ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
<   2010年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
羽田・国際線、旧ターミナルへ Farewell to old HANEDA Int'nal Tarminal


b0053082_23352561.jpg

いよいよ、明日、羽田・新国際線ターミナルが開業します。

それに伴い、現在、使用されている古いターミナルは本日、10月20日を持って閉鎖となりました。

昨日、新ターミナルの内覧会を終えた後、羽田空港内を循環するバスに乗って、旧ターミナルにお別れをしに。

ちょうどソウル便の発着時間だったようで、ターミナル内は大混雑。
それにしても、狭いです(笑)。
時代を感じさせる空間は、昭和にワープしたような気分に。
アジアっぽくもある。
ちょっと前に新しいターミナルを見たばかりだから、なおさらです。


あ、新ターミナルについては、AB-ROADのガイド記事でアップしていますので、
こちらへどうぞ! あるいは、右の「連載中サイト」のエアライン・空港ガイド記事をクリックしてください♪ →

b0053082_2344561.jpg
b0053082_23443054.jpg
b0053082_23445019.jpg
b0053082_23451450.jpg
b0053082_23454273.jpg
b0053082_2346535.jpg

いまどき、見かけなくなった巨大なエアコン(音がめちゃくちゃうるさい)、使いふるされた設備、看板、フロアも今日でお別れ。なんか、しみじみしてきちゃいます。
わたしもここから、ハワイ、台湾、上海などに向かいました。
あんまり使わなくてゴメンね。
でも、お世話になりました。

b0053082_235121.jpg
b0053082_23512313.jpg

外のエアラインのサインも、これで見おさめ。
昔は中華航空だけだったよな、なんてことを思い出します。
新国際線ターミナル開業のインフォメーションの横には、旧ターミナル閉鎖のお知らせが。グランドスタッフの女性二人がそれを携帯で写真を撮っているのが印象的でした。

b0053082_23514790.jpg

最後の記念に、スタンプを手帳に。
最終日前日の日付けとなりました。きっと、今日は多くのファンがスタンプを押して帰ったのではないでしょうか。

明日からは、新しい羽田国際空港がスタートします。
すばらしい施設・サービスが誕生しました。
24時間体制で、今まで以上に、羽田から世界へと飛び立つことができます。もちろん、その逆も。
今まで以上に、羽田を利用する回数も増えることでしょう。
新しい海外旅行のスタイルに大いに期待したいものです。


b0053082_2352497.jpg

長い間、ご苦労さまでした。


ありがとう。
by naoko_terada | 2010-10-20 00:04 | 日本 | Trackback | Comments(4)
AB-ROAD ソウル人気ホテルランキングと、憧れのシーラ


AB-ROADのサイトで、「ソウル人気ホテルランキング」特集がアップされました。
これは、サイト内でツアー検索された際、ホテル指定された回数が多かったホテルのランキングです。ですから、ホテルの質そのものだけではなく、「人気度」、「ツアーでの利用度」、「価格」なども反映されているワケです。

b0053082_14856100.jpg

で、その中のひとつを今回はご紹介。

ご存じ、韓国を代表する名門ホテルグループ「新羅(シーラ)」のフラッグシップ、ザ・シーラ・ソウルです。

b0053082_1411535.jpg
b0053082_14121189.jpg

昨年、リニューアルが行われ、ロビー、ダイニングを刷新。
この名門らしい雰囲気は、ソウルでも他にはありません。
東京でいえば、「帝国」「オークラ」に匹敵する、「ザ・王道」といったところでしょうか。
やはり、ソウルなら一度は滞在したホテルですね。
リニューアルされてデザイン性は高まり、
高い天井からまるで滝のように流れ落ちる繊細なインテリアが印象的です。
政府要人、セレブリティが投宿するホテルでもあり、ロビーには常に気持ちのいい緊張感があります。

b0053082_14273259.jpg

ゲストルームも実にクラシックでエレガント。
お薦めは写真のデラックスルーム。
南山(ナムサン)側であれば緑の山並みとソウルタワーが望めます。
こういう高級感のある落ち着いた空間は、やはりホッとしますね。両親を連れてくるならここだな、と思いました。
絶対、はずしませんから。

ちなみにロケーションがちょっと不便、という声を聞きますが、
シーラから歩いて5分程の場所に地下鉄3号線の「東大入口駅」があり、
繁華街の明洞や、南大門などの人気エリアへも地下鉄を活用すればとてもラク。
タクシーもソウルは安いですし、落ち着いた静かなムードは逆に貴重。
私は特に不便だとは思いませんでした。

b0053082_14343376.jpg

ダイニングは、
中国料理の「八仙」、日本食「有明」などバリエーションがありますが、
ロマンチックさと眺望を楽しむなら、フレンチの「コンチネンタル」へ。
本格的なフランス料理ですが、韓国ウォンが安いのでとてもお得感あり。ワインのコレクションもすばらしいので、グルメ派にはお薦めです。
夜景を楽しむディナーもいいですが、
昼間のビジネスブッフェもお手軽でいいですよ。

b0053082_1444658.jpg
b0053082_14442770.jpg
b0053082_14445224.jpg
b0053082_1445672.jpg
b0053082_14452210.jpg

でも、シーラでのイチ押しは、
なんといっても美しい緑に囲まれた「ザ・パークビュー」朝食!
冷菜、サラダ、デイリーアイテム、シリアル、フルーツ、卵料理、焼きたてのパンやペイストリー、ホットミールに点心、和食まで。広々としたスペースにずらりと並んだ料理のバリエーションに圧倒されます。
シェフがその場で作るクッキング・ライブ・ステーションも充実で、とにかく「全部、食べたい!」と思わせるクオリティと、悩むほどの種類の多さ。ツアーならば、ぜひ、この朝食付きをチョイスしてください。あと、ゆっくりと堪能する余裕を持って。
個人的にはヌードルかなぁ。笑顔のキュートな女性シェフが作ってくれた熱々のクリアスープ・ヌードル。ああ、また食べたくなってきちゃいました。

b0053082_14533678.jpg

そして、もうひとつ女性にぜひ、楽しんでいただきたいのが、「ザ・パークビュー」に隣接したラウンジ「ザ・ライブラリー」でスタートしたアフタヌーンティー。
意外にも今までなかったそうですが、ラウンジのリニューアルと共に正統派のアフタヌーンティーがいただけるようになりました。オリジナルの紅茶はもちろん、シャンパン付きを選ぶこともできます。

ソウルって、ホント、楽しいんですよね。
近くて、安くて、面白い。
チープに遊ぶこともできるし、このシーラのようにちょっと贅沢な体験を楽しむこともできる。


ぜひ、ソウル人気ホテル特集をご参考に、旅計画を楽しんでください。
by naoko_terada | 2010-10-19 14:59 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(2)
OPENERS 連載記念プレゼント 憧れのあのホテルへ!


b0053082_0335674.jpg

先日、ブログでもお伝えしましたが、
人気ウェブマガジン、OPENERS(オウプナーズ)で、連載がスタートしました。


それを記念して、じゃんっ!

世界75ヶ国の極上ホテル、リゾートが加盟する、スモール・ラクシャリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド(SLH)のホテル宿泊券2泊1組のプレゼントです!

連載第一回目に登場する、オベロイ、バリもSLH加盟リゾートのひとつ。
もちろん、オベロイに限らず、加盟ホテルであればどこでも使用できる、太っ腹な宿泊券です。しかも、有効期間は2011年9月まで!
どんな加盟ホテル&リゾートがあるかは、SLHの日本語オフィシャルサイト、または、i-phone、i-podの専用アプリをダウンロードしてチェックしてください。もう、ため息もののホテル、リゾートばかりですから。


プレゼント応募期間は、10月12日から10月25日までの2週間。
OPENERSの専用フォームから、応募してください。



また、このブログの右に、OPENERSと、AB-ROAD、ふたつの連載サイトのリンクを貼りつけましたので、随時、ご訪問いただければと思います。→ 




たくさんの応募、お待ちします。

Good Luck !!
by naoko_terada | 2010-10-13 00:57 | 掲載メディア | Trackback | Comments(2)
サライ11月号 初めて出会う 京都


b0053082_19132450.jpg

発売中のサライは、この時期の定番、京都特集です。

テーマは、初めて出会う 京都


①京都 かく成立す

②雅文化の黎明期を歩く

③紅葉の古社寺を訪ねる

④美味処・最新版


この4つの特集を柱に、初めて、あるいは久しぶりに訪れた京都をより楽しむため、知っておきたい歴史、文化などを専門家、通人たちが魅力たっぷりに解説してくれる、まさに保存版です。

小学館の聡明な編集者I女史のお声がけで、
わたしはその中で、お薦めのお宿、ホテルを3軒、推薦させていただきました。
京都に関しては、わたしはまったく達人ではありません。ご登場のその他のみなさんに比べたらお恥ずかしい限りの知識しか持ち合わせません。
今回は、かつて、外国人の知人、ジャーナリストと共に個人的に投宿した際に居心地のよかったところを選んでみました。

わたし、外国人と一緒にいると日本人に見られないことが多いのです(笑)。
海外にいるとタイ人に間違われます。
日本だと沖縄とか。
顔立ちのせいでしょうか。
ですから、宿の方も日本人だと思わずに、英語で話しかけてくださることがあります。そんなときはちゃっかり外国人のフリをしてお世話になったりしています。

サライのために選んだ3軒もそんな風に、
海外からのゲストにも手厚く、心地よい場所を推薦しています。
いずれも、実は外国人観光客にとても評価の高いお宿、ホテルです。
細やかなコミュニケーションが不可欠な外国人を満足させるホスピタリティを持つ、ということは、当然、日本人ゲストへも丁寧なおもてなしができるということ。

京都には数多くの名旅館、名ホテルがありますが、
実質的に泊まりやすい料金、肩肘はらずに心地よく滞在できる雰囲気を持ったところを選びました。



そろそろ紅葉の頃。


秋の京都が、待っていますよ。
by naoko_terada | 2010-10-12 19:35 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
2010年10月10日 大安 日曜


b0053082_22364616.jpg

今日は結婚式、多かったみたいですね。

旅をしていると、ウェディング風景によく出会います。
南の島のリゾートで、ヨーロッパの歴史ある街で。

そこにあるのは常に変わらない、たえまなく続く私たちの営み。
フラワーガールになった女の子が、
十数年後には美しい花嫁になり、数年後には若いママに。

さらに数十年後には、自分の子供や孫たちのウェディングに立ち会う。



今日、無事に挙式されたすべての皆さんへ。


出会えたことに感謝をし、少しずつ、ゆっくりと。
お二人の時間、歴史を紡いでいってください。



どうぞお幸せに。


b0053082_22522718.jpg




※、ステキなウェディングの写真、ストーリーを、という方は、プロフェッショナルな写真家であり、我が愛すべき孤独なシングルマンの友人、マナブちゃんのブログへ、ぜひ。
あ、撮影依頼も、もちろんOKですよ♪
by naoko_terada | 2010-10-10 22:46 | その他 | Trackback | Comments(4)
このために、台北に行ったワケでは。。。


b0053082_23381616.jpg

ありませんが、台北滞在中の7日、
台湾第一号となるユニクロが開業しました。

場所は、この日グランドオープンした、「統一阪急百貨台北店」の地階。
ちょうど、近くで取材を行っていたのですが、入店待ちの行列にびっくり!

b0053082_23405751.jpg

b0053082_23402683.jpg

b0053082_23413272.jpg

30分ほど時間ができたので、ちょこっとチェックしてみます。

まず、行列の最後尾。
あいにくの雨模様ですが、中国では縁起がいいのですよね、たしか。
開業時に雨が降ることは。
なぜだろう。
お金が降るように落ちてくるから、とか。

入口は、と探してこれまたびっくり。
なんとデパートの逆側です。

そんなに並んでいるのね!

ビルの逆側にいってみると、やっと入口発見。
並んでいる人は整理券のようなものを持っているのですが、ちらりと見たら、
2000番台!!


十数人ごとに店内へと誘導しています。
そのためのアルバイトも数十人。

b0053082_2356396.jpg

周辺ではTVの取材。
出てきた若いカップルがインタビューを受けています。


ユニクロだけでなく、阪急デパート内もお客でいっぱい。
ブランド品など、高額商品もかなり売れている様子。


積極的な消費意欲と、活気。

台北の「今」を見た思いでした。
by naoko_terada | 2010-10-09 00:01 | トラベル | Trackback | Comments(4)
皆生温泉・東光園、超ど級の夕食


b0053082_223316.jpg

お料理に力を入れている、とうかがっていた東光園での夕食。
個室風のダイニングで、暮れかけた海を眺めながらいただきます。

献立がテーブルにあり、手にとって眺めてのけぞりそうになる。
すごいボリューム。。。。

まず、先付で登場したのが、いきなり鮑(アワビ)。
姿蒸しの冷製です。
小ぶりですが、柔らかく蒸されていて美味しい。


その後、先八寸

・菜の花のピーナツ味噌
・苺の白和え
・切り昆布と奈良漬けのべっこう煮
・鱒の南蛮漬け
・里芋のけしの実揚げ
・いかの菜種焼き
・かぶのすり流し
・人参の葛寄せ

彩り鮮やかに小さな器に盛られて目にも美味しい。
あ、これは写真なし。
食べちゃいました(笑)

b0053082_224938.jpg

本日のお造りは、こちらも豪華にアワビです!
こちらは刺身ならではのコリリとした歯ごたえが身上。
かみしめると甘味が広がります。

贅沢です。

b0053082_225720.jpg

b0053082_231843.jpg

お次のお肉、これ、実はお椀のかわり。
東光園名物、大山黒牛ロースの滋味スープです。

大山黒牛(だいせんくろうし)は、皆生温泉からもほど近い、名山、大山(だいせん)と日本海に囲まれた大山町で飼育されている肉牛とのこと。太陽をたっぷりと受けた地元産のわらと、安全性の高い濃厚飼料で育てられ、赤身と霜降りのバランスがとても良いとされています。
それを、牛すじ肉などから丁寧にとった「山のスープ」と、たっぷりの昆布と鰹節からとった「海のスープ」を、絶妙のバランスで配合したオリジナルのスープでしゃぶしゃぶ風に。

適度なさしの入ったお肉は、水菜と一緒にいただくと後味もさっぱり。
もちろん、スープには肉の旨みがぎゅっと濃縮されて溶け込んでいるので、これも風味豊か。
半分ほどいただいた後は、京都・原了郭の黒七味をさっと振り、
より深みある味に仕立てて飲みほします。


ふぅ~。
ここまでで、かなりのボリューム。

b0053082_233219.jpg

でも、まだまだまだ続きます。
許してくれませんから。


「本日の焼き物です。のどぐろの塩焼きです」

一流料亭に登場する高級魚です。

境港は、のどぐろはもちろん、松葉ガニ、ベニズワイガニ、天然クロマグロなど、
高級鮮魚、海産物が水揚げされる良港ですが、その恩恵をたっぷりと堪能してもらいたい。その思いから料理長、総支配人みずから新鮮な食材を求めて、生産者、業者を見つけてきたそうです。いいものが入らなかったら、釣りざおを抱えて浜へ行くこともあるとか(笑)。

b0053082_234266.jpg

お料理に合うお酒を、と所望したら、
スタッフの方が選んでくれたのがこちら。
気持ちよく冷えたところに、木の桶の香りがほのかに移り、さわやかです。

b0053082_235242.jpg

おしのぎ、として出てきたのは大山黒牛のにぎり。
一貫がそれなりに大きいので、食べごたえあり。
さっとあぶった肉の旨みが、ご飯にあいます。

美味しい。。。

その後、揚げ物として、白いかのおかき揚げ 青紫蘇とミョウガのサラダが。
白いかも高級な食材ですよね。
こちらもさりげなく登場しますが、贅沢です。
あ、これも食べてしまいました。
すみません。

b0053082_24298.jpg

で、次に出てきたのがこちら。

「?」

熱々の瀬戸の鍋の中に砂です。

b0053082_241526.jpg

スタッフが熱い砂をかき分けて中身を取り出してくれます。

b0053082_245287.jpg

フォイル、紙にくるまれた中身を丁寧に。

b0053082_25243.jpg
b0053082_251356.jpg

出ましたぁ~。

東光園別製 鮑と茸の砂丘蒸しです。

また、アワビ?などと思わないように。
こちらは、洋風のさっぱりとしたソースをからめて蒸されているので、今までの料理の流れから、コースの印象を変調させてくれて、おもしろい。
でも、蒸すとどうしてこんなに柔らかくなるのでしょうね。

b0053082_252757.jpg

南高梅のシャーベットがお口直しに登場して、
いよいよフィナーレです。

大山黒牛フィレ肉の炭火焼き、奥大山産こしひかりのご飯、香のもの、赤だし。
とどめは、わかりますか?
真ん中で隠れている大山黒牛のひとくちビーフシチューです。

香ばしい肉がジューシーに焼ける匂いと、
炊きたてのこしひかりで、
お腹いっぱいなのに、どうしても食べてしまう。
やっぱり、ご飯好きです。
しみじみ、美味しい。
ふふ。
幸せで、笑っちゃいます。


最後、本日のデザートが出ましたが、食べたのかどうかさえ記憶にありません(笑)。



それにしても、本当にたっぷりの量です。
今回は特別なメニューもあったのかもしれませんが、お客様にお腹いっぱいで満足してもらいたいと、あえてこれだけの内容、ボリュームにされているそうです。

11月から3月までは、境港が水揚げ日本一となる松葉ガニが旬。
今から楽しみにされる方もいらっしゃることでしょう。


たっぷり海の幸、山の恵みを味わい、温泉に浸かってワイワイ楽しむ。
これぞ、日本人の楽しみかたですね。



ごちそうさまでした。

うぅ、苦しい。。。。
by naoko_terada | 2010-10-06 03:20 | 日本 | Trackback | Comments(6)
金木犀と母のカーディガン


この時期になると、金木犀の香りに一瞬、子供時代に帰ることがあります。

小学校に通っていた頃、
我が家の目の前には公園がありました。
今のような整備されたものではなく、砂場があり、ブランコがあり、
そのまわりは雑木林。
毛虫もいれば、カキの実を目当てのオナガもやってくる。

学校から帰るといつもその公園で、近所の友達と遊ぶのが日課。
砂場でのおままごとも楽しかったけれど、
木の上に登って、遊ぶのが好きでした。


夏が終わり、ちょっと肌寒くなるこの季節。
母親が編んでくれたクリーム色のカーディガンが私のお気に入りでした。
真っ赤なランドセルとあうような気がして。

その日も、きっと、「寒くなるからカーディガン着て行きなさい」と母に言われたのでしょう。
クリーム色のカーディガンをはおって、公園へ。
さんざん、友達と駆け回り、木に登って暗くなるまで遊んだはず。

家に帰り、手を洗い、ご飯を食べて、テレビを観たらもう、楽しい一日は終わり。
子供の時間は早いものです。


翌朝、いつものように学校へ行く支度をし、
いつものようにカーデガンを着ようとしたら、
見つかりません。

子供部屋にも、茶の間にも、台所にもない。
お姉ちゃんのタンスの中にも、ない。



前の日の記憶をたどっていくと、「そうだ、公園だ」。

まだ、冷たい朝の空気の中、玄関のガラス戸を開けて公園へ。
早くしないと学校に遅れてしまう。


誰もいない朝の公園はとても広く感じます。
砂場も、ブランコも、鉄棒もいつになく、よそよそしく殺風景に思えます。


カーディガンはどこにもありません。
失くしてしまったのだろうか、と心細くなる。
大好きなカーディガン。
お母さんに怒られるかな。

ちょっとだけ、泣きたくなる。



その瞬間、どこからか柔らかな香り。
魅かれて上を見上げると、大ぶりの金木犀。
オレンジ色の花をつけた枝の上に、クリーム色のカーディガンが。

「あった!」

よじ登り、枝から子猫を抱きあげるように手にとると、
それはしっとりと夜気に包まれ、
金木犀の甘い香りを放っていました。
クリーム色の毛糸には、オレンジ色の小さな花弁がびっしりと。

ひんやりとしたカーディガンをはおると、ふわりと金木犀の芳香が漂う。
失くしものを見つけた安堵感と、エキゾチックな花の香りの、
何かちょっと不思議な体験をしたような高揚感は、小学生の私にはとても印象的でした。



母はなく、カーディガンも、もうありませんが、今も、街を歩いていて、金木犀の香りがすると、あっという間に、あの時の思い出がよみがえります。

母の手編みのクリーム色のカーディガンの、あの時の重みが。




金木犀の花ことば、「謙虚」「真実」「初恋」
by naoko_terada | 2010-10-04 16:51 | その他 | Trackback | Comments(6)
OPNERS オウプナーズ 旅賢人の麗しきホテル選び


ハピネスに貢献したい、
とかんがえる
あたらしいウェブマガジン――OPENERS

オウプナーズとは、見巧者の意味。
見巧者(みごうしゃ)とは、歌舞伎、芝居などになれ通じ、見方のじょうずなこと。また、その人や、そのさま、という意味を持ちます。

そんなこだわりとしなやかさを持ったオウプナーズへ贈る、より美しく豊かな世界、人とのつながりのあるライフスタイルの提案。


そのオウプナーズで、新しい連載がスタートしました。

題して、旅賢人の麗しきホテル選び

新しいものだけを追いかけるのではなく、変わらずに存在するホテルの信念。人を育て、歴史を創り上げていく一流としての哲学。
私が出会い、心から感動したホテルを毎回、取り上げて紹介していきます。


ひとつのホテルをここまでじっくりと書かせてもらうことはウェブサイトでは初めて。
とても嬉しく思っております。


あ、近々、すてきなサプライズもご用意する予定ですよ♪



その他の特集もあわせて、どうぞお楽しみください。
by naoko_terada | 2010-10-01 18:09 | 掲載メディア | Trackback | Comments(6)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム