ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
<   2010年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧
アウトバックから東京へ 保苅実 写真展&写真集発売


6月に網走まで観にいったのが、保苅実 写真展 カントリーに呼ばれて ~オーストラリア・アボリジニとラディカル・オーラル・ヒストリー~

予想以上の反響と、観た方たちの感動が広がりを生み、
ご家族の想いと共に、東京での写真展が開催されることになりました。

これは、日本オーラル・ヒストリー学会の大会にあわせてのもの。
(こんな会があるのですね!)

詳細は以下です。


期日:9月6日(月)~9月12日(日)10AM - 5 PM(最終日は4 PMまで)
場所:立教大学(池袋キャンパス)の7号館ロビー
主催:日本オーラル・ヒストリー学会(JOHA)
協力:保苅実とつながる会立教大学社会学部北海道立北方民族博物館
後援:豪日交流基金オーストラリア大使館
入場無料。大学・JOHA関係者以外の入場も可能です。

池袋駅からのアクセスキャンパスマップ


また、これにあわせて写真集も発売されます。

b0053082_22261734.jpg
b0053082_16545032.jpg

上のアウトバックの褐色の大地を思わせる、赤い表紙は布製の愛蔵版で、限定50部。
価格6000円+送料**

下は、通常版で、こちらは限定220部。
価格2700円+送料**

** 送料について。日本国内のみ、2冊までは一律350円。3冊以上はお問い合わせください。


すでに、先行予約を受け付けていて、9/5(日)までに予約すると、保苅さんがが亡くなる数週間前に描きあげたクレパス画「生命の樹」をデザインしたバッチがもれなく付いてきます。

二冊とも、ちょっと高めの価格設定ですが、これには理由があります。

販売による利益は、全額、保苅さんが亡くなった後、若い学者たちを支援する名目で創設されたオーストラリア国立大学・保苅実記念奨学基金に寄付されます。
同基金の残高は現在A$64,168で、毎年A$5000の奨学金を永久給付するには、さらにA$50,000(約380万円)の資金追加が必要です。(今年の奨学金額はA$2500の予定。)

今回の書籍販売は、
未来の保苅実になるであろう若い学者たちの支援でもあるわけです。


購入方法は、以下となります。


ご購入希望の方は、info@hokariminoru.orgまで、以下の情報をメールでご送付ください。

1.注文部数(愛蔵版・通常版の区別とそれぞれの注文部数)

2.お名前(漢字とふりがなも)

3.送付先住所と郵便番号

4.連絡先電話番号

5.メールアドレス

購入予約メールをいただいた後、来週中に代金の振込み先(「保苅実とつながる会」郵貯口座)等を注文確認メールという形でお知らせします。2週間以内にお振込みがない場合は、注文を取り消させていただきますので、ご了解ください。写真集は、お振込みいただいてから、2週間以内に発送します。但し、海外への送付をご希望の方は、支払い方法・郵送料など、改めて別に対応しますので、まずはメールでの予約申し込みをお願いします。



保苅さんのお姉さま、由紀さんは、オフィシャルサイトでこのように書かれています。

「人生は長さではなく深さだ」と言い、充実した人生を送ったと納得してこの世を去った弟です。32年という短く深い彼の人生に、記念奨学基金を末永く残すことで「長さ」も与えてやりたいと思っています。
どうかご協力をお願いいたします。



はるか昔から、何も所有せず、
オーストラリアの大地と共に生きてきたアボリジニ。
彼らの世界観、現代社会に対峙する考えを彼らと共に暮らしながら、自分もまた身につけていった保苅実さん。彼の文章、写真にはアボリジニに対するリスペクトと、真摯な姿勢があります。

今を生きる私たちに、何かを考えさせる写真展です。
決して、難しいものではありません。

愛蔵版の表紙に引かれた、一本の矢印。
(それが何を示すかは、写真展をご覧になればおわかりいただけます)。


この矢印と一緒、実にシンプルで叡智ある内容です。



ぜひ、ご覧ください。
by naoko_terada | 2010-08-29 17:33 | その他 | Trackback | Comments(5)
日本円、それとも現地通貨?


海外でクレジットカードを使用すると、
タイトルのように聞かれることが増えてきました。

今までは、現地通貨で支払い、決済時、明細内容を見たときにはじめて、日本円での換算額を知る、というシステムでしたね。

それが、最近は支払い時に、日本円でこの場で決済するか、それとも現地通貨でするか、それが選べるようになりました。

コレ、どちらがお得なのでしょうか。
聞かれるたびに考えてしまいます。

先月、タイに行った際も、ホテルでこのように聞かれたので、
きっちり確認することにしました。

まず、その時点での日本円との為替レートを聞いてみました。

それが、こちら。

b0053082_0354043.jpg
b0053082_0355142.jpg

ちょっと見えにくいですが、まずひとつめ。
支払い額は8203.69バーツ
で、日本円のレートが、100円=35.6684 つまり、1バーツ=約2.8円
8203.69バーツ×2.8=2万2970円。

それが、四捨五入されて2万3000円!

これはちょっとヒドイですね。
レシート下の、This is your choice と書かれているのも、何か気に障る(笑)。


そして、もうひとつ。
上の支払の翌日です。
金額は、7943.20バーツ。
こちらは、日本円の為替レートが、1円=0.3536という表示。
でも、この日も、1バーツ=約2.8円。

こちらはきっちりレート通りで、日本円にして2万2463円。


で、今月、その決済が来ました。

b0053082_0462994.jpg

まず、最初の現地では2万3000円と言われたものが、2万2635円。
レートは、1バーツ=2.7592円

ふたつめは、2万2061円。レートは、1バーツ=2.7774

日本円に決済されたのは、支払い時から2日後です。

なるほど。


ということで、よほど為替が乱高下していないのであれば、現地では日本円にせずに現地通貨で払ったほうがお得、というような感じです。
特に、今回のようにはしょって提示されることもあるよう。
あまりにもキリがいい数字だったので、「?」と思ったのですが、やはり。
これが、23万円だったら、3650円も異なってきます。
大きいですよね。



状況によって異なることもあるでしょうが、
賢く、スマートに。
海外旅行を楽しんでくださいね。
by naoko_terada | 2010-08-28 01:01 | トラベル | Trackback | Comments(2)
ピエール・エルメとホテルニューオータニからの魅惑のボーディングパス


b0053082_1764339.jpg

事務所に届けられた、一枚のボーディングパス(搭乗券)。

「あれ?」と思い、よく見てみると、
それはホテルニューオータニからのステキなお誘い。

来月、来日するピエール・エルメ氏を囲んでのピエール・エルメ・パリの、新作プレス発表会へのインヴィテーションでした。
粋な演出ですね。

この日、世界に先駆け、2010年秋冬新作スイーツや、クリスマスケーキを披露するとのこと。夜には、一般ゲストのための「スイーツ・ナイト・パーティ」を開催するようですが、すでにこちらは定員満席。
すごい人気。
まさに、スイーツ界の鬼才です。


実はピエール・エルメ氏と、ホテルニューオータニはとても深いつながりがあります。
フォションのシェフパティシエから、自分のブランドを立ち上げた直後、1998年にホテルニューオータニに、世界第一号となる店舗をオープン。
当時、日本では無名に近かったエルメ氏の天才的な創作力、将来性を直感した、食通で知られるニューオータニ社長の英断だったとうかがっています。

その縁があり、エルメ氏とホテルニューオータニは強いパートナーシップで結ばれています。

ニューオータニが誇る、エグゼクティブフロア「禅」は、「ホテル・イン・ホテル」をコンセプトに、完成度の高いスーパーラグジュアリーな空間を提案しています。
この「禅」のゲスト専用のラウンジでは、朝食にパリ・フィガロ紙で「世界一のクロワッサン」と認定されたピエール・エルメのクロワッサンが味わえます。
しかも、このクロワッサンが味わえるのは、パリのエルメのお店とこのラウンジのみ。
絶妙な焼き加減、品質にこだわるエルメ氏が唯一、お墨付きを出して提供を許したのが、ホテルニューオータニだったわけです。


さて。
そんな美味しいお誘いですが、
今回は残念ながら参加できないお返事を差し上げることに。

エルメ氏とバトンタッチ、本物のエール・フランスのボーディングを持って、
この時期、フランスへ。

ピエール・エルメの極上スイーツとクロワッサンは、
本場パリで味わうことにしましょう。


ふふ。
楽しみ♪
by naoko_terada | 2010-08-26 17:05 | TOKYO HOTEL | Trackback | Comments(0)
まだサマー2010! J-WAVE music plusで、最新旅コメント


b0053082_14234141.jpg

暑いですねー。

すでに残暑お見舞いの時節ですが、
まだまだ夏現役!
といった感じですね。

明日、J-WAVEの人気プログラム、ミュージックプラスは、
「まだサマー2010!」をテーマに「夏旅2010」にフォーカス。
もう、行った人も、これからの人も。
穴場の夏旅スポット情報がたっぷり聞けるはずです。

その中で、わたしも最新おすすめスポットをコメントします。
上の写真は、そのヒント。
11:30~14:00の放送中のどこかで、登場です。

DJ TAROさんの心地よい癒しヴォイスと、グルーヴ感ある選曲と共に。
あ、ビッグなプレゼントも毎日あるようです!



夏バカンス気分で、お聴きください。
by naoko_terada | 2010-08-23 14:37 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
旅のプロ愛用のグッズ わたしの場合


グリプトンドットコムという、旅アイテムをオンラインで販売する会社があります。
ご縁があり、その中で旅に出る際の必需品、愛用品を公開しております。

快適に旅するための、持ち物のヒントなども書いていますので、
ご興味あれば、ぜひ、お読みください。


グリプトンドットコム 旅のプロ愛用のグッズ トラベルライター



サイトを見ていたら、いろいろと欲しくなっちゃいました。

スーツケースもカラフルですねぇ。
妄想トリップが始まりそう(笑)。
by naoko_terada | 2010-08-18 12:51 | 掲載メディア | Trackback | Comments(9)
「食べて、祈って、恋をして」  イタリア、インド、バリ島への旅へ






久しぶりのジュリア・ロバーツ最新作『食べて、祈って、恋をして』
先週、金曜に試写会がありひと足、早く観てきました。
誘ってくれたのは、ガルーダ・インドネシア航空のK女史。

40ヶ国で翻訳され、700万部を売り上げたベストセラー。
著者のエリザベス・ギルバートの自伝的小説で、若い女性のバイブル的存在とか。

作品の解説は、サイトを見ていただくとして、
わたしは純粋に各都市の空気感をスクリーンから感じてみました。

美食と歴史あふれる街並みのイタリア。

精神性を求めて、神と、人とふれあうインド。

最後は、情熱と再生の地として選ばれた、バリ島。

どの場所も、最も美しい時期に撮影されているようで、
旅情をたっぷり感じさせます。
主人公たちの周囲を囲む、雑踏や街のノイズがいい感じに臨場感をかもしています。

また、各都市ごとに異なる個性の男性たちが登場。
誰に惹かれるか、そんなこともお楽しみです♪



ジュリア・ロバーツがちょっと年齢的にキツいかな(失礼!)、とも思いましたが、
等身大の女性を見せてくれて好演。

女性の生き方の指針として、観るか。
あるいは、美しい各地のエッセンスを堪能するか。


どうぞ、お好みでお召し上がりください。
by naoko_terada | 2010-08-16 02:57 | その他 | Trackback | Comments(3)
8月12日に、想う


25年前の8月12日、わたしは南の島で暮らしていました。
半年ほどの契約で、リゾートのスポーツインストラクターとして。

その知らせを聞いたのは、夜でした。

「日本で大きな飛行機事故が起きたみたい」

携帯もコンピュータもない時代。
オフィスに吐き出されたテレックスを手に、顔を曇らせた同僚が駆け寄ってきたのを今も記憶しています。日本とは時差が5時間ほどあったので、事故から半日たっての一報でした。


そんな、環境ゆえに当時のリアルな状況は、
わたしの記憶の中にはありません。
ただ、どうか、自分の知っている人たちが搭乗していませんように。
そう、願ったことをおぼえています。



海外で事故や災害があった場合、
ニュースで、「この中に日本人はいませんでした」というコメントが必ず入ることにとても憤りを感じていた頃がありました。

「日本人じゃなければいいの」かと。

でも、ある日、気が付いたのです。
これは、大切な誰かを待っている家族のためのメッセージなのだと。
観光旅行か、あるいは企業戦士として出張している場合もあるでしょう。
たまたま、その現場にいる可能性を持つ日本の方たちは少なくない。
ニュースを見て、自分の愛する人が巻き添えになっていないか。
とっさにそう思う人はいるはず。
その人たちを瞬時に安心させるために、この「日本人の安否」は大切なことなのだと気が付いたのです。

誰も、事故や災害で犠牲者がでることを望む人はいません。
日本人だろうが、異なる国の人であろうと、哀しい出来事に心を痛めないことはない。




その後、仕事を辞め、生活する環境が変わり、
旅をしてものを書く、ということを続けていくなかで、1985年8月12日に起きた、
日航機123便墜落事故は少しずつ、わたしにとって大きな存在になっていきました。
旅をする当事者として、
また、旅とかかわる関係者として。
色あせることのない悲しみと共に、毎年、この日になると多くのことを思います。
旅にかかわる我々は、最大限の努力と共に旅行者の安全を提供しなくてはならないのだとあらたに思うばかりです。


数日前、アメリカでもバス事故がありました。
その前には、スイスでも多くの方が巻き込まれてしまった。
楽しい思い出となるはずだった観光旅行が、このようなことになったことに対して、残念でなりません。



旅をする人間は、笑顔と共に待っている人のもとに帰らなくてはいけません。

御巣鷹に眠るみなさんは、本当に心残りでしょうがそれができませんでした。


今宵、多くの流星があらわれます。
ほんの少しでも、空の上との距離が近くなり、多くの方の気持ちが届くように。

そう、静かに願っています。


b0053082_19561453.jpg

by naoko_terada | 2010-08-12 19:58 | その他 | Trackback | Comments(10)
2010年7月のバンコク 追記


b0053082_403451.jpg

ファーシーズンズホテルをチェックアウトし、
向かったのは、グランド ハイアット エラワン バンコクです。

実は、フォーシーズンズからグランド ハイアットまでは、
わずかワンブロックしか離れていません。
歩いて、たったの数分。

なので、小さなキャリーケースをころがして徒歩で。

でもね、ここ、写真のようにエントランス前がかなり急な坂になっているのです。
タクシーなんかを利用していると、まったく気にならないのですが、
小さいとはいえスーツケースをひっぱって登るのはキツイ。
おまけに、高級ホテルに敬意を表してジャケットまで着こんでる始末。

汗をかきながら、1/3ほど坂を歩いていたら、
ベルマンが見つけてくれて、あわてて駆け寄ってくる。

「マダ~ム、Where did you come from ?」

フォーシーズンズからなの、と言うと、
「オォ~、I see 」と納得顔。

b0053082_4105635.jpg
b0053082_411663.jpg

荷物をポーターに手渡し、中に入ります。
吹き抜けの高い天井に、グリーンがみずみずしい。
シャム時代を思わせる純白のユニフォームのドアマンたちも凛々しいものです。
ここも、宿泊するのは久しぶりですが、
バンコクを代表する一流ホテルとしての存在感は健在です。


チェックイン後、PRマネージャーのタイ人女性、Pさんとランチをご一緒することに。
新しくオープンした、レストラン「テーブル」に向かいます。
このレストランのコンセプトは、
名前のとおり店内に配された5つのテーブルを使ってシェフが目の前で、
ステーキを焼き上げ、シーザーサラダなどを作ってくれるライブなプレゼンテーション。
空間デザインは、トニー・チー。
六本木のグランド ハイアットのダイニング「チャイナルーム」を手がけたのも彼。
まるで、ニューヨークにでもいるような
重厚さとグラマラスな店内で、大人のムードです。

「テーブル」のご自慢は最上質のプライムビーフの各種ステーキ。
オーストラリア産の最上級ワギュウビーフをいただきましたが、
ジューシーかつ、適度な熟成感が味わい深く、
ランチでいただくにはもったいないほど。
ミディアムレアの焼き加減も完ぺきでした。
赤ワインが欲しい。
でも、食後は周辺の視察をするので、我慢です(笑)。


すばらしいお肉を堪能しながらも、
Pさんに5月からのバンコクのホテルの状況をうかがいます。

赤い服を着たデモ集団がグランド ハイアット エラワンの目の前の道路をいきなり、
バリケードを築き、占拠したのが4月14日のこと。
当日はウェディングが何組か行われる予定で、さらに客室も満室にちかい状態。
すでに入口からは車も人も入れないため、
スタッフがそれぞれ手分けをしてウェディング参列者のゲストに連絡を取り、
裏口から誘導したということです。
急きょ、ホテルを代わりたいゲストに別のホテルを手配して送迎を行い、
また、滞在されるゲストへのケアも行うなど。
スタッフ総出で、不測の事態に対処していったということ。

その後、数日はゲストを抱えていましたが、
さすがに安全性が確保できないとの判断から、4月20日に完全にクローズ。
とはいえ、スタッフは毎日、ホテルへ通ったそうです。

クローズから再開まで、一ヶ月以上も稼働ゼロのままでしたが、
この期間は、前向きにスタッフの研修やスキルアップのためのトレーニングに充てたとのこと。このあたりの有事に対するスキルは、大手ならではですね。
経験値が物語ります。

また、給与も通常どおり支払っただけではなく、
サービス料の分の上乗せもきちんと行ったと聞き、感心しました。
ゲストが支払うサービス料は、毎月、総額をスタッフに分配します。
当然、クローズ中は一切、収入がないわけですからサービス料も派生しません。
それをホテルとオーナー側が、その月のバンコクの主要ホテルの売上高からサービス料の平均を割り出し、それに準じた金額をスタッフに支払いました。

「一生懸命、ゲストとホテルを守ってくれたスタッフをねぎらいたかったの」と、Pさん。


デモ隊と治安部隊の衝突もなく、
小康状態のまま5月半ばまでホテルの目の前はデモ隊が占拠。
一気に緊張感が高まってきたのが、5月13日のこと。
この日、政府はホテルのすぐ横のラチャプラソン交差点を封鎖する旨を発令。
その後、非常事態宣言、夜間外出禁止令が出されます。


そして、5月19日、大規模な衝突があり、
今までお伝えしてきたような商業施設が暴徒により焼き討ちにあい、崩壊しました。
多数の犠牲者、被害を出したものの、
事態はこれにより終息していきます。


グランド ハイアット、そしてフォーシーズンズが再開をするのは、5月26日。
その数日前は、交差点周辺で大がかりなボランティアによる清掃活動が行われ、
各ホテルもミネラルウォーターや、食事を用意するなど炊き出しをしてサポートしました。


柔らかい笑みをたたえて、話をするPさん。
タイ人として今回の事態にはとても心を痛めているはず。
それゆえに、自分たちが、そしてホテルがどういう姿勢を見せなければならないのかも、
痛感していることでしょう。


b0053082_527764.jpg
b0053082_5272978.jpg

部屋に戻り、窓の外を見ると、ラチャプラソン交差点が見下ろせる。
焼け落ちたZENの上部が痛々しい。



バンコクが失ったものは、あまりにも大きすぎます。
by naoko_terada | 2010-08-08 03:59 | トラベル | Trackback(1) | Comments(0)
2010年7月23、24日のバンコク⑤


b0053082_05046.jpg

いったん、ホテルに戻りチェックアウトをして、次のホテルへ移動。

24日の午後は、ラチャプラソン交差点角にある観光客に人気のショッピングスポット「セントラルワールド」へ向かいます。ここには、セントラルワールドのほかに、伊勢丹、ZENといったショッピングコンプレックスが並び、多くの観光客でにぎわうエリア。まさに、バンコクの中心です。

5月19日の衝突後、ここに火が放たれ一部が延焼しました。

被害が最もひどかったZENは、完全にクローズ。
現在、再建に向けているとのこと。
塀で囲まれ、そこにはこんなメッセージが。

Rebuilding ZEN, Loving Thailand

May this rebuilding bring Peace & Prosperity to Thailand.
We must Reconcile as we are One Country, One Family and One People.

”ZEN再建、ラブ・タイランド

この再建が、タイに平和と繁栄をもたらすことを。
ひとつの国家として、家族として、そして人間として、和解を”


b0053082_1324245.jpg
b0053082_1325184.jpg

b0053082_1371894.jpg

ZENのお隣のセントラルワールドと、その先には伊勢丹。
セントラルワールドも閉鎖中、あまり被害を受けなかった伊勢丹はすでに再オープン。ふと、上を見上げるとセントラルの焼け落ちた上層部が見える。
フードコートなどがあったフロアですよね。こんなになったのが、せつないです。
観光客の中には、焼けた跡を写真に撮る人も。
やはり、みんな気になります。

b0053082_1382891.jpg

セントラルワールドと通りをはさんで対面するのが、もうひとつのショッピングスポット「ゲイソン」。グッチ、ルイ・ヴィトンなど高級ブランドが入るショッピングゾーンですが、こちらは幸いなことに延焼はまぬがれ健在。

b0053082_1423465.jpg

ラチャプラソン交差点から、ラーマ一世通りをサイアムセンター方向へ歩いてみます。
スカイトレインの高架をくぐり、ZENをみあげると真っ黒に焼けた上部。
早い再建を望まずにはいられません。


b0053082_146552.jpg
b0053082_1461830.jpg

b0053082_1551251.jpg

そんなZENとは対照的に、多くの買い物客でにぎわっていたのがサイアム・パラゴン。
セントラル・ワールドと人気を分けるショッピングコンプレックスです。
徒歩にしてわずか5分足らずですが、こちらは驚くほどの混雑ぶり。
実に対照的です。

実はこの時期、中国人や中東のホリデーが重なる時期。
さらに、一大セール時でもあり、しかもこの日は週末。
ということで、買い物客で大混雑。
入口にも長蛇の列ができていて、いささかひるみましたが、これはテロ防止のための持ちものチェックとX線でのボディチェックがあるため。

建物内は、とにかく買い物客であふれかえっている。
ほんの数カ月前のさわぎがウソのよう。
地下にある水族館サイアム・オーシャンワールド前では、海の動物たちのパフォーマンスが行われています(笑)。

b0053082_1585869.jpg
b0053082_1591554.jpg

サイアム・パラゴンに直結するスカイトレインのサイアム駅を通り、通りの向かい側へわたります。このあたりは手ごろなタイスキの店や、マッサージ店などの小さな店が集まる場所。夜には屋台も出ます。

「サイアムのあたりを見て回るのなら、向かいの映画館を見てきなさい。全部、焼けちゃったから」
そう、教えてくれたのはホテルのスタッフ。
忙しげに行き交う買い物客の喧騒の中、真っ黒に焼けた映画館の姿が無残です。


今回、バンコクを自分の目で見て、
本当は、「もう大丈夫!観光に行こう」とメッセージしたかったのが本音です。
でも、わたしの帰国後、二度の爆弾事件が起きました。
バンコクの非常事態宣言もいまだ解除されていません。
ですから、今後もまだ何か起きる可能性は否定できません。

それでも、バンコクは以前の「日常」を取り戻しています。
5月のような緊迫した様子はなく、わたしが歩いてみたように、街も人もいつものように動き、いつものように観光客を出迎えています。

今、わたしの中では、バンコクに観光客として戻ってもらいたい、という思いと、安全であるとハッキリと言えないもどかしさが混在します。
残念ながら、それがわたしの限界。
自分の非力さと、引き続くバンコクの抱える闇の深さを実感するばかりです。



b0053082_243590.jpg

夕方まぢかになり、あたりには屋台の支度を始める風情。
昼間の熱気も、少しやわらいできたように思います。

週末らしい、のんびりとなごやかな時間です。


b0053082_263226.jpg
b0053082_264334.jpg

ホテルに戻る前に、ラチャプラソン交差点脇にある、エラワンブームへ。

ここは、バンコク市民に慕われる神ブラフマーをまつったもので、連日、多くの参拝客でにぎわう名物スポット。5月の緊迫した時期には封鎖区域内にあったため、訪れることもできませんでした。

30バーツで美しい花と線香を買い、
熱心に祈る人たちにまじって、わたしも静かに祈ります。


願うことは、ただひとつ。


We must Reconcile as we are One Country, One Family and One People.
by naoko_terada | 2010-08-01 00:46 | トラベル | Trackback | Comments(2)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム