちらはご年配の方などにいいかと思います。

b0053082_3315829.jpg

客室に囲まれた空間には、こんなプールも。
ジャクジーも備わっています。

b0053082_3354015.jpg
b0053082_336918.jpg
b0053082_336572.jpg

帰国前、とっても役にたったのが、こちら。
オンラインチェックイン&ボーディングパスの印刷ができるすぐれモノ!
各エアライン対応で、名前と予約番号を入力してチェックインすれば、その場でスルスルとボーディングがプリントアウトされます。
利用は無料で、ロビーエリア周辺に3台設置。
オンラインチェックイン以外にもマップ検索、天気予報など、さまざまなインフォメーションを無料で入手可能。有料であれば、インターネットやメールもできるよう。
実に便利でした。

こういったスマートなサービスを導入しながら、老舗らしいファミリーライクなゲストへの対応も継承。
そんなところが、ヒルトンの魅力ですね。

b0053082_3471173.jpg

by naoko_terada | 2012-11-24 04:02 | トラベル | Trackback | Comments(0)
クリスマスに。あの人が選んだ、「特別な」ロクシタンギフト

b0053082_9591772.jpg

                                   写真提供/ロクシタン


南仏プロヴァンスの大人気プロダクト、ロクシタンによる、
オンライン限定のクリスマス企画「あの人のキラキラ ギフトセレクション」が登場。

4人のセレクターによる、ロクシタン製品とこだわりのアイテムのセットは、
大好きな誰かに、あるいは自分へのごほうびに。
香りとハートフルな気持ちを届けるラインアップになっています。


b0053082_101294.jpg

                                   写真提供/ロクシタン


わたしも、その中でとっておきのギフトをご提案させていただきました。
選んだのは、ローズ ソリッドパフューム&オーナメントの組み合わせ。
クリスマスギフトらしい気分と、旅先でも愛用してもらえるもの、ということを考えてセレクトしてみました。
お値段も、おさえめでがんばりました♪

「香り」は旅を印象付けるとても大きな要素です。
また、愛らしいオーナメントは、ヨーロッパの錫細工職人が一つ一つ手造りしたもの。
クリスマスツリーのオーナメントとして飾ってもいいですし、ペンダントとして旅のお伴にしていただくのもお薦めです。


ほか、3人のセレクターのギフトも、どれもキュート。

クリスマスギフトに、ぜひ、ご利用いただけたらハッピーです。
by naoko_terada | 2012-11-08 10:20 | 掲載メディア | Trackback | Comments(1)
熊本・天草 倉岳町 宮田の秋祭りは快晴なり
b0053082_19305445.jpg

御夜の翌日、
午後から、秋祭りの本番がはじまりました。

まずは、昨晩、みこしが運ばれた八幡神社へ。

b0053082_19334444.jpg

小さな神社は、すでにおおぜいの人たちが集まり、華やか。
昨日は、普段着で練習していた子供たちも、あでやかに正装。
祭りらしい、ハレの雰囲気に満ちあふれています。

b0053082_19495890.jpg

太鼓と笛の奉納がのんびりと、スタート。

b0053082_19442994.jpg

おもしろいのは、稚児の正装をした子供たちの背中に、ご祝儀の御花がぶらさがっていること。これが、昔からの習慣だそうです。
近くの親御さんに、「おいくら入れるものなのですか?」と、うかがったら、
ご祝儀もあるので1000円かな、という答え。
子供たちにとっては、ちょっとしたお小遣い稼ぎですね。
昨日、ご挨拶させていただいた、十五社神社の宮司さまも凛々しい正装でポーズをとってくださいました。

b0053082_1953531.jpg

音楽の奉納が終わると、
昨晩から捧げられた供物を、男衆たちが持ち出しはじめました。
八幡神社の宮司さんも、そでから子供たちへの御花を取り出して、わたしています。

b0053082_2005630.jpg

まず、待機していた槍持ちが神社を出発、石段を下っていきます。
これが、急なんです。

b0053082_2041128.jpg

b0053082_2043713.jpg

十五社神社のみこしが、本殿から進みます。
また、ここに来るのは一年後。

b0053082_20174126.jpg

そして、おごそかに八幡神社のみこしが担ぎ出されます。

b0053082_20184530.jpg

あれれ、途中でつかえてしまいました。
十五社神社のみこしよりも、ひとまわり大きく、数倍の重さというこちら。
ご無礼を許していただき、ヨイショと上に乗る男衆。

b0053082_20234037.jpg

無事、調整したようで、のっしとみこしがお出ましに。

b0053082_20262452.jpg

男衆に大切にかつがれて、一段、一段、神さまが下りていく。

b0053082_20393347.jpg

獅子舞い、お囃子などを先頭に。
玉串で水をかけていただき、清めていただきながら、みこしが来るのを出迎えます。
子供みこしや、お神酒を交わす姿も。
わたしも、写真を撮っていたら、
「はい、お客さん、どうぞ!」と声をかけていただき、一献、頂戴。


b0053082_20302341.jpg
b0053082_20304642.jpg

町内を練り歩きはじめると、
代わるがわる、地元のみなさんが、お賽銭を投げいれてはみこしを止めて、その下をくぐります。
こうすると、無病息災のご利益があるとされているからですね。
おばあちゃんも、お父さんも、車いすの人も。
くぐった後は、深々と手をあわせる。

b0053082_20491885.jpg

獅子舞いに、噛んでもらうことも無病息災につながると、頭を差し出す。

b0053082_20525393.jpg

やがて、二つのみこしは、町内の宮田小学校の校庭へ運ばれ、
グランドの中央に鎮座。

かつて、みこしは海に持ち出されて奉納されていましたが、
防波堤ができ、浜辺がなくなったことで今は小学校を舞台に神事を行います。

b0053082_20593767.jpg
b0053082_210505.jpg

日差しの中で、きらめくみこしは厳かで美しいものです。
快晴の秋の空に、宮司による祝詞が響きます。

b0053082_2135356.jpg

そして、祭りのハイライト、二対、四頭の獅子舞いが奉納されます。
四頭での舞いを見るのは、初めて。
迫力満点です。

b0053082_214277.jpg

暴れまわっていた獅子を、稚児たちが手なづけるという内容。
昨日、夕方まで神社で練習をしていた子供たち、獅子たちの晴れ舞台です。

b0053082_2114123.jpg

近づいてきた獅子に、泣き叫ぶ子供たち。
たくさん泣いて、大きく、元気になれ、と願う親、祖父母、大人たちは満面の笑顔。

b0053082_2119199.jpg

舞いのフィナーレは、獅子に乗って去る、稚児たち。
大きな拍手と共に、宮田の秋祭りが終わります。
この後、二つのみこしは、ゆっくりとそれぞれの神社に戻っていきます。


b0053082_2120714.jpg

b0053082_21245082.jpg


ご縁があって、訪れた倉岳町で、
こういった昔から続く祭りを見る機会をいただいたことを、本当に感謝。
地元の方が伝え、守ってきたものを、さらに継承すること。
とても、大切なことだと感じました。

続けていかないと、はかなく、消え去ってしまうものは多い。
地方に限らず、都会でもそう。



日本の美しさは、心の中だけで守るものではないのですよね。


b0053082_21283755.jpg

by naoko_terada | 2012-11-05 01:55 | 日本 | Trackback | Comments(0)
関空でファッションイベント アジアとつながる"SAKURA COLLECTION in KANSAI"開催!

b0053082_4362843.jpg


2012年11月17(土)18日(日)の2日間、
関西国際空港のイベント広場にてアジア文化交流、若手クリエイター育成、日本観光プロモーションを目的とした、ファッションイベント「SAKURA COLLECTION in KANSAI」が開催されます。
※公式フェイスブックは、こちら

このイベントは、日本の伝統的な職人技、素材とアジア各国とのデザイナー、モデル、若手ファッショニスタたちとのコミュニケーション&コラボレーションを通じて新たな文化発信、相互交流をうながすことを目的にしています。

アジア6ヶ国のトップデザイナーが日本の老舗企業から提供された伝統的な和素材を使い、「アジアから見た日本」をテーマにオリジナル作品を制作、アジア各国のトップモデル、有名女優が着用し18日のファッションショーにて発表。日本の伝統的な職人技がアジア各国のクリエーションを通して新たな形で発信されます。
さらに、「日本の伝統」に新しい感性を融合、「Re‐Discover Japan」をテーマに国内外の学生から公募した作品発表と着物の歴史ショーも開催。
京都の老舗による和小物展示ブースも二日間にわたり出店、関西空港初の職人フェアも同時開催されます。

イベント終了翌日からは、来日したアジア諸国のデザイナー、モデル、メディア参加による関西観光モニターツアーを開催し、参加者のブログ、Facebook等にて関西の魅力がアジア各国に発信されます。

11月19日には、関連イベントとして、京都に舞台を変えて、「アジアデザインカンファレンス2012 in 京都」をハイアット リージェンシー京都で開催。
トークセッション、参加者との交流会&ミニファッションショーが行われます。
こちらは予約制で、第一部、第二部共に定員60名。デザイン、ファッションに興味がある方、アジアとのビジネス、文化交流を考えている方などにぜひ、参加していただきたい魅力的な内容です。


関空でのイベント、京都でのカンファレンスに参加されるのは、アジアを代表するトップデザイナー、トレンドのインフルエンサーであるカリスマモデル、女優のみなさんです。


<デザイナー>
Si Hoang
ベトナムを代表する重鎮。アオザイのコレクションには高い定評あり。

★Sukmawati Nita Lestari 氏
京都と姉妹都市であるインドネシア・ジョクジャカルタを拠点に国内外で活躍するバティックデザイナー。京都高蔵染と京都さくら提供の素材によるオリジナルドレスを発表予定。

Lai Chan
シンガポールから。老舗ラッフルズホテルアーケードにブティックを持つ人気デザイナー。

★Lin Heng Cheng 氏
台湾から。アメリカ・台湾で活躍する舞台衣装デザイナー、大学教授も務める。映画や演劇の衣装をデザインし、数々の受賞歴を誇る実力派。



<モデル・女優>
Pattie-Ungsumalynn Sirapatsakmetha さん
タイからは人気女優のパティさんが参加。2010年沖縄国際映画祭で上映された「BTSーBankok T」に主演するなど、タイ国内のみならずアジア各国でも活躍している若手人気女優さんで、日系菓子メーカーCMなどにも出演し、TwitterやFacebookのフォロワーは40万人超え。

★Tang Ying Yingさん
シンガポールの人気モデルで、The Supermodel Asian Beauty contest2011のグランプリ受賞者。シンガポール国内だけではなく、パリやミラノなどでも活躍。

★Eleen Yongさん
マレーシアの人気モデル。国内のコレクションをはじめ、雑誌などでも活躍。昨年実施されたThe Supermodel Asian beauty contest2011のグランプリ大会で訪日した際には、被災地の福島を訪問、子供達に手書きのメッセージを贈った親日家。

★Truc Diemさん
ベトナム出身。昨年のミスインターナショナルベトナム代表であり、モデルだけでなく女優として幅広く活躍。




大阪、京都にいらっしゃる、みなさん、
ぜひ、ご参加ください。
このイベントを通じて、アジアの今を、感じてみてはいかがでしょうか。

お待ちします!!
by naoko_terada | 2012-11-03 04:16 | 日本 | Trackback | Comments(1)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム