ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
<   2009年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
西オーストラリア・シャークベイの残照


b0053082_19314817.jpg

いつになく大きな画像で、すみません。

ここは、西オーストラリア州シャークベイ。
豪州に16ある世界遺産のひとつ。
日本人の方には、野生のイルカが訪れるモンキーマイアが有名ですね。

今週、火曜早朝に州都パースに到着。
そのままシャークベイまでおよそ900キロを疾走。
本日まで、たっぷりと取材。
久しぶりにオーストラリアのワイルドな大自然、動物、愛すべき人々と触れ合い、
気持ちのいい日々を過ごしています。

現在、19時40分。
写真は、わたしの部屋からの「今」の眺め。
この時期はとても風が強く、暑い。
目の前の海では、カイトサーフィンを楽しむ人たちが。
美しい斜光が海をきらめかせています。

2年ぶりのオーストラリアですが、やっぱり好き。
このビッグスケールの大陸にいると、ちっぽけな悩みや人間関係なんて、
本当にささいなことに思えてくる。

しかも、こちらの人には悪いですが、
ただいま、オーストラリアドルは怒涛のバーゲンプライス。
1ドル60円を切っています。
お値打ち感たっぷり。

でも、ここではお金を使わなくてもお楽しみはたくさん。

このあと、わたしは冷蔵庫から冷えたビールを出し、ビーチへ。
潮風に吹かれて風に舞う、カイトセーリングを眺めて楽しみましょう。

夕暮れの後には、それはそれはすばらしい星空も待っています。


明日は、再びパースへ南下。
週末をパースでリフレッシュ。

そして、来週からはタスマニアです!
by naoko_terada | 2009-01-23 19:50 | トラベル | Trackback | Comments(12)
Go West !


b0053082_522569.jpg

今日から、真夏のオーストラリアへ。

オーストラリアといえば、
全豪オープンでのクルム伊達公子さんが、熱いですね。

3年ほど前に、伊達さんにインタビューをさせていただきました。
テーマは、オーストラリアでの思い出。
全豪オープンで初の4回戦進出を決めたなど、
オーストラリアにはとてもよい印象をお持ち。
会場となるメルボルンの名物、チャイナタウンでの飲茶や、
イタリア人街のおいしいティラミスの話など、
美食の街、メルボルンでの思い出を嬉しそうに話してくださいました。

とても柔らかい笑顔で、
現役を離れ、子供たちにテニスを教えたりと、
さまざまな舞台で活躍中の頃。
ご主人とのおだやかで幸せな日々を語る姿は、
若奥サマ風情で、さわやかな印象。


それが、今の伊達さんは、ガラリと顔つきが違い、
プロのアスリートそのもの。
絞りあげた肉体と、精神性でついに本大会出場を手に入れました。

すごいことです。
ぜひ、優勝を目標にがんばってほしい。


以前、お会いしたときの伊達さんも、
今のタフな表情の伊達さんも、どちらもすばらしい。
メルボルニアンの中には、伊達さんのファンも多いですから、
日本人はもちろん、大勢の声援の中、
思いっきり、ご自分らしいプレーをしてもらいたいと思います。


残念ながら、わたしが向かうのはメルボルンではありません。

まずは、西オーストラリア。
そして、タスマニアへ。


およそ2週間、わたしも、オーストラリアをフィールドにがんばってきましょう。


明日の朝は、パースです!
by naoko_terada | 2009-01-19 05:54 | トラベル | Trackback(1) | Comments(2)
いいかも、社員旅行


b0053082_212662.jpg
b0053082_2125132.jpg

b0053082_2225584.jpg

昨日、2泊4日のバリ島から帰国。

今回は、昨年12月にリニューアルしたクラブメッド・バリの取材。
大勢のメディアの方とご一緒の、いわゆるプレスツアー。

前回、ここに滞在したのは、もう5年ほど前。
すっかりリニューアルされて、なんだか新鮮。
コンテンポラリーとバリの伝統を溶けあわせたスタイルは、とても大人。
モダンな印象です。

リゾートはこの時期、客室フル稼働で、大にぎわい。
日本人も多いですが、韓国、台湾、オーストラリア、フランスなど、
ワールドワイド。
GOと呼ばれるスタッフも18ヶ国という多国籍。
こういうマルチカルチュラルな雰囲気は、クラブメッドならでは。

滞在中、7、8人の日本人のグループがいたのですが、
これが若い人もいれば、おじちゃん、おばちゃんもいる。
でも、家族ではなさそう。

ふ~ん、、、何のグループかしらん。
と、考えていたのですが。

どうやら、社員旅行らしい。
そういえば、2月ですものね。
なるほど。

最近はあまり行われないということですが、
クラブメッドにいた方々は、と~っても楽しそう。
おばちゃんたち数人は、バリニーズやフランス人の男性GOに
カタコトの日本語でしゃべりかけられて、
「あら~、ハンサムねー」とおおはしゃぎ。

かたや、若い社員のみなさんは、バーでカクテル片手に、
あるいはラウンジでビリヤードなど。
アーチェリー、ゴルフのショートコースなどのアクティビティに、
ヨガやバリ舞踊レッスンなどもあったりと、
年齢、好みで楽しみ方が選べる。

そして、ブッフェの食事はみんなで一緒に円卓を囲んで食べられる気軽さ。

これがすべてオールインクルーシブ。
ほとんどのアクティビティ、バーでのアルコールも含めたドリンクに、全食事が付くのがクラブメッド・スタイル。
好きなだけ、はじけてもらっていいのだから、
これは社員旅行には最適です。


参加したがらない社員も増え、
社員旅行自体が減りつつあるようですが、
彼らを見ていたら、案外いいのかも、と思ってしまいました。

やはり海外旅行に出れば、気分も変わるし、
職場とは違う、社員同士の表情を見ることもできます。
それに、とっさのハプニングにグループ全員で対処する、という一種のチームワークが生まれたりすることもあるでしょう。

そんな彼らと、帰りのバスでご一緒に。

おばちゃんは、お土産でふくらんだリュックを背負い、
胸にはガムランボールのネックレス。
若い男子は、ビーチでやってもらったのでしょう。
三つ編みにした髪に、日焼けした肌。
社長、らしき中年の男性は、何やら日程表とにらめっこ。

GOたちに手を振られ、見送られてバスが出発。

リゾートを離れてから、しばらくして。
一番、うしろに座っていた、おばちゃんが、

「あ~、ほんとに楽しかったねー」とポツリ。

その心の奥底からの、思いがたっぷりとこめられた言葉には、
幸せな気持ちと同時に、ほんのちょっとのさびしさが。


うん。
わかるよ、おばちゃん。
旅が終わるときって、みんなそう。
だからこそ、また、旅に出よう、って思ってしまうのだろう。


「今度はどこへ、行こうか」

そう思うことができることって、本当にハッピーなこと。

そのきっかけのひとつに、社員旅行。



おおいにアリだと思いました。
by naoko_terada | 2009-01-16 03:04 | トラベル | Trackback(1) | Comments(4)
181ヶ国と、つながる


b0053082_2341551.jpg

何の話かと言いますと。

携帯を新しくしたのでした。

約2年ぶりの買い替えなのですが、最近の携帯って高額なのですねー。
5万円もしました!
うわぁ。

しかし、これは仕事道具でもあるのです。
これで、海外181ヶ国でこの携帯がそのまま使えるわけです。
それまでは、グローバルパスポートだったので、地域がかなり限定されてしまっていたので、実質あまり使っていませんでした。

ちなみに。

わたしは携帯で一切、メールやインターネットをやりません。
純粋に電話機能のみ。
今回の新機種にはテレビもついていますが、見ることはありません。
おそらく機能の90%は使わないことに。

もったいないですね。

でもね。
必要ないのです。
必要な情報やメールは電話とパソコンでいいわけだし。
電車の中や、誰かとの待ち合わせまでの間に、
携帯とにらめっこして過ごすことはわたしの好みではありません。

「だって、便利だよ。電車の時刻とかわかるし。携帯で予約もできるし」

よく、こう言われます。
でも、結構。
電車の時刻は駅員さんにうかがうし、
予約は窓口で。
あるいはパソコンからしますから。

b0053082_244190.jpg

しかし、この携帯。
とてもフォルムが美しい。
以前のグローバルパスポートは、京セラでしたが、
今度のはソニーエリクソン。
角度を変えると、ミッドナイトブルーのダイヤ柄がキラリ。
まるで、ジュエリーのよう。

本日からこの携帯がわたしの旅のお伴。
まずは、今週は赤道ちかくの熱帯の愛すべき島へ。
そして、来週からはおよそ3週間の南半球のアドベンチャー体験。
ずっと温めてきた企画が通り、みなさんに見ていただく機会をいただきました。

携帯の先につながる、世界へ。



ハッピー・トラベルデイズ、2009年のスタートです!
by naoko_terada | 2009-01-12 02:58 | その他 | Trackback | Comments(4)
2009年も、ハッピー・トラベルデイズで!


b0053082_211443.jpg

明けまして、おめでとうございます。

新年、みなさま、どのように過ごされたのでしょうか。

今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。


今年は昨年にもまして、混沌とした一年になる予感。
厳しい2009年になりそうです。


優雅に旅行なんて行っていられない、と思うかもしれません。
でも、そんな時だからこそ、
旅先での人情や、大きな感動に学ぶことは多いもの。
わたしはそう、思っています。

経済的に二回の旅行が一度に、
場合によっては行けないこともあるでしょう。
だからこそ、一度の旅をより深く、思い出深いものにしてほしい。
一期一会の出会いを、心に刻んでください。



わたしは今年も、海外のすてきなホテルやリゾート、
すばらしい国や街、そして人々の魅力をみなさんにお伝えしていきます。
それは、旅への憧れや夢を持ってもらいたいから。
世界中の人たちと、つながっていることを、忘れてほしくないから。

昨年だけではなく、
今まで訪れた場所、出会った人たちのことをわたしは常に心に宿しています。
忘れたことはありません。
どこかのタイミングで文章にし、多くの人に読んでもらうことを意識しています。
それがすぐの場合もあるし、何年もかかることもある。

旅を通じて、わたしもさまざまなことにつながっているのです。

だから、旅へ。

旅先での誰かからの親切心に触れ、壮大な大自然や人類の叡智に感動することで、
元気をもらい、先へ進む糧にしてほしい。



また、今年はより日本の魅力を世界へ伝えたい。
さらに、国内の各地方の方々に、みなさんの暮らす場所の魅力や、観光地としてのポテンシャルの高さに気づいてもらえるよう活動してみたいと思っています。

外国人の方が日本をどう見ているのか。
どんなことを望んでいるのか。
海外取材中に経験したこと、感じたことを地方の旅行業界をになう方々にお伝えしたい。
昨年は円安で、大勢の外国人観光客が来日しましたが、
今年は急速な円高のため、かなり落ち込むはず。
そんなときだからこそ、どう日本を売るか。

ポイントは「温故知新」。
古いものを活かして、新しい観光素材にすること。

モダンなジャパニーズ旅館に改装したり、
リゾートホテルを作る必要はありません。
今のままで、外国人の方が喜ぶ本当に必要なものは、十分そろっています。
みなさん、それに気づいていないだけ。


ということで、
地方の自治体、旅行関係者の方、旅行会社の方、
観光産業に従事されている方。
わたしにお手伝いできることがあれば、ぜひ、ご連絡ください。
一緒に、どうやって日本を売っていくか。
考え、行動してみましょう。
喜んでお手伝いさせていただきます。
また、このブログもさまざまな情報提起の場所にできれば、と思っています。


写真は、遠くブータンから届いた新年を祝うカード。

馬は幸運を運ぶ、おめでたいシンボル。
炎に包まれた宝を背に、風に乗って、はるか彼方まで幸せをもたらします。


この馬に乗って、どこまでも。
2009年、世界中の人たちに大きな喜びと幸せが運ばれていきますように。




今年も、ハッピー・トラベルデイズをどうぞよろしくお願いします!
by naoko_terada | 2009-01-04 21:55 | その他 | Trackback | Comments(17)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム