ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
<   2010年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧
冬のトマムは盛りだくさん!


b0053082_945752.jpg
b0053082_95725.jpg

無事、氷のホテルから生還した我々を出迎えてくれたのは、
昨晩、降り積もったふわっふわの新雪でした。

ブーツのまま、歩いてみるとサクリと埋まる。
その軽いこと。
風に舞い、さらさらと朝日に輝く雪はパウダースノーよりもさらにきめこまかく、
マイクロ・パウダースノーと言いたいほど。

後で聞くと、今シーズンでベストのコンディションだったそう。

ゴンドラに乗ってピークにあるスカイステーションまで登ります。
ここは、夏のシーズンには雲海テラスとなるスポット。
スキー、スノーボードとみんな次々に滑り出します。

b0053082_9181289.jpg
b0053082_9182314.jpg

そして、トマムの名物、といえば「ちょっかり大魔神」
トマム山を「チョッカリ山」にするという野望を持った悪者。
東京ドーム6個分という広大なゲレンデを舞台に、数々のチャレンジをクリアしながらどこからともなく現れる大魔神をやっつけるファミリー用のアクティビティが大人気。
悪者なのに、なぜかとっても子供たちに好かれているのが微笑ましいです。

b0053082_9265592.jpg
b0053082_927870.jpg

ゲレンデにあるレストラン「カウベル」ではエゾジカのカツカレーが名物。
サックリと揚がったカツは、とても柔らかい。
きっちりスパイシーな大人な味のカレーもなかなかです。

「カウベル」はセルフサービス。
わたしたちもトレーを持ってカレーができるのを待っていました。
先にルーが出てきたのですが、カツが揚がるのに時間がかかっていて、
しばし待たされる。

「ちょっと遅いなぁ」と思っていたら、
サービスをしてくれている若い女性スタッフが、「カレーが冷めちゃいましたね。すみません。今、温かいものに換えます」と言って、いったん、出ていたルーをさっと下げて新しいものに換えてくれました。

こういう気配り、ゲストの心情を思ったサービスをする彼女の心根がとてもうれしい。
待たされた気分も、これで一気になくなっちゃいました。

b0053082_9375937.jpg
b0053082_938128.jpg
b0053082_93826100.jpg
b0053082_9383567.jpg
b0053082_9384712.jpg
b0053082_9385742.jpg

思いっきりゲレンデで遊んだ後のお楽しみは、やっぱり食事。
トマムには通年営業のメインダイニングから、樹齢150年の針葉樹に囲まれた森のレストラン「ニニヌプリ」など季節限定のレストランなどが充実。

カップルなロマンチックに北海道フレンチ、ファミリーならお腹いっぱい好きなものが食べられるビュッフェなど、どこで食べようか迷うほど選択肢は豊富です。


b0053082_945333.jpg

b0053082_946680.jpg

b0053082_9454252.jpg

そして、冬ならではの施設が幻想的な氷の教会。
もちろん、ここで挙式することができます。


厳冬の北海道を体験したのは初めてでした。

でも、今、思い返すと何だかとても温かい気持ちになる。
そんなほっこりとした旅でした。

お世話になったみなさま、ありがとうございました。


b0053082_948516.jpg

by naoko_terada | 2010-02-25 09:03 | 日本 | Trackback | Comments(0)
そしてついに氷のホテルへと


b0053082_541217.jpg

氷のレストランでディナーを体験した後、
アイスビレッジ内にあるアイスホテル用のレセプションへ。

といってもここも氷。

氷のホテルは今年は3室。
去年は1室だけだったのですが、1室だと
「お泊りのお客様がいらっしゃると見学できないので」とのこと。
そうなんです、みんな見に来るんですね。

「こんなとこに泊まる人いるの?信じられない~!」
といいながら携帯で写真を撮る見学中のゲストの横を通ってチェックイン。

一番奥の部屋へと通される。
唯一、木製の扉を開けると、そこは本当に氷に包まれた空間。
「ほうっ」と感心してみせると、息が白くなる。
室内はだいたいマイナス3℃前後に保たれるとのこと。
トマムのある占冠(しむかっぷ)村は道内でも冬場の気温低下が著しい場所。
わたしが帰った翌日は、なんとマイナス34.4℃!という日本一の寒さを記録!
そんなときも室内はマイナス3℃あたりを維持。
カマクラと一緒ですね。

今回は、広報のM嬢と同室。
室内はふたりでも余裕の広さ。もちろん火はつきませんがキャンドルでライトアップされた暖炉、テーブルなどが置かれます。

もちろん、これらもすべて氷。

b0053082_541431.jpg

そして、ベッドの代わりにふたつ並んでいるのが、寝袋。
モンベル社製の最高級品。エベレスト登山隊なども使用するようなハイスペックです。

心強いです。

さらに、着ぐるみのように着こむもこもこフリースのパジャマとスリッパ!
床には毛皮が敷かれ、氷に直接触れないようになっています。

あたりまえですが、室内にはテレビや電話、ミニバーなどは一切ありません。
この時点で、23時頃。

このまま寝てもいいのですが、どうしようか、なんて話あってみる。

b0053082_63621.jpg

実は、氷のホテルに宿泊するゲストだけの特権、
なんと、外には氷の露天風呂があるのです。
時間制の貸切になるので、ゲスト同士がかちあうことはありません。
この日、ゲストはわたしたちだけだったので自動的に貸し切り状態に。

外は雪がかなり降り積もってきている。
このまま寝袋にもぐりこみたいけれど、やっぱり氷の露天風呂も体験しないと。

と決心し、ひとりづつ入ることに。

まずは、わたしから。
室内でバスローブに着替えて扉を開けると、その瞬間、雪の粒が顔にかかる。
その冷たいこと!

そして、シープスキンのスリッパで一歩、外に出ると。

ズボッ!
ほんの数時間であっという間に降り積もった雪にくるぶしまで埋まる。。。


意を決してズブズブと雪に埋まりながら進みつつ露天風呂へ。
もうすでに頭に雪が積もっている。


露天風呂自体は、温かいお湯がたっぷりで給湯も可能なので、
一度入ってしまえば天国。
でも、出るのに勇気がいります。
濡れた体をタオルでふき、冷たくなったバスローブを着るのは、ちょっと罰ゲームぽくて泣きそう(笑)。


無事、遭難せず部屋戻ると、なんと!室内が温かく感じる。
すごいです。
露天風呂への罰ゲームをM嬢にバトンタッチして、こちらはさっさと寝袋に。
中は信じられないくらい温かい。
ゆったりしているので寝返りもできるし、ぬくぬくです。
温かく、乾燥していることのなんと幸せなことか!


実際、この夜、寒くて起きるということはまったくなし。
最近のハイテクギアはすごいですね。
驚きました。


罰ゲームから戻ったM嬢も無事、寝袋におさまり、
柔らかな灯りがもれる室内でおやすみなさい。


ふと、夜中に目をさます。
ミシッ、とときおり氷がつぶやく。
雪が降っているときだけ感じる、音が飲みこまれた闇に包まれる。

氷と雪が語りかける、北の国の夜は饒舌です。




翌朝は7時に起床。


扉を開けると、ひと晩たっぷり降った新雪がまぶしく輝いている。
青空も顔を出している。

b0053082_632053.jpg

by naoko_terada | 2010-02-24 05:39 | 日本 | Trackback | Comments(4)
トマムのアイスヴィレッジで、氷のホテル体験


ちょっと間があいちゃいましたね。先日の続きです。

いつも私のために、飛び回ってくれる熱血広報M嬢と共に、トマムの施設を拝見後。
いよいよ氷のホテル宿泊です。

氷のホテルのチェックインは19時。
まずは、その前にディナーです。

向かったのは、今年初めての登場となるホワイト・フォレスト・レストラン
アイスビレッジ内の氷のレストランです!

b0053082_2251524.jpg
b0053082_2252489.jpg

レストラン入口では、とってもキュートなユニフォームを着たスタッフがお出迎え。
森ガールぽくて、かわいい。

店内は写真のように、本当に氷の世界。
ドームのようになった氷の空間にテーブル席が配置されています。
テーブルも氷。

b0053082_22562417.jpg
b0053082_22563988.jpg

まずは、M嬢と赤ワインで乾杯。
それと一緒に出てきたのは、サーモンの前菜。
すでに半凍状態でシャリシャリとルイべのよう(笑)。
でも、さすが北海道、脂がのっていて美味。
赤ワインも冷えていますが、キュッと飲むんでしばらくすると胃のあたりがじわりと温かくなってくる。

気をつけなくてはいけないのは、グラスやカトラリーを直接、
氷製のテーブルに置かないこと。
手にすると冷凍状態になっているだけではなく、凍りついてしまいとれなくなります。

b0053082_23132423.jpg
b0053082_23133753.jpg

前菜に続いて出てきたのが、メインとなるチーズフォンデュ!
クツクツと鍋から湯気をたてるチーズをこんなに愛おしく思ったのは初めてです(笑)。
バゲットや北海道産のジャガイモ、アスパラ、ホタテ、ブロッコリーをとろりと溶けたチーズにつけて口にほうばる。
温かい素材が咀嚼され、ノドから胃に落ちていくのがわかる。
それだけ、体が冷えているということでしょう。
熱=エネルギーなのだと、しみじみと実感します。

すくいとるようにチーズを食べ尽くし、最後はカリカリになったチーズのおコゲ(これ、大好きです)もいただくと、結構、満腹。
でも、その後さらに、タジンが登場。
それも、豪華にロブスターです!
旨みの出たスープと一緒にこれもぺロリ。

b0053082_23291854.jpg

最後はモンブランとジェラートのデザートでフィニッシュ。

ふー、満足。

b0053082_23312137.jpg

この、ホワイト・フォレスト・レストランは3月末まで営業予定で、
予約も不要で誰でも楽しめます。

アイスビレッジ内には、この他、幻想的なアイスバーもあり、氷のオリジナルグラスの制作が体験でき、そのグラスでカクテルを飲むこともできます。


b0053082_23415433.jpg

レストランの外に出ると、細かな雪が降っていました。
アイスビレッジの焚き火カフェも、そろそろ店じまいな気配。
グンと気温も下がっている。


さらさらさらと、肩や髪に落ちてくる粉雪たち。

溶けることもなく、氷の結晶のままにさらさらさらと手の中から宙に舞う。


今日一日のすべての笑い声と、幸せな言葉をすべて閉じ込めて。




さらさらさら、と。


b0053082_23424487.jpg

by naoko_terada | 2010-02-20 22:34 | 日本 | Trackback | Comments(1)
今日これから!宇宙飛行士・野口さん宇宙からDJ!!あ、私も


本日、12:20~12:30頃。

J-WAVEのMusic+(ミュージックプラス)にて、なんと!
宇宙飛行士・野口聡一さんが宇宙からDJを!!

今週一週間、宇宙からまさにロマンたっぷりのメッセージを発信してくれます。

すごいです。


あ、それから今日は私もコメントで登場させていただきます。

今日のテーマはパワースポット。
みなさんのメッセージ、リクエストも大募集中です。


ナビゲーターは、ラヴリーヴォイスのDJ TAROさん。

東京以外のリスナーのみなさんは、無料のインターネット放送Brandnew-Jでお聴きください!!




地球、そして宇宙へ。
ハッピーな一週間になりますように!
by naoko_terada | 2010-02-15 11:57 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
氷見から、北の国へ。。。


b0053082_17312928.jpg

ただいま、バンクーバーです。

More
by naoko_terada | 2010-02-12 17:46 | 日本 | Trackback | Comments(0)
日本随一の、美味しい魚が獲れる氷見漁港へ


b0053082_21543715.jpg

b0053082_223850.jpg

宴会の翌日、朝、6時に起きて向かうのは氷見漁港。

今回の視察ツアーのために、特別にセリを見せてもらうことに。
昨日、いただいたブリをはじめ、活きのいいい冬の魚の水揚げが見られるチャンス、
早朝もいといません。

朝が近づく気配をまとわせながらも、まだ夜明け前の港。
早くも、水揚げの作業が行われています。
これはイカ。
この日はイカが多く、あがっていました。

大変な作業です。
頭が下がります。

b0053082_2241683.jpg
b0053082_2244642.jpg
b0053082_2245710.jpg
b0053082_225685.jpg

水揚げ作業が終わり、セリが始まりました。

赤い帽子が仲買人のみなさん。
真剣勝負なので、邪魔をしないようにしながらカメラを向けます。

同行していただいた、漁港関係者の方の説明では、この日の水揚げは通常よりも、まったく少ないとのこと。確かに空いているスペースが多い。
今年はひと月ほど漁の時期が遅れている、ということを物語っています。

b0053082_22243966.jpg
b0053082_22245358.jpg
b0053082_2225628.jpg

と話を聞いていたら、真打登場です!
ブリです。

重さを量り、次々に並べられていくブリ。
この日の水揚げは30本程度。


富山湾はすばらしい天然の漁場です。

河川から流れる塩分の少ない表層水、その下に逆側に流れ込むのが対馬暖流系水。そして、その底に急に落ち込む300メートル以深の日本海固有冷水。
さらに、回遊魚が入り込みやすい地形。
こういった好条件が、富山湾を日本随一の漁場にしています。

また、漁場から港まで船で20、30分程度。
鮮度の高い魚を水揚げできるのも大きな特徴です。

氷見では、定置網漁法、刺網漁法、さより船曳漁法、八艘張漁法などの方法で、魚を傷つけることなく迅速に捕えます。
なかでもブリの鮮度は別格。
まず、船に挙げるとブリを大量の氷に浸します。
ブリは8℃の水温になると気絶するとのこと。
これが、「沖じめ」です。

環境、鮮度を保つ技術が重なり、
どこよりも鮮度の高いブリが港へと運ばれてくるわけです。


築地と異なり、残念ながら現時点で、氷見漁港の見学は不可です。
今後は観光資源として、邪魔にならないルート、人数などを決めて観光客が見学できるような話し合いもされているそうです。
日本人はもちろん、きっと海外から観光客も興味あることでしょう。


b0053082_2254381.jpg

そんな観光客に人気なのが、漁港のすぐ横にある海鮮館
ここは、「道の駅」でもあり、全国でも珍しい漁港内にある「道の駅」です。

b0053082_2305327.jpg
b0053082_231622.jpg

早朝、私たちが見学したセリの後、ここに運ばれてくるので、
並んでいる魚はどれも文句なしに新鮮!

しかも、安い!


b0053082_2316071.jpg
b0053082_23161482.jpg

b0053082_2329336.jpg

この日はやはりイカが新鮮でお得でした。
また、アンコウ、甘エビ、富山湾でしか獲れない濃厚な甘さの白エビなど。
もちろん、寒ブリもあります!
鮮魚から加工品、食事処に軽食、観光案内所もあり、やはり氷見に来たらここは素通りできません。

わたしも滞在30分のお買いもの時間内で、イカ、甘エビ、白エビ、ノドグロの昆布ジメ、レトルトの氷見牛カレーなどを一気に大人買い。
その場で東京までクール便で送ってもらう。

でも、思う。
できることなら、ぜひ、氷見まで足を運んでこの場所で、
驚くほど活きのいい寒ブリや魚、エビなどを心ゆくまで味わってほしい。


やっぱりそれが、旅の醍醐味。
その場所の空気感、人情などに触れあうことで、
美味しさがもっともっと、味わい深いものになりますよ。
by naoko_terada | 2010-02-09 21:52 | 日本 | Trackback | Comments(5)
氷見といえば、寒ブリ!!


b0053082_21501094.jpg

b0053082_2150217.jpg

飾りかまぼこの途中、早くも視察ツアーのハイライト、
その朝、採れたばかりの氷見の寒ブリが登場!

富山弁でいうところの、キトキト(新鮮)のみごとな天然の寒ブリです。
それを目の前で、解体して見せてくれました。
重さ10キロほどだったかな

b0053082_21503216.jpg

マグロと同じ、大トロの部分。
この時期の富山湾のブリは、豊かな海域の回遊をくり返し、
しかも産卵前のため、たっぷりと脂がのっています。

本当にみごとで、美しい。
いえ、美味しそう。

b0053082_21504797.jpg

そんな我々の熱い視線を感じたのか、
本当はその夜の宴会用にとさばいたものですが、ちょっとだけ味見をさせてもらうことに!

b0053082_2151121.jpg

見てください、このエッジの際立っていること。
太っ腹な厚みもですが、鮮度がいいのでしっかりと立っています。

氷見商工会議所の方たちも、用意周到です。
紙コップに、氷見・高澤酒造場の銘酒「曙」をそそいで参加者全員に渡してくれます。

大ぶりの切り身をちょんっ、と醤油につけてみる。
脂がのっているので醤油がはじける。

ひと口、甘味のある脂がじわっと、広がる。
ふた口、弾力のある身の歯ごたえが凄い。
う~ん、こんな寒ブリ、初めてです。
サラリとした辛味の曙が、脂っこさを洗い流し、美味しさの余韻を残します。

いやぁ、これ、ダメです。
こんなのを食べたら東京で魚、食べられません。


この日の話では、今年は寒ブリの漁獲量が例年にないほど少なく、
通常は1キロ3000円程度の値段が、倍とのこと。

「せっかく、寒ブリを食べに来てくれるお客さんに申し訳なくて。。。」
と関係者のみなさんも思案顔でした。


でも、8日の新聞に、「今季最高1400本の水揚げ」の記事が。
よかった。
これで、美味しい氷見の寒ブリをたくさん召し上がってもらえそうです。


b0053082_21511139.jpg

そして、夜。
この寒ブリを味わうための宴会、あ、いえ、意見交換会が、
民宿・灘浦荘で開催。
氷見市の副市長もご列席。
こんなスタイルの宴会は、旅行会社にいた頃の社員旅行以来、
久しぶりです。

b0053082_21512173.jpg

お刺身にも、もちろん寒ブリ登場。
甘エビやイカも、甘味があって美味しい。

b0053082_21513236.jpg

でも、この夜の主役は何といっても、寒ブリを使った「湯くぐり料理」

ブリしゃぶの進化バージョンといったところで、
氷見商工会議所の企画チーム「氷見の魅力三感王実行委員会」が考案した、
新しいメニュー。
寒ブリのほかに、アンコウ(これがまた美味!)、さらに、たっぷりの長ネギに、
ナガラモと地元で呼ばれる海藻が。

これをダシにサッとくぐらせて、ポン酢でいただきます。

どうですか、サウンズ・グレートでしょ?
脂ののった寒ブリと、氷見野菜&海藻のサッパリさとヘルシー感がバランスよく、
いくらでも食べられちゃいます。

寒ブリはもちろんなのですが、参加した女性たちに大好評だったのが、ナガラモ。
湯にくぐらせるとシャキシャキとした歯ごたえが楽しく、しかも美味しい。
ブリは値段もはりますし、脂があるのでそんなにたくさんはいらない。
代わりに、ヘルシーで美味しいナガラモや旬の野菜を増やしてもいいかも、
などという意見も出ていました。

この「湯くぐり料理」、3月中旬まで、氷見の民宿、料理店で提供。
早春には、ナガラモの代わりに新ワカメが加わるそうです。


出世魚で知られるブリ。

関東では、ワカナゴ → イナダ → ワラサ → ブリ
関西では、ワカナ → ハマチ → メジロ → ブリ

それが、氷見では、コズクラ → フクラギ → ガンド → ブリ


出世も願いつつ、氷見の寒ブリで味わう「湯くぐり料理」
いかがですか?
by naoko_terada | 2010-02-08 21:38 | 日本 | Trackback | Comments(2)
Glacious 憧れのホテルで過ごす


b0053082_16491971.jpg

書店売りではないのですが、

全国展開されている美容室TAYAさんのラグジュアリーな会員誌がグレイシャス

雑誌のテーマは「癒しの時間と美しいライフスタイル」。
サロンで過ごす時間をより上質に、
そんな思いが込められた特集が毎回、組まれています。
編集は、一個人で知られるKKベストセラーズ。
美しいページ作りをされています。


その最新号の特集「憧れのホテルで過ごす」の監修をさせていただきました。

今回は宿泊以外で、気軽に楽しむちょっと贅沢なホテルライフがコンセプト。



まず、アフタヌーンティーのバリエーションで選んだのは、

マンダリン オリエンタル 東京のオリエンタル ラウンジ

フォーシーズンズホテル丸の内のekki Bar & Grill

山の上ホテルのヒルトップ
※こちらの「天使の食べ物」と「悪魔の食べ物」をご紹介!



1万円代でスパ体験とランチやアフタヌーンティーが楽しめる
お得で優雅なパッケージがあるのは、

ハイアットリージェンシー東京のスパ&ウェルネス「ジュール」

ホテル日航東京のSPA然 TOKYO

スイスホテル南海大阪のアムリタスパ
※ご存じ、シンガポールのラッフルズホテルのオリジナルスパ「アムリタ」が体験できる日本唯一のホテルです。



そして、ちょっと大人なカルチャー体験で選んだのが、こちら。
このあたりは、日本の老舗ホテルがとてもこころざしが高いです。

ホテル オークラ 東京
※毎月25日の無料のロビーコンサートやワインアカデミー、チャリティイベントを長年にわたって行ってきています。3月25日には「ホテルオークラ音楽賞」を受賞されたピアニスト辻井伸行さんの無料コンサートが!

ホテル ニューオータニ
※アートの穴場のニューオータニ美術館や、ワインアトリエ、カルチャーサロンが充実です。



そして、季節柄、スイート・バレンタインの情報として、

グランド ハイアット 東京
※「ワールド チョコレート マスターズ 2009」で優勝した同ホテルの平井茂雄パティシエの「世界一」のコンテスト優勝チョコレートや限定ショコラが登場!

帝国ホテル 大阪
※今年開業120年を迎える「帝国ホテル」のバリエーションショコラ。



明日は休日。

どこかのホテルで、ステキな時間をお過ごしください。
by naoko_terada | 2010-02-07 17:26 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
人情と味覚たっぷり!富山・氷見 魅力体感ツアー


b0053082_1635470.jpg

先週、1泊2日で富山・氷見(ひみ)へ。

氷見商工会議所が、日本商工会議所の補助事業「地域資源∞全国展開プロジェクト」の一環として、旅行会社など観光関係者や、メディアに向けてのモニターツアーを主催。

そこに知り合いのカメラマンを通じて、お声がけいただきました。

行きは東京駅から新幹線Maxときに乗って越後湯沢~長岡経由で氷見へ。
途中、越後湯沢周辺は真っ白な雪景色。
本当に「トンネルを抜けると雪国」なので驚く。

こんな肌で感じるリアルな体験が旅の醍醐味だと実感する。


氷見駅では、氷見商工会議所のスタッフの方に出迎えていただき、
一同、バスに乗ってまず向かったのが。。。

かまぼこ作り♪

b0053082_16401443.jpg

氷見は昔からかまぼこが有名。
なかでも、結婚式やひな祭り、法事などに用いられるみごな飾りが施された細工かまぼこが名物。
今回は、氷見の老舗かまぼこ屋の三権商店さんの指導で、めでたくも愛らしいタイのかまぼこに挑戦です。

b0053082_16433524.jpg
b0053082_16435915.jpg

まずは用意されたベースとなるかまぼこに、食紅を使ってタイのボディを作っていきます。
およそ20名ほどの大人たちがペタペタとタイを形づくっていきます。

b0053082_16453258.jpg
b0053082_1648239.jpg

その後、竹のぼうでウロコやヒレを作り、さらに白いかまぼこで好きな文字や口などを描き、最後に黒く目をいれて終了。
あとは、スタッフの方が蒸してくれて、翌日、三権商店さんで包装したものをいただく予定。

まあ、男性のおじさん方はどう思ったかはわかりませんが、
女性陣は家庭科の調理実習ごっこでかなり楽しく、盛り上がりました。

富山新聞社の記者さんが取材に来ていらして、女性陣にインタビュー。
翌日の朝刊に一番、年長のわたしが代表としてでしょうね、コメントが掲載されました。

年齢、23歳って言えばよかった。


この体験、子ども連れのファミリーにもいいと思います。
氷見のかまぼこは他の地方のものと比べてもソフトで上品なお味。細工かまぼこも愛らしいので、タイなど縁起のいいものは、小さいものならお土産に買ってかえりたくなります。


まずは、かまぼこ作りで氷見「体験」ツアーがスタート。


そして、この後、真打が早くも登場するのでした。
by naoko_terada | 2010-02-06 17:02 | 日本 | Trackback | Comments(0)
AB-ROADリターン! エアラインガイド、スタートです。


b0053082_0303572.jpg

本日からスタート、AB-ROADのサイトにて、エアラインガイドの連載がはじまります。

AB-ROADは雑誌媒体の頃に、旅ライターとして育ててもらった場所。
今回は、オンライン上での復帰です。


その第一弾として、JAL応援記事を書きました。
旅を愛する私たちがJALに乗ることが、再生への道筋をつけるものと思っているからです。

非難するだけでは何も変わりません。
公的支援を受けたことを真摯に受け止めつつ、新しいJALとして変わってもらうためには我々が利用することが大切です。

そこから、きっと何かが生まれるはず。

わたしはそう、信じています。


今後、このガイド記事では、大好きなエアライン、空港について、
わたしの思いをつづっていくつもりです。
もちろん新しい情報や、旅で体験したお役立ち情報も随時、紹介するつもりです。

どうぞよろしくお願いします!



※追記
H.I.S.もJAL応援のCMやツアーをスタートしましたね。
とても嬉しく思っています。
by naoko_terada | 2010-02-04 00:45 | 掲載メディア | Trackback | Comments(2)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム