ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
<   2009年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
迷うほどに多彩、リゾナーレの魅力


b0053082_2327504.jpg

先日の、リゾナーレの続きです。

滞在して気がついたのは、
おしゃれな若いパパとママ、それに子供たちといった高感度なファミリー。
レストランやカフェで、すてきなカップルだな、
なんて思っていたら、ディナーには子供と一緒。
そんなファミリーも。

リゾナーレの一番の魅力はなんといっても、
アクティビティの充実度。
それも、単純な子供目線のアクティビティだけではなく、
大人も、女性たちも楽しめるプログラムが、
とても使いやすく用意されています。

b0053082_23362633.jpg


そのひとつが、GAOと呼ばれるキッズ・アクティビティ・クラブ。

選任のスタッフが、
子供たちと一緒に、リゾート内や八ヶ岳の大自然の中に飛び出して、
牧場体験、水遊び、クラフトワークなど、
冒険心たっぷりの思い出作りをします。
もちろん、親子一緒に参加することもできます。

上の写真は、GAOの人気スタッフの、「つるりん」。
なぜ、つるりんかはご想像にお任せしましょう。
子供大好き、八ヶ岳大好きなつるりんは、みんなの人気者。
帰る際には、泣き出す子供たちも少なくないそう。

キッズ用のアクティビティは、数時間のものが中心ですが、
種類を組み合わせれば終日、GAOで遊ぶことができます。

また、6か月から5歳程度の子供たちは、
やはりGAOのスタッフが遊び相手になってくれるナーサリー(託児所)もあります。

ということで、前述の若いパパママのカップルは、
子供たちをGAOにまかせて、
つかのまの二人だけのリゾート滞在をゆっくりと大人時間で、
楽しんでいたわけです。


b0053082_2351419.jpg

b0053082_23514160.jpg

b0053082_2352816.jpg

今回、わたしは乗馬を体験。
何度か乗ったことはありますが、ひさしぶり。
先日のゾウに続いて、今回は美しい栗毛に遊んでもらいます。

まずは、馬場で乗り降りと、進め、止まれなどの合図の出し方を教わる。
そして、その後、スタッフと一緒に
周辺の森林の中へと、ゆっくりと馬に揺られての散歩へ。

最初は、やはり緊張するので馬の動きにあわせるのが精一杯。
でも、しばらくすると、
多少、ゆとりが出るので、周辺の八ヶ岳の大自然を愛でる余裕も。
森の中に入ると、すとん、と温度が下がるのがわかる。
涼やかな緑の木漏れ日、
はるか彼方の雄大な広がりをみせる八ヶ岳(ん?南アルプスかしら)の稜線。

体の芯に、きゅっと凝り固まっていた、
日々のしがらみや、ストレスがゆっくりとほどけていくよう。
自然の力は偉大です。

やっぱり、たまにはこういう時間が大切ですね。


b0053082_0144433.jpg

b0053082_0191623.jpg

b0053082_0193571.jpg

乗馬の後は、リゾートに戻り、
ショッピングストリートの「ピーマン通り」を散策。

名前がカワイイので、お子ちゃま向け?
と思いがちですが、これが結構、センスよし。

日本初上陸の、フランス・アルプス生まれの自然派インテリア・ブランドの「アンジェル・デ・モンターニュ」
各分野のアーティストのコラボレート作品が並ぶ、
「アーティストセレクションギャラリー・フラッシュポイント」
北欧のライフスタイルを反映させたアイテムを並べた、
「ナチュール」など。
また、世界中の厳選した紅茶をそろえた、専門店「小淵沢ラティス」や、
濃厚な味わいの”八ヶ岳ベイクドチーズケーキ”が人気の「八ヶ岳ファーマーズケーキ」といった、美味しいショップたちも。

ほとんどが18時クローズドと、
滞在ゲストとしてはもうちょっと遅くまでオープンしてもらいたいと思いつつも、
個性的なセレクションはなかなか。
コーヒー好きなわたしは、知る人ぞ知る、スペシャルティコーヒーの名店、
「丸山珈琲」からの焙煎したてのアロマに誘われ、
おいしいカプチーノで、口福のひととき。



そして、滞在最後の夜は、
ちょっとおしゃれをして、リストランテ「オット・セッテ」で。

イタリア語で、オットは「8」、セッテは「7」。
八ヶ岳で七人の生産者が育てた、こだわりの食材を使った料理がコンセプトなので、
この名前に。
本場イタリアのカメリエーレ、というよりは、
正統派の日本のホテルマンのプロの給仕と呼びたい、丁寧なサービスで、
食事がスタート。

みずみずしい野菜、しっかりと旨みを感じる肉料理、
ホテルメイドのフレッシュパスタ。
料理とあわせたワインのセレクションも絶妙。
たっぷりと2時間ほどかけて、本格的なフルコースを堪能。


わたしが感心したのは、テーブルの配置。

この晩、おひとりさまのわたしのほかに、子供を連れたファミリーグループや、
年配のご両親とご一緒のご夫婦など、
タイプの異なるゲストばかりだったのですが、
それぞれが気づかうことも、気にすることもなく食事を楽しめるような、
席がアレンジされていたこと。

リゾナーレには、もうひとつ、カジュアルなダイニング「ワイワイグリル」があり、
子供連れのファミリーのみなさんには、こちらが人気。
でも、ちょっとおしゃれにイタリアンも楽しみたいはず。
ナーサリーに子供を預けて夫婦二人だけで、
という選択もありますが、お子さんと一緒にという方も多いよう。
わたしや、ロマンチックなムードのカップルのテーブルからは離れた場所で、
ファミリーのゲストも気兼ねなく、すてきな料理を堪能されていました。
(あ、一番上の写真は、ワイワイグリルでの楽しい朝食。焼きたてのパンと、八ヶ岳ミルクが美味です!)


また、皿やグラスの空きぐあい、
子供たちが飽きないように声をかけるなど、
スタッフは各ゲストのことをとてもよく見ている。
よく動いています。


実は、リゾートでは昨年からワイン用のブドウ畑を栽培。
2010年には、自家栽培ワインも登場の予定。
これは個人的に今から、とても楽しみ。
ワイナリーにはすてきな日本人女性のワインメーカーがいらっしゃいます。
だから来年からは、八ヶ岳で8人の生産者。
レストラン名を「オット・オット」に変えないと、ですね。



おいしい料理とおいしいワインでフィニッシュ。

と、したいところですが、
露天風呂「もくもく湯」で、満天の星空を眺めながらのお風呂を楽しむか。
それとも、乗馬での筋肉痛をほぐすために、スパで、マッサージを受けるか。



リゾナーレでのお楽しみは尽きません。
by naoko_terada | 2009-05-24 22:58 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(6)
Look Africa !  旅するなら、この場所へ。 そして・・・


b0053082_17291537.jpg
b0053082_17293199.jpg
b0053082_17295558.jpg
b0053082_17302233.jpg
b0053082_17303693.jpg

世界的にグローバル化が進む中、
深刻にわたしたちが考えなければいけないのが、アフリカの現状。

飢餓、貧困、紛争、エイズなど、
アフリカが抱えているものは大きく、重い。

でも、それを凌駕するほどのパワーや、魅力を秘めているのもアフリカ。


今週から、スタートしたLook Africa !の中で、
「旅するならこの場所へ」というテーマで、
ケニアと南アフリカを紹介しています。

雑誌ビッグイッシューでも連載をされている、
ケニア在住の女性獣医師・滝田明日香さんの活動や、
紛争によって観光客が激減し、収入源を失いながらも、
野生動物の保護にあたるマラ・コンサーバンシーへの寄付について言及しています。
彼らは今、募金に加えて中古のデジカメを必要としています。

ぜひ、ごらんください。



そして、明日から開催されるのが、
ロハス・デザイン大賞
わたしも書かせていただいている、
エコ雑誌「ソトコト」を母体とする社団法人ロハスクラブが主催。
場所は、今、新緑がうつくしい新宿御苑。
新型プリウスも登場の環境ゾーンや、
ロハスなフードコート、ネイチャーゾーン、健康ゾーンなど、
御苑まるごとが低炭素!です。

また、ここでもキーワードはアフリカ。
御苑の緑の中を楽しみなが走り、いらなくなったシューズを回収、
アフリカの子供たちに送る、「ソトコト スマイル エコ・ランニング」が行われます。


考え、気づいたら、行動を。
楽しみながら、何かの、誰かの役にたつ。


Let's make a better world !
by naoko_terada | 2009-05-20 18:04 | トラベル | Trackback | Comments(3)
きらめく新緑、南アルプス、リゾナーレ


b0053082_5225227.jpg

今年もこんな季節がやってきました。

沖縄・奄美はもう梅雨とのことですが、
関東は憂鬱な梅雨を前にした、
みずみずしい新緑と、さわやかな天候の生命力あふれる一瞬。

こういうときは、ふらりとどこかに行きたくなりますね。
それとも、気分転換にドライブもいいなぁ。


ということで、一路、小淵沢へ。

b0053082_5414026.jpg

南アルプスと八ヶ岳の雄大な山脈に囲まれたロケーションと、
独創的な外観で知られるリゾナーレ
ここを訪れるなら、今は最高の季節です。

まさに、「夏への扉」といったところ。


b0053082_611194.jpg

リゾナーレの魅力は、
滞在によって選べるゲストルームの充実度と、アクティビティの豊富さ。
わたしのような、「おひとりさま」でも、カップルでもファミリーでも。
あ、愛犬と一緒でもOKです。

ゲストルームは、ホテル棟とレジデンス棟に分かれていて、
ホテル棟には、上記のようにカジュアルながらデザイン性を感じる客室が。
2007年にリニューアルされているので、
クリーン&フレッシュな空間。
手頃な料金でリゾート気分を楽しみたいカップルなどにお薦めです。

b0053082_613141.jpg
b0053082_6132964.jpg
b0053082_613516.jpg


ファミリーなら、
ゆったりリビングと、開放的なテラスを備えたレジデンス棟のテラス・スイートも。

b0053082_6182987.jpg
b0053082_6184678.jpg

また、意外に知られていませんが、
ル・コルビジェが手がけたカッシーナのLCシリーズで統一されたのが、
ル・コルビジェ・スイート
ここ、とてもかっこいい。
かなりスノッブな雰囲気なので、
クールな大人の男性方にお似合いかもしれません。

b0053082_629239.jpg
b0053082_6294080.jpg

そして、リゾナーレで、
一番、人気が高いのが、上のジャグジー・スイートルーム
どことなく、エキゾチックな空間と、ドーンと豪快に配された、テラスのジャグジー。
温泉ではないのですが、
そんなことはノー・プロブレム。

さらに、わたしが気に入ったのが、ジャグジーの代わりに露天風呂が備わった、
メゾネット・スイート
一階にリビングとバスルーム、それにテラス。
階段をあがったロフト的な二階にベッドルームがあるというスタイルが個性的です。


夜、ディナーを終えて部屋へ戻ると、
わたしが戻るのを見計らってでしょうか、
たっぷりと湯船にはったお湯は適温に調整され、
ふわりと、柔らかな灯りをともすランプが脇に。

そのランプだけを残し、部屋の明かりをすべて消して湯につかる。

まろみのある木の肌ざわりと、夜の風にゆらめくお湯。
東京よりも少し、ひんやりとした空気が肌に心地よい。
目の前には、新緑の木立。
都会では味わえない静寂と、溶け込む闇夜。

しばらくすると、
目が慣れてきたのか、見上げると星がまたたいているのに気が付く。


そう、これが見たかったのです。
硬質な輝きをちりばめた、満天の星空。

いつも、存在しているのに、
つい、忘れてしまう大切なものがある。



はるか彼方から、またたき、きらめく星ぼしを見ていると、
そんなことに気がつきます。
by naoko_terada | 2009-05-19 07:14 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(4)
銀座で見た、いいもの


昨日、打ち合わせがあり、銀座へ。

少し遅めの昼下がりを、中央通りの人の流れにあわせて、歩く。

初夏の雰囲気のウインドーショッピングと、
銀座のハレな気分を楽しむのには、ちょうどいい季節。


そんな軽やかな気持ちで、
銀座の名フレンチ、レカンの前を通りすぎようとしたとき、
店の入り口に、背の高いトック(帽子)をかぶったシェフと、
二人のマネージャー級の黒服の方が行きかう人と対峙するように立ち、
通りに向かって深々と頭を下げている姿が。


どうやら、大切なお客様の見送りの様子。
シェフは、料理長の高良康之さんのようでした。



一流のレストラン、料理店ならば、これはあたりまえのこと。


でも、「おや?」と、思ったのは、
もう、お客様の姿も見えないのでは、と思えるほどになっても、
ずっと姿勢を変えず三人で、その方が歩いていかれた方向を見守っていること。



銀座の中央通りは、ご存じのようにまっすぐに延びています。
ポツンと小さな点のようになっても、
視界が良ければ、まだそこに立っているのかどうかは、わかることもあります。


最後まで、気を抜かず、
誠意をこめて、見送る。


彼らの姿に、レカンの誠実さ、ゆるぎのないサービス哲学を見た思いがし、
こちらまで清々しく、幸せな気分に。


「いい仕事」をしているプロフェッショナルたちを見ることほど、
すばらしいものはありません。


そして、そんな名レストラン、プロたちが集う、
銀座もまた、
東京が誇る、麗しき街なのです。
by naoko_terada | 2009-05-13 23:38 | その他 | Trackback | Comments(8)
J-podに、肉食カンガルー?


GWも終わり、ちょっと憂鬱なバック・トゥ・ザ・ノーマルデイズ。

そんな気分のみなさんも、多いのでは。

でも、あと3ヵ月後には夏休みが待ってます(早い?)!



旅の高揚感は、雑誌や、ガイドブック、インターネットで、
行きたい場所、おもしろそうなことをリサーチするところから始まりますよね。

わたしも、深夜に世界中のブロガーさんの旅記事を読み、
手持ちのガイドブックをひっぱり出し、
グーグルアースで場所をチェックしたりと、
バーチャル・トラヴェラーを楽しみます。


J-WAVEのポッドキャスティングの特別プログラムに
Australia's World Heritage Podcastがあります。
ナビゲーターはシドニー在住経験のある、ロバート・ハリスさん。

今月は、ナラコート哺乳類化石地域

この隠れた世界遺産スポットについて、ハリスさんと対談させていただきました。
世界遺産だけではなく、
ナラコートのある、南オーストラリア州の州都アデレードの魅力、
オーストラリア・トップクラスの極上ワインの産地の紹介や、
セルフドライブの勧めなど。
旅人生の先輩である、ハリスさんとの対談には、
オーストラリアの楽しむためのエッセンスがたっぷりと詰め込まれています。

ナラコート以外にも、
「地球の歩き方オーストラリア」のプロデュースをする
旅行ライター&編集者の伊藤伸平さんや、
写真家の相原正明さんなど、わたしの友人たちによる、
オーストラリアの世界遺産めぐりも楽しんでいただけます。

あ、肉食カンガルーの話は、対談の中に登場します。




深夜に、グーグル・アースと一緒に、ぜひ。



オーストラリアに、きっと行きたくなりますよ。
by naoko_terada | 2009-05-09 17:10 | 掲載メディア | Trackback | Comments(2)
タスマニアで生きる人たちに、ハッピー・バースデイ!


b0053082_23271042.jpg

タスマニアで生きる人というブ ログに出会ったのは、2年ほど前。

ひとめで惹きつけられました。

タスマニアという、
私の愛するオーストラリアが舞台であった、というのも理由のひとつですが、
写真家であるブロガーのマナブさんが切り取る
視点、テーマに非常に共感を覚えたから。

つまり、
目には見えない部分に隠された多くの物語に焦点を、
光を投影しているということ。


日本では、よく「生きざま」という言葉が使われますが、
わたしはこれが、好きではありません。
もともと、日本語にはない言葉です。

本来、あるのは、「死にざま」。

どう死んでいったのか、ということはイコール、どう生きてきたのかということに通じます。
おおげさに生きざまなどという言葉で語るほど、
人生はドラマチックなのでしょうか。

日々の淡々とした営みが続く中で、
悩んだり、嫉妬したり、喜んだり、寂しかったり、格好悪かったり。


決して幸運ではなかった人生かもしれない。
あれもやりたかった、これもしたかった。
悔いの多い、残す思いもあります。


そのすべてを飲み込んで、自分の人生をまっとうして去っていく。


それが、人間です。


マナブさんの表現する写真、言葉には、
そんな人間の心を透かしてみる、優しさと感性を感じました。


そして、写真。
マナブさんの持っている、動体写真力、とでも呼べる、
瞬時に変化する被写体の機敏をとらえるセンスにも、大いに共感しました。

乱暴な言い方ですが、海外取材やインタビューを何度も行ってきた経験から、
速さは、カメラマンにとって重要な技術だと思っています。
天候、人の表情、スケジュールなど、
海外での取材は限られた時間しか我々に与えられません。
プロのモデルと違い、
一般の方の自然な笑顔は、2回シャッターを押すまで。
3回目からは、あきらかに無理な表情になってしまう。

記事に必要な最適な瞬間をとらえることができるかどうか。
現場のカメラマンにはそれが求められます。

マナブさんの写真の表現力と共に、画角から感じるグルーヴ感。
彼の撮影センスがそこには現れていました。


そして、昨年。
わたしがずっと取材を続けてきた、
シドニーのゲイ・パレード、マルディグラが30周年を迎える節目ということで、
単独で撮影をお願いしたいというメールを出しました。

ブログというバーチャルな世界から、リアルな人間関係のスタートです。


わたしは仕事のスケジュールがあわず同行できませんでしたが、
マナブさんはマルディグラのエッセンスたっぷりの
すばらしいドキュメンタリー写真を残してくれました。
文句なしのクオリティでした。

その後、東京で初めて会い、
そのときにわたしからの宿題として、タスマニアのケシ取材へのアポ取りを彼に。


取材の最中のことは、彼のブログに書かれているとおり。


この取材を終えた後には、マナブさんから、マナブちゃんへ。
わたしの呼び方も変わりました。
それが、今回の取材の成果でもあります。


ということで、マナブちゃん!
ハッピー・バースデイ。

人肌が恋しい、というマナブちゃんへ。
そんなアナタにふさわしい、
元気ハツラツな、ヨーロピアン・ギャルの桃尻をプレゼントです。



寒くなってきたタスマニアで、心を温めてねー!
by naoko_terada | 2009-05-07 23:52 | その他 | Trackback | Comments(4)
ベスト・ジョブ・イン・ザ・ワールドは、5月6日発表!


b0053082_2029330.jpg

このところ、テレビや新聞などでも報道されているので、
ご存知の方も多いかと。

オーストラリア・クイーンズランド州政府観光公社が行った、前代未聞のプロジェクト、
ベスト・ジョブ・イン・ザ・ワールド

半年間、世界遺産の一大サンゴ礁、グレート・バリア・リーフにある、
ハミルトン島で、「島の管理人」として
ゴージャスな邸宅に住み込み、15万豪ドル(約1000万円!)の給料をもらうというもの。

現在、数々のインタビュー、テストをパスして選ばれた16名のファイナリストが、
現地で最終選考に挑んでいます。

b0053082_1942114.jpg

その中に、唯一の日本人ファイナリストの小林美絵子さんが。
この写真は、昨月、東京で行われたメディアへのお披露目のときのもの。

小柄で健康的な彼女は、メディア映えも問題なし。
このときも英語でのスピーチにチャンレンジするなど、
ベストを尽くす姿勢は、オージーが最も美徳と感じるもの。
とても好印象でした。

「島の管理人」の発表は、5月6日の午後。
個人的には、彼女が選ばれるのでは、と思っているのですが、どうでしょう。


b0053082_20295739.jpg
b0053082_20302364.jpg

ハミルトン島は、わたしも取材で何度も訪れているリゾートアイランド。
グレート・バリア・リーフの島の中で、唯一の本格的な空港を持っているため、
アクセスもよく、世界中からの観光客が最も多いリゾートです。

ふたりで見ると、幸せになるといわれるハート・リーフや、
世界でもまさに、ベスト!なタルカムパウダーサンドの、
ホワイト・へヴン・ビーチなど、グレート・バリア・リーフの美しさはもちろん、
複数のリゾートホテルやコンドミニアム、ヴィラなど、
ファミリーから大人のカップルまで幅広く魅了する施設、リゾートがそろっています。

最近は、リゾート通に、ラグジュアリーリトリートのクオリアが話題に。



ところで、今回のベスト・ジョブ・プロジェクト。
世界中に、その概要が発信されてから、ものすごい反響を得ました。

今年1月11日から2月22日の約4週間の応募期間中、
公式サイトへのアクセス数は401万回。
ページビューは2750万回。
最もアクセスが多かったのはアメリカ、次いで英国、ドイツ、オーストラリア。
日本は第10位でした。

そのほか、CNNやBBCなど世界中のニュース番組、雑誌、新聞などで、取り上げられ、
ハミルトン島の知名度は飛躍的にアップしました。

観光公社の発表による広告価値は、
オーストラリア国内で、約49億円、国際的には約14億円の合計63億円(9000万豪ドル)。

すごいですね。
観光公社もこんなに反響があるとは思っていなかったようですが、
管理人への給料、その他プロジェクト進行費用などを見ても、
費用対効果は余りあるほど。
まさに、アイデアの勝利。


さあ、結果はどうなるのでしょうか。


Good Luck !!
by naoko_terada | 2009-05-04 20:32 | トラベル | Trackback(1) | Comments(4)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム