ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
カテゴリ:掲載メディア( 163 )
新著 「泣くために旅に出よう」 2月28日発売です


b0053082_23481432.jpg

昨年から取りかかっていた新著が、今月出版されます。

タイトルは「泣くために旅に出よう」


これは長年、温めてきたテーマで、今まで旅してきた中で出会った人、できごとなどをストーリーとしてまとめてあります。
加えて、がんばる女性たちへの応援エールとして、
旅をしながら意味のある涙を流し、もう一歩前へと進んでもらいたいという願いもこめています。

私がそうしてきたように。

ストーリーの中にはこのブログや、雑誌などですでに書いてきたものもありますが、もう一度、本のために再編し、さらに私自身のパーソナルな気持ちもあらたに込めました。もちろん書きおろしのエピソードがたっぷり詰まっています。
さらに実際に旅するためのノウハウなども盛り込んでいるので、読み物的でもあり、旅への気持ちを喚起させるツールでもあります。


旅がわたしを強くし、優しくなれるということを教えてくれました。
その思いをこの本に込めています。
ぜひ、お手にとっていただけたらこれほどうれしいことはありません。
今月2月28日に書店に並びます。


どうぞよろしくお願いいたします。
by naoko_terada | 2014-02-20 00:11 | 掲載メディア | Trackback | Comments(6)
PAVONE パヴォーネ 「インド、極みのハイライフ」


b0053082_21485691.jpg

掲載誌のお知らせです。

ハイエンドなライフスタイルマガジンPAVONEにて、
インドの最新ラグジュアリーホテルを紹介しています。
一般書店には並ばないものですが、ご希望の方はオンラインでお取り寄せ可能。
オンライン上でチラ見もできますので、ぜひ。

今回はインドを代表するホテルブランド、タージにフォーカス。
10年の歳月をかけて往時のままに再現された王の宮殿、ファラクヌマパレスを中心に、
ムンバイのタージマハルパレス、カルナータ州の深い森の中に誕生したエコリトリートなど、バラエティに富むインドの魅力をお伝えしています。

メインに紹介するファラクヌマパレスの、超ど級の贅を尽くした空間には取材班もただただ圧倒されるのみ。滞在中の至れり尽くせりのもてなし、一流の富裕層ゲストなど、インドの上流階級の華やかさを垣間見せていただきました。
また、各ホテルの食事(インド料理)の洗練度と美味しさは悶絶もの。
ローカルなインドの旅も刺激的で楽しいものですが、突き抜けた華やかさと高級感ある体験もまた、インドのもうひとつの表情。

ぜひ、そのエッセンスをご高覧いただければと思います。
by naoko_terada | 2014-02-09 22:08 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
自遊人2月号 「ラグジュアリーの再定義 『プライスレス』な宿。」

b0053082_1841221.jpg

もうひとつ、執筆させていただいた雑誌が手元に届きました。

「自由人」
ご縁をいただき、初めてお手伝いさせていただきました。
編集長・スタッフ共に東京と新潟を拠点にオリジナリティある取材姿勢で日本の里山、温泉文化、食などの記事を編集されています。
一度、仕事をさせていただきたかったので光栄です。

今回は、ラグジュアリーの再定義「プライスレスな宿」。が大特集。
わたしは海外の事例から、「ラグジュアリーとは?」ということをひもといています。


ここにきて国内にも最先端な空間のリゾートが増えてきています。
そして、古くからある老舗の底力も、重ねて宿泊するごとに実感しています。
やはり、日本は美しく、誇らしいわたしたちの原点ですね。


「自由人」流儀のラグジュアリーをぜひ、ごらんになってみてください。
by naoko_terada | 2013-12-27 18:51 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
婦人画報2014年2月号 「発表!婦人画報スパ大賞!アジア編」


b0053082_16204148.jpg

さあ、いよいよ2014年が間近ですね。
今日で仕事収めの方も多いと思います。

今年一年、おつかれさまでした。

婦人画報2月号で、前回好評だったスパ大賞のアジア編が掲載されています。
わたしも少し、選者としてコメントさせていただきました。
堂々の第一位はあのスパリゾート(というかあの方)に決定!
まったくもって文句なしの受賞だと思います。
わたしも誌面で力強く絶賛しています。笑


アジアのスパ、リゾートは世界に誇るべき歴史的背景をも宿した癒しの場所。
ちょっと疲れたら数日のスパトリップを。
そんな身近な場所にあることを本当にありがたいと思います。


ぜひ、紙面でその魅力をごらんください。
by naoko_terada | 2013-12-27 16:28 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
地球の歩き方「今、こんな旅がしてみたい! 2014年」

b0053082_10195297.jpg

今年もいよいよカウントダウン間近。
そろそろ2014年の旅トレンドが気になる時期ですね。

ということで、恒例になりつつある地球の歩き方ムック、
「今、こんな旅がしてみたい! 」の2014年版が登場です。

傾向としては、「一生に一度」、「死ぬまでに行きたい」といったキーワードでくくられる秘境系にドカンと行くか、日常の延長、自分好みのライフスタイルにそった小さなアジア旅。
そんなところが気になるところでしょうか。

わたしは友達同士、カップル、男子ひとり、女子ひとり向けにチョイスしたホテルをレコメンドさせていただきました。

LCCを利用して航空券代をおさえ、かわりにステキなホテルに泊まったり、ちょっと豪華なレストランに行ったり、というのも今だからこその楽しみ方。
来年は羽田からのフライトも増えるので、ますます旅のバリエーションが充実。


まずは、この一冊で先取り気分で旅してください!
by naoko_terada | 2013-12-15 10:28 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
「フランス・ルポルタージュ大賞」受賞!OPENERS 「ボルドーからノルマンディーへの船旅」


b0053082_17222780.jpg

昨晩、フランス観光開発機構(フランス政府観光局)とエールフランスによる第13 回「フランス・ルポルタージュ大賞」のインターネット部門で、私が執筆しましたOPENER オウプナーズの記事、“探検船”でラグジュアリーな冒険を!「シルバー・エクスプローラー」で巡るボルドーからノルマンディーへの船旅が大賞を受賞しました。

ありがとうございました。

私にとってもこの取材は、ノルマンディー上陸作戦が行われたビーチ、戦争墓地を訪れるなど、一般的な観光名所とはことなる場所を訪問し、非常に印象深い取材旅行でした。
結果、ウェブとしては異例なほど書き込んだ紀行文だけにとてもうれしいです。
ご興味あれば、ぜひ立ち寄って読んでいただければと思います。

また、雑誌部門はマガジンハウスPOPEYE10月号「シティボーイ、パリを行く」、TV部門はテレビ東京「美の巨人たち」〝パリを彩る美しき歴史遺産スペシャル“(前・後編)

こちらもおめでとうございました。
by naoko_terada | 2013-12-13 17:42 | 掲載メディア | Trackback | Comments(2)
VOGUEオンライン Winter Wonderlands とびきりファンタジックな冬の世界旅行


b0053082_6585418.jpg

クリスマスからウィンターバカンスの季節へ。
VOGUEオンラインで、タイムリーなシーズン限定コンテンツ、A Wonder X'masが公開されています。
その中で、とびっきりの冬旅をご紹介するWinter Wonderlandsのセレクションを務めさせていただきました。

スウェーデン、ナイアガラ、カナダ、フランス・ムジェーヴ、プラハ、ドイツ・バーデンバーデンなど、冬ならではのロマンチックでリュクスなデスティネーションを魅力ある画像と共にお楽しみください。
また、日本からは福島・会津、北海道ニセコもフューチャー。雪ごもりの冬旅を満喫できます。

誰か大切な人と一緒に。
そんな気持ちになる、クリスマスがもうじき訪れますね。
by naoko_terada | 2013-12-12 07:13 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
GQ創刊10周年コレクターズエディション、Men's Ex
b0053082_7503288.jpg

みごとな装丁と大判がまさに、コレクターズエディション。
GQ日本版、10周年記念号です。
人生も雑誌も「生き物」として、変化し続けるために「オープンエンド」でいるべき。
巻頭の鈴木名編集長のメッセージが響きます。
私はHOT TOPICS20のひとつを担当。

b0053082_8102624.jpg

そして、目ヂカラ際立つ片岡愛之助さんが表紙のMen's Ex.
「ラグジュアリーホテルをビジネスで使いこなす」の特集で、使いこなしTIPSをコメントさせていただきました。

男性誌を読むのが好きです。
スーツ、時計、車など一流のスペックが登場するページは見ているだけで楽しいもの。
「いつかは、自分も」と思いつつ本物を知るということは大切ですね。
ステキな男性たちは女性を輝かせる存在でもありますから。


一流のホテルはまた、自分を磨く実践の場です。
東京のホテルシーンを見ていると、いいゲストによっていいホテルが育っていくのだと実感します。
クリスマスをホテルで過ごす予定の方も多いと思いますが、
どうぞ心に残る時間をお過ごしください。
by naoko_terada | 2013-12-10 08:28 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
ELLE TRAVEL 目的別に行く!私の偏愛トリップ


b0053082_1959246.jpg

もう、明日には次号が出ますが、やや出遅れてご紹介。

ELLE エル12月号のいちばーん、最後。
巻末に登場するのが、ELLE TRAVEL 目的別に行く!私の偏愛トリップ。
まずは、「あなたのベストな旅をチャートで診断」とお遊び心のあるスタートで、「トレンドセッター」「アドヴェンチャー」「エスケープ」「ライフチェンジング・エクスペリエンス」の4つにカテゴライズ。
それぞれのカテゴリーでお薦めのリゾートをご紹介しています。
今回は海外版エルのレコメンドに日本人好みのデスティネーションをミックスしての選択・執筆をしております。
ロシアからウルグアイまで。世界中の旬なバカンスデスティネーションをごらんください。

ちなみに、最近、書店でも目につくようになったトラベルサイズのミニ版。
この号の表紙はキュートなミランダ・カー。
本誌とミニ版で表紙が異なっています。
もちろん中身、値段はすべて一緒。
でも、ミランダファンなら、つい両方、購入しそうですね。

冬バカンス、あなたはどちらへ行かれますか?
by naoko_terada | 2013-11-27 20:10 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
じゃらん 大人女子のわがまま沖縄旅
b0053082_2357055.jpg

最旬ネタ満載の沖縄ガイドマガジンが出ました。
「じゃらん沖縄 大人女子のわがまま沖縄旅」

ホテル&リゾートはもちろん、カフェ、食堂などのグルメから島スパなどのビューティ、バラエティに富んだアクティビティまで現地取材の最新情報が満載です。
わたしはリクルート、エイビーロード時代からのつきあいのあるライターIちゃんからのお声がけで、ちょこっとお手伝い。
「滞在ホテルは旅の目的で選ぶ。」
あたりまえといえばそうですが、基本に戻ってのリゾート選びのポイントをアドバイス。

保存版的な沖縄バイブルになりそうな一冊です。

これから沖縄トリップをお考えの方、ぜひご活用ください!
by naoko_terada | 2013-11-26 00:06 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム