ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
<   2007年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
10年間の、ありがとう
b0053082_23125683.jpg

今年の11月でパスポートが切れます。

タイやインドネシアなどは、入国時にパスポートの残存期間が6ケ月間、必要。
なので、近々、申請へ行かないと。

10年間、一緒に旅を続けたパスポート。
一度、増補しているので通常の倍のページ数に。
出国スタンプを数えてみたら、113回!
いやぁ、お世話になりました。

このパスポートを初めて手にした時、
これから10年間、フリーランスとしてやっていけるのか心配だった。
仕事のこと、人生のこと。
誰にもわからないその先を、まっさらなパスポートが暗示しているようで。
ひとつもスタンプが押されないまま、無意味な10年を送るかもしれない、と。

今、このパスポートを埋め尽くすスタンプの数は、
わたしの成し遂げてきたことの証であり、
数多くの出会いの記録でもあります。

たくさんの人に出会い、助けられ、仕事を続けてきました。
すばらしい10年だったと実感しています。

新しいパスポートを手にしたら、また、同じような気持ちになるかもしれない。
でも、今はそれもいいかな、と思っている。

不安や恐れをかかえて生きるのは、わたしだけじゃない。
そして、人生に無意味な時間などない。


そんなことを、この10年間が教えてくれたから。
by naoko_terada | 2007-06-28 23:48 | その他 | Trackback | Comments(16)
バリ好きに、緊急告知!
本日23日と24日、
横浜パシフィコで日本最大級のバリイベント、バリ・ショーが開催されます。

リゾートやツアーの紹介、家具や雑貨・小物の即売、
バリ舞踊ショーやガムラン演奏、バリ料理コーナーなどまさにバリ一色。
舞踊プログラムでは、ティルタ・サリと共に名レゴンダンサーで知られるアユちゃんと、ユリアティちゃん姉妹も来日!
バリアンによる占いコーナーや来場者プレゼントもあります。

天気もいいし、レジャー気分でバリを満喫されてどうでしょう。
わたしもこれから行ってきます。

夏休みの海外旅行にバリ島をお考えなら、最新情報を得るチャンス。


横浜でバリ気分を味わってみませんか?

あ、ちなみに30日と1日は大阪で開催されますよー。
by naoko_terada | 2007-06-23 14:05 | その他 | Trackback(1) | Comments(6)
ホテル・カリフォルニアへ
b0053082_22573163.jpg

ディズニーに行く前に滞在したのが、ビバリ−ヒルズ。
お住まいになっていらっしゃるのは、ビリオネアやハリウッドセレブ。
あ、あと一部、日本の芸能人が少し(笑)。

今回、滞在したのはビバリ−ヒルズ・ホテル&バンガローズ
あの、イーグルスの名盤「ホテル・カリフォルニア」のジャケットに登場する、
LAを代表する高級ホテルです。
ここが凄いのは、とにかくゲストの大半がハリウッド関係者ということ。
マレーネ・ディートリッヒ、オードリ−・ヘプバーン、クラーク・ゲイブルなど
往年のスターからトム・クルーズ、スティーブン・スピルバーグなど
現役トップクラスのセレブリティたちが顧客。
名物となっているプールサイドのカバナは、エアコン、携帯、テレビ完備。
もちろんインターネットはワイヤレスでOK。
ここで日焼けをしながら契約書にサインしたり、ギャラの交渉をしたりするそう。
さすがハリウッド。

そんなホテルねたを惜し気もなく披露してくれる、広報の熟年マダムと一緒にこれも、
名物のレストラン「ポロ・ラウンジ」でランチをいただいていた時。

マダムが、
「あそこにいるのはアル・パチーノよ」と耳もとでささやく。
横を見ると、子供を連れたサングラスをかけた男性が。
言われなければわからない・・・・(苦笑)。
暑いくらいにいい天気なのに皮ジャン着ているのも謎。
セレブだから?
どうやら新作『オーシャンズ13』関係者と一緒だったらしい。
先週はこのホテルでプレミアパーティがあったとは、マダムの情報。

マダムに聞いてみる。
「お気に入りのスターは?」

「そうねー、ブラッド・ピット、あのコはキュートね。でも、たまに汚らしくなる時があるのよ。こぎれいな時は最高にカワイイわよ♪」

マダムが言うとものすごく説得力あり。

「私が今まで会った女優の中で一番きれいだったのは、ジェニファー・ロペス。彼女、小柄なのよ。それにあの信じられない肌。あんな肌を持った女優はいないわねー」


偶然にもこの日は、ご近所にお住まいのパリス・ヒルトン嬢が収監された日。
上空にはヘリが飛びかい、ニュースのトップもパリス一色。


Welcome to the Hotel California
Such a lovely place
Such a lovely face
Plenty of room at the Hotel California
Any time of year, you can find it here .


イーグルスは正しかったようだ。
by naoko_terada | 2007-06-21 22:58 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(2)
ジョニ−・デップ VS ファインディング・ニモ?
b0053082_23281058.jpg
b0053082_23282585.jpg
b0053082_23284142.jpg
b0053082_23291772.jpg
b0053082_2329351.jpg

カリフォルニア、ディズニーランド・パークの新アトラクション、
ファインディング・ニモ・サブマリン・ボヤッジのプレミアムが行われたのは、
6月10日の日曜日。
カラリと晴れたまさにカリフォルニアらしい青空のもと、華やかに開催。

まずは、レッドカーペットならぬシーブルーカーペット。
ディズニー映画などに登場したセレブリティたちが大集合。
日本でも知られているところでは、映画『スチュワート・リトル』に出演したジーナ・デイビス。
声援をおくるファンに人なつこく手をふっていました。
そして、お次はブルック・シールズ。
片手にお子さんを抱いての登場。
すっかりママの貫禄です。

ところで、個人的に期待していたジョニ−・デップ。
やはり大物、さすがに今回は参加せず。
がっかり・・・。
なので、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』にあわせバージョンアップした、
人気アトラクション「カリブの海賊」にせめてものトライ。
これが映画に登場するシーンを再現するほか、ジャック・スパロウのフィギュアも
ジョニ−・デップそっくり!
さらにアトラクション時の声も本人が担当。
ジョニデ・ファンなら必見です。

そして、今回のメインイベントがファインディング・ニモ・サブマリン・ボヤッジ。
かつてディズニーランド・パークの人気アトラクションだった、潜水艦を改装。
そのサブに乗り込んで水中に潜っていきます。
ニモはもちろん、マーリン、ドリ−、クラッシュなどの登場人物(魚?)が、
丸い潜水艦の窓越しにまるで本当に海底の中を泳ぎ回るように動きまわります。
このアトラクションのためにさまざまな特殊技術が導入されているそう。
所用時間も長く、見ごたえのあるアトラクションになっています。

初日は、潜水艦に乗るのに4時間待ち。
パーク内にはオリジナルグッズのニモハットをかぶった子供たちがあちこちに。
元気いっぱいの動きぷりが、水中のニモのよう。
しばらくはこの人気、続きそうですが、
夏休みに訪れたらぜひ、体験してください!
そうそう、乗船するのなら晴天時を選ぶこと。
太陽の光が水中に差し込み、本物のグレートバリアリーフの海底のようにキラキラと輝く様子は圧巻。
これを楽しまなければこのアトラクションの魅力は半減です。

それでは、Welcome aboard !!
by naoko_terada | 2007-06-17 23:56 | トラベル | Trackback | Comments(2)
こんなモノが、来ました
b0053082_3284242.jpg
b0053082_3285699.jpg
b0053082_32991.jpg
b0053082_3291885.jpg

シュ−ボックス程の大きさの青い箱。

そっと、開けてみると、
イエローサブマリンのポップアップと同時に、

" Mine ! Mine ! Mine ! Mine ! Mine ! ! ! ! "

あの、聞き覚えのある鬱陶しい泣き声(笑)。
そう、映画『ファインディング・ニモ』に登場した、隠れた人気キャラクター、
カモメたちのリフレイン。

実はこれ、カリフォルニアのディズニーランドからのご招待状(箱?)。
来週11日にスタートする新アトラクション、
「ファインディング・ニモ・サブマリン・ヴォヤッジ」グランドオープニングの
ワールドプレミアメディアツーのためのもの。
世界中から700名ほどのプレスが集まるそうです。
さすが、ディズニー。

あ、もちろん本物ですよ。
本家ディズニーランドです、念のため(苦笑)。

ということで、柄にもなくわたしも本日から参加。

アトラクションも楽しみですが、
今回のハイライトのひとつが、前日10日のプレオープニングイベント。
「レッドカーペット」ならぬ「シーブルーカーペット」があり、
ハリウッドのセレブリティたちが登場。
密かにジョニ−・デップが来ないかぁ、と願っているのですが・・・。

どうでしょう。

次回の更新をどうぞご期待ください!
by naoko_terada | 2007-06-07 04:03 | その他 | Trackback | Comments(10)
足元に、数百万円のワインたち
b0053082_22493525.jpg

b0053082_22494918.jpg

冷えた白ワインや、泡ものが美味しい季節になってきました。

そんな時期の嬉しいお誘い。
5月18日にオープンしたばかりの、ワインと輸入食材の専門店、
Bon repas(ボン・ルパ)麻布十番店での小さなテイスティングパーティ。
場所はお店の2階、通常は高級ワインがディスプレイされいてるスペース。
特注のガラスのテーブルをパーティ用にみごとにセッティング。
きらめくワイングラスは贅沢にもお店で販売するリーデル社製。
ということで、我々の足元には数万円クラスのワインが箱詰めで鎮座。
営業中なので、すぐ横をワインを選ぶお客さまが通り過ぎたりと、なかなか楽しい。
ホストはこのお店を経営する会社「徳岡」の代表取締役会長の徳岡氏。
わざわざ大阪からこのために来てくださった、
ワインと食材の輸入に情熱をかける熱血経営者でいらっしゃいます。

この夜のテーマは、「Bon repas おすすめマリア−ジュ」。
ワインと生ハム、チーズなどの食材と、さらに塩やレモン、オリーブオイル、お醤油などをあわせることで変わる風味を楽しむのが目的。

シャンパンから始まり、まずは会長みずから厳選してくださった白ワインが4種類。
2種類はタンク発酵のみのデイリーワイン、2種類は樽での二次発酵をした高級ワイン。
これに水牛モツアレ−ラ、ノルウェー産スモークサーモン、サルディニア産からすみ、
チャトカ金線蟹脚肉などをいただくのですが、さらにそこにレモンをかけたり、オリーブオイルを加えることで味わいが劇的に変わることに一同、感動。

続いて同じく赤ワインが4種類。
これにはイベリコ豚の最高級ブランド、フリアンマルティン・イベリコ・べジュータや、24ケ月熟成させたフィオルッチパルマ・ハム、ドイツのグ−ゲルビアシンケン、手作りのセレクトスデカスティージャ社のフォワグラなどをマリア−ジュ。
こちらは、胡椒塩、醤油、36ケ月熟成のバルサミコ、トマトソースなどをちょっとつけてみると、さらに味に深みと複雑さが増しそれはもう、芸術的な美味しさ!
特に熟成したバルサミコと醤油との組み合わせは絶妙。
あまりのすばらしさに何度、足元のワインを蹴っとばしたことか(笑)。

Bon repasのすごいところは、商品のおよそ95%を自社輸入している点。
ワインだけで2300種類!
そして、なんとキャビアは1gから販売、オリーブオイルも量り売りという良心さ。
生ハムもその場で切りたてを買うことができます。
1階はデイリーユースのワインが中心で、価格も1000〜2500円と手頃。
2階は、それとは対照的にヴィンテージなど高級ワインを揃えたスペースに。

また、ぜひ利用したいのが会員サービス。
入会金100円で会員になると、商品価格が10%オフに。
年会費1万円を払う「プレミアム会員」になると、商品価格25%オフに加えて、
来店の際、2階でグラスシャンパン1杯と1スプーンのキャビアを「ウェルカムドリンク」としてサービスしてくれるというから嬉しい。
しかも6月までは開店記念ということで、「プレミアム会員」の年会費が50%オフの5000円になるとのこと。

もちろん、わたしも当日、しっかりプレミアム会員になり、
会長おすすめのシャンパンを1本購入。
25%オフで、7500円のところが5625円に。
これはかなりお得。
そろそろワインパーティを、などと思っていたところなので、
今年はここが、活躍しそうな予感。
ホント、見ているだけでも楽しくて、今日も行きたいくらい。

ワイン好きにはもう、たまりません!
by naoko_terada | 2007-06-05 23:54 | ワイン&ダイン | Trackback | Comments(4)
週末への、プロローグ
b0053082_2212923.jpg

6月のスタート。

東京は昨晩の激しい雨がウソのような、さわやかな快晴。

神保町の三省堂の1階奥、旅行書籍コーナーで待ち合わせ、
靖国通りをわたり、この街の名物店「ランチョン」へ。
黒生のランチビールと、ステーキランチを二つずつ注文。

作家と猫の関係、2時間ドラマ、雪の結晶、スペイン、エル・グレコ、
若い人のこと、リタイア族のこと、
お金持ちはお金を使って金儲けをする、という話。
鬱の話題、パリのパッサージュ、灰皿、山の上ホテルへの賞賛。

会話の波紋の広がりを楽しみながら、ゆっくりゆっくりと。

その後は、駿河台下の交差点をちょっと抜けて、地下の喫茶店へ。
琥珀色の深入りコーヒーは食後のリフレッシュに、
知識と経験が紡ぐ、言葉の軽やかさと深みは心のリチャージに。
デミタスカップ一杯分の時間のおしゃべり。

階段を上がり、表に出てもまだ、快晴。

「ああ、海に行きたいねぇ」、というその人の言葉を笑顔で受け止め、
交差点で手を振って、お別れ。

こんな金曜日は、美しい週末への序章。



どうぞ、すばらしい週末となりますように!
by naoko_terada | 2007-06-01 22:39 | その他 | Trackback(1) | Comments(8)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム