ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
<   2006年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
長崎、軍艦島へ
b0053082_2328753.jpg

本当に言葉が出ない。

1974年に島民が離れた後、無人島として存在する長崎県・端島(はしま)。
通称、軍艦島
昨年、一度だけ報道関係者が上陸した以外、崩壊が激しく危険なため立ち入り厳禁。
実はここ、世界遺産にするというムーヴメントがあるのです。

観光クルーズで周囲をめぐることはできますが、今回は長崎県からの特別許可を得て、
視察団として上陸することに。

島内の圧倒的な存在感は、本当に言葉にできない。
ここに最盛時は5000人以上の住民がいたのだということは、想像する以外にありません。

高度成長期の日本を見てきた軍艦島。

無人のこの島は静かに、しかしとても饒舌に語りかける。
by naoko_terada | 2006-10-28 23:43 | 日本 | Trackback | Comments(14)
気分転換は、歯みがきで
b0053082_143799.jpg

このところずっと編集に没頭。
大がかりな赤字チェック、ページの移動などがあるので、ちょっと大変。

そ~んなときの簡単な気分転換は、人それぞれでしょうが、
わたしの場合は、歯みがき。
冷たい水を使って、シャッシャッと歯をみがくと、頭の中のモヤモヤや、疲れた気持ちがスッキリとしてくるのが実に心地いいのです。

そんなわたしのお気に入りが、コチラ。
オーストラリアン・メイドのティーツリーの歯みがき粉。

これが、もう優れものなのです。
ティーツリーとはオーストラリアやニュージーランドに自生する植物で、抽出されるオイルが殺菌効果が高いことで知られています。ニュージーランドではマヌカ・ハニーと呼ばれてティー・ツリーの花のハチミツが健康食品として人気。

なぜ、ティー・ツリーと呼ばれているかと言うと、
英国人探検家キャプテン・クックがこの葉をお茶にして船員のビタミンC不足をおぎない、壊血症を予防したとされるから。
愛用の歯みがき粉は、サーズデイ・プランテーションと呼ばれるブランドで、オーストラリアのドラッグストアで簡単に手に入るもの。
サッパリとした使い心地でお値段も5ドル前後とお手頃。

ということで今もこれから、コレを片手に歯みがき開始。

オーストラリア旅行をお考えなら、こちら、おみやげにもお薦めしますよ。
by naoko_terada | 2006-10-24 02:05 | マイ・フェイバリット | Trackback | Comments(8)
「ホテルブランド物語」 取材秘話②
b0053082_1641124.jpg
b0053082_164135100.jpg

「ホテルブランド物語」では、実は紹介しきれなかった写真が数多くあります。

これもその中のひとつ。

上のステキな笑顔の彼は、バンコクのザ・オリエンタル・バンコクのスタッフ。
ちょっとカメラを向けたら、サッと「ワイ」と呼ばれる両手をあわせたタイ風のあいさつを返してくれました。
これは、やはりタイならではのもの。
自然にこの所作ができるのがアジア人の美徳。
教えようとしてもそうできるものではないでしょう。

そしてこの笑顔。
男性スタッフも女性スタッフもみな、初々しくて愛らしい表情でゲストをもてなします。

かたや、ニューヨークの名門ザ・ピエールのおじさんポーターふたり。
彼らは30年近く、ザ・ピエールで働き続ける名物スタッフ。
飄々としたスタイルで仕事をこなし、ホテルに個性を与えています。
ザ・ピエールは今年、フォーシーズンズからインドのホテルグループ、タージに経営が移りましたが、そんなことはまったく関係ない。
ザ・ピエールがある限り、彼らはここでポーターとして働き、ゲストは彼らに会いに戻ってくるのです。

ホテルの魅力はやっぱり「人」。
今回、本を書くために訪れたホテルの数々も、思い出として心に残るのはスタッフである彼らのこと。
あの愛らしい笑顔や、名物ポーターたちに出会いにもう一度、訪れたい。

そう思わせるホテルこそ一流、なのではないでしょうか。
by naoko_terada | 2006-10-15 17:06 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(13)
Food's-Fooってご存知ですか?
b0053082_2127336.jpg
b0053082_21272634.jpg
b0053082_21274793.jpg

突然ですが、アイルランドの話題です。

というのも先週、アイルランドの情報をサイト上で公開したからなのです。
でも、通常の旅情報ではなくて、在日本の各国大使館の方にお聞きするヘルシーブレッドについて、というちょっとユニークなもの。

その公開先がFood's-Fooという食の総合サイト。
ラーメンからスイーツ、水産物までまさに「食」についてのあらゆる情報がコンテンツにぎっしり!また、季節感ある特集ではしっかりレシピまでついた各種アイデアが取り上げられていて活用度大。
なかなかのスグレものサイトです。

アイルランドを訪れたのは3年ほど前。
それ以来、いつかは再訪したいと思う心に残る場所です。
写真はアトランダムにそのときのものをアップしてみました。

小雨ふる中、馬車に揺られてたどった谷間。
ギネス本社で味わった、造りたてのビールの風味とコク。
アイルランド産カマンベールをグリルした、シンプルなのに驚くほど美味なる前菜。
もちろん毎回、食事に登場する焼きたてのライ麦や全粒粉のヘルシーブレッドの香りたかさとおいしさも忘れられません。
特にアイリッシュサワーブレッドは、クセになる味。
これとチーズ、そしてギネスがあれば言うことなし。

ちょっと肌寒くなり、日々、空気に透明感が増してくる。


アイルランドの思い出をたどるには最適な時期かもしれません。



by naoko_terada | 2006-10-01 21:53 | その他 | Trackback(1) | Comments(11)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム