ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
<   2009年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧
Looking for an angel

b0053082_1654718.jpg

2009年、最後のブログはこの画像で締めくくりたいと思います。


10年ほど前、ひんぱんに仕事でオーストラリア・シドニーを訪れていた時期がありました。
20代に暮らした街は、ちょうどオリンピック開催が決まったばかりで、
慣れ親しんだおだやかさと、活気に満ちあふれていました。

毎日のようにタクシーで市内や郊外の取材・撮影を行っていたある日、
なんとなく気にかかる絵があることを意識し始めました。

それが、上の女性の絵。
その頃は、たしか赤いドレスを身にまとい、もっとシンプルな画風でした。

場所は、シドニー中心部から高級住宅街へと続く大通り。
なんでもない壁に描かれた女性は、
いつしか心の中に残り、わたしは、深く考えることもなく「天使の絵」と思うようになっていきました。

その翌年も、彼女はそこに。
数年後にもやはり、いる。
でも、少しずつ絵が描きなおされていて、変わっていく彼女。
常に後ろを向き、長い腕を天使の羽根のように優雅に広げた姿は、
絵が変わってもそのまま。
何を見ているのか、どこへ向かおうとしているのか。
不思議だけれど、そこにわたしは愛を感じました。


その後、シドニーへ行く機会が減り、
彼女を見ることはなくなっていたのですが、ときおり、「まだ、いるだろうか」と思うことが。


そして、今年、とあるハプニングで早朝から夜までシドニーにいることに。
取材が続き、やや疲れていたので最初、
ホテルでデイユースをしてのんびりしようかと思っていたのですが、
ふと、彼女のことが頭に。

空港でスーツケースを預け、久しぶりに電車に乗ってシドニーへ。
中央駅からタウンホール駅へ行き、そこからボンダイ・ジャンクション行きへ乗り換える。
この路線は暮らしていた時に通勤に利用していたもの。
懐かしい。

降りたのはエッジ・クリフ駅。
駅の目の前がニュー・サウス・ヘッド・ロード。
ここに彼女がいるはず。

駅の右だったか、左だったか忘れてしまったので、まずは、ダブル・ベイ方向へ歩いてみる。
途中、かつて仲のよかった友人が暮らしていた古いアールデコのマンションが。
外観はそのままだけれど、中は改装されているようで、
不動産の看板が掲げられている。
彼は今、どこにいるだろうか。

シドニー郊外で最も高級な住宅街ダブル・ベイは、相変わらず瀟洒な風情。
もちろんお店やレストランは変わってはいるものの、
止まっている車も、歩いているマダムも、彼女が連れている犬もゴージャス。
かつて、リッツ・カールトンだったホテルは、別のブランドとしていまだ健在。
何度か宿泊したときの記憶がよみがえる。

残念なことに、こちらの方面に彼女はいなかった。

ちょっと曇り気味で雨も降りそうな気配の中、
再度、駅の方向へ戻り、坂をくだってキングス・クロス方面に向かう。

エッジ・クリフの駅を超えて、坂を下ってほんの十数メートル。
そこに彼女がいた。

目の前で見るのはこれが初めて。
思ったよりも大きいけれど、どうやら絵の端の日付を見ると最近、描きなおされたよう。

一気に懐かしさがこみあげてくる。
10年前のあの頃、
そして、20数年前のシドニーや自分。
時空を経て、はるばる会いに来たような感慨と、
ずっと変わらずそこにいた彼女への思いがあふれてくる。


その後、日本に戻ってからインターネットで調べていたら、シドニーに暮らしているフランス人画家Bruno Dutot さんが、ずっと描き続けているという地元の記事を見つけました。



日々を送り、いつものように暮らす中で、決して忘れられない場面や、モノ、人がいます。
中にはもう、二度と戻ってこないものもあり、会えない人たちもいます。

でも、自分が生きていくかぎり、それらの記憶は忘れられることはありません。


シドニーの天使は今日もそこにいます。
それを知っているわたしはとても幸せです。


みなさんが、ご自身の天使を見つけることができますよう。


この一年に感謝し、2010年の未来へと一歩、歩き出しましょう。

b0053082_1738975.jpg

by naoko_terada | 2009-12-31 17:40 | その他 | Trackback | Comments(14)
インテリジェンスのある旅&流行大予測 2010、そして、星のや京都


b0053082_0244064.jpg
b0053082_0245320.jpg

今年、最後の掲載は、25ansと、エル・ジャポンの2冊。

25ansでは、この号から隔月で、「今月のアール・ド・ヴィーヴル」内で連載を。
テーマは、「インテリジェンスのある旅」

旅を楽しみながら社会貢献や、エコロジーへとつながる。
以前からそんなことを提案してきましたが、ここにきて、その意識が社会全体に広がってきたように実感しています。

誰かのために、何かのために。
旅を通じて、その想いに気づいてもらうためのメッセージを、2010年の1年間、
短い文章ではありますが、ここで書いていきたいと思います。

わたしの記事が掲載されるのは、2、4、6、8、10、12月の偶数号の予定。
奇数号では、坪田三千代さんが執筆されます。



そして、エル・ジャポンでの特集は、「流行大予測 2010」。
ここでは、「2010年はここに注目」として2010年の旅トレンドを予測。


また、話題の星のや京都の開業に先立って、VOGUE.COMにてアップ中です。

星のや京都は、来年1月に某男性誌にて特集を掲載予定。
その執筆はこの年末年始にゆっくりと取りかかるつもりですが、レイアウトがすでに出来上がっていて、これがほれぼれと見入ってしまうほどのすばらしさ。
お願いした写真家の力量、星のや京都の存在感、かかわったスタッフや職人たち。
プロたちの仕事は、そのままで本当に無駄がなく美しい。

さて、そこに加わる文章も、みなさんの仕事に見合うものにするべく、
精一杯、がんばってみたいと思います。
by naoko_terada | 2009-12-27 00:11 | 掲載メディア | Trackback | Comments(2)
アムステルダムから


わたしが今いるアムステルダムから出発した、デトロイト行きのノースウエスト航空機(機体は合併したデルタ機のもの)が、テロ未遂にあいました。

ホテルの部屋でCNNを見ていますが、犯人は拘束されたようで、
アルカイダが関与していると言われています。

これにより、米国では空港の警備を強化、入国、荷物チェックを厳重に行うよう指示が出されています。

今日から日本では出国ラッシュ。
アメリカへ行かれる方も多いことと思いますが、
通常よりも空港でのセキュリティが大幅に時間がかかることを念頭に、
余裕をもった行動をして欲しいと思います。

わたしもこの後、アムステルダムから日本に戻りますが、
こちらもセキュリティが強化されることでしょう。


何度もお伝えしていますが、テロ行為は許しがたく、テロによって解決されるものは何もありません。

人々が幸せに過ごそうと楽しみにしているクリスマス、年末年始のホリデー期を狙い、
一般市民を巻き込むことの理不尽さ、卑劣さ。

憎しみをおぼえずにはいられません。


今日はまた、スマトラ沖の地震・津波から5年目です。
いまだ、仮設住宅で暮らす市民も多く、家族を亡くした悲しみが癒えない人もいます。


人を傷つけ、世界を不安にさせるよりも、
わたしたちにはまだまだやるべきことが他にあります。



悲しみのために流す涙はもう、いりません。
by naoko_terada | 2009-12-26 17:49 | その他 | Trackback | Comments(0)
クリスマスの逢瀬は、ここで


b0053082_071911.jpg

今年最後の海外取材は、
本当にホワイトクリスマスとなったオランダ・アムステルダム。

本日はちょっとだけ気温が上がり、雨模様。
クリスマスの25日、26日はお店も会社もお休み、
取材もできないのでこちらもオフ。

となれば、向かうはオランダ芸術の宝庫、国立美術館へ。

嬉しいことにホテルから徒歩圏内。
雪の中を歩くのは久しぶり。
毛糸の帽子に、コート、えり巻きに手袋。
完全防備で、ツンっと冷たい空気の中を歩く。
人の気配がない、雪景色のアムステルダムの街はとても新鮮です。

国立美術館は、オランダ最大の美術館。
17世紀のオランダは、
東インド(インドネシアなど)の植民地化によるスパイス貿易で、
栄華をきわめ、「黄金時代」を迎えていました。
オランダを代表する絵画の多くも、この当時に誕生しています。

そのひとつが、国立美術館に収蔵されるレンブラントの最高傑作「夜警」。
1642年、レンブラントわずか36歳のときの作品です。

ホールの壁一面をそのまま使った「夜警」は、
あらためてその大きさを実感します。
そして、レンブラントの作品の魅力、光と影の陰影をじっくりと堪能。
夏場なら行列ができる見学客もこの時期は少なく、
心ゆくまでゆっくりと鑑賞できるのも嬉しい。

「夜警」の他には、日本人にファンが多いフェルメールの、
「牛乳を注ぐ女」や、「小路」などの傑作も。
また、東インド会社時代にアジアから持ち込まれたチャイナや、
したたるようなオリエンタリズムを身にまとったデルフト焼きなど、
陶磁器類のコレクションも必見です。
現在、建物を工事中で、だいぶ展示内容が変わっていますが、
やはりここは、すばらしい。

また、ユニークなのはスキポール国際空港内に、美術館の別館があること。
現在、ブリューゲル展を開催中のよう。
ブリューゲルも大好きな画家なので、早めに空港へ行って見ようと思っています。


b0053082_194320.jpg

美術館を出たら、広場を横切り、向かうのは、
こちらもアムステルダムの見どころのひとつ、国立ゴッホ美術館

ここにはありがたみがなくなっちゃうほど、ゴッホの作品が(笑)。
「ひまわり」、「自画像」、「寝室」など代表作が目の前に。

膨大な作品群もですが、終生、ゴッホを励ました弟テオへ向けた書簡の数々も必見です。
隙間のないほどびっしりと。
吐き出された言葉で埋め尽くされた葉書や便せんに、画家としての苦悩が満ち溢れています。

ゴッホが自殺をしたのは、37歳のとき。
若くして逝った天才は、わずか10年の間に油彩およそ800点、水彩・素描・スケッチ等は
およそ1000点を創作。

生前に売れたのはわずか一枚だけと言われています。


レンブラント、フェルメール、そしてゴッホ。
今年のクリスマスは、こんなすばらしい美の巨匠たちとの逢瀬。


そして、明日は、ガラリと趣向を変えて、
日頃、お世話になっているハイネケンにご挨拶(笑)。


これもまた、アムステルダムの楽しみです。
by naoko_terada | 2009-12-25 00:05 | トラベル | Trackback | Comments(0)
人気のアウトレットなら、やっぱり


海外がだんぜん安い、ということを今年、実感。

10月にアメリカに行った際のクレジットカードの請求書が来たのですが、
その安さにあらためて感激しています。

アメリカ取材は、オーストラリア、中国、香港、イタリア、ベルギー、
そして日本からはわたし。
計9人のジャーナリストたちとのグループ行動だったのですが、
ずっとスケジュールに追われた日程だったので、女性群がある日、反乱を(笑)。

「1時間でいいからショッピングタイムを!」

ということで、急きょ、移動の途中にあるアウトレットへ。

場所はオレゴン州のWoodburn Company Stores

時間は、夕方の18時。
ここから、さらに数時間の移動があるので、本当に1時間きっかりのフリータイム。
女性群は、あっという間にちらばっていきました。

わたしは、最初、何も買う気がなかったのですが、
そろそろ秋冬用のシャツやパンツがあってもいいかなぁ、と思い。
何気なく、ラルフ・ローレンへと。


いやぁ、そこで買い物欲にスイッチが入っちゃいました。

結局、たっぷり1時間かけて、チョイス&試着。
購入したのが下の画像の商品。

b0053082_1943109.jpg

まず、ワイドなカーキのチノが、$59.99 → $29.98

ウールのパンツは、グレーとブラックを1本ずつで、それぞれ$69.99 → $39.98

ストライプのドレスシャツが、$49.99 → $29.98

カシミヤのチャコールグレーのトップが、$169.99 → $119.99


元のプライスは、すでにアウトレット用に値下げされたもの。
たとえば、購入したパンツのもともとの値段は$129。
それが、$39.98!

これだけでも安いのに、さらにここから20%オフになる、とレジのスタッフが言う。

凄い!
これで20%オフの合計が、$210.63。

するとスタッフはさらに、悪魔のささやきのごとく、
「今、キャンペーン中で、$250以上買えば、さらに20%オフになるわよ♪」

そこで、買おうかと迷った約40ドルの茶色の革の手袋を選ぶ。
これで、$250以上になるので、さらに20%オフ。
ああ、お買いものって、お金を使うってなんて楽しいのでしょう。
本当に久しぶりに買い物の快感を満喫(笑)。


結局、合計6点、$201.40でお買い上げ。

その請求が先日、届き、日本円にして約1万8800円。

円高なので、さらにぐんっとお得感あり。
嬉しい!


タグから判別して、商品の一部はおそらくアウトレット用のものだと思うのですが、
クオリティは悪くないですし、このプライスなら十分、満足。
しかも、日本のように激混みでもなく、商品もさまざまなルートから仕入れているようで、
プロパー商品もちらほら。
カジュアルな商品が多い日本のアウトレットに比べて、商品の種類も豊富。
サイズ、好みがあえば本当にお買い得です。

アメリカに限らず、ヨーロッパにはグッチ、エルメスといったハイ・ブランドのアウトレットも。
ある程度の高額商品なら、あえて海外へ行って購入する、というのもアリだと思います。

もちろん、必ず欲しいものが手に入るとは限りませんが、
海外旅行を楽しんで、さらにプラスアルファでお得なショッピングも満喫する。
そんな感覚で楽しめれば、いいのではないでしょうか。


わたしが好きなのは、ミラノから車で1時間ほど、スイスにあるフォックスタウンや、
フィレンツェのザ・モール
そして、ニューヨーク郊外のウッドベリー・コモン・プレミアム・アウトレットなど。


ニューイヤーが明けた1月はアウトレットに限らず、一大セール時。
デパートも小売店も軒並み、ディスカウントを始めます。


ユーロも安いし、ドルも安い。
海外旅行でショッピングの恩恵を受けるには、まさにベストタイミングです!
by naoko_terada | 2009-12-22 21:21 | トラベル | Trackback | Comments(2)
今、こんな「旅」がしてみたい!


b0053082_22114559.jpg

風邪、ぼちぼち回復に向かっております。

コメントくださったみなさま、お心づかいありがとうございます。


ここにきて、来年、2010年の旅トレンドに焦点をあてた記事、コメント依頼が増えました。
その第一弾が、地球の歩き方のムック版、今、こんな「旅」がしてみたい!です。

昨年に引き続き、2010年版が登場。
30人の旅の達人に加えていただき、お薦めパワースポットをコメントしています。


皆既日食、上海万博、南アのワールドカップなど。
2010年に行くべき、見るべき場所やイベントをた~っぷりと。
最新情報、お役立ち情報も網羅しています。
ちょっと、かつてのエイビーロードを思わせる突撃取材ページなどもあり、楽しい。

やっぱり、紙媒体はいいですね。
彼方の国、こちらのリゾートへとページをあちらこちらへと空間移動。
インターネット上では味わえない、旅気分が盛り上がります。

この感じって、とても大事。


来年の「旬」な旅を実感したいなら、必読ですよ。
by naoko_terada | 2009-12-21 22:44 | 掲載メディア | Trackback(1) | Comments(0)
微熱な日曜日


珍しく風邪をひきました。

土曜の午後から、からだがだるくなり、日曜には本格的に。

取材のあいまをみはからって風邪をひく、
我がからだのけなげさを感じつつ、日曜はしばし休養。


温かいベッドで、手の届くところには薬、体温計、水、お菓子、雑誌、本、マンガなど。
ぼうっと熱のある頭で、気のむくままに本を読み、
とろとろと眠る。


やがて、から咳の余韻の後に、心なしか回復のきざしを感じる。


そうなったら、もうだいじょうぶ。


今年もがんばったものね。
でも、もうあと少し。

2009年も、もうあと少し。
by naoko_terada | 2009-12-20 08:21 | その他 | Trackback | Comments(8)
12月12日 星のや 京都、誕生。


b0053082_312118.jpg

紅葉の季節がうつろい、
凛とした冬が訪れはじめた京都・嵐山。

渡月橋を渡ったその奥に。

星のや 京都が静かに開業しました。


大堰(おおい)川を清遊しながら、宿へ向かう遊び心。
嵐山の自然に抱かれた、絶景のロケーション。

ゲストだけのプライベートな空間。

「水辺の私邸」をテーマに、星のや×京都のみごとなコラボレーションです。



実はずっと開業までをスタッフと共に見続けてきました。
春、夏、秋、そして開業。

開業の興奮はもちろん、そこに至るまでの体験の中で一番、喜びを感じだたのは、
スタッフの成長と、今回、かかわった職人たちの仕事ぶり。

若い人たちが育っていくこと、
職人の無駄のない仕事ぶりを見ること。
これほど感動し、嬉しいことはありませんでした。

写真の空間も、何気ない「和」のたたずまいですが、
実は日本の伝統を受け継ぐ一流の職人の技と、粋が凝縮されています。
その手ごたえは、訪れてこそ実感するもの。

それも星のや 京都の魅力。


開業はすべてのスタートです。
これから多くのゲストの皆さんに育てられながら、
より上質なサービス、宿へと高みを目指してもらいたいと思っています。


日本の、そして京都の魅力を伝えるメッセンジャーとして。


b0053082_3351820.jpg
b0053082_3353062.jpg

by naoko_terada | 2009-12-12 03:09 | 日本 | Trackback | Comments(6)
モノを作る人


b0053082_22114771.jpg
b0053082_2212623.jpg
b0053082_22122595.jpg

旅の途中ですが、ちょっと寄り道。

今年も山口県とのおつきあいは続き、
新しい出会い、チャンレンジなどがあり、さらにディープな関係に(笑)。


今月、山口市は「クリスマス市<X-CITY>」と1ヵ月の期間限定で改名しています。
市長公認(たぶん)です。

教科書でおなじみ、日本へ布教に来たフランシスコ・ザビエルが山口で初めて
クリスマス・イブに讃美歌を奏で、祝福をしたから。
だからクリスマスの発祥は山口県なのです!
今年はスーパースペシャルライブ、亀淵友香さんのゴスペル・コンサートを25日に開催。
ソウルフルなクリスマスが体感できます。

そして、先日、訪山したおりにお会いした、というかお邪魔したのが、上の写真の場所。

モノを作る人の空間は、たとえその人が不在でも、
そして、無機質な工具や機械類が無造作に置かれていても、
どこか心をなごませる温かさがあります。

ここは二象舎(にぞうしゃ)

オートマタ作家、原田和明さんの工房です。

b0053082_22391666.jpg
b0053082_22393084.jpg



オートマタとは、カラクリ細工を施したオモチャ。
英国で著名なオートマタ作家のもとで師事後、山口で作品作りをしています。

彼の作品はオモチャではなく、もうアート。
「くすくす」と笑ってしまうようなユーモラスさが彼の真骨頂。
ご本人も、なかなか茶目っけあるトークとジョークで人をなごませる、
心優しきアーティストです。

で、奥さんの原田めぐみさんは酵母料理研究家!
 「酵母スイーツ」なる本も共著で出版。
おじゃました際にご馳走になったシフォンケーキも酵母を使用。
そのふわっふわ感は今まで食べた中でも最上級!
彼女自身もふわふわと綿毛のような軽やかで、柔らかい笑顔が印象的でした。

今、彼らは自分たちでカフェ作りをしています。
オープンしたら、近所の人たちは美味しいお菓子と、
原田さんのオートマタにいつでも会えるのですね。

うらやましい。

その原田さん。
山口市の芸術家育成支援事業として新たに始まった、
『やまぐちACS賞(The Artist of Citizens Selection)』を受賞。
記念すべき第一回受賞者となりました。
これは市民の審査によって選ばれるもので、
専門家が選ぶ『やまぐち新進アーティスト大賞』と共に選出。
そちらは、家具職人の平川和明さんが受賞。

そう、偶然なのですが「ダブル和明」。


b0053082_2362050.jpg

ということで、その記念としてお二人の展覧会が10日から始まります。

『二人の和明展』

2009年12月10日(木)→15日(火)
山口井筒屋5階ギャラリー
10:00~19:00(初日は10:30から。最終日は17:00まで。)

◎オープニングセレモニー
 (セレモニー、アーティストによる作品紹介)
2009年12月10日(木)10:30~
[主催]山口市



クリスマスのシーズン、山口市はハートウォームなイベントが、いっぱいですよ。
by naoko_terada | 2009-12-08 23:12 | その他 | Trackback | Comments(3)
成田~ヒースロー~バルセロナ


b0053082_19384586.jpg

ロンドン・ヒースロー空港、ターミナル3の回転ずし「Yo!Sushi」。
食べていらっしゃるお方は、エリザベス女王です。

b0053082_19405049.jpg

ウソです。
そんなことがあるわけありません。

ひと皿5ポンド近いスシ。
かなりの人気でにぎわっています。

でも、スタイルは真似ても、迅速で的確にお皿を計算して支払いをさせる、
日本のオペレーションまでは真似ることはできないようで。
せっかくクイックミールを食べたのに、レジで並んじゃってます。

ロンドンでのトランジット後、バルセロナへ。
ここへは6、7年ぶりです。
懐かしい。

今回はわずか4泊ですが、毎日、異なるホテルへ。
手頃なタイプから最新ラグジュアリーまで。
忙しいけれど、刺激的です。


前回、お話したように今回もJALを利用。
このブログを見てくださっているスタッフの方もいらっしゃるようで、
成田のカウンターで、そして機内で。
「暖かいお言葉、ありがとうございました。応援してくださる乗客のみなさまのためにがんばります」
と挨拶に来てくださるアテンダントのみなさん。

カウンターのグランドスタッフの方からは、手書きのメッセージをいただきました。


「今後もお客様に喜んでいただけるよう精一杯努めてまいりたいと思います」
「お客様一人一人の支えが今のJALの支えであると実感しています」
「ご利用いただいているお客様ひとりひとりに感謝しながら現場も頑張ります」

これらのメッセージの最初には、まず、お詫びの言葉があります。
そんな渦中で、誠意をこめてサービスを行うことの大切さ、大変さがにじみでています。

このメッセージはパスポートケースに入れて、
これからずっと、旅へと持っていきたいと思っています。


ただいまバルセロナは昼の12時。
そろそろチェックアウトです。

今、眺めているのはこんなビュー。
新しいバルセロナのホテルライフがここにあります。

b0053082_2051342.jpg


遠くにはサグラダ・ファミリアの姿が。
バルセロナ。
やはり、美しい街です。

b0053082_208250.jpg

by naoko_terada | 2009-12-07 20:11 | トラベル | Trackback | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム