ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
<   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
北海道ニセコにヒルトンが誕生
b0053082_20512671.jpg
b0053082_20515877.jpg

ウブドの火葬の途中ですが、
すみません、こちらをちょっとアップ。

今週、7月28日に北海道ニセコに誕生したのが、
ヒルトン・ニセコ・ビレッジ
そのグランドオープニングにご招待を受け、北海道に行ってきました。

今年4月までニセコ東山プリンスホテルでしたが、それをシティグループの子会社である投資会社シティグループ・プリンシパル・インベストメンツが買収。マネジメントをヒルトンが行なうことになったワケです。

b0053082_20541619.jpg

レセプション&ラウンジ、ダイニングはザ・ペニンシュラ東京をデザインした橋本夕紀夫デザインスタジオが担当。
オープニングレセプションには橋本さんも参列。
32歳の若きオーストラリア人総支配人と共に来賓に披露したのが、このリゾートのアイコンとなるラウンジ中央の巨大な空中暖炉。日本でも最大級とのことです。
このラウンジやダイニング、さらにパブなどの料飲スペースはかなりスタイリッシュ。
外国人スタッフもいて、雰囲気はまさにインターナショナルです。

b0053082_2055155.jpg

b0053082_20551675.jpg

b0053082_20553383.jpg

客室は全部で117室。
ヒルトンルーム、羊蹄山を望むデラックス羊蹄ルームを中心に、コーナーを使いニセコの眺望を楽しむデラックスパノラマルームと、わずか1室のスイートの4タイプに分れています。
旧プリンスの客室スペースをそのまま使っているので、客室はちょっと狭いかなぁ、という印象。洗面台が入口のすぐ横にあるのが難点。朝、お化粧などをするところが同行者から丸見えとなります。なので、つきあって間もないカップルにはちょっとお薦めしません。
でも、デュべに寝心地のよいベッドスプレッド、クラブツリー&エヴリン系のアメニティ、モダンなゆかたなど、室内全体はかなりおしゃれで居心地は快適。
何よりもニセコの大自然をベッドから眺められる贅沢が味わえます。

b0053082_20563942.jpg

“オールシーズンリゾート”をコンセプトにしているだけに、
施設の充実度もかなりのものです。

まず、お薦めは「ワッカスパ」。
ワッカとはアイヌの言葉で「水」。
清らかなニセコの自然とピュアな空間がこの名前にこめられています。
シグネチャー・トリートメントも、ニセコの大地と大自然、それにアイヌの文化をリスペクトした内容で、他では体験できないものばかり。
わたしが受けたのは、シグネチャーのひとつ、「自・禅・マインド・バランシング・ボディ・トリートメント」。
これ、とてもよかったです。
まず、トリートメントの前に白樺の樹液「トペニ」をいただき、アイヌの方が森に入る前に身を清めるための儀式を取り入れたリチュアルを受けます。
そして、オプションとして「アイヌ・ハーバル・スチーム」のテントのような空間で北海道のハーブに包まれて心身をデトックス(上の写真の奥にあるのがそれ)。
その後、続くボディトリートメントの心地よさ、的確さは久しぶりに味わうクオリティの高さ。
セラピストの方の細やかで、かつパワフルなハンド&アームストロークにすっかりとろける思い。後半の記憶はありません(笑)。
ただ、残念ながらちょっと料金が高い印象が。
わたしの受けたトリートメントが90分で2万3950円。
ハーバル・スチームは、30分で1万1950円。
東京の一流スパの値段ですね。
これは参加されていた女性誌の編集者やライターさんからも聞かれた声でした。
総支配人とのインタビューがあったので、率直に意見を伝えてみました。
せっかくすばらしいスキルと内容なので、ぜひ、もう少し値段を下げていただくか、
お得なスパ・パッケージを増やしてもらいたいところです。

b0053082_20565894.jpg

b0053082_20572535.jpg

また、隣接してアーノルド・パーマー設計の18Hのゴルフコースがあり、冬場はもちろん、ニセコビレッジスキーリゾートが目の前。
そのほか、ファミリー向けには、リゾート内の自然体験ゾーン「Pureピュア」、近隣ではラフティング、乗馬などのアクティビティが整います。
そうそう、リゾート内の温泉もやわらかく、肌になじむ美湯です。

b0053082_20583111.jpg

b0053082_20584636.jpg

b0053082_2059197.jpg

b0053082_20591644.jpg

ダイニングも、インターナショナルなヒルトンならでは、新宿にあるヒルトン東京のミシュラン・レストラン「21トゥンティワン」や、汐留のコンラッド東京の「ゴードン・ラムゼイ」ほか、ヒルトン小田原のペストリー&ベーカリーシェフ、ヒルトン東京ベイの本格的中国料理「王朝」の料理長など、各ヒルトングループの重鎮たちのアイデア、技術力を総動員。
そこに国内屈指のグルメ県、北海道の秀逸な食材が加わり、
ハイレベルの食事を楽しむことができます。
今回は、日本料理「レン」の中にある、鉄板焼「ピルカ」でディナーを賞味。
ホタテやサーロインなどの高級食材もすばらしかったですが、
アスパラガス、ジャガイモなど採れたての県産野菜のみずみずしかったこと!
こればかりは北海道で食べてこそわかる美味しさです。
総支配人のアイデアだというオリーブオイルと、チリ、昆布、ガーリックなどバリエーションあるソルトコレクションもグッドアイデア。
異なったオイル、塩で食べると同じ食材も驚くほど味わいが変わり、感動的です。

b0053082_2104096.jpg

こんな新しい北海道のリゾート。
今、開業記念のパッケージがあり、これがお得です。
個人的にはラフティング・アドベンチャーがお薦め。
ラフティング、大人でもかなり、楽しいですよ。
アドレナリン全開で、ストレス発散、リフレッシュ効果絶大です。
その後、温泉に入り、スパでマッサージ、というのがいいでしょうか。


今後、国内にはこういった外資系のホテル、リゾートが増えると予想されています。
これは国内レジャーマーケットだけではなく、
シンガポール、台湾、中国など経済成長を続ける近隣のアジアンマーケットを視野に入れたもの。既存の日系リゾートや旅館は、これに対抗しなければなりません。
でも、そのためにはまず、外資系のブランドがどういうサービス、もてなしをしているのか、
ぜひ、それを学習し、長所を吸収していってもらいたいと思っています。

ニセコの場合も、お互いよきライバルであると同時に、
ニセコを世界にアピールするために尽力する、同士でもあるはず。
長期的視野で考えた発想、相互関係を築いてほしいと願います。

たとえば、
初めて日本に来た外国人観光客のために、半分はヒルトンに、半分は民宿や温泉旅館といった日本の伝統的な宿泊体験をするツアーを作ってみるなど。

可能性は無限にあります。
その可能性をぜひ、今後、実現してもらいたい。
外資系、日系にかかわらず、ニセコの魅力をアピールするチームとして。



それを期待し、再びニセコを訪れる日を楽しみに願っています。
by naoko_terada | 2008-07-30 21:02 | ホテル&リゾート | Trackback(4) | Comments(4)
公開火葬前夜 〜ウブド王宮を訪れる〜
b0053082_22301742.jpg

b0053082_22395980.jpg

夕刻、再びウブドの王宮へと向かう。

昼間とは異なり、このときはバリの女性の正装であるサロン・クバヤを身に付ける。
だいぶ以前に現地で仕立てたもので、
久しぶりにバリの「イブ(おばちゃん)」に変身です。

太陽が沈み、淡い光りを残しつつ宵闇が街を包む頃、
ウブド王宮周辺は、火葬の準備を見学する観光客やローカルで大混雑。
車の渋滞もさらに激しくなっていました。

それにしても光に浮かびあがるバデやランブーのなんてみごとなこと。
数カ月かけて準備をしたこれらも、明日には一瞬にして遺体と共に焼けてしまう。
そんな刹那的でもある、通過儀礼のハレとケ。
バリ人の確固とした死生観には、自分の人生や未来を投影してしまいます。

b0053082_22455246.jpg

華やかな王家の葬儀とは別に、
わたしの心を強くゆさぶったのが、その後ろに並べられた村人たちの祭壇の列。

バリの火葬は非常に高額なため、火葬をするだけの経済力がない家では家族が亡くなった場合、とりあえず土葬にして裕福な家で火葬が行われる際に掘り起こして一緒に焼いてもらうことがあります。

今回、一緒に火葬される選ばれし村人はなんと68人。
王宮横、イブ・オカがあるスウェタ通りには王家の華麗な装飾とは異なり、
質素ですが精一杯の想いがにじむ供え物であふれた祭壇が。
その周囲を家族たちが、静かな表情で夜が明けるのを待ち受けます。

祭壇のひとつひとつに名前がしるされ、遺影が飾られている。

無神経にならぬよう、親族や葬儀関係者の表情を読みながら写真を撮っていると、
「ニホンジン?」と、ひとりの男性が話しかけてきました。

彼の甥っこが今回、火葬される68人のうちのひとりだと言って、
ひとつの祭壇を指さす。
まだ20歳。
通学時に交通事故にあったのだという。
「そこにいるのが彼の父親だよ。娘ふたり、息子は甥っこひとりだけだったから。もうガッカリして。毎日、泣いているよ」

68の祭壇には、68人の人生が宿っている。

明日には、人生の長さと重さを抱えたそのすべての魂が焼き尽くされ、自然に還る。
再び、よりよき人生を歩むためにこの地に生まれ落ちることを願って。


ふと空を見上げると、
9層のバデよりもさらに高い位置に輝く三日月。



公開火葬は、快晴の中ではじまることでしょう。
by naoko_terada | 2008-07-24 23:33 | トラベル | Trackback | Comments(10)
バリ島ウブドの公開火葬に

今回のバリ島への取材目的はふたつ。

ひとつは、この5年ほど続けているガイドブックのプロデュースのため。
そして、もうひとつが7月15日にウブドで行なわれる王家の公開火葬を見ること。
b0053082_18311858.jpg


13日までにきっかり予定どおり、ガイドブック用取材を終え、
14日午前中には、一路ウブドへ。
すでに葬儀の準備で、ここひと月ほどウブドの王宮周辺は大渋滞の大混雑。

その理由は、今回の公開火葬が今までにない前代未聞の規模だから。
なくなったのはウブド王家の最長老、チョコルダ・グデ・アグン・スヤサ氏。
2月28日に長い闘病のすえ、67歳で他界。
彼の弔いに加えて、スヤサ氏の数日前に亡くなった、同じく王族のひとり、チョコルダ・グデ・ラカ氏と、昨年亡くなった王家出身の老女デサ・ラカさんのおふたりの葬儀も同時に行なうというから、
それはもう、大変な一大イベント。
数千人とも言われる関係者や見学客で15日当日、ウブドは大混雑になり、車の通行も禁止されることを見越して前日からウブド入りをしたというわけです。
真夜中にも葬儀の儀式があることから、モンキーフォレスト通りの老舗なごみ系ホテル、バロン・リゾート・アンド・スパを今回は滞在場所にチョイス。
ここからなら王宮まで歩いていける距離なので便利。

ホテルにチェックインする前に、まずは下見と、車でウブド王宮へ。
b0053082_18331028.jpg


別名プリ・サレンと呼ばれるウブド王宮は、まさにウブドの中心に位置。通常は、毎晩、王宮内でレゴンダンスなどのバリ舞踊のパフォーマンスが行なわれ、観光スポットでもあります。
意外に知られていないのが、ゲストハウスでもあり、誰でも宿泊ができること。
部屋は値段相応に質素ですが、きらびやかな宮殿内での滞在はとても貴重な体験になります。
道路の向かいは、ウブドマーケット、人気のバビグリン(豚の丸焼き)の名店イブ・オカもすぐ目の前(今回の葬儀のため、イブ・オカは移転、自宅での仮営業。店の前に”自宅でやってます!”の看板が)。
常に、ウブドと共に暮らし、見守ってきたのがプリ・サレン。
その主の葬儀です。
ウブドの村人はもちろん、周辺の村の多くの人間がこの公開火葬の準備を無償で行なっていました。ここに、バリ人の強さと、団結力があります。
b0053082_18334319.jpg


王宮に行くと、まず目についたのが巨大な山車のようなバデと呼ばれるタワー。
公式資料によると高さは26・5m。
これに棺を乗せ、15日当日、およそ7000人の村人によって王宮から約1キロ離れた王家の火葬場までを練り歩きます。

王家のみに許された九層の塔を頂点に、下には亀(ベダワン)、ナーガ(龍)、ガルーダなどバリ・ヒンドゥーの宇宙観をあらわすシンボルが極彩色にかたどられ、圧倒的な存在感を放っています。
これ、すべて村人たちによる手作りです。
10日ほど前にウブドに立ち寄ったときは、製作途中でしたが、この日にはすっかり完成品に仕上がっていました。
b0053082_18342539.jpg


そして、市場側の王宮入口にはランブーと呼ばれる雄牛のフィギュア。
バリの火葬では、最後、この牛の内部に遺体を移し、そこに火を放ちます。
最も大きいのが長老スヤサ氏を乗せて天界へと向かうランブーです。
b0053082_1833269.jpg


ちょうどわたしたちがいるときに、バデの上に九層の塔を取り付ける作業が始まりました。
b0053082_18335822.jpg

b0053082_18341185.jpg


これが、まあなんともアナログな人海戦術(笑)。
ジェットコースターのような手作りの足場から男性陣が塔をかつぎあげ、竹の棒を使って上へ上へと押し上げていく。
途中、竹の棒の長さが足りなくなりエクステンション。
危なっかしくありながらも、多くの見学客が下から見守る中、どうにか塔は頂点に。
やや傾いているのが(かなり)不安ですが、それも後で調整されていました。

すごいですバリニーズ。
こんなに働くバリの男性陣を見るのも初めてです(笑)。


ここでいったん、ホテルにチェックインし、
夕方、再び王宮を訪れることに。


この晩から、いよいよ火葬に向けての儀式が随時、行なわれていきます。
by naoko_terada | 2008-07-21 18:45 | トラベル | Trackback | Comments(10)
こんなこともあるのですねぇ。。。
昨日、バリ島から戻りました。

が、なんと事務所のカギが見つからない!


しかも長期のハードスケジュールに、炎天下での公開火葬取材。
おまけに帰りの機内が冷蔵庫並みのエアコンの効きすぎで、不覚にも風邪ぎみ。


ということで、帰国後のスケジュールがちょっと乱れております。


健康って、ホント、大事ですね。
しかし、カギは何処へ。


ああ、つらいです。。。。
by naoko_terada | 2008-07-18 10:11 | その他 | Trackback | Comments(8)
今朝のバリ島の天気は。。。
昨晩から、バリ島です。

宿泊しているヴィラは、さすがオーストラリア人のオーナー。
ネット環境はストレスもなく、快適です。

昨日、空港の外に出て、ひんやりと涼しいのに驚かされました。
今朝は、雨。

でも、雲間から、ちょっと青空も見えてきているのでそのうち晴れるでしょう。


期待をしつつ、さあ撮影です!
by naoko_terada | 2008-07-02 08:58 | トラベル | Trackback | Comments(7)
再び、成田へ
さて、再び、トウモロコシを買いに成田空港へ。

な、ワケもなく。
本日から再び、取材です。
今回は2週間越のスケジュールなので、現地からの更新をがんばってみましょう。


朝日新聞の会員制サービス「アスパラクラブ」内で、ブータンの記事を書いております。
冒頭の記事は誰でも閲覧可能ですが、より詳細な内容をお読みいただく場合は無料の会員登録が必要です。
ご興味のある方はぜひ、会員登録をしてみてください。
ブータン以外にも、川底下村という北京郊外の古村についての紹介記事も書いております。オリンピックなどで北京に行かれる方に、お薦めのスポットです。

b0053082_6431838.jpg

また、以前に取材をしたクルーズの記事は、こちら。
ヨット雑誌、
「シードリーム」にて。

本日から機内に置かれるJALの機内誌「スカイワード」では、スーツケースにまつわる話を。
また、「旅咲」創刊2号でも引き続き、エッセイ「ホテル物語」を書いております。
今回はニューヨーク・ピエールでの「おひとりさまフレンチ」のお話。


旅の途中のブレイクに、
あるいはアームチェアトラベルのお供にしていただければ、嬉しいものです。


どうぞよろしくお願いいたします。
by naoko_terada | 2008-07-01 06:59 | トラベル | Trackback(1) | Comments(4)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム