ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
<   2005年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
1年ぶりの、スリランカへ
b0053082_14445453.jpg

およそ1年ぶりのスリランカ。

今回は旅行会社のスタッフのみなさんと一緒の、いわゆる視察ツアー。
リゾート、アーユルヴェーダ、サファリ、ショッピングと、
スリランカの魅力満載のステキな内容。

日程では首都コロンボから、スリランカ航空が行っているエアータクシーと呼ばれる水上飛行機を利用して南東のヤラ国立公園まで移動、という予定。

でも、わたしは南の海岸線を通って、1年前、津波の前に訪れた場所がどうなっているか、
それが知りたかった。
そこで、単独、車をチャーターして陸路で移動することに急きょ、変更。
目的地は、我がうるわしのアマンウェラ
スリランカ初のアマンリゾートです。

翌日早朝、用意されたのは、スリランカ人の若いドライバーが運転する日本車。
コロンボからアマンウェラまでは、約4~5時間。
「日本人はあんまり乗せたことないなぁ」と、やや不安げなドライバー。
ふたりでのちょっとしたドライブ旅行に出発です。

津波は海岸線のおよそ2/3というとてつもない規模で、スリランカを襲いました。
1年近くが経過し、復興はかなり進んでいると思っていたけれど、
海岸線の道路沿いにはいまだ、崩壊した家々が並び、人々が暮らすテントが点在。
飛行機ではあっという間に通過してしまう、わずかな距離のなかでも、
さまざまな人たちが暮らし、日々を送っていることを、あらためて実感します。

午後も過ぎ、どこかでランチを、ということで、
ドライバーがヨーロピアン観光客ご用達のレストランへ連れていってくれることに。

テーブルに案内されて座ると、ドライバーが
「ボクはレストランがまかないを食べさせてくれるから、向こうで食べるよ」と言う。
まわりを見ると確かに、ヨーロピアンは自分たちで食事をし、
連れてきたガイドたちは奥に消えていく。

そこで、わたしは
「向こうで食べたいならいいけど、もしよければ一緒に食べない?ごちそうするから。その代わり、スリランカのこといろいろ教えてくれない」と聞いてみる。
「OK」と言って、彼も同じテーブルに。
ダール(豆カレー)、カンクン(青菜)の炒めもの、それにライス。
彼はスリランカではおなじみのジンジャービール(美味です!)、わたしはセイロンティー。
同じ皿から料理を分けあい、津波のこと、仕事のこと、スリランカのこと、日本のこと。
そんなことをあれこれと食べながら、話す。

しかし、レストランにはドイツ人、イタリア人などヨーロピアンの観光客が多く、
彼らの戻りの早さには驚かされます。
人々の生活が元に戻るにはまだ時間がかかるでしょうが、
道路、鉄道なども再開し、ホテルやリゾート、レストランなど観光要素は迅速に復興。
再生したスリランカのパワーを感じます。

食事を終え、ウェイターに会計を頼むと、
ウェイターがドライバーに地元の言葉で何かつぶやく。
「ボクの分は払わなくていいそうです。ミス、アナタの分だけで結構だそうです」

ウェイター、ドライバーともにわたしを見ながらニッコリ、笑う。

レストランのトイレの横の壁に、津波の高さが青いチョークで示されている。
今回、わたしが撮った唯一、津波を象徴する写真です。

崩壊した家々も、人々が暮らすテントも、打ち上げられた漁船も、
津波に関するものは、今回、いっさい撮らなかった。
必要ないと思ったから。

それよりも美しいビーチ、光り輝く太陽、すてきなリゾート、
そして、なによりも美しいスリランカの人々の笑顔。
そんなことに目を向け、伝えていきたい。

それが、スリランカの魅力だから。
by naoko_terada | 2005-11-27 16:34 | トラベル | Trackback | Comments(13)
マンダリン・オリエンタル東京、開業!
b0053082_0555370.jpg

12月2日、
アジアの名門ホテル、マンダリン・オリエンタルが日本に初進出。
日本橋にマンダリン・オリエンタル東京が誕生します。

昨日は、ちょっと早いメディアための内覧会が。
テレビ局、新聞、業界誌、一般誌など主催側も驚くほどの注目度。
ホテルに加えて日本橋の再開発を象徴する、
日本橋三井タワーのお披露目もあるから、なおさらです。

記者会見の後、さっそくホテルのインスペクション(視察)へ。
わたしはこれが、大好き!
どんなホテルにも個性があり、魅力がある。
一度訪れたホテルでも、再訪すると改装などでまったく異なったホテルに
変わっていることもあり、いつも新鮮。
新しくオープンするホテルとなれば、そのワクワク度はなおさら。
これ、きっとホテル好きの方ならよくおわかりになると思います。

さて、マンダリン・オリエンタル東京。
コンセプトは日本の「森と水」、
そして日本橋=呉服というイメージでさまざまな風合いのファブリック(布)を多用。
モダンなトーンでまとめあげられています。
ゲストルームも上品なテイストで、圧巻は日本初の全室に備えられた45インチ以上の
液晶フルスペックハイビジョンテレビ!
大きいです!
また、英国の人気ブランド「アロマセラピー・アソシエイツ」のアメニティを採用したのも
日本のホテルでは初めて。
あとは、マンダリン・オリエンタルのホスピタリティさがどう演出されるか。
乞うご期待、といったところですね。

今回、一番印象的だったのは、実は37階に位置する、
「センス」と名付けられたチャイニーズ・ダイニング。
さすが、アジアの名門らしい、
洗練さとオリエンタリズムを感じさせるモダンシノアの空間が秀逸。
写真はその「センス」の横にあるティーコーナー。
日本、台湾、中国産と、バリエーションに富んだ20種類以上のお茶を用意し、
飲茶ランチや、チャイニーズ・アフタヌーンティーなどが楽しめるそう。

吹き抜けの空間と、三段の暖炉のぬくもり、
そしてパノラミックな景観。

東京の新しいホテルライフがまたひとつ、誕生しました。
by naoko_terada | 2005-11-25 01:32 | TOKYO HOTEL | Trackback(1) | Comments(11)
ブログ開設1周年、プレゼントあげちゃいます!
いつもご覧になってくださっているブロガーのみなさま。

ハッピー・トラベルデイズをスタートしたのが、昨年の11月12日。
おかげさまで、1周年を迎えました。

本当にありがとうございます。

この1年、スマトラ沖地震・津波、ニューオリンズのハリケーン、バリ島のテロ爆破事件、
パキスタンの地震と、世界各地でさまざまな出来事がありました。
また、国内も新潟地震や、台風による被害など、今だにご苦労をされている方々も多い。

常にお伝えしてきましたが、
「観光」はこれらの被災地、そして被災された人たちの生活を支え、精神的な支えともなる
とても大きなファクターです。

楽しく旅をして、感動や安らぎをもらい、現地にお金を落とす。
「こんな時期に申し訳ない」と思う、日本人らしい思慮深さは美徳だと思います。
でも、現地の人たちは、我々観光客が再び戻ってくることを心から願っています。

それが、自分たちが暮らす場所の「平和」を意味することだから。

これからも「ハッピー・トラベルデイズ」をモットーに、新しい出会い、感動を
このブログを通じてお伝えできれば何よりの幸せ。

どうぞ、多くの旅情報、コメント、トラックバック等をお寄せくださいませ。

_________________________________

ということで、今回は、個人的な「ブログ開設1周年記念プレゼント」、あげちゃいます!

合計5名の方に、寺田直子からのささやかなプレゼントをさせていただきます。
今回の記事にコメント、トラックバックをしていただいた方の中から無作為に5名
選ばさせていただき、その方たちに非公開のコメントにてお知らせいたします。

締め切りは今月11月末日まで。

内容はまだ、考えていませんが、海外から持ち帰ったものなどと、思っています。
応募いただいた方のコメント、ブログから感じる旅の好みなどを考慮しながら、
ひとりひとりに差し上げるプレゼントの内容を考えたいと思います。

う~ん、なかなか楽しいかも。

ぜひ、ハッピー・トラベルデイズへのコメントや、旅への想いなどを送ってください。

もしかすると、海外からお送りすることもあるかもしれませんので、
どうぞお楽しみに。

たくさんの応募をお待ちいたします!
by naoko_terada | 2005-11-18 16:38 | その他 | Trackback(7) | Comments(23)
2005年度ミス・アメリカに、インタビュー
b0053082_485964.jpg

スイスでは、天使が旅の途中、晴れるという言い伝えがあります。

東京にさわやかな秋晴れの一日を運んでくれた天使は、
ヘルシーな笑顔がキュートなチェルシー・クーリー嬢。
2005年度ミスUSAです!

今回は某エアラインの機内誌用のインタビュー。
わずか2日間の日本滞在とはいえ、とっても楽しんでいる様子。
「ちょこっと仕事を抜け出して、六本木ヒルズに行くの!」
なんてところは、21歳のオンナの子。
今年4月、ミス・ノース・カロライナ代表として出場し、みごとミスUSAを獲得。
6月にバンコクで行われたミス・ユニーヴァースには、
惜しくもトップ10入りはしたものの、トップの座はカナダ代表に。
でも、ミスUSAとして約7ヶ月、
国内外でさまざまなプロモーション活動を行い、
人生最大のグレートモーメントを満喫しているようです。

彼女、とにかく笑顔が印象的。
キラキラと輝いていて、それはそれはまぶしいほど。
でも、それは外見の容姿の美しさだけから来るものではないようです。

ミスUSAの大きな役割が、チャリティーやボランティア活動。
特に彼女は乳ガン、子宮ガンという女性特有の病気のロビー活動を行っています。
ミスに選ばれる前は、彼女も「よく知らなかった」というこれらの病気の知識を
若い女性が今以上に持ち、自分たちの体を知ることはとても大事なこと。
そのメッセンジャー役をとても誇りに思っているのです。

「ボーイフレンドは?」というわたしの質問に、
「今、探しているところ」と、はにかむ彼女。

ミスUSAとしての1年が彼女にどういう転機を与えるかは、わかりません。

でも、その天使のようなピュアな微笑みは、大切にね。

Good Luck !!
by naoko_terada | 2005-11-10 04:44 | その他 | Trackback | Comments(5)
東京で、メルボルン・カップ体験!
b0053082_20511280.jpg
b0053082_20495764.jpg
b0053082_20515241.jpg

オーストラリアの国民的行事、といえば
そう、メルボルン・カップ

毎年11月の第一火曜にフレミントン競馬場で開催されるレース。
メルボルンを州都に持つビクトリア州では、なんとこの日は祝日!
その他の州でも、新聞などメディアの話題の中心になるのはもちろん、
会社でも、仕事を一時中断してテレビ観戦するのが習慣。
オーストラリアの春(南半球は季節が逆なので)恒例の一大イベントなのです。

嬉しいことに、今年はビクトリア州政府観光局から、
Australia Society Tokyoが開催するランチョンパーティへのお誘いがあり、
会場となるラディソン都ホテルへ。

メルボルン・カップといえば、レースはもちろんのこと、
社交界の女性たちが意匠をこらした帽子をかぶって観戦することで、有名。
東京でも、さすが!
マダムやご令嬢がたは、この日のために用意したさまざまなスタイルの帽子で参加。
エレガントなものから、「東急ハンズで素材をそろえたの!」といった自作まで。
最後にファッションコンテストもあるので、
みんな、気合い、入ってます。

東京タイムで13時に出走するレースを前に、ランチョンは11時にスタート。
ビクトリア州名産のすばらしいスパークリング、赤、白ワインを楽しみながら、
ランチをいただき、目の前のスクリーンで衛星中継される試合を観戦。
個人または各テーブルごとに賭けることができるので、みな、スクリーンに映る
馬のオッズを熱心に見入ってます。
実は、オージーはとってもギャンブル好きな国民なんですね。

今年の話題はふたつ。

まずは、2003年、2004年と二連覇を達成したマカイビー・ディーヴァ。
そして、5月の天皇賞で3着になったアイポッパーの参加。日本調教馬としては、
メルボルン・カップ初出走です。
さらに、オイルマネー大国ドバイのエミレーツ航空が主催となり、今年の賞金総額は、
510万豪ドル(約4億4000万円)、1着賞金は300万豪ドル(約2億6000万円)と、
オセアニア最高額のレースに。
わたしも、本命マカイビー・ディーヴァと、日本代表アイポッパーにささやかながら投資。

出走時間間近になると、会場は熱気と興奮度もアップ、
今まさにオーストラリア国民のほとんどが、同じことをしているかと思うと愉快。
シドニーで働いていたとき、会社の会議室にみんなで集まって観戦したことを思い出す。
こういうおおらかな国民性のオーストラリア、ホント、大好き。

そして、いよいよスタート。
最初はみな、静かに観戦していましたが、中盤から接戦となった最終コーナーに入ると、
ホテルの会場内はいっきに歓声が響きわたり、大興奮。
スクリーンに釘付けになった、帽子のシルエットがあちらこちらで揺れる。

結果は、マカイビー・ディーヴァがみごと三連覇達成。
強い!
アイポッパーは残念ながら実力を出し切れず、12着。

東京にいながら、実にオーストラリアな気分の1日。
でも、さわやかな春のメルボルンで観戦するのが、やっぱり一番、楽しそう。

もちろん、ステキな帽子をかぶってね。
by naoko_terada | 2005-11-06 21:24 | 日本 | Trackback | Comments(8)
新宿の秋の一夜、幽玄なる薪(たきぎ)能を
b0053082_1343863.jpgb0053082_1362915.jpg


神無月も最終日、恒例の新宿御苑・森の薪(たきぎ)能へ。
ここ3年、雨天で延期になっていたため久しぶりの開催。
能というと、かた苦しく思いがちですが、これはカジュアルに楽しめるイベントで、
わたしの楽しみのひとつ。

今年の演目は、翁(おきな)と羽衣(はごろも)。
そして、狂言・三本柱(さんぼんのはしら)が演じられました。

翁は能の中でも珍しい演目で、とても神聖なものとされています。
演ずるのは観世榮夫氏。
歌舞伎、オペラ、演劇の演出も手がけ、俳優としても活躍する日本の芸術文化の重鎮。
天下泰平、国土安穏を願い、舞う姿はさすが、
重厚であり、いぶし銀のごとく。
すり足の妙にはうならされます。

かたや、翁が舞台裏に去ったあと、五穀豊穣の舞いをみせるのは、
映画『陰陽師』で知られる若手・野村萬斎さん。
華麗で若々しい舞を、本舞台いっぱいに披露してくれて、
「地味」、「動きがない」などといわれる能のイメージをみごとに払拭してくれます。

観客は、みな芝生に敷物を広げ、お酒やお弁当持参で観賞。
能楽堂などでは咳ひとつでも気をつかいますが、
野外での薪能は、のびのびと楽しめるのが魅力。
わたしもリラックスして観たいので、熱心な観能ファンのみなさまに配慮して、
席はあえて後ろのほうに確保。
なのでオペラグラスはマストアイテム。
持参のピクニック用のラグを敷き、デパ地下でみつくろったお弁当をひろげる。
会場でもスナックやお酒、ジュース類を売っているので、
肌寒いこの夜は、温かい日本酒を所望。
お好みで、ちょっと気どって赤ワインなどをいただくのもオツなものです。

凛とした秋の宵。
温かい服装をして、美味しいものをつまみながら、
日本伝統の芸術を堪能することの、しあわせ。

ゆるり、
と薪のかがり火が揺れ、心もはるか幽玄な時空間にゆれる。

美しい日本の秋が、一段と深まった夜でした。
by naoko_terada | 2005-11-03 02:56 | 日本 | Trackback | Comments(10)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム