ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
<   2011年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
UOMOで宮城県応援記事!~仙台、松島、塩竈~
b0053082_2351828.jpg

男性誌「UOMO」連載中の「わがままコンシェルジュ」内の「話題の旅トピック」。
発売中の8月号で、宮城県の観光応援記事を執筆いたしました。

表紙は、ワオ!
「JIN-仁」で、豪快な龍馬役が話題になった内野聖陽さんじゃないですか。
作務衣かと思ったらデニム。
(ドルチェ&ガッバーナのジャケットでした。。。失礼!)



仙台取材は5月末。

震災後、再開を果たした東北初のインターナショナルなラグジュアリーホテルブランド、
ウェスティンホテル仙台を拠点に、仙台松島塩竈を取材。
初日は雨の降る天候でしたが、
新緑の生命力あふれる仙台の街並みは美しく、心洗われる思いでした。

偶然にも取材時、ミシュラン観光ガイドで星をもらう観光名所、
松島を含む東塩釜~高城町間の仙石線運行が再開。
観光再開への第一歩となるべく、我々も乗車。

b0053082_029461.jpg

これは、松島の隠れた名刹、円通院の庭園。
東北の遅い春をおもわせる、芽吹いたばかりの萌黄色から、常緑の深い緑のグラデーションの美しいこと。はじっこでのけぞるように写真を撮っているのは、友人でもある写真家の山口規子さん
彼女もこの作庭のみごとさに感心しまくり。

b0053082_0421895.jpg

円通院には不思議がいっぱいあります。

庭園の奥には西洋風のバラ園。
境内の奥にある、国指定重要文化財の三慧殿(さんけいでん)は、伊達正宗公の孫にあたる光宗をまつる霊廟で、厨子にはこれもバラの絵のほかに、水仙、ハート柄などの西洋風のモチーフの意匠が。
バラの花はローマを、水仙はフィレンツェを表すとされ、伊達正宗の家臣で慶長遣欧使節団をひきいてヨーロッパへわたった支倉常長(はせくらつねなが)が彼の地を訪れた証とされています。

松島は、ミシュランのグリーンガイドで堂々の三つ星。
この円通院は、二つ星に。
境内ではパワーストーンの数珠作りもあり、わたしたちは時間がなかったのであきらめましたが、次回はぜひ、体験したいと思いました。
副住職は、地元では有名なとってもキュートな美貌の持ち主。
彼女は、松島の観光にも尽力する次世代ツーリズムを支える若手でもあります。



そして、取材先のひとつ、松島佐勘 松庵さんへ。

こちらも、本当にすばらしいお宿でした。
取材当日は、京都県警のみなさんが復旧作業に従事するため宿泊されていましたが、その方たちもこの日、京都に戻られるとのこと。
松庵さんだけでなく、被災地周辺の多くの旅館、ホテルが災害支援組織、避難の方などを受け入れていられます。
そういった状況も、震災から三ヶ月が過ぎて、いつものように観光でいらっしゃる方をお迎えする動きが出てきています。

b0053082_1142476.jpg

松庵では、撮影後、大変おいしい昼食をごちそうになりました。

あいにくの曇り空ではありましたが、松島の水平線を借景に味わう、心のこもった食事。
何もしないでゆっくりとくつろぎたい、と思わせる静謐さある空間が印象的でした。


また、「寿司の町」塩竈では地元でも知られる人気店へ。

いやぁ、ここも本当に美味しかった!
詳細はUOMO本誌で見ていただくとして、味は人、ということをしみじみと感じさせる職人のみなさん。店やご自宅が浸水した中で、GW前には営業再開をしたところも多く、その心意気に心打たれます。「こんなときに来ていただき、ありがとうございます」と快活に笑うご主人の笑顔に救われる我々、取材班。
こちらこそ、本当にお世話になりました。


最後に、感謝したいのはこの取材を敢行したUOMO編集部の英断。
企画の話が出たのが5月中旬。
まだまだ混沌とした状態で、はたしてこういう観光情報を掲載してもいいのかどうか。
センシティブな問題も含めているため、難しい判断だったかと思います。
進めてくださった、T副編集長、S編集者。
また、仙台在住で今回の取材に尽力してくださった、Aさん。
地元の隠れ家スポットなど情報提供をしてくださった、M氏。
ありがとうございます。


取材時、震災被害の大きかった地区も訪れました。
でも、その写真はここでは掲載しません。
わたしの心の中に刻んでおきます。


7月16日、17日には仙台で東北を代表する祭りが集結した東北六魂祭が開催されます。

この両日、青森ねぶた祭、秋田竿燈まつり、盛岡さんさ踊り、山形花笠まつり、
仙台七夕まつり、福島わらじまつりの東北6大祭りが一挙に花開きます。


余震、放射能。
観光に行くことを心配する問題はあります。
行くか、行かないか。
決めるのはひとりひとり。

その中で、わたしは、観光を通じて一歩を踏みだそうとする人、場所を応援していきます。
可能なかぎり、観光復興を始めたところへ旅をしようと思っています。
観光で日本を元気にするための情報を提供していきます。

そんな思いを記事に込めました。

ぜひ、UOMOの記事をお読みいただきたいと願います。
by naoko_terada | 2011-06-24 22:59 | 東北応援! | Trackback | Comments(0)
週刊文春 「今週のBEST10 ホテルで食べたい絶品グルメ」
b0053082_0402237.jpg

現在、発売中の週刊文春の人気企画のひとつ、「今週のBEST10」。

今回、知り合いのライターのSさんからご紹介していただき、選者のひとりとして「ホテルで食べたい絶品グルメ」の紹介をさせていただきました。


一位は、やっぱり、と思わせるアレ。
ほかの選者の方のレコメンドする逸品もそそられるものばかりです。


本日、下船しリスボンに2泊。
帰りはヒースロー経由で成田へ。


そろそろ日本の味が恋しくなってきました。
by naoko_terada | 2011-06-18 00:39 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
究極のトラベルアイテム “GENELEC TANAKA MODEL”


b0053082_1875566.jpg

シルバーシー・クルーズの大きな魅力はなんといっても滞在する客室の快適さ。
今回はミッドシップベランダというベランダ付きの部屋ですが、
これがもう、最高に快適。
ベッドのあるスペースに加えてリビングエリア、ウォークインクローゼット、そしてベランダ。バスルームにもシャワーブースと別にバスタブがあるのが嬉しい。
アメニティはブルガリ。
日本人ゲストに人気のカテゴリーというのも納得です。

b0053082_1893314.jpg

そのラグジュアリーな客室でただいま聴いているのが、今回のクルーズのために日本から持ってきた究極のトラベラーズツール。GENELEC TANAKA MODEL
重さ、わずか620グラムの高性能スピーカーです。
写真で見てもらえばわかりますが、大きさもコンパクト。
持ち運ぶための専用バッグがあり、脚台とスピーカーは切り離し可能。台の中にスピーカーを収納できるデザインになっているためスーツケースに入れても問題ありませんでした。

驚くのはその音質。
i-podなどから直接、音源を取り込み再現した音の奥深さ、広がり。
さすが、世界最高峰の音響ブランド、フィンランド・ジェネレック社ならでは。
今回のクルーズ用にいろいろなお気に入りをダウンロードしてきました。
今、聴いているのはサラ・ブライトマン。
ベタですね(笑)

移動が多く、忙しい取材スケジュールの場合、荷物は最小限にしぼりこみます。
スーツケースも機内持ち込みが可能なサイズがスタンダード。
でも、クルーズはまったくその逆。
一番、大きなスーツケースにとにかくお気に入りのドレス、靴、帽子、カバンなどを詰め込みます。加えて未読の小説、さらに音楽は必需品。
客室にもi-podのステーションがありますが、音質まではさすがに期待できません。

窓を開け、ベランダからの心地よい地中海の潮風を受けながら、上質の音楽を聴く幸せ。こんなゆったりとした時間は、本当に久しぶりです。

このTANAKA MODEL。1000台限定のリミテッドアイテムで、すべてにシリアルナンバー付き。わたしのは、086/999。
お値段はちょっと高いですが、音を聴けば納得するクオリティ。
次回は、バリ島のヴィラにでも持ち込んでみたいとひそかに考えています。



なくても困らないけれど、あると旅がさらに美しく、思い出深いものになる。
そういった小道具がラグジュアリーバカンスには欠かせません。

b0053082_181149.jpg

by naoko_terada | 2011-06-15 18:19 | トラベル | Trackback | Comments(0)
クルーズ、ロスバゲ、ミッキー、ラグジュアリーの本質

b0053082_22203967.jpg

ただいま、洋上。
クルーズの途中です。本日は終日航海。

ところで、乗船に先立ち、再びのロスバゲに遭遇。

成田~フランクフルト~マドリッド~バルセロナ
という、見ただけどちょっとイヤな気分になる乗換え複数のスケジュール。
スペインが連休ということでフライトが混雑したためなのですが、
案の定、バルセロナで荷物が出てきませんでした。
ハンドリングはスパンエア。

その日はバルセロナ泊。
翌日の夕方には船に乗り込み出航。
結局、その日は荷物がどこにあるかわからずStill Missing。

通常ならば、歯ブラシに下着などとりあえずの日用品があれば取材続行となりますが、
今回はクルーズ。いったん、乗り込んだらそうそう買い物もできません。
ましてや、次の日はフォーマルディナーの日。
着るドレスがないとレストランに行けない状況。

ということで、船に乗り込む直前わずか1時間弱。
バルセロナのデパートで下着、カジュアルウェア、ドレス、靴、化粧品、バニティバッグなどを鬼買い。あせりながらレジで支払っていたら、携帯に国際電話。出てみるとまさに手にしているクレジットカード会社からの電話。
「短時間でお買い物をされていらっしゃるので、大変失礼ですがご本人さま確認をさせていただきました」
海外でのカード犯罪は増加していますからね。事情を説明して納得してもらいます。


まずはとりあえずの洋服をそろえて乗船。
クルーズ自体は、それはそれはすばらしく、感動的なラグジュアリーさですが、
今回は大きなスーツケースにお気に入りの服、
靴などをたっぷり入れてきただけに気分はやはりブルー。
早く出てくることを願うばかりです。


b0053082_22213733.jpg

荷物はなくても船は進みます。
翌日はスペイン・マヨルカ島に寄港。下船して名所にもなっている大聖堂の周辺を観光。同行のカメラマンと一緒に大聖堂へ向かっていくと。

なんか見たことある物体が、木陰にたたずんでいる。

b0053082_22223661.jpg

なめてますね。ミッキーのこと。
ディズニーに報告してやりましょうか。

でも、おもしろいので写真を撮ることにします。
カメラを構えたら撮る前に金をよこせ、と仕草でうながします。
なまいきです。

1ユーロ渡すとポーズを取ってくれました。

b0053082_2224255.jpg

帰りがけにもまだ同じ場所にいて、アメリカ人らしき家族にちょっかい出していましたが小さな女の子に思いっきり泣かれていました。
もう少し、ディズニーのアニメでも見て勉強したほしいところです。




船に戻ると朗報が待っていました。
船のゲストリレーションマネージャーからスーツケースが見つかったとの知らせ!
どうやらマドリッドにあったもよう。
よかった!
この日、マヨルカ島出航が19:30なのでそれまでに飛行機に乗せて島へ持ってきてもらえればクルーズの担当者がピックアップしてくれるとのこと。


b0053082_22263893.jpg

そして、出航の1時間ほど前に3日ぶりにスーツケースが手元に。
中身もすべて無事。
フォーマルディナーにもどうにか間に合い、オール・ハッピー・エンディング。

このアクシデントに際して、感心したのが今回、乗船しているシルバーシー・クルーズのスタッフの献身的な仕事ぶり。
わたしがクルーズを最大限に楽しめるようにエアラインとのコンタクトをすべて引き受けてくれ、しつこいくらいに先方をプッシュ。
どんな状況かということを細かくわたしに伝えてもくれました。
専属バトラーは「必要なものはありませんか?」と常に心配りを忘れず、日本人ゲストリレーションも少しでも早くスーツケースが戻るように努力してくださった。
空間のゴージャスさだけではなく本当に必要なサービスを惜しげもなく提供できるスキル&パワーを持ったスタッフがいること。
それこそがラグジュアリーなのだと今回はつくづく実感しています。


ということで、クルーズはまだまだ続きます。
by naoko_terada | 2011-06-13 22:32 | トラベル | Trackback | Comments(0)
震災チャリティオークションで、旅プランをご提案
b0053082_355485.jpg

アシェット婦人画報社、Yahoo! JAPAN、MSN JAPANが共同で震災被災地への募金を集めることを目的とした大々的なチャリティオークションを開催中です。

わたしも賛同し、お手伝いさせていただいています。


とはいえ、他のセレブのように差し上げるモノもないもので。。。
あるものといえば、トラベルジャーナリストとしての旅に関する情報くらい。

ということで、これから旅行をお考えの方へ、わたしが直接、その方にあった旅プランをご提案いたします。ハネムーンでも、週末逃避でも、一生に一度のアドベンチャージャーニーでも。お好み、予算などをうかがいながら最適なプランを一緒に考えます。
いわば、プライベートコンサルタント、あるいはコンシェルジュでしょうか。
国内でも海外でも、どちらでもOKです。


旅プランに限らず、お得な旅行情報、お薦めのリゾートなど実践で役立つトラベルTipsもお伝えできればと思っています。


オークションなので入札が必要です。
期間は6月6日(月)11時ごろ~6月12日(日)22時ごろ
とのこと。
わたし以外にもデミ・ムーア、シャルロット・ゲンズブールなどのセレブも含め、各界のステキな方々がゴージャスなアイテムを提供中なので、ぜひ、チェックしてみてください。



高額入札、お待ちします♪
by naoko_terada | 2011-06-10 03:57 | 東北応援! | Trackback | Comments(0)
ザ・リッツ・カールトン京都の記者会見へ

b0053082_8121522.jpg

昨日は夏日に近いような京都。

向かったのは結婚式で有名な平安神宮会館。
朱色の鳥居をくぐり抜け、ヤサカタクシーや、修学旅行生たちの姿を見ながら、高い垣根に囲まれた栖鳳殿(せいほうでん)へ。

今回の目的は、2014年2月に開業予定のザ・リッツ・カールトン京都の契約締結発表記者会見に参加すること。会見前、会場内で報道関係者がなにやら集まっていました。

b0053082_8172685.jpg

ホテルの模型です。

この建物を見て、「!」とわかった方は京都通です。
そう、ザ・リッツ・カールトン京都ができるのは、今年、惜しまれつつ閉館したホテルフジタがある場所。基本的に価値のあるものは存続させながら既存の建物を取り壊してまったく新しいホテルとして誕生します。現在の7階建てもさらに低く、4階建てに。代わりに地下3階とし、そこに施設を充実させるとのこと。景観法が厳しい京都ならではの知恵でしょう。


b0053082_8311057.jpg

総客室数は136室を予定。スタンダードの客室でも50㎡と、東京のラグジュアリーホテル並みにかなりの広さ。デザイン、コンセプトなどディテールに関しての発表はもうちょっと先になりそうです。価格帯は東京レベル、ということですから6万円代~、かな? ターゲットはもちろん国内外の富裕層です。

レストランは日本料理とイタリアンの2ヶ所。
小さな宴会場も設けるということです。


b0053082_8315856.jpg

契約締結発表記者会見ということで、マリオット・インターナショナルのアジア太平洋地区社長兼マネジングディレクターのサイモン・クーパー氏、土地を所有する積水ハウスの代表取締役会長兼CEOの和田勇氏の両社が登壇。ホテルのコンセプトなど詳細よりも、もっと大枠でのビジネスアプローチに話題は集中します。

ちなみに、リッツ・カールトンはマリオット・ホテルが持ってます。

積水ハウスはおよそ200億円を投資して、このプロジェクトを推進。クーパー氏が途中、ジョークで、「セキスイハウスさんにもうちょっとがんばって地下を掘ってもらえば温泉が出るかも」と言ってましたが、ホテル単体の建物を作るのですからチャレンジです。
実は積水ハウスは、昨年開業したばかりのもうひとつのラグジュアリーブランド、セントレジス大阪のオーナーでもあります。セントレジスが入っている「本町ガーデンシティ」を積水ハウスが所有しているわけです。


京都はリッツ・カールトンだけでなく、やはり2014年にフォーシーズンズも開業を予定。隠れ家アジアンリゾートの雄、アマンリゾーツが京都進出というウワサも依然、根強いですから、今後も外資系ホテルの誕生はありそうです。


京都というと、まずは旅館。という方が多く、そのイメージもあります。
そして、今回のザ・リッツ・カールトン京都。

もちろん既存のホテル、旅館と競合するわけですが、健全な環境での「競争」はそれぞれの価値を高めるためにも必要です。
でも、さらにその先を考えれば、京都というブランドの価値を高めるために「共存」することが重要だと思います。旅館とホテルは機能、空間、サービスがまったく異なります。むしろ正反対と言ったほうがいいかもしれません。
おひとりさま、スパ好き、富裕層ファミリーなど新しいマーケットを開拓するチャンスにもつながります。外資系最高級ホテルがなかった京都にとって、リッツ・カールトンやフォーシーズンズが誕生することは大きなアドバンテージです。


開業は2014年、その頃には地震・津波からの復興、原発の不安も解消されているだろうとクーパー氏は見解を語りました。また、和田取締役会長兼CEOは、
「大阪、京都など関西が元気になって日本をひっぱっていかなくてはダメ」と断言。

確かにそのとおりだと思います。



京都ブランドを、そして日本をどう変えるか。


ザ・リッツ・カールトン京都に期待しましょう。
by naoko_terada | 2011-06-09 09:29 | 日本 | Trackback | Comments(6)
エル・ジャポン 「九州に行きたい!」
b0053082_23501043.jpg

九州新幹線全線開通で、話題性たっぷりの九州。

その九州の最旬の旅情報をピックアップしたのが、エル・ジャポン7月号
映画『マンマ・ミーア!』でメリル・ストリープの娘役を射止め、現在、『クロエ』が公開中。今、注目の若手ハリウッドセレブ、アマンダ・サイフリッドのキュートセクシーな表紙が目印です。

わたしは、3軒の和モダンな宿を推薦。
ほかに、ホテルジャーナリストせきねきょうこさん、温泉ビューティ研究家の石井宏子さんがステキな宿を紹介されています。

お宿以外にも、パワースポット、美肌効果も期待できそうな美食スポットなども網羅です。



そして九州新幹線がらみで、もうひとつ。
連載中の男性誌UOMOの「わがままコンシェルジュ」の今月のテーマは、
ずばり「九州新幹線」!
その概要と、新幹線を活用しての九州旅のTipsを解説。
この連載、だんだん池上彰の気分になってきてます(笑)

YouTubeで話題になったあの九州新幹線のCMについても触れてますよ♪
by naoko_terada | 2011-06-02 23:49 | 掲載メディア | Trackback | Comments(4)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム