ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
<   2005年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
路地裏の、魅力
b0053082_23293940.jpg

b0053082_23302979.jpg

路地のある街が好きです。
路地文化は、その街の歴史。人の暮らしてきた証だと思っているから。

この前の台湾も、実はそんな路地のある街へ。
場所は台中に位置する鹿港(ルーグァン)。台北から特急に乗って約3時間。
台中駅からもう少し先の彰化(ヂャンホア)で下車、そこからローカルバスで
さらに40分ほど。
ここは清の時代に貿易で栄えた港街で、
ノスタルジックな家屋、多数の廟(寺)、そして路地があることで知られています。
といっても日本人観光客はまずいない。
多くの観光客は地元の人たち。

鹿港の路地でまず有名なのが「九曲巷(ジョウチュイシャン)」。
九つの曲り角を持った路地裏で、周辺は市場、民家が集まり、日本の下町のよう。
夕暮れどき、ひとり歩いていると、家の中からもれてくる明かりとテレビの音、
そして晩ごはんの匂い。
子供の頃を思い出す、温かくて懐かしい風景。

この日は、4年前に他界した母の命日。
路地をさまよった後、鹿港のもうひとつの名所、天后宮へ。
こちらは美しい海の女神を祀った名刹。
誰もいない境内で線香をたき、遠く日本の家族へ想いをはせる。

入口に奉納された提灯(ちょうちん)が、風に揺れる。

東京ではあらゆる場所で、再開発が行われ、
数多くのスタイリッシュな大型ビルが生まれています。
都市は常に進化するものだから、こういったビルができるのはしょうがないこと。
でも、何か大事なものを壊してしまっている気がする。
一度、壊したらもう二度と戻すことのできないもの。
空間だけのことではない、都市の温かい部分。

路地もまた、そのひとつ。

本日、読売新聞の日曜版でわたしの選んだ「路地散策にお薦めの街」が掲載されます。
場所は5ケ所。
もちろんこの鹿港もその中のひとつ。

みなさんの好きな路地のある街は、どこですか。
by naoko_terada | 2005-09-25 00:10 | トラベル | Trackback(2) | Comments(8)
調子悪いなぁ・・・
わたしも、パソコンも。
9月も後半、怒濤の夏を乗り切り少々、お疲れモード。
常に海外に持っていくマイPC、dynabookはメールが不調。
ということで、これは事務所のMacG4からの更新。

わたしも今年、すでに14回の海外取材と昨年以上のハイペース。
飛び回るのは大好きだけれど、たまには立ち止まって物事を考える時間も必要。
そんな時期に来ているようです。
現在、かかえている企画、そして来年にむけて。
仕事のこと、人生のこと。
さまざまなことを充電し、考える時間を自分にあげましょう。

タイムリーにも今週23日、24日は、東京ビッグサイトで世界旅行博が開催されます。
世界中から観光局、ホテル、エアラインなどが集まる年に一度のイベント。
一般の方の入場ももちろん可能なので、新しい旅行の情報をお探しの方はぜひ。
ライブやプレゼントなど、お楽しみもいろいろ用意されていますよ。

この旅行博に伴い、今週はいろいろな方と出会う機会がありそう。
新しい刺激をもらい、心身ともにリフレッシュ。

パワーアップして、がんばりましょう!
by naoko_terada | 2005-09-21 13:12 | その他 | Trackback(4) | Comments(12)
台北発ユナイテッド、機上でのハプニング
b0053082_223434.jpg
b0053082_215446.jpg
b0053082_231580.jpg

9月11日
ユナイテッド航空UA890便
台北10:25発、成田14:50着

台北を含む、台湾北部を直撃するかと思われた
「カーヌン(タイ語でパラミツというフルーツの意)」の名前を持った台風15号

やや北よりにそれ、直撃をまぬがれたため、我がフライトもオンタイムで出発。

ところが、到着時、成田上空には巨大な雷雲が。
機長は何度か旋回し、アプローチを試みたものの、
「ただいま成田の滑走路周辺は風速30ノット(約50km)で、着陸は非常に危険。
よって羽田へ着陸します」
と簡潔にアナウンス。

わずか5分で東京湾を横切り、UAの機体は羽田にランディング。
続いてアメリカン、ノースウエストなどの米系エアラインが次々と臨時到着し、お隣に。
このまま羽田で降りられればラッキーなのだけれど、
「現在、空港側と調整中なのでしばらく機内でお待ちください」とのこと。
10分、20分と機内で全員、待機。
しばらくするとクルーが、「みなさん、コックピットの見学を許可しますので、どうぞ前へ!」
というアナウンスで、乗客はゾロゾロとコックピットへ。
中では機長が、天気図を示し成田上空の天候を説明。
ギャリー(キッチン)ではいれたてのコーヒーも用意され、みんなのんびり。

そして待つこと50分。
「お待たせしました。成田の天候が回復しましたので、これから成田に向けて出発します」
との機長アナウンス。
このフライトは成田経由でロサンゼルスまで行くもの。
成田ではそれ以外の北米ルートとの乗り継ぎもあるから、しょうがない。
再びシートベルトをしめ、離陸、わずか30分ほどで成田到着。
約4時間の遅延でのアライバル。

今回、乗客の中で文句を言う人もいなければ、「ここで降ろせ!」などと
詰め寄る人も皆無。
あきらかに到着時の成田の天候は最悪で、羽田に降りたのは機長の英断。
羽田までの燃料、遅延のため乗り継ぎができなかった乗客のケアなど、
この着陸変更によってユナイテッド航空に生じる損害は少なくない。
企業側にたつか、あるいは乗客(顧客)を守るのか。
「羽田へ向かう」と毅然と告げた機長の声には迷いはなかった。
だから誰も文句をいわなかったのだと思う。

遅れた4時間で、商談ができなかった人がいるかもしれない。
株の値段は変わり、社会状況も変化する。
でも、人命を犠牲にするリスクをおかしてまで守らなければならないものなど
ありはしない。

わたしは、この4時間の遅延で打ち合わせをひとつキャンセルした
(あ、あと選挙に行けなかった!)。
そのシワ寄せは今週出ている。

でも、コックピットが見学できたし、マズイと思っていたユナイテッドのスターバックスの
コーヒーもいれたてだと美味しいということも発見(!)。
それに、アメリカン航空の機体とエア・ドゥのレアなツーショットも撮れた。

旅先でのハプニングなんて、ネガティブに反応してはダメ。
ポジティブに楽しんだ人の勝ち。

ただ、次回はぜひ、羽田で降ろしてくださいね!
by naoko_terada | 2005-09-13 03:12 | トラベル | Trackback(2) | Comments(23)
ありがとうを、伝えたい
英語圏以外の国へ行った際、現地の言語で必ずおぼえる5つのフレーズがある。

●こんにちは

●ありがとう

●写真を撮ってもいいですか?

●領収書をもらえますか?

●ビールを1杯ください!

これが、取材を成功させる魔法のことばたち。
インドもメキシコもブータンもこれですべてノープロブレム。

なかでも一番大事なのは、やっぱり「ありがとう」。
とっさに現地でどういうか忘れてしまったとき、わたしは日本語で言うことにしています。
心をこめて。
「どうも、ありがとうございました」

そうすると意味がわかっていなくても、不思議と相手は理解してくれる。
みな、ニッコリと笑顔を返してくれる。
なかには、「オー、ドーモアリガト」なんて返してくれることも。

不満や怒りの声は届きやすいけれど、感謝の気持ちって伝わりにくいもの。
だから、わたしはできるだけ言おうと思う。
ホテルのスタッフへ、現地のガイドやドライバーたちへ、
そして、旅で出会ったすべての地元の人たちへ。
「ありがとう」を。

ハリケーン被害のアメリカへ支援の輪が広がっている。
政治的な背景もあるようだけれど、人々の救済になることは嬉しいことだ。
物質的な援助はもちろんだが、世界中からのサポートは精神的な部分で被災者を
救うことだろう。
スマトラ沖地震・津波のときがそうだったように。

今、ニューオリンズを包んでいる怒り、哀しみ、痛み。

それが、少しでも早く温かい思いに変わるよう、
「ありがとう」につながる気持ちを伝え、わかちあいたい。
by naoko_terada | 2005-09-09 02:24 | その他 | Trackback(1) | Comments(11)
ニューオリンズが今、必要なもの
ハリケーン・カトリーナが、米国南部にもたらした被害が甚大だ。
ニューオリンズ、ミシシッピでは大半が浸水し、多くの死者・行方不明者、
そして被災者が出ている。

スマトラ沖地震・津波と同様、
予想もしなかった(いや、予想するべき環境ではあった)、あまりにも巨大な
大自然の力の前には、なすすべがない。

しかし、今回はスマトラの時と比べると、募金活動の迅速さがないように思う。
日本のユニセフも赤十字もオンライン上での募金は呼びかけていない。
超大国アメリカには救いの手は不要、ということなのだろうか。

もちろん、そんなことはない。
多くの人が物質・精神的に救済を求めているのは、ニュースを見ればわかる。

被災した人、ニューオリンズの街の復興を願う救援ブログが立ち上がった。

http://helpno.exblog.jp/

ここから現地の最新情報、募金先などがわかるので、活用してほしい。

でも、被災後の混沌とした現在の状況を見ると、アメリカが必要なのものは
もっと別のことのように思えてくる。
災害後の一時の混乱とは思えない、暴動はなぜなのだろう。
貧困層が多いエリアだからか。
銃社会だからか。

スマトラ沖地震の際も、略奪などは確かにあった。
でも、救助隊に発泡し、警官が略奪を行うようなことはなかったはずだ。

有事の際、人は憎みあうのではなく励まし、助け合うものではないのだろうか。

これから復興には時間がかかるだろう。
できる範囲での寄付をするつもりだ。

でも、本当にアメリカに必要なのは、お金では手に入れられないもの。
そんな、気持ちでいる。
by naoko_terada | 2005-09-03 22:26 | その他 | Trackback(9) | Comments(12)
幸せの、おすそわけ
b0053082_1150359.jpg

メキシコから戻った翌日、友人のウェディングに出席。

彼女は、わたしがこのブログにかかわるきっかけをくれた人。
お互い忙しいので、会う時間がないものの、
ゆる~いメールをたまに送りあい、つかのまのリラックスをもらっています。

場所は広尾の瀟洒(しょうしゃ)なイタリアン。
家族、同僚、友人だけのささやかな、でもアットホームな雰囲気。
手作りのウェディングを、という二人のこだわりが感じられる温かさ。

美味しい食事をいただき、ワインを飲み、笑い、話す。

仕事や肩書きや、年齢などまったく関係ない。
二人の幸せを願うために集う人たち。

宴のフィナーレは、もちろん花嫁のブーケトス。
花嫁が投げたブーケを手にした女性が、今度は花嫁になる、
という幸せのおすそわけ。

結婚は、今よりももっと二人がハッピーになるためのもの。

だから、ゆっくりと少しずつ仲良くなっていってね。

おめでとう、スワンちゃん!
by naoko_terada | 2005-09-02 11:47 | その他 | Trackback(1) | Comments(10)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム