ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
<   2009年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
吉祥寺、葡萄屋、30年ぶりのリユニオン


つっこ、のいけまん、しゅーはく、もり。

30数年前、中学生だった友人たちの呼び名。

ちなみに私は、「てら」。
なんのひねりも一切、ありません。

ひょんなことで、中学生時代の同級生たちとのリユニオン、
つまり再会の会食がありました。

卒業後、ほとんど交流がなかった彼ら。
話題はあるのだろうか、と会う前はいろいろと考えてしまいましたが、
懐かしい顔を見たら、そんな心配は一瞬にして吹き飛んでしまいました。

それぞれ、お父さんになり、お母さんになり、
社会人として過ごしてきた年月は違えど、くしゃっと笑った顔はあの頃のまま。

それと同時に、中学生時代の自分も思い出し、
懐かしさで胸がいっぱいになる。



b0053082_3483239.jpg
b0053082_3484778.jpg
b0053082_3491329.jpg

会食の場所となったのは、吉祥寺の葡萄屋
吉祥寺で「肉!」といったらココと言われるほど、
地元では知られたレストランとのこと。
ビル丸ごとがスペースで、
フロアごとにしゃぶしゃぶ、焼き肉、ステーキハウスに分かれています。
喫茶フロアとバーラウンジもありますが、
全体的にオリエント急行を思わせるエレガントな空間が特徴です。

おそらく吉祥寺に来るのは、十数年ぶり。
駅を降りても方向感覚、いっさいなし。

でも、無事にレストランに到着。

全員そろい、豪華なステーキランチです。


まずは、葡萄屋特選牛刺しに、特選牛タタキから。
全員、ひと口食べて、「おいしい~♪」。
柔らかく甘みのある肉質は、良質な黒毛和牛ならでは。

そして、贅沢にもランチのサービスメニュー、
和牛炭火焼フィレステーキ3150円を注文。
デミグラスハンバーグやビーフシチューも気になったのですが、
ガツン、とステーキをセレクト。
焼き方はミディアムレアで。

香ばしく炭火で焼き目をつけたフィレ肉は、
しっかりと厚みのあるもので、
肉の美味しさをとじこめた焼き加減が絶妙。
160gだったかな、ボリューム満点です。
こういうオーソドックスなステーキ、たまに食べたくなりますね。
地元で人気があるというのも、納得です。


中学時代の話、その後の人生、子供のこと、ダンナや奥さんの話。
旅の話題もたっぷりと。


「また、会おうね!」と言葉を交わし、
楽しく、美味しく、懐かしさいっぱいの吉祥寺ランチを満喫したのでした。

b0053082_485720.jpg

by naoko_terada | 2009-06-29 04:15 | ワイン&ダイン | Trackback | Comments(0)
15万円相当のギフトボックスを約7500円で!


来月、ロンドンに行かれる方にグッドニュースです!
つい先ほど、いただいたスーパースペシャルプロモーション情報。

これは、世界各国での付加価値税(VAT)の払い戻しサービスを行う、
グローバル・リファンド社からのもの。

以下に抜粋します。



グローバル・リファンド社
加盟店「リバティ」がミステリーボックス・キャンペーンを実施
~先着10,000 名様にVIP インバイト・カードを配布~


b0053082_15465351.jpg


グローバル・リファンド社は、リバティ・プリントで有名なイギリスの加盟店「リバティ(Liberty)」が、日本限定「リバティ・ミステリーボックス(Liberty Mystery Box)」を7 月15 日から特別販売するキャンペーンを開始することから、日本からイギリスを訪れる旅行者を対象に、購入するために必要な「VIP インバイト・カード(VIP Invite Card)」を本日より配布を開始します。

リバティ・ミステリーボックス・キャンペーンは、グローバル・リファンド社が日本で配布するVIP インバイト・カードを提示するお客様に限り、1,000 ポンド相当(約15万円)の人気商品が詰まったボックス※1 を先着10,000 名様に50 ポンド(約7,500 円)で特別販売するキャンペーンです。

VIP インバイト・カードを希望する方は、郵便番号、住所、氏名、性別、電話番号を明記の上、グローバル・リファンド社までE メールでお申し込みいただけます。

b0053082_15481325.jpg


リバティは、チューダー朝スタイルの建物と東洋風の商品、花柄などをモチーフにした上品で華やかなリバティ・プリントが有名なロンドンの老舗デパートです。創始者が提唱した“エキゾティシズム”が店内随所に見られ、世界各国から集められた選りすぐりの商品が揃います。日本でもお馴染みのリバティ・プリントは19 世紀後半のファッション界に大旋風を巻き起こした後も人気が高く、世界中の有名デザイナーの作品にもよく使用されています。


【リバティ・ミステリーボックス・キャンペーン】
実施対象:VIP インバイト・カードを提示した先着10,000 名様
実施内容:1,000 ポンド相当のリバティ・ミステリーボックスを50 ポンドで購入することが可能
実施期間:2009 年7 月15 日から
購入場所:リバティのロンドン本店

【VIP インバイト・カード申込み方法について】
申込方法:郵便番号、住所、氏名、性別、電話番号を明記の上、グローバル・リファンド社までE メールで応募ください。
申込期間:2009 年7 月30 日まで
E メール:marketing.japan@globalrefund.com


注意事項

イギリスでは1 日で30 ポンド※2 以上の買い物をすると免税対象になります。購入商品には予め15%の税金が含まれており、リファンド(払い戻し)手続きをすると2.6%~13.04%が払い戻されます。グローバル・リファンド社は、付加価値税(VAT)のリファンド手続き代行サービスの他、世界36 ヵ国にある24 万店舗の加盟店でより多くの旅行者が買い物をするための様々なキャンペーンを展開しています。

※1 リバティ・ミステリーボックスの中身はボックスによって異なります。
※2 デパートや複合店は、各店舗で購入した商品の1 日の合計額が30 ポンド以上になれば免税対象です。
by naoko_terada | 2009-06-24 15:56 | トラベル | Trackback | Comments(0)
無敵。アウトバック


昨年、11月頃に声をかけていただき、
ずっと関わってきたプロジェクトがやっと、完成。
形になりました。

いつもとは異なる制作スタッフ、撮影アプローチと、
わたしにとっては未知の体験ばかり。
しかも、全員がまったく初めての作業、進行という非常にチャレンジングなものでした。

途中、なかなかうまく進まずに、何度、胃が痛い思いをしたか(苦笑)。


でも、関わった全員がプロフェッショナルの集団。
仕事のアプローチのフレキシブルさ、粘り強さに深く感銘させられました。


フリーランスでいると、自分の立場だけを考えて行動したり、発言することが多いもの。
今回は、それとはまったく逆に、
チームワークのパワー、組織力の重要性を認識。
非常に勉強させていただきました。


それが、コレ

ドバイを代表するラグジュアリー・リゾート、
ワン&オンリー・ロイヤル・ミラージュ
と最新ラグジュアリーSUVの
国内初のコラボレーション。
ただいま、TVにてオンエア中です。
音楽は、ジミヘンの「クロスタウン・トラフィック」。
めちゃくちゃ、かっこいいです。

一流ホテル&リゾート・ブランドが登場することによって、
その商品の価値をイメージ付ける。
とてもスマートな演出です。
これをきっかけに、異業種とホテルとのコラボがさらに増えていくと楽しいですね。


あ、デビュー記念に今なら、贅沢にもそのワン&オンリー・ロイヤル・ミラージュに滞在する
4泊6日の豪華ドバイ旅行プレゼントのキャンペーンを行っています。
ぜひ、応募してみてください。


実は、このCM、ドバイに続き第二弾を予定中。
こちらは、ドバイとはガラリと雰囲気を変えたアナザー・ラグジュアリーなホテルが登場する予定です。



車好きも、ホテル好きの方も、どうぞお楽しみに!
by naoko_terada | 2009-06-19 02:54 | その他 | Trackback | Comments(6)
タイ王家と国民をつなぐ、ドイトゥン・プロジェクト


b0053082_20689.jpg

この慈悲にあふれた、優しいお顔。

この方は、現タイ国王のお母様。
正式なお名前は、
シーナカリンタラーボーロマラーチャチョナニー様

タイの人の名前は、と~っても長いのです。
でも、省略してシーナカリンタラー王太后とお呼びします。


「ゴールデン・トライアングル」と称され、
非合法の麻薬の栽培エリアであったタイ山岳部の人たちの生活基盤を支えるため、
タイ王家が中心になって行う「ドイトゥン Doi Tung プロジェクト」
その活動を始めたのが、この方。

1988年のことです。


当時、タイ北部の山岳部ではアヘン栽培が唯一の収入源でした。
栽培するために、森林の木を切り倒し、草木を焼き払い作農。
その結果、森は失われ、水源も枯渇。
貧困のため、麻薬栽培はもちろん人身売買まで行われていました。


そんな現状を知ったシーナカリンタラー王太后は、
ゴールデントライアングルに位置するドイトゥン地区で、「森を作る」と宣言。
植林プロジェクトを開始、
あわせて職業訓練プロジェクトもスタートしました。

麻薬に代わり、生産性の高い農作物を作るスキルを得ることで、
生活水準を安定させる。
植樹により生み出された森林が水源となり、作農をうながす。
さらに、生産した農作物を商品化し、加工することで、
より高い収入を確保する。

人と森が共存しながら発展する。
それが、王太后の願いでした。


b0053082_2315958.jpg

b0053082_2323268.jpg

b0053082_2325331.jpg

4月に訪れた、ここで、
ゴールデントライアングルをめぐるエクスカーションに参加。
「アヘン博物館」を訪れました。

ここは、ドイトゥン・プロジェクトの基盤となる
「財団法人メーファールアン」が運営する施設。
英語名は、Hall of Opium
オピウムとは、アヘンけしのこと。
アヘンけしからモルヒネが抽出され、
モルヒネをさらに化学処理することで、ヘロインが生まれます。

このあたりは、この取材のおかげで、知識はばっちりです(笑)。


古代から用いられてきた歴史からはじまり、
アヘン戦争、現在に続く、犯罪、深刻な中毒への警告まで、
資料、展示物、ジオラマなどを使い、驚くほどの内容と充実度。
医療用としての重要性と、人心をむしばむ薬物。
アヘンけしの持つ、光と陰にしばし、考えさせられます。


でも、途中、
麻薬の犠牲となった有名人たちのパネルがあり、
リバー・フェニックス、ジミー・ヘンドリックスなどは、まあ、わかるのですが。
まだ、現役のエリック・クラ〇トンとか、
ロバート・ダウ〇ー・Jrなどの顔写真がしっかり掲載されているのって。。。。

だいじょうぶなのでしょうか(苦笑)。


「アヘン博物館」の一角に、
ドイトゥン・プロジェクトによって誕生した製品を販売するショップがあります。

製品は、コーヒー、ホームウェア、陶器、銀製品などのアクセサリー、
Tシャツ、山岳民族の女性たちによるテキスタイル、漉き紙を使ったレターセットなど。
おみやげに最適なものばかり。
わたしもアレコレと買い込んでしまいました。

b0053082_35785.jpg
b0053082_35197.jpg

なかでも、帰国後、大好評だったのが、
ハーブでミックスされたマカデミア・ナッツ。
レモングラス、ガーリック、カフィールライム・リーフ、ドライド・チリと、
開けた瞬間に、「おお、タイの香り!」
しかも、マカデミアナッツ自体も、甘みと歯ごたえがあり美味しい!
博物館で購入して、ひとつ115バーツ。
約350円。
タイの物価からすれば高めですが、
美味しいし、おみやげに手頃だし、何より、ドイトゥン・プロジェクトに貢献するのですから。

b0053082_3115022.jpg
b0053082_312290.jpg

このドイトゥン・プロジェクトの製品は、我々、旅行者も気軽に購入できます。
上の写真はチェンライ空港にあったショップと、
ドイトゥンがタイ国内で展開するコーヒーショップ。

このほか、バンコクのショッピングセンターのひとつ
サイアム・ディスカバリー・センターや、
ボン・マルシェ市場、スワンナブーム国際空港などに
直営店「ドイトゥン・ライフスタイル・ショップ」が。

また、バンコクのチャトチャック・マーケットや、
スワンナブーム空港などにコーヒーショップがあります。



シーナカリンタラー王太后は、1995年7月18日の火曜に逝去。

ドイトゥン・プロジェクトは、王太后の意志を継ぎ、
現国王と王妃、そして、王女たちによって「ロイヤル・プロジェクト」として継続。

麻薬撲滅において、平和的問題解決をうながし、
持続可能な開発に最も成功した例として、
製品には国連薬物犯罪事務所(UNODC)認定のラベルが誇らしげに掲げられています。
by naoko_terada | 2009-06-15 03:54 | トラベル | Trackback | Comments(3)
今秋公開、日本版『サイドウェイズ』でカリフォルニアワイン


b0053082_5534038.jpg
b0053082_5541177.jpg
b0053082_554272.jpg
b0053082_5544537.jpg

すべて©2009 Twentieth Century Fox and Fuji Television



数年前、全米を中心にカリフォルニア・ワイン・ブームを巻き起こした映画『サイドウェイ』

それが、今秋、日本バージョンとして『サイドウェイズ』の邦題でリメイク。
舞台は、ハリウッド版がサンタバーバラだったのに対し、日本版はナパ・ヴァレー。
カリフォルニア随一の銘ワインの産地です。
主演は、小日向文世、生瀬勝久、鈴木京香、菊池凛子。
監督は、チェリン・グラック。
故・寺山修司の映画の助監督を皮切りに、『ブラック・レイン』、『ピクチャー・ブライド』、
『トランスフォーマー』などの助監督を。
最近では、堤幸彦監督の『20世紀少年』シリーズの海外ユニットの演出を手がけるなど、日米で活躍。
また、音楽はジェイク・シマブクロ。

20世紀フォックス映画とフジテレビによるオール海外ロケ&海外スタッフという、
豪華な初コラボレーション映画です。



その試写会&ワイン・レセプションが、
カリフォルニア州観光局と20世紀フォックス映画により開催されました。

場所は、六本木ヒルズ内のTOHOシネマズ。
ここ、とても鑑賞によい映画館です。

まずは、シネマ内の会場でワインたっぷりのレセプション。
この日のセレクションは、映画にも登場するべリンジャー・ヴィンヤーズ
エレガントなドイツ風邸宅でのテイスティングが楽しめる
ナパ最古の老舗ワイナリーです。
ホワイト・ジンファンデルのスパークリングから、シャルドネ、カベルネ・ソーヴィニヨンと、
ナパらしいラインナップ。
これにあわせて来日された、カリフォルニア州の観光ミッションの方たちも混じり、
プレ・シアターらしいレセプション。
華やかです。


そして、シアターに移動して主賓の挨拶。
映画のワインの監修をされた、ワインインスティテュートの堀賢一さんの、
カリフォルニア・ワインのミニ解説など、
映画を楽しむためのTIPSが披露されました。


映画の内容は、ハリウッド版をほぼ踏襲。
オリジナルを観ている方は、その違いをチェックするのもいいでしょう。

わたしは、何度か訪れたナパのみずみずしさをスクリーンから感じ、
カリフォルニアでのワイナリーめぐりの楽しさを思い出してしまいました。
撮影時は、秋頃だったようで、
大画面の中からこぼれるほどきらめく、黄金色のブドウ畑、
少し肌寒くなりクリスピーな空気が透明感を与える街並み。
ナパの有名レストランやワインバーも登場するので、懐かしくなります。

そして、ワイン。

上記、べリンジャー以外にもロバート・モンダヴィニュートン・ヴィンヤーズ
オーガニック・ワインのフロッグス・リープなど。
ナパを代表するワイナリーが登場。
ワイン・カントリーの存在感をたっぷりと見せてくれます。


あと、全編に流れるのが80年代にヒットした洋楽たち。
ラヴァー・ボーイの「それ行け!ウィークエンド」、ケニー・ロギンスの「デンジャー・ゾーン」、
シンディ・ローパー「タイム・アフター・タイム」など。。。。

ああ、懐かしすぎる(笑)。
年代的に、どんぴしゃり。
一気に80年代の憧れのカリフォルニア気分です。

スクリーンの主人公たちも、あの頃に出会い、青春を謳歌。
ゆるやかにうねるナパのブドウ畑のように、
決して一直線ではなく、寄り道(サイドウェイ)をしながら、大人になってきた。

そんなビタースイートな気分にさせる映画、
それが『サイドウェイズ』です。


公開は、ちょっと先ですが今秋に全国ロードショーとのこと。
カベルネやピノが美味しくなる季節ですね。


それから、後で思ったのですが、
鈴木京香さん演じる麻有子(まゆこ)の上司役って、
世界ソムリエ・コンテストでアメリカ人初の優勝者となり、
映画監督コッポラの所有するワイナリー「ルビコン・エステート」
現マネージャーのラリー・ストーン氏のカメオ出演でしょうか?


気になります。


また、今回、個人的に興味深かったのは、
20世紀フォックス映画日本代表のジェシー・リーさん。
2月に公開された『オーストラリア』の記者発表の際にも、
その流暢な日本語のスピーチを聞かせていただきましたが、
なんというのか、彼の言葉はとても日本人の琴線に触れるのです。
ビジネスである前に、純粋に映画人のひとりである、という真摯な姿勢を感じる。
とても、魅力あふれる方です。

これからも、ぜひ、
旅に出たくなるようなステキな映画を発表していただきたいと思います。
by naoko_terada | 2009-06-12 07:44 | その他 | Trackback | Comments(4)
フォーシーズンズ ホテルズ アンド リゾーツ× LUXURYCULTURE.JP


b0053082_0431547.jpg
b0053082_0432929.jpg
b0053082_0434182.jpg

先々週の取材先であったイタリア・フィレンツェの記事が、さっそく公開されました。

それが、こちら

ご存じ、フォーシーズンズ ホテルズ アンド リゾーツと、
パリから上陸した、シャネルなど高級ブランドのコンサルティングを手がける
ASSOULINE Incが発信する
ハイエンドなウェブマガジンLUXURYCULTURE.COM
日本語版サイトとのコラボレーションが実現。
フィレンツェに昨年、誕生したフォーシーズンズ ホテル フィレンツェに滞在、
そのすばらしき美のエッセンスを体験してきました。


これから8月7日までの期間限定で、計5回、
フィレンツェとフォーシーズンズの魅力をご紹介させていただきます。


昨年オープンと書きましたが、
ホテルが使用するのは、かつてメディチ家が所有していたルネッサンス時代の宮殿。
また、敷地内にはフィレンツェで最大のプライベートな庭園も。
端正で、ひそやかなる空間がゲストを出迎えます。
上の写真は、ホテルに残された中世のオリジナルの装飾やフレスコ画。

まさに、美術館のような至宝に囲まれてのホテルライフです。


今回のコラボレーションでは、このほかに、
スパジャーナリスト板倉由未子さんによるイスタンブール、
旅ライター古関千恵子さんによる香港の記事もあわせて紹介。
たっぷりと各都市の魅力と、それぞれが持つ伝統や文化への大いなるリスペクトを秘めた
フォーシーズンズ ホテルの多様な個性を感じていただくことができます。



久しぶりのイタリア。
アジアンリゾートや、大自然のオーストラリアなども大好きですが、
本物に出会うヨーロッパへの旅は、やはりいいですね。




ちょっと大人な気分に浸れる、フィレンツェへ。
今夏、いかがですか?






by naoko_terada | 2009-06-10 01:04 | 掲載メディア | Trackback | Comments(2)
パーク ハイアット 東京の味を、上空1万メートルで


b0053082_885939.jpg
b0053082_891635.jpg

一昨日、ルフトハンザ ドイツ航空主催による、記者会見&会食へ。
場所は、パーク ハイアット 東京

7月から成田発のファースト、ビジネスクラスの機内食に、
同社が以前から行っている「スターシェフ」プログラムの一環として
パーク ハイアット 東京のステファン・ムゥット総料理長と、
日本料理「梢」の大江憲壹郎料理長が選ばれ、
ルフトハンザとパークハイアットのコラボレーションがスタート。
今回は、そのお披露目です。

ルフトハンザ ドイツ空港日本支社長、
パーク ハイアット 東京総支配人など、ズラリとトップが並んだ記者会見を終え、
ボールルームへ移動。
晴れやかな会食が始りました。

料理は、一部、ファーストクラスの機内食でしたが、
それ以外は、この日のための季節感あふれるもの。

さらに、贅沢にも、
この日のスペシャルゲストとして、ルフトハンザの機内ワインを担当する、
マルクス・デル・モネーゴ氏が登場。
メニューにあわせたワインが供されました。

モネーゴ氏は、ドイツ人で初めてソムリエ世界チャンピオンになった方。
また、ヨーロピアンとして唯一の日本酒利き酒師の資格も持っていらっしゃいます。
ルフトハンザでは、彼のたぐいまれな才能を活かしてもらうため、
機内で提供するワインの購入費用のリミットを設けていないとのこと。

さすがですね。


それにしてもいつも感心するのは、パークのバンケットの料理のレベル。
数百人のゲストに一斉に、完璧なタイミングでサーヴされる料理は、
どれも、驚くほどに美味しい。
レストランでいただくのと遜色ないほどのクオリティです。


同じテーブルには、
オールアバウトでおなじみの航空ジャーナリスト秋本俊二さんや、
緒方信一郎さんなど、顔なじみのみなさんが。
久しぶりの再会です。



実はこの夜、別の場所で、ヴァージン アトランティック航空も、
創業20周年アニバーサリーと、
今年8月からの全日空とのコードシェアの発表&パーティを行っていました。

そこで、ルフトハンザの会食後、
インビテーションを持っている緒方さんたちにわがままを言って同行することに。

タクシーで降り立ったのは、青山。
さすが、ヴァージン。
クラビングムードたっぷりの会場と、おしゃれなゲストたち。
ホテルもそうですが、
エアラインも各企業ごとにキャラクターがあって、おもしろいですね。
我々は21時過ぎに到着したのですが、
まだまだ盛り上がっていました。


ふと、会場を見渡すと、
おお、サー・リチャード・ブランソン氏!
パーティのテーマの「ヴァージン・レッド」をあらわす真っ赤なはっぴをまとい、
美女たちと歓談中。
あとでニュースを見たら、4年ぶりの来日だそうです。

しかし、若いですねぇ。



エアライン専門の友人たちとの話も、
いつもとは趣向が異なり、とても興味深いし、刺激的。
もちろん、みなさん旅好きでもある。


今年の秋頃、みんなで遊びに行こうか、
とそんな楽しい企画も飛び出し。


たっぷりとエアライン三昧の一夜となりました。
by naoko_terada | 2009-06-04 08:57 | TOKYO HOTEL | Trackback | Comments(2)
久しぶりの、ルネッサンス逍遥


b0053082_8224917.jpg

6月に入りました。

先週、というか一昨日まではこんな場所へ。
壮大なルネッサンスの美学に彩られた都市は、もう初夏の暑さでした。

滞在はわずかだったのですが、
歩きやすい規模の中世の古都は、ポイントさえおさえて効率よくまわれば、
主な観光スポットの多くを見学することができます。


細かい情報は、まもなく登場する新媒体でご紹介させていただきます。



b0053082_8283146.jpg

ひとり、路地をふらりと歩いていたら、
カフェの横の壁にこんな張り紙が。


かわいいこのコ、どこに行っちゃったのかしら。
この街特有の、赤いレンガの屋根を飛び越えて遠くまで行ってしまったのでしょうか。

早く、大好きな飼い主のもとにおかえりなさい。
by naoko_terada | 2009-06-02 08:34 | トラベル | Trackback | Comments(4)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム