ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
<   2005年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
話題の、ゴードン・ラムゼイの料理を堪能
b0053082_3142411.jpg

引き続き、コンラッド東京の話題を。
今回は、世界で唯一、「ミシュラン7つ星」を持つシェフ、ゴードン・ラムゼイについて。
コンラッド東京のメインダイニングとして注目される、彼のレストラン。
さっそく滞在の晩、予約を。
エスコートしていただくのは、わたしがこよなく尊敬する写真家D氏。
美食、ワインにくわしい頼りになる方。

28階にあるレストランは、手前がカジュアルなスタイルの「セリーズbyゴードン・ラムゼイ」、そしてその奥が「ゴードン・ラムゼイ@コンラッド東京」。
平日とはいえ、どちらも満席。人気の高さがうかがえます。

奥の窓際のテーブルに案内され、まずはシャンパンで乾杯。
料理は氏と相談した結果、プリフィクス9000円の3コースをチョイス。わたしは、前菜にフォアグラ、メインにラム。D氏は、オマールのラビオリにビーフ。
ワインは、それぞれ料理にあわせたグラスワインを楽しむことに。

ここのヘッドシェフは、ゴードン・ラムゼイの愛弟子アンドリュー・クック。
若いながらも経験と技術をあわせ持った優秀なシェフ。オープンキッチンのスペースの中、
忙しそうに動きまわっている姿が見えます。

登場した料理は、日本人向けのポーションで、ソースのフィニッシュなどは軽め。
そのぶん、素材の良し悪しが際立ってきますが、実にうまく使いこなしているな、というのが印象。仕上げもとても細やかで、楽しませてくれます。
ワインとの相性を考えた濃厚でトラディショナルなフランス料理も好きですが、
夏場にはさっぱりとした味付け、食感の料理がいただきたいもの。
そういう意味で、ここはまさに「旬」のダイニング。

しかも、高級ホテルの中、ミシュラン・シェフの料理、という付加価値を考えればこのお値段は決して高くはない。最も上の9コースでも1万7000円。
ロンドンの彼のレストランで同じような料理を頼めばほぼ倍近いプライスになるはず。

ミシュラン・クラスの料理が一番リーズナブルに楽しめるのは、実は今の東京。

それを実感しながら、美味なる時間を堪能した一夜でした。
by naoko_terada | 2005-07-27 04:59 | TOKYO HOTEL | Trackback(7) | Comments(13)
ドラマチックな、コンラッド東京ステイ
b0053082_042372.jpg

7月1日にオープンしたコンラッド東京
コスモポリタン東京を象徴する新しいホテルとして昨晩、ステイ。

28階に位置するレセプション&ダイニングフロアは、高い天井がドラマチックで、
一流ホテルに滞在する高揚感をゲストに与える、心憎い演出。
スタッフのサービスも、まだまだ慣れていないところがありますが初々しく、
ホテリエとしてのモチベーションも高く、みな顔を輝かせ、気持ちのいいホスピタリティさ。
新しいホテルならではのフレッシュさにあふれています。

ゲストルームは、浜離宮を望む東京ベイ側と汐留のシティ側があり、
今回は贅沢にベイサイド。
梅をあしらった淡い萌黄色のフロアジュータン、モミジを模したクッションなど
ジャポネスクなテイストが随所にほどこされ、これはとても新鮮。
アジアのホテルのオリエンタルさとは異なり、日本の「美」を表現してみごと。
外国からのゲストにもきっと好まれることでしょう。
わたしが一番、気に入ったのは窓側に配されたカウチ。
ふたりでゆったり横になれるスペースから、東京湾を行き交う船や、ベイブリッジを望む。
CD&DVD設備もあるので、滞在するのならぜひ、お気に入りの音楽や映画を持参で。
つい、うたた寝をしてしまう、心地よさです。

さて、コンラッドファンなら気になるターンダウン時の動物アイテム。
これは、コンラッド東京特製のクマ。そして、バスルームでおなじみのアヒルは、
ちょっと大人なテイストのモノトーン。
お泊りの際は、ぜひお持ち帰りくださいませ。

昨晩は、話題のメインダイニング、ゴードン・ラムゼイへ。
こちらの感想は次回のブログにて更新しましょう。

絶世の美学。
コンラッド東京にはまりそうです。
by naoko_terada | 2005-07-21 12:11 | TOKYO HOTEL | Trackback(6) | Comments(20)
上映6時間6分のイタリア映画で、極上時間旅行
b0053082_22534274.jpg

静かな、3連休。
みなさん、どうお過ごしかしら。

帰国後、早々になんと6時間6分のイタリア映画「輝ける青春」を鑑賞。
30分のインターバルをはさんで前後編それぞれ3時間。
6時間!北京やソウルなんて軽く往復。
もうあと1時間かければハワイや、バリにも行ける所要時間。
11時にはじまって、上映終了が17時40分!

でも、これ、しみじみとよかったです。
ふたりの兄弟を軸にした、あるファミリーの37年間の物語。
何でもない普通の日々の暮らしが、人生のドラマを紡いでいくのだということを実感する佳作。
なによりも登場する人、役者がすばらしい。
いい顔をしている。
6時間というと、ちょっと腰がひけますが決して難解な物語ではないので、大丈夫。
観終わった後、ちょっとせつなく、でも温かい涙を流したくなる。

また、この映画。
イタリアの観光PRもしっかり兼ねているところがすばらしい。
ローマ、フィレンツェ、ミラノ、トリノ、シチリアなど。
随所にその土地の風景がはさみこまれ、旅情をかきたてる。
イタリア政府観光局アリタリア航空が協力をしているようですが、それも納得。
カンヌ映画祭の「ある視点部門」グランプリ、イタリアのアカデミー賞といわれるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞受賞など、さまざまな栄光を手中におさめ高い評価を得ています。

人を愛する大切さ、自分の生き方を模索する不安と苦悩。
そんなものを飲み込みながら日々は過ぎていく。
ささやかだけれど大切なことを教えてくれる、そんな、すてきな映画です。

ぜひ、6時間のイタリアへの時間旅行を楽しんでみてください。
by naoko_terada | 2005-07-17 23:30 | その他 | Trackback(1) | Comments(4)
ゴールドコーストでハッピー・ランチ!
b0053082_8465314.jpgb0053082_8433824.jpg

ゴールドコーストの快晴の週末は、おだやかで優しい。

ロンドンでの事件のあとだけに、スタッフと共にランチに訪れたハーバーサイドのレストランでは、こんな光景に思わず目をとめてしまう。

若いカップルの初々しい姿もいいけれど、
年を重ねたふたりの中むつまじい仕草はとても素敵。
ゆっくりと美味しいランチとワインをいただき、たっぷりと会話を楽しむ。

美しい時間を過ごすふたりのおかげで、わたしも少しハッピー。

とはいえ、語り合う愛する人がいない我々、取材スタッフの興味はやっぱりランチの内容。
オーストラリアは最近、とみに食事の質が高く、
ここのレストランでも素晴らしい料理が登場。
わたしが頼んだのは、タスマニアン・サーモン。
バジルソースとサワークリームとの相性も最高。
これに、タスマニア産のスパークリングワイン、ニューサウスウェールズ州のセミヨンをあわせれば、もう完璧!
取材が順調にいったお祝いも兼ねていたので、カメラマン、プロデューサーたち4人でなんと3時間ちかくもランチを満喫。

実は、今回の取材はエキサイト・ガルボのためのもの。
近々、かなりスタイリッシュな特集として登場する予定ですので、お楽しみに!

そうそう、山村社長、ごちそうさまでした!
by naoko_terada | 2005-07-13 09:18 | トラベル | Trackback | Comments(6)
真冬のゴールドコーストに
b0053082_8412164.jpg


ロンドンから戻り、そのままオーストラリアへ。

こちらでもやはりニュース、新聞でロンドンの爆発テロ事件後の様子を、くり返し報道しています。
オーストラリアは、英国からの移住者が多い国。
今回、わたしたちの取材の手伝いをしてくれるドライバーもロンドンから移り住んだとのこと。この事件の犠牲となったオージーもいる。

こちら、オーストラリアは冬。
リゾートで知られるゴールドコーストもさすがに、朝晩は涼しい。
でも、雲ひとつない快晴のブルースカイ、きりりとクリスピーな空気は心とカラダを軽くしてくれます。

ただいま、朝の9時45分。

暗いニュースは消し、悲しい記事が載った新聞も部屋において、取材開始です。

ハッピー・トラベルデイズをめざし、気分を切り替えましょう!
by naoko_terada | 2005-07-11 08:53 | トラベル | Trackback | Comments(2)
ロンドンの地下鉄テロに思う
昨日まで滞在していたロンドン市内での爆発事件。
取材中、アレコレとうごきまわり利用していたエリア、地下鉄だけにショックだ。

今回の出来事はテロとのこと。
朝の通勤ラッシュを狙った確信犯的な行為には怒りをおぼえる。

この犠牲はまったく無意味なことだ。

この半年、津波の被害で我々が犠牲者に対して流してきた涙、わかちあった痛みとはまったく違う。人間のおろかさをあらためて思いしらされる、身勝手な行為に感じるのは怒りをともなった涙であり、痛みだ。

つい、1週間前、アフリカの貧困を救うための「ライブ8」がハイドパークで開催され、
20万人以上の観客が、人によりそい、支えあうことの意義を実感したばかりのロンドン。
宗教、政治的背景からさまざまな思想が生まれるのは当然だろう。
しかし、それを正当化するために誰かを傷つける権利など誰にもない。

爆破事件では、市民はもちろん観光客の犠牲・被害もあったのではないだろうか。
ロンドン市民の中には各国から移住してきている人たちも多い。
今回、取材先で出会った多くの人たちの顔が浮かんでくる。

このテロによるメッセージはわたしには届かない。
決して、誰にも届かないはずだ。

まったく意味のない行為のため犠牲になった人たちに流す涙は、あまりにも苦い。
by naoko_terada | 2005-07-08 05:47 | その他 | Trackback(4) | Comments(10)
英国的、クオリティ・オブ・ライフ
b0053082_5553865.jpg

ロンドンを離れ、郊外へ。

ここ数日、ロンドンは晴れたり、曇ったり。ときに豪雨と、七変化。
ウィンブルドンの試合も、選手はもちろん観客も雨に泣かされています。

でも、この雨が英国庭園をみごとなまでにしっとりと美しく見せてくれます。
華やかに花が咲き誇る季節ではないのですが、そのかわりに木々の緑が本当に美しい。この数日間、マナーハウスに滞在しながら、ロンドン近郊の庭園やテームズ川沿いの小さな町を訪れてましたが、あらためて自然の美しさに感動しています。

日本でもガーデニングは人気ですが、英国人のガーデニングに対する姿勢は歴史の重みを感じさせ、とても奥深いものがあります。小さな一般家庭の庭から、ナショナルトラストの歴史ある名園まで。自然を愛し、いたわる気持ちは見ていて、感動をおぼえるほど。
樹木1本にしても威風堂々と、生きてきた年月を感じさせ、重みがあります。

そして、ハイドパークやケンジントンガーデンをはじめ、身近に緑や自然を感じる場所があるのが本当に、うらやましい。
散策をしたり、ジョギングを楽しんだり。あるいは、乗馬や犬の散歩など。
東京以上に忙しいロンドンの市内でさえ、すがすがしい緑の恩恵を受けることができる。

海外で取材をしていると、いつも思うのが「クオリティ・オブ・ライフ」。
旅が好きな方ならおわかりだと思いますが、人生の「質」はお金や、なんでも手に入る便利な環境だけではない、ということ。

そういうことを教えてくれるのが旅の醍醐味であり、英国という国なのでしょうね。
by naoko_terada | 2005-07-01 06:55 | トラベル | Trackback | Comments(16)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム