ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
カテゴリ:その他( 141 )
Light It Up Blue Japan!4月2日は国連「世界自閉症啓発デー」ブルーで世界がつながります


明日、4月2日は国連が提唱する「世界自閉症啓発デー」です。
自閉症(英語でAutism オーティズム)に対しての理解を深めることを呼びかけるもので、2007年からスタート、毎年この日はLight it up blueと名づけられたキャンペーンを国際規模で展開。世界中の都市、歴史的史跡、高層タワーやビルなどがテーマカラーである「ブルー」にライトアップされます。上の公式ビデオを見ていただければわかりますが、今までに、パリの凱旋門、イタリアのピサの斜塔、シドニー・オペラハウス、南アフリカのネルソン・マンデラブリッジ、ブラジル・ブエノスアイレスの国家記議事堂、ニューヨーク・エンパイアステートビルディング、ロンドンのロンドンアイ、ドバイのバージュアルアラブなど。すごいのは国際スペースステーションも参加、宇宙からのメッセージを届けています。

日本でも全国的にさまざまな場所が幻想的にライトアップ、ブルーに染まり必見です。特に東京タワーでは終日、キャンペーンをサポート。14:00 ~ 15:00にはブルーカーが集結!青いフォーミュラーカーの展示&試乗や、15:00 ~ 17:30は自閉症の人たちによるアート作品展示、だれでもできるギター演奏会、自閉症支援グッズ展示、青い帽子制作/被災地作業所製品販売。18時からは点灯式を開催。また、今年はさらにパワーアップされたようで、六本木ヒルズ、表参道ヒルズ、ラフォーレ原宿などがブルーにライトアップされます。テレビ局初の参加としてフジテレビの社屋もブルーに!

今年の日本の参加施設はコチラからどうぞ →2015年Light it up blue参加施設リスト

東京は今まさに桜が満開。お花見の途中、もしどこかの建物が青く輝いていたら、それは「自閉症について考えるきっかけ」を促すためなんだ、ということをどうぞ思い出してください。そして、もし賛同のお気持ちがあればぜひ、明日は青い服や小物を身につけてこのプロジェクトに参加してみてください。

わたしたちが彼らの心の声に耳を傾け、気持ちを寄り添うことでもっと自閉症の子供たち、家族のみなさんが安心して暮らせる社会になるはずだと信じています。わたしも明日は大好きなブルーを何か身につけて過ごそうと思っています。

AUTISM APEAKS, It's time to listen.
by naoko_terada | 2015-04-01 19:34 | その他 | Trackback | Comments(2)
わたしが8キロ痩せたワケ
今回は普段とはちょっと異なる内容。ハッピー・トラベルデイズ初の美容記事かな?
自分の備忘録でもあります。

思うところがあって、昨年7月からダイエットを続け、年末に8キロ減となる目標まで体重を落とすことに成功しました。なんとスタート当初は60.8キロ!それが→52.5キロに。^^

さすがに年齢的に自己流だとあまり落ちないだろうな、というのと興味があったので生まれて初めてエステというものに挑戦。その中で選んだのがキャビテーションでした。これは、超音波を部位にかけることで体内の脂肪やセルライトを乳化して外に排出するというもの。ですから、乳化したものをしっかり排出するマッサージとの併用が重要です。

そんな知識をもとにネットサーフィンで手頃な値段と通いやすいロケーションで検索して、わたしが選んだのが高田馬場のアラットさんでした。初回限定のおためしが2回で7960円。これで内容、お店との相性がよくなければ止めればいいし、というまずは軽い気持ちでした。

b0053082_232291.jpg

そんなわたしがアラットさんに通うきっかけになったのが、この人、S店長。彼女のマッサージの技術力がはんぱなくすばらしかったのです。とっても華奢なのにまあ、パワフルなこと。ハンドマッサージは力強くも的確なアプローチ。一番最初に背中のマッサージをはじめた瞬間に、「あ、彼女なら任せられる」、そう思ったわけです。明るく快活なキャラも気持ちいい彼女、日々のハードさの癒しは可愛い息子ちゃんとビール。キャビテーションの効果を最大限に引き出してくれたのは彼女のマッサージ力だと思っています。

結局、2回のおためしの後に、サービス価格だという3回で2万1600円というコースをお願いしたあとに、本格的に80分コース×10回=13万3000円を思い切って予約。2014年内に目標体重になるというミッションを自分に課しての減量プロジェクトをスタートさせました。

b0053082_23341151.jpg

80分の内容はこんな感じ。まず、20分、ヒートマップで思いっきり汗をかきます。最初の数回はあまり汗をかかなかったのですが、メニューを受けて代謝がよくなるにつれてびっくりするくらい発汗。その後、インディバとも呼ばれるラジオ派をお腹まわりに20分。内臓脂肪を温める効果があり、溶けやすくします。お腹がポカポカしてさらに汗をかくというダブル効果。

b0053082_23414531.jpg

そして主役のキャビテーションを20分。ジェルを塗った器具で温まったお腹や背中など痩せたい場所をぐりぐりと。痛いことはまったくないのですが、超音波をかけるため耳の中で「キーン」という音が施術中します。最初は違和感ありますがそれも回数ごとに慣れました。

でも、本当のハイライトは最後の20分、店長のハンドマッサージでした。これがですね、めちゃくちゃ痛い!
乳化した脂肪、セルライトをリンパに流していくわけですが、リンパが詰まっているのをまずほぐすのですがそれがはんぱじゃなく痛いのです。悶絶する痛さ。最初の数回は涙目で20分こらえるのがやっと。背中、脇、腰まわり、ももなどを「あ~、痛いですよねぇー」と言いながら容赦なく揉みしだいていくスパルタ店長。当初、この痛さに思わずくじけそうになったほどでした。

でも、体というのはスゴイもので、代謝が良くなっていくと、自然と痛みがなくなっていくのです。あんなに痛かったのがウソのよう。人体の不思議を感じずにはいられません。最後の数回はかなり余裕で店長のしごきにも耐えられるようになっていました。笑

キャビテーションは人によっては1回でも効果があるそうなのですがわたしの場合は数字で表れはじめたのはお試しから数えて5回めくらい。通い出してから1ヶ月半ほど経ってからでした。1、2回ほど若干、体重が戻ったときもありましたがそれは仕事で取材に出かけていたりしたためで想定内。非常にゆっくりではありましたが、計量するたびに1キロくらいで落ちていきました。キャビテーションは3日程度は間を置くことがポイントなので、仕事が入っていたりで平均すると月2回ほどの頻度で通ったことになります。

また、あわせて炭水化物を採らないように食事のコントロールもしていきました。お水もたっぷり最低1リットル/日。ただ、あまりストイックにはならず体を冷やすとされる大好きなコーヒーも止めなかったですし、ビールも飲み、仕事上の会食などは回数は減らしたものの食べる機会には思いっきり楽しむなど自分を甘やかすことも。あとは根菜類、海草などの繊維質をたっぷりと。小腹減ったときはコンビニのおでんのこんにゃく、しらたき、大根に助けてもらいました。^^

b0053082_2181947.jpg

結果、最終回の昨年12月30日に目標の52キロにほぼ到達。おかげで洋服もサイズダウン。ずっと着られなくなっていた昔の服たちがラクラク着られるようになった嬉しさはひとしお。さらに、達成感も。52歳という年齢でもエステの力を借りたとはいえこれだけ変わることができるというのはとてもとても大きな自信になりました。

今回の成功のポイントとしては、

<自己流ではなくキチンと自分の体の変化をチェックしてくれる人(店長)がいたこと>
毎回、体重、BMIなどを一緒にチェック。汗だくで一生懸命マッサージをしてくれる店長のためにも次回来た時に体重が増えていると申し訳ないという気持ちになり、がんばるように。

<集中的にエステに通う環境を作ったこと>
昨年夏は諸事情で海外取材をゆるくセーブしていたこともあり、エステに通いやすく、また会食の機会も減ったことで集中して食事コントロールができた。

<アラットの体育会的ムードと相性があったこと>
いわゆるエステにありがちな甘ったるい接客ではなく、まさに体育会系の元気いっぱいのサッパリとした接客がとにかく好感度。加えてセールストークがほとんどないというのも煩わしさがなくありがたかったです。

b0053082_142424.jpg
b0053082_14215100.jpg

アラットさんの設備はとても小規模です。待合室と施術ルーム、トイレ、メイクスペースのみ。シャワー施設はありません。汗をたっぷりかいた80分コースの後は熱いタオルと制汗シートをくれるのでそれでゴシゴシ、で終了。なので、わたしはいつもノーメイクでTシャツにカーゴパンツといったカジュアルなスタイルで通いました。足元はビーサンで。

b0053082_148573.jpg

実はアラットの母体はカイロプラクティック専門学校なのです。ビルの階下にはその学校と付属治療院があります。アラットがエステぽくなく体育会系なのはこのせい。
キャビテーションで体が変わってきたところで、ずっと気になっていた猫背も矯正するため、途中からはこちらのカイロのお世話にもなりはじめました。

b0053082_1531981.jpg

こちらがカイロの院長のH先生。優しく紳士的に、ポキポキと体を矯正してくれます。約1時間、カイロで姿勢を治してもらった後に上の階に移動、アラットで80分コースをみっちり。それを数回、こなしいていきました。

総額16万円超えというそれなりの出費はなかなかすぐにできるものではありません。でも普段から美容院や化粧品、ネイル、最近は服にもほとんどお金を使わないこともあり、思いきってのエステ通いを決断したのですが、結果、本当に受けてよかったと思っています。体の変化はもちろんですが、それによって生まれた自信、達成感は思った以上のものでした。体力勝負の仕事をしていることもあり、フットワークの軽さが戻ってきたことは本当にうれしいです。現在も体重はほぼそのまま。あとは肥満にならないように気をつけて、健康体を維持していければと思っています。
あ、猫背はかなり手ごわくてまだ改善の余地がありますけど。笑

というわたしのダイエット記録でした。
おつかれ、わたし!そして、S店長、アラットのスタッフの皆さん、お世話になりました♪
by naoko_terada | 2015-01-14 02:23 | その他 | Trackback | Comments(2)
2015年のハッピー トラベルデイズをよろしくお願いいたします!


b0053082_15305863.jpg

2015年がスタートしましたね。

今年はどんな一年になるのでしょうか。
楽しみながら明るく、前向きにいきたいと思っています。

ハッピー トラベルデイズも引き続き、ゆっくりと旅の記憶を刻んでいきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。


みなさんにとって2015年がすばらしい年になりますように!!
by naoko_terada | 2015-01-01 15:25 | その他 | Trackback | Comments(2)
Looking for an Angel その後、そして新しい年へ


今年も一年、多くの場所を訪れ、たくさんのすばらしい出会いをいただき、記憶に残る旅をさせていただきました。本当にありがたいことと思っています。

2009年の大みそかに書いたこのブログをおぼえていらっしゃるでしょうか。

Looking for an angel

11月にシドニーを再訪する機会がありました。
その中で、この絵の隣にある高級住宅街ダブルベイにインターコンチネンタル シドニー、ダブルベイができたので取材をさせてもらったのでした。

ホテルの取材が終わって、コンシェルジュに「タクシーをお呼びしましょう?」と聞かれ、
「いいえ、少し歩いてみます」と伝え、わたしはブログで「エンジェル」と名づけたこの絵がまだ、あるかどうかを確かめにエッジクリフに向けて歩き出しました。

b0053082_1557377.jpg


ありました。
エンジェルは健在でした。

青い空に通行人からまったく気にもされないまま、両手をしなやかに広げる彼女。最後に見てから5年。その間に世界は大きく変わり、日本人としてもそれまでにない時間を過ごしてきました。
それでも、ここにいるエンジェルを見て、少し勇気をもらったような気に。

「これで、また少し前に進める」


2014年に感謝を。
出会った多くの方々、わたしの仕事を応援してくださるみなさんへ、心からのありがとうを。

今年のハッピートラベルデイズはコンプリート。
来年、2015年もどうぞよろしくお願いいたします!

b0053082_1671063.jpg

by naoko_terada | 2014-12-31 16:11 | その他 | Trackback | Comments(2)
マレーシア航空MH17便に関して、すみやかな事故調査を望みます


マレーシア航空MH17便が撃墜され、乗客283人と乗員15人全員が死亡した事件に関して、IATA(国際航空運送協会)のトニー・タイラーCEOからステートメントが出されました。

ステートメントの中でタイラーCEOは、
「安全であることが我々にとって最優先事項であることは明確です」と断言。

さらに、
「民間航空機は軍事ターゲットではありません。シカゴ条約によりロシアとウクライナ両政府も同意しています。298人の犠牲を出した今回のMH17便の悲劇はいかなる領空であっても起きてはならないものです」

シカゴ条約は、民間機が安全かつ秩序だって飛行できるために定められた国際条約です。そのシカゴ条約に基づき国連の専門機関として設立されたのがICAO(国際民間航空機関)
ICAOの目的は以下のとおり。

「国際民間航空が安全にかつ整然と発達するように、また、国際航空運送業務が機会均等主義に基づいて確立され、健全かつ経済的に運営されるように、一定のルール等を定めることを目的としている」

ロシアとウクライナもシカゴ条約を批准、ICAOの加盟国です。さらにロシアは日本と同様に理事国に任命されています。ICAOのミッションのひとつに、航空機事故について専門家による調査・解決を行うことが盛り込まれています。今回の事故に関して両国はICAO加盟国としてすみやかにご遺体の回収が行えるよう、さらに解決に向けて責任ある行為をする義務があります。事故調査団が現場に立ち入れない、ブラックボックスが行方不明というニュースも出ていますが言語道断。理由もなく突然、命をうばわれた298人の犠牲者に対し、そのご家族に対して許されるべきではありません。
また、マレーシア航空機の飛行ルートが適切であったかも精査されるべきでしょう。

未確認の情報が多く、まだ錯綜していますが、
犠牲者とそのご家族への哀悼と無意味な殺人行為に怒りをこめて、早急なる対応を心から願うばかりです。
by naoko_terada | 2014-07-19 21:49 | その他 | Trackback | Comments(0)
ごぶさたしちゃってます!


今日の東京はものすごい雪。
こんな風景は、本当に久しぶりです。

外出、旅行のご予定があるみなさん。
交通機関がかなり乱れていますが、あせらずに最新情報を確認しながら、
どうぞ、お気をつけて行動されてください。


我がブログ史上、初めてのひと月以上の放置。
失礼いたしました。
ようやく落ち着いてきたので、少しずつ近況もお伝えできるかと思います。


来週あたりには、最新ニュースをお届けできると思います(たぶん)。


よろしくどうぞー。
by naoko_terada | 2014-02-08 15:04 | その他 | Trackback | Comments(0)
世界は行きたい場所であふれてる!2014年のハッピー・トラベルデイズです


b0053082_1556257.jpg

2014年がスタートしましたね。
あけましておめでとうございます。

昨年はたくさんのみなさんと出会い、大切なつながりをいただきました。
ありがとうございます。
特に国内のあちらこちらにうかがう機会が多く、
各地で地元の魅力を守り、発信している方々の熱い情熱を感じることができ、
あらためて日本の美しさ、日本人の心根に触れることができました。
これもまたご縁に感謝です。

今年もゆっくりと。
変わることなく、今まで重ねてきたことを活かせるような。
より多くのみなさんに喜んでいただけるような仕事を、
旅を通じて伝えることができればと願っています。


このブログも今年で10年目を迎えました。
こちらも引き続き、ゆっくりマイペースでやっていきましょう。


みなさんにとってすばらしい一年でありますように。
健康で、平和な一年になりますように。
心から願います。


まだまだ行きたい場所、泊まりたいホテルはたくさんあります。
好奇心をもって旅をしていこうと思います。
ということで、

今年もどうぞ、ハッピー・トラベルデイズをよろしくお願いいたします!
by naoko_terada | 2014-01-01 16:20 | その他 | Trackback | Comments(6)
大英博物館の次は皇室!? 宮家のご講義に「聖☆おにいさん」が登場!


映画公開直前、あまりにもできすぎた出来事ではありますが。


先日、我が事務所に、ひとつの宅配便が。

開けて、みると立派な書籍。


b0053082_1372042.jpg

話は昨年の夏にさかのぼります。


ブログに掲載している問い合わせ用アドレスにひとつのメールが来ました。

そこには、
「高円宮妃殿下が大阪芸術大学で行われているご講義の講義録を作成しております。本年度のご講義の中で大英博物館のコレクションについてご講義をされており、図版として貴ブログの画像を掲載させていただきたく連絡を差し上げた次第でございます。」

と。


マジですか?
誰でもアクセスできるメールからなので、半信半疑。というか、かなり疑ってました。でも、すでにネットで出回っている画像だしと、何度かメールでやりとりを行い、結果、お貸しすることに。



「本ができましたらお贈りさせていただきます」
と言われていたものの、そのまま忘れて忘却の彼方に。


そこへ、このお届けもの。

b0053082_1432718.jpg

非常に立派な装丁の大判ページをめくって拝見させていただくと。。。


b0053082_1452087.jpg

うわっ!

ひぇ~、出てる!

ホントに掲載されています。
すごいです。

b0053082_1452926.jpg

ありがたいことにクレジットもしっかり載せていただいています。
畏れ多いです。。。


b0053082_1465281.jpg
b0053082_147748.jpg

ご講義の内容を拝見させていただくと、わたしのブログを見ていただいたように思えます。さらに、「なぜ、聖☆おにいさんを展示したのか」という問い合わせに対する大英博物館からの返事に関するブログ記事も見ていただいたようです。

すごいです。
感激。



高円宮妃久子殿下は、大阪芸術大学客員教授をされていらっしゃいます。
その中で同校の学生を対象にご講義をされておられますが、昨年2012年に「根付コレクションの研究 – 高円宮コレクションを中心に」と題した論文で博士の学位をご取得なさられた記念としてご講義を行われました。今回の書籍はそのときのご講義をまとめたものです。

バウアー美術館、エルミタージュ美術館、ハサート・コレクション、ボストン美術館など秀逸な根付コレクションで知られる世界の美術館、個人コレクションなどに言及。その中で、英国の大英博物館が登場するというわけです。

ご講義を拝読させていただき、感じ入ったのは妃殿下の多岐にわたる情報収集と、それを学生たちにわかりやすくかつ、興味深くお伝えされていること。それは、妃殿下自体が学ぶ喜び、伝える意義をお持ちだからではないでしょうか。だからこそ、「聖☆おにいさん」の話題を取りあげられたのだと思います。


いはやは。

まさか、大英博物館から今度は皇室にまで。

まさに、「聖☆おにいさん」は、奇跡のマンガでありますな。

映画、行かなきゃ!
by naoko_terada | 2013-05-09 01:34 | その他 | Trackback | Comments(3)
フェイスブックのファンページを開設した理由(ワケ)


b0053082_225654.png

思いたって、フェイスブックのファンページを作りました。

まだ、いいね!をしてくださっているのは100人ちょっと。^^
これから、ゆっくり増えていくといいな、と思っています。

すでにフェイスブックはやっていますが、
これは友人、知人たちとのクローズドな場所にしているので、すべての方と情報を共有できません。

ただ、ブログ、ツイッターとは違うスタイルで、
フェイスブックはさまざまなつながりができること、
手元に集まってくる旅の情報をインタラクティブに発信できる。
それをもっと活用してもいいのかな、と思いはじめていました。


自分で自分のファンページを作るのは、どうなんだろうという気持ちはあります。

でも、私を通じて、さまざまな情報、思いが広がり、旅に出てくれる人が増えてくれるのであれば、やる価値はあるのかもしれない。

数日前に、ふと、そう思った次第。


つまり、こんな感じ。


ブログは、「物書き」に近い視点でストーリーあるものをつづっていく場所。

ツイッターは速攻性のある旬な情報発信スポット。

ファンページは、海外の方も含め、画像、動画、リンクなどを活用して情報、意見を相互に広めていくツール。


こんな感じで、やってみようかなと考えているところです。



ということで、ご興味あれば、ぜひ、「いいね!」をしていただき、
私と、その先に待っている、
多くの旅を愛する人とみなさんがつながってもらえることを願います。



よろしくどうぞ!
by naoko_terada | 2013-03-05 02:41 | その他 | Trackback | Comments(0)
ふるさとは、心の中にある


大みそかの東京は、静かでおだやかです。
東京生まれのわたしは、ここ10数年、父と一緒に年末年始を東京で迎えます。


今年も、ありがたいことにたくさん旅をさせていただきました。
海外だけでなく、国内も。
あたらしい出会いがあり、多くのことを学びました。
失敗もいくつか。
やり残したこと、未熟ゆえご迷惑をおかけしたことも多々、ありました。
反省と、そこから得たものを糧として来年への課題にしたいと思っています。


国内の地方を旅させていただき、気づいたのは、
若い方たちの新しい取り組みと、地元への愛と、地方の持つポテンシャルへの意識。

観光だけではなく、農業、アート、起業とさまざま視点で自分が生まれた場所の魅力を発信していこうとする活動が各地で広がっていることを実感しました。
ツイッター、フェイスブックなどで海外と軽やかにつながっていく彼らは、実に頼もしく、日本の未来を輝かせる存在です。

そんな彼らを、わたしは応援します。
全国に点在する彼らを、つなげていく触媒のようであればいいと願います。
ひとりでは限られた力が、異なる人とつながることで生まれるケミストリー。
そのパワーに、わたしは日本の未来を託したい。


東京を離れて戻る、ふるさと。

帰る方もいれば、残念ながら帰れない方もいるでしょう。
あるいは、悲しいことですが、帰る場所を失ってしまった方もいらっしゃいます。

それでも、ふるさとは心の中にあります。


新しく誕生した命にも、
その先の日本を見つめる、若い人にも。
もちろん、わたしの中にも。
どこにいても、ふるさとは心の中にある。



今年一年を思い、新しい年に希望を託して。


みなさん、どうぞよいお年をお迎えください。


b0053082_16543362.jpg

by naoko_terada | 2012-12-31 16:57 | その他 | Trackback | Comments(5)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム