ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
<   2010年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧
ゴードン・ラムゼイ at コンラッド東京の隠し味



この夜のハイライトは、「ゴードン・ラムゼイ at コンラッド東京」でのディナー。

いつもお世話になっている
広報のI女史にエスコートされて、ダイニングへ。

迎えてくれたのは、シェフ・ド・キュイジーヌの前田慎也シェフ。
ロンドンの「ザ・キャンティーン」、
ニューヨークの「アクアヴィット」などの一流レストランや高級ホテルでの経験を経て、
ミシュラン三ツ星の「ザ・レストラン・ゴードン・ラムゼイ」の副料理長に就任。
ゴードン・ラムゼイのレストランシェフの中で
唯一のアジア系シェフとして台頭をあらわし、
入社後わずか数年で、
シェフ・ド・キュイジーヌとしてコンラッド東京へ派遣された実力派です。

2年ぶりにお会いした前田シェフ、
凛とした職人気質は変わらぬものの、ひとまわり大きな存在感を放ち、
この2年がとても濃密だったことを感じさせます。
2008年2月に就任して、その年の11月発行の「ミシュランガイド東京2009」で一ツ星を、
続けて昨年の「ミシュランガイド東京2010」でも一ツ星を獲得。
プレッシャーもあったことでしょう。
でも、その重みをしっかりと受け止め、
経験に置き換えるたくましさも身につけられたようです。

今回は、シェフおまかせのコース。
アミューズから始まり、
前菜、ゴードン・ラムゼイのシグネチャーでもあるロブスターのトルテリーヌ、
魚、肉、プレデザート、スフレ、タルトタタンと贅沢なフルコース。
(料理をちょっとだけお見せしたかったのですが、
このレストランはブロガー泣かせの暗めの照明のため、撮影は断念)。


一見、シンプルなモダンフレンチ。
でも、香りと口に運んだ後の、風味は実に個性的。
創造性こそが、ゴードン・ラムゼイの真骨頂だとの思いを再認識する料理が続きます。
確かに、ゴードン・ラムゼイの味。

今回、感じたのはその中に見え隠れする前田シェフの下心(笑)。
彼が重ねてきたシェフとしての経験値と技量が、ちらりとおりこまれている。

わたしにはこれがとても面白く思えました。
ゴードン・ラムゼイという名レストランの看板のもとで、
自分の味をどこまで際立たせるか。

「個性」という名の隠し味。


今年5年目を迎えるコンラッド東京。
開業以来、何度も訪れていますが、
ゆっくりと熟成された年月を重ねてきていることを実感します。
新しいホテルの新鮮さ、高揚感も好きですが、年月の風合いもとても好ましい。

料理もホテルも、人も。
長く続けていく先に見えてくるものがあります。

5年目のコンラッド東京にも確かに、それが息づいています。
by naoko_terada | 2010-04-29 21:19 | ワイン&ダイン | Trackback | Comments(0)
ジャパンビューティなる5年目のコンラッド東京


5年前の今頃、わたしはヘルメットをかぶって工事現場の中を歩いていました。

フロアには青いビニールシートが張られ、家具類もまだ搬入されていない状態。
それでも、窓の外に広がる今まで見たことのない東京湾の眺望に、
大きな期待と高揚感をおぼえたことを今でも記憶をしています。


それが、コンラッド東京でした。
開業は2005年、7月1日。
その直前に、内部を見せてもらったのです。

ゲストルームはモックアップと呼ばれる見学用の客室を見せてもらったのですが、
そこに漂うモダンジャパニーズの粋は当時、どこにもなかったもの。
本当に新鮮で、
日本人として東京にこんなホテルが誕生することをとてもとてもうれしく思いました。

あれからもう5年、
この間に、東京のホテルのスタンダードは大きく変わりました。
その始まりともいえる、コンラッド東京。
久しぶりにゆっくりする時間をいただきました。


b0053082_1940477.jpg

b0053082_19403444.jpg

まずは、「水月(みずき)スパ」で新トリートメントメニューを体験。
イタリア生まれの人気スパプロダクト「コンフォートゾーン」に新しく登場したオーガニックライン「セイクリッド・ネイチャー」を使った新しいメニューの中から、90分の「セイクリッド・ネイチャー」をチョイス。

天然ホホバ粒子の入ったマイルドなゴマージュのスクラブで、
やさしく全身の汚れをポリッシュ。
そして、さらりとしたテクスチャーの自然成分100%のボディオイルでじっくりとマッサージ。
さらに、バストケア、フェイシャルも加わったパーフェクトな内容。
「セイクリッド・ネイチャー」の天然の保湿と栄養補給効果を実感する
アンチエイジング・トリートメントに仕上がっています。

的確にわたしのボディパーツの凝りをほぐし、
体を開いてリンパの流れを導きだすセラピスト嬢の技術力と共に、
オレンジウォーター、バタフライブッシュ、シアバターといった
オーガニックな成分の甘くみずみずしい香りに包まれて心身ともにリラックス。
こういうきめ細かく、丁寧なトリートメントは日本のスパ&セラピストならでは。
安心感とここちよさに満足度も高まります。

この「セイクリッド・ネイチャー」、
国際有機認定機関「エコサート」に認定されたエココスメで、
フェアトレード認証を受けた原料を使用するほか、
中米コスタリカの熱帯雨林の植林活動に売り上げの一部を寄付するなど
サスティナブルなプロジェクトに貢献。
肌が表面上かかえる問題だけではなく、
五感にアプローチして美と健康をトータルにサポートする、という
コンフォートゾーンの企業哲学を受け継いでいます。

b0053082_19424430.jpg

夕方にスタートしたトリートメントが終わった頃は、
汐留のビル群の明かりまたたくトワイライトタイム。
スパラウンジで温かいリフレッシュメントをいただきながら、
しばしまどろむ幸せ。


そして、軽くシャワーを浴びたら、もうひとつの至福のお楽しみ。

ディナーが待っています。
by naoko_terada | 2010-04-28 19:35 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(0)
タイムアウト東京トークイベント、ご参加ありがとうございました!


昨日、Tsutaya Roppongiでのタイムアウト東京イベントにご参加いただいたみなさま、

ありがとうございました。

途中、雨も降り、肌寒い夜となりましたが、
ゲストとのトーク、おおいに楽しませてもらいました。

このブログを見て、お出かけくださった方たちにも感謝いたします。
お会いできてうれしかったです。


LGBTツーリズムが生みだす愛と勇気のケミストリー。
ほんの少しでも、そのエッセンスを感じていただければ、と思っています。


主催してくださった、タイムアウト東京、
Tsutaya Roppongiのスタッフのみなさま、おつかれさまでした。



実は、昨日はわたしのバースデイ。

みなさんとの出会いが、すてきなプレゼントとなりました。
ありがとうございました。


b0053082_20182188.jpg

写真/コンドウマナブ
by naoko_terada | 2010-04-25 20:26 | トラベル | Trackback | Comments(6)
タイムアウト東京・トークイベント『LGBTツーリズム』に出演します!


b0053082_0273138.jpg

写真/コンドウマナブ


みなさん、タイムアウトってご存知ですか?
ロンドンやニューヨークなどの最新都市情報を網羅する、
リアルタイムの情報誌。
わたしも海外滞在中にはよく、お世話になっています。



その、東京版がタイムアウト東京

今週、24日(土)、「旅」をテーマにタイムアウト東京フェアが開催されているTSUTAYA TOKYO ROPPONGIで、フェアの一環としてトークイベントがあり、参加します。


テーマは、LGBT。

以下が内容です。


米国では年間70兆円を越えるマーケットとして注目を集めているLGBTマーケット(LGBTとは、L=レズビアン、G=ゲイ、B=バイセクシャル、T=トランスジェンダーの頭文字をとったもので、セクシャルマイノリティーの消費市場を意味)。LGBT層はトレンドに敏感で、可処分所得も高く、消費行動が活発だと言われており、注目を集めている。なかでもとりわけ盛況なのが旅行市場だ。観光立国をうたう日本もLGBTマーケットをターゲットとした新たな観光資源開発に取り組む必要があるのではないだろうか。

『旅』をテーマにしたタイムアウト東京フェアが開催されているTSUTAYA TOKYO ROPPONGIにおいて、フェアの一環として、4月24日、トラベル・ジャーナリストの寺田直子、日本で唯一のゲイ向け旅行会社『コチ株式会社』の東田真樹、世界中のゲイ・シーンを伝えているライターよしひろまさみちの3氏を迎えてのトークイベント『タイムアウト東京 presents LGBTツーリズム』が開催される。不況下でも安定した成長を続けているという『LGBTツーリズム』の動向について、『シドニー・ゲイ&レズビアン・マルディグラ』の映像を交えながら、トークライブを展開。さらに、ニューヨーク市で開催されている『NYC プライド・マーチ 』の模様も紹介する。日本では、ブームとしての話題にはなりながらも見過ごされてきた未開拓のLGBTマーケット。この市場の魅力に、現場の声を通して触れることのできる貴重な機会に是非参加してほしい。

タイムアウト東京フェア・トークイベント『LGBTツーリズム』
会場:TSUTAYA TOKYO ROPPONGI
日時:4月24日(土)20時00分から21時00分まで(約1時間のトークイベントを予定)
料金:無料
ゲスト:東田真樹(コチ株式会社) 、寺田直子(トラベル・ジャーナリスト)、よしひろまさみち(ライター)
MC:透海零(元LGBTマガジン「yes」編集長、タイムアウト東京・LGBTセクション)
協力:ニューヨーク市観光局




わたしは数年、
追いかけていたシドニーのLGBTパレード、マルディグラの様子をお話する予定。

なぜ、LGBTなのか。
マーケットの潜在価値の高さもあるのですが、
それよりも何よりも彼らの生き方に感動をもらえるから。
ゲイシーンが日常のシドニーで暮らし、ゲイの友人もいる身としては、
彼らの生き方の光と影を見てきました。
そこには、人間らしさと自由に生きるためのリスクとプライドがあります。

それが一気に昇華するのが、毎年、開催されるマルディグラなのです。

断言しますが、今まで世界中で見てきたイベントで、
これほど感動と勇気を与えてくれたものはありません。



一般の観光客でも心から楽しめるLGBTツーリズムは
非常に大きなポテンシャルを秘めています。
ぜひ、旅行業界の方にももっと注目していただきたいと思っています。



当日は、タスマニアに暮らす、我が愛すべき友人のコンドウマナブ氏のライブ感あふれる写真もお見せします。

※「これを撮ったフォトグラファーにぜひ会いたいというストレートのセクシー女子がいましたら、すぐに僕の連絡先を教えてあげてください」。
とはマナブちゃんからのメッセージ。
そんな奇特な女子がいたら、わたしにご一報を(笑)。



土曜の夜、六本木でお会いしましょう。

ご参加、お待ちします!


b0053082_056571.jpg

写真/コンドウマナブ
by naoko_terada | 2010-04-20 01:06 | トラベル | Trackback(2) | Comments(8)
パワースポットが隣に!ロワジールホテル&スパタワー那覇


b0053082_4135418.jpg

アジエンスのパワースポット・コラムがアップされるので、
それにあわせて沖縄のリゾートの紹介をひとつ。

それが、ロワジールホテル&スパタワー那覇
昨年、リニューアルを施して、よりラグジュアリーなリゾートに変身、
ということで取材に訪れてみました。

今回はワンランク上のスパタワーに滞在。
専用レセプションは、クラブラウンジのような雰囲気です。

b0053082_4183671.jpg
b0053082_418437.jpg

客室へと導かれる「スカイウォーク」と名付けられた渡り廊下には、
沖縄らしい色づかいと、意匠が施され南国風情がリゾート気分を盛り上げます。

b0053082_4212827.jpg
b0053082_4213696.jpg
b0053082_4214392.jpg

こちらは、ベイビューデラックス。
ベッドボードの上には、紅型のようなモチーフのハイビスカスの柄があしらわれ、
こちらも華やかなムード。
リビングスペースに、充実のアメニティが並ぶ、ゆったり広いバスルーム。
窓の外にはテラスがあり、正面にはライブ感のある港湾エリアが見渡せます。

b0053082_4255353.jpg
b0053082_426597.jpg
b0053082_4261757.jpg
b0053082_4262549.jpg

そして、このリゾート最大の特徴が、そう温泉!
正真正銘の天然温泉が備わっているのです。

「琉球湯治ちゅらスパ」と呼ばれる温泉は、那覇で唯一の天然温泉。
約800万年前の化石海水を源泉にもつ食塩泉で、
地下深くから湧出する、地球の恵みです。

保湿・保温効果、美肌などに効能があるとされ、
トロリとしたお湯は、塩分のせいでしょう、
湯上り後はしばらく体がポカポカと温かく、しっとりとなじんでいました。

さらに、温泉のお隣にはスパ施設が。
こちらは、きっちりとスパ・コンサルティングが手がける本格的なもので、
「アーユルヴェーダ」を取り入れた、セラピストによるオールハンドのトリートメント。
加えて、月桃、黒糖など沖縄ならではの素材を組み合わせた、
オリジナリティあるメニューが特徴。

沖縄の天然塩「しままーすー」と黒糖「くるざーたー」を混ぜたもので、全身をスクラブ。
その後、「くちゃ」と呼ばれる泥でパック。

この「くちゃ」が凄い!
地元では、「おばあ」も使うと言われる庶民の美容アイテムなのだそうですが、
スパ後の吸いつくようなもっちり感と、余分な汚れをスッキリ落としたようなつや感!
セラピストのスキルも高く、
温泉でリラックスした心身をツルッツルに磨きあげてくれます。

b0053082_4433452.jpg
b0053082_4434470.jpg

ロワジールの温泉の正式名称は、「三重城温泉(みいぐすくおんせん)」。

リゾートのすぐ隣は、かつて琉球王国時代、
中国など東南アジアへの貿易船が盛んに行き交っていた港。
その港を守るために砲台が築かれたのですが、
それが三重城(みいぐすく)と呼ばれ、
今でも那覇の神聖な場所として大切にされています。

大交易時代が終わった後は、外国へ旅立つ人が家族への別れを告げる場所となり、
やがて、異国の地で無念にも亡くなった人の魂を鎮魂する場所へと変わっていきました。

リゾートのメインエントランスの脇から、ガジュマルの大木が茂る階段を上ると、
すっと視界が開け、小さなほこらと、その先に広がる水平線が目に飛び込んできます。
ときおり、祈りをささげる人の姿もある、那覇の歴史を見守ってきた地。

そのパワーあふれる場所から湧き出す温泉。
これはまちがいなく、ご利益があるはず。

琉球湯治を満喫しつつ、ハッピーパワーももらっちゃいましょう!


b0053082_4445189.jpg

by naoko_terada | 2010-04-18 04:11 | 日本 | Trackback | Comments(2)
2泊3日でここまでリフレッシュできる! 海南島の贅沢リゾート


本誌でもお世話になっています、Elleのオンラインにて、
弾丸トラベルのおすすめスポットをレコメンドしています。

場所は、「中国のハワイ」と言われ、続々と高級リゾートが誕生している海南島。
2泊3日で楽しめる、内容充実トリップです!
しかも、広州での乗り継ぎ便のデメリットを逆に活かして、
さっくりと老舗店での本場・飲茶も堪能!
と欲張っています。

このスケジュール、実際に自分で試しているもの。
元旅行会社務めの身としては、
短い滞在でも無理なく、しっかり楽しいプランとするのがモットー(笑)。


このブログでも、近々、リゾートの紹介をするつもりですが、
どうぞ、「週末バカンス」としてお試しください。



b0053082_173547100.jpg

by naoko_terada | 2010-04-16 17:10 | 掲載メディア | Trackback | Comments(7)
ぼうろと、タジンとビスコッティ


b0053082_0115270.jpg

偶然にも、友人の編集者ふたりが料理本を手がけ、事務所に送ってくれました。

一冊は、「男前ぼうろとシンデレラビスコッティ」

代々木上原にあるマクロビオティック・ベジタリアン料理&カフェの「Kanbutsu Cafe」の店長を務める、按田優子さんが著者。

コリアンダー風味のチョコレート、発芽小麦の納豆ビスコッティなどなど。
「目からウロコ」のユニークなお菓子のレシピばかり。

メニューもですが、それよりもスーパーユニークなのが彼女の文章。
なぜ、この食材なのか、なぜ、このレシピなのか。
彼女のお菓子に対する愛情ほとばしる、
絶妙な言葉あそびのサジ加減と、グルーヴ感。
これこそが、この本の真骨頂。

あ、BGMにはCKB(クレイジーケンバンド)が最高に似合いますよ♪

企画・編集、デザイン、撮影など、すべてわたしの大好きな友人・後輩たち。
農文協(社団法人 農山漁村文化協会)から発行というのも、渋いですね。
同じく、農文協の「うかたま」では、
わたしも「gohan×tabi」という連載をさせていただいています。




b0053082_0253212.jpg

そして、もう一冊が「とっておき!タジンレシピ」

サブタイトルが、「本場の伝統料理やスイーツも紹介!魅惑の全65品」

モロッコ料理店のオーナーや、料理研究家、フードクリエイターなど
5人のタジン鍋の達人たちが、バラエティに富んだレシピを紹介。
へぇ、こんなものも作れるのね、しかも簡単そう!
と思えるようなメニューが続き、こちらも興味深い料理本です。
タジンポットさえ用意すれば、すぐ実践できる本格的かつ簡単メニューは、
美しいビジュアルもたっぷりで仕上がりのイメージもよくわかります。


ということで、旬なお料理本、二冊。


とりあえず、わたしは眺めてみて、
「コレが食べたい」と料理が得意な友人たちにおねだりするつもりです(笑)。
by naoko_terada | 2010-04-15 00:47 | その他 | Trackback | Comments(0)
何だか、おもしろくなってきました


怒涛の海外取材が続いた先月とは別に、
今月は事務所で編集・執筆作業にとりかかっています。

その合間に、さまざまなイベントや会食にお声がけをいただき、
いそいそと出かけています。

すてきな会場、美味しい料理とシャンパン。
そんなものも魅力ですが、やはり一番の楽しみはさまざまな方にお会いできること。
旧知の編集者、ホテルマンから、新しくお名刺を交換させていただく方。
この出会いこそ、フリーランスにとっては貴重。
仕事面だけではなく、人間性、社会との接点など勉強させていただくことは多いです。


本日は、日本の観光を代表する方とランチをさせていただきました。
何度も仕事でインタビューはさせていただきましたが、
こうしてフランクに食事をしながらの時間は初めて。
とても刺激的で、建設的な時間をちょうだいしました。


今年のわたしの大きなテーマのスタートを予感させる。
そんな、実りある時間。



いろいろと動き出しますよ♪
by naoko_terada | 2010-04-14 16:31 | その他 | Trackback | Comments(0)
プレシャス 「最高の贅沢 おいしい朝ごはん!」


b0053082_10411433.jpg

発売中のプレシャスで、
「最高の贅沢 おいしい朝ごはん!」にて、寄稿しています。

文豪の愛した正統派の朝食から、名旅館の朝ごはんなどを厳選。
わたしは、名門ホテルでの最高の朝食をご紹介。


見ているだけで、食べたくなる、訪問したくなる美味しいページですよ。



ぜひ、ごらんください。
by naoko_terada | 2010-04-08 10:53 | 掲載メディア | Trackback | Comments(8)
4月10日、羽田空港へ行かれる方はご注意を!モノレールが運休しますよ!!




今週、4月10日に羽田空港をご利用される方、
ご注意ください。

モノレールが運休しますよ!

これは、今年10月に誕生する国際線ターミナルのため。
ターミナルに直結される駅の新設に伴う線路の切り替え工事が行われるからです。

期間は、4月10日(土曜)13:00頃から終電までの間を予定。
区間は、昭和島~羽田空港第2ビルの間。

工事中、浜松町~昭和島間では折返しの運転を行うそうです(約6~10分間隔で運転)。
流通センター~羽田空港第2ビル間では代行バスの運転を行います。



詳細は、東京モノレールのサイトでご確認ください。


週末の春旅行をご計画の方、アクセスを確認してどうぞ、よい旅を!
by naoko_terada | 2010-04-07 01:31 | その他 | Trackback | Comments(2)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム