ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
カテゴリ:伊豆大島( 7 )
「男の隠れ家」 特集「秋の島旅」


b0053082_16581110.png

久しぶりに、旧知の編集者K氏からのお誘いをいただき、
「男の隠れ家」最新号に執筆させていただきました。

特集は「秋の島旅」。
北海道・奥尻島、宮城県・気仙沼大島、東京都・伊豆大島、愛知県・佐久島、三重県・志摩諸島、島根県・隠岐諸島、愛媛県・忽那諸島、鹿児島県・奄美大島、沖縄県・竹富島などなど。
魅力たっぷりの島旅が抒情あふれる写真の数々と共に紹介されています。
さらに島に息づく、伝統漁法や食文化、不可思議な世界広がる祭事、小説に登場する島などなど。知的好奇心を喚起させる「男の隠れ家」的アプローチの記事、コラムが満載です。
意外にも「島旅」企画は初めてとのこと。わたしは伊豆大島を担当。初の島企画のお手伝いができ、うれしく思っています。

秋を求めて日本全国の島旅へ。
ぜひ、この一冊をお役立てください。
by naoko_terada | 2014-10-06 17:15 | 伊豆大島 | Trackback | Comments(0)
伊豆大島 あんこさん、桜に椿にウサギも!春に出会う日帰り島旅へ
b0053082_1234698.jpg

昨年末からずっと仕事に追われていましたが、
ぽっかりと何もしなくてもいいという「奇跡の一日」が!
それが、先月末のこと。

そこで、急きょ伊豆大島に、「行っちゃおう!」と思い立ち。

それを決めたのが朝の7時ちょっとすぎ。
この時間だと竹芝からの高速ジェット船には微妙に間に合わないと判断。
こだまで一路、熱海へ!

竹芝と異なり、抜けるような青空の熱海港は開放的でレジャー気分たっぷり。
久しぶりに自由な時間を味わい深呼吸。
う~ん、シアワセ。

b0053082_1216961.jpg

熱海港を出港し、しばらくすると富士山が「おお、そんなところから」という感じで顔を見せてくれました。


b0053082_12163643.jpg

b0053082_12164744.jpg

伊豆大島・岡田港に到着して、さてどうするか。
今回はまったくノープラン。
恒例の椿まつりは終了していましたが、4月6日までは関連のイベントや期間限定ツアーがあるとのこと。

ということで、「あんこさんとたどる活きている三原山と椿の名所コース」に参加!
地元大島出身のかわいいあんこさんと一緒に、伊豆大島をめぐります。
頭にさした椿の髪留めもキュート。
まだ新人さんだそうです。

b0053082_12213486.jpg

何度も訪れている伊豆大島ですが、観光バスに乗るのは初めて。
あんこさんがいろいろと説明をしてくれます。

b0053082_12232565.jpg

美しい椿の道も大型バスから眺めるとまた違った視点で楽しいものですね。

b0053082_12242616.jpg

そして、まずは「椿まつり」の会場である大島公園
に到着。
若干残っていた椿と満開の桜が一緒に出迎えてくれました。

b0053082_1233149.jpg

b0053082_12281116.jpg

b0053082_12315915.jpg

椿園には450種3700本の園芸品種と、伊豆大島の自生種ヤブツバキが5000本植えられています。また、オオシマザクラと呼ばれる桜は、ソメイヨシノの親種で、ぷっくりとうすべに色の花が可憐です。

その後、大島温泉ホテルで昼食。あしたば、刺身など島の食材を使ったメニューに、思わずビールを注文。バス観光はこれができるからありがたい。

b0053082_12424295.jpg

ゆっくりと昼食をいただいた後は、再びバスに乗り込んで三原山の展望台へと向かいます。

昨年の2月に来たときは雪景色だった三原山。
東京にこんな雄大な空間があることのすばらしさを、訪れるごとに思います。

b0053082_12535068.jpg

この日はかすんでいるようで富士山はクリアに見えませんでしたが、条件がよければそれはみごとな相模湾と名峰・富士の雄姿が見わたせます。

眼下には元町が広がります。
昨年、10月の台風26号で甚大な土砂災害が起こったエリアですが、それも島民のみなさんと多くのボランティア、関係者の皆さんのご尽力でゆっくりと変わらぬ姿へと戻っています。

埼玉から来られたという男性がツアーに参加していましたが、災害のエリアが島の一部であったことを知り、
「こういうのは来てみないとわかんないよね」とポツリ。

わたしもこの日、伊豆大島に行こうと思い立ったのもそうでした。
震災後、友人、知人がいる伊豆大島へ行こうと願いつつも、仕事のスケジュールと折り合いがつかず歯がゆい思いをしながら今日まで経ってしまいました。

b0053082_13152756.jpg

b0053082_13153761.jpg
b0053082_13154823.jpg

三原山のあとは、椿花ガーデン。こちらも椿が満開でしたが、園内の「うさぎの森」のうさぎたちの愛らしさにハートわしづかみ(笑)。

b0053082_1319723.jpg

その場で焼きたての名物「りすまんじゅう」100円をパクリ。
あ、なぜうさぎではなくリスかというと以前はリスたちがいたからなのです。

b0053082_13204166.jpg
b0053082_13205317.jpg

午後2:45頃。
バスはすべての観光を終えて岡田港へ戻ってきました。
どハデな新造船「友(とも)」もいます。

今回、わたしが参加したコースは残念ながら催行終了していますが、これからの季節にあわせた伊豆大島を満喫するツアーもあります。
詳細は→東海汽船のサイトで。


15:25出港、17:10に竹芝桟橋に到着。
熱海~伊豆大島~東京で所要10時間。わずか半日の小さな旅でしたが、たっぷりとリラックス&リフレッシュ。春を先取りした気分が心を豊かにしてくれました。

ありがとう。
さあ、明日からまたがんばろう!


b0053082_13361235.jpg

by naoko_terada | 2014-04-10 03:13 | 伊豆大島 | Trackback | Comments(2)
伊豆大島へのお見舞い、関係者・ボランティアのみなさんへの感謝を。そして、一歩前へ

10月16日に甚大な台風被害をこうむった伊豆大島。

大島社会福祉協議会災害ボランティアセンターによって行われている島外からのボランティア活動も災害復旧に関する活動は収束傾向にあるということ、本日で受け入れが終了します。

物理的な作業だけでなく、島のみなさんへの想いをも届けてくださったボランティアのみなさん、一刻も早く島を元気にしたいと作業に従事してくださった関係者のみなさん。
伊豆大島の観光のお手伝いをさせていただいているひとりとして、また東京都民として心から感謝しております。
本当にありがとうございます。


もともと伊豆大島の魅力にひかれ、さまざまなメディアでその魅力を記事にしてきました。
それが、あるきっかけで「伊豆大島プロジェクト」として観光促進のお手伝いにかかわらせてもらうようになったのが、3年ほど前。今では、多くの友人・知人が暮らす、わたしにとっても大切な場所になっています。

以下は、その「大島プロジェクト」のリーダー的存在のS氏のフェイスブックでのコメントです。これは、プロジェクトにかかわる私たちの気持ちでもあります。Sさんの了承を得て、ご紹介します。
少しずつ、観光客の受け入れもはじまっています。ぜひ、伊豆大島への応援も含め、来島していただければと思います。


ご心配いただいているみなさまへ

台風26号による土砂災害から1ヶ月経った11月16日(土)、伊豆大島では被災地区に献花台が設けられ、全島で黙とうが捧げられるなど、ひとつの区切りを迎えました。

(20日現在、亡くなられた方35名、まだ見つかっていない方4名、住宅約200棟が全半壊)

町役場では仮設住宅の準備や被災者への支援が最優先で進められており、
これまでに島内外から4400人以上のボランティアが集まり、今日も被災住宅などの支援活動に従事されています。

そのボランティアも土砂出しやガレキ撤去などが一段落してきたとの理由で、25日(月)からは島外の個人ボランティアについては受入れを停止することが発表されました。

これからは島内ボランティアの方々が中心となって、家屋内の清掃や日常生活復旧への細かいフォローが継続されていくようです。

そして、観光についても少しずつ再開の動きが出て来ています。

台風26号の異常な集中豪雨は「土石流」という島内誰もが想像だにしなかった現象を引き起こし、元町の神達地区に甚大な被害をもたらしましたが、その他のエリアについていえば、幸いにも大きな被害は出ていませんでした。

私も島に行くまでは他のエリアについての状況が分からなかったのですが、先日大島を回り、島内で見聞きしたところ、主要な観光スポットについてはほぼ無傷だということが分かりホッとしました。

観光協会では1~3月の「椿まつり」を被災した方々に配慮した形で準備しはじめたと聞いています。

また、被災された方のなかにも観光復旧に情熱を傾けている方もいます。

仮店舗での営業再開を進めている『丸市釣具店』ご夫婦のブログ
http://izu-maruichi.com/

「ようやく、桟橋で釣人の姿が見えるようになってきました。賛否両論あるようですが、私は良い傾向だと考えています。

先ずは、大島の住民が日常を取り戻すことが、重要だと考えているからです。何故なら、それがなければ島外から釣人をはじめとした観光のお客さんが、大島に足を運んでくれることは難しいと思うからです。

また、島外から観光のお客さんが、気兼ねすることなく大島を訪れて貰うことが、何よりの励ましになると思っているからです。」

「被災して生き残った身としては、奪われた日常を取り戻すことが、やはり最優先の課題だと思います。そして、島外から大島に非日常を求めてこられるお客さんに、存分に楽しんでもらえるようにしていければと思います。」

島にとって「生活の復旧」と並んでもうひとつ大きな課題が「観光の復旧」です。

われわれプロジェクトとしても、諸々の活動を再開することにいたしました。

島の状況をたしかめながら、一つひとつ島内外のみなさんと企画を作り、情報発信していきたいと思います。

「大島に多くの方が訪れ、大島ならではの魅力に触れ、大島の方と交流し、そして楽しんで帰ってもらうこと」

それが一番の支援になると思います。

その信念のもと、これからまた具体的な検討を再開していきます。
関係者のみなさま、どうぞ宜しくおねがいいたします。

それから、これまで大島への温かいお声かけをいただいたみなさま、
本当にありがとうございます。

これからはみなさんと一緒に大島を盛り上げいきたいとおもいますので
引き続きご声援をどうぞよろしくおねがいいたします!

by naoko_terada | 2013-11-24 13:32 | 伊豆大島 | Trackback | Comments(0)
台風26号被害に心からお見舞い申し上げます

観光のお手伝いをさせていただいています、東京都・伊豆大島の台風による土砂災害が甚大です。

いまだ行方不明者の方も多く、家屋を無くし避難されているみなさんもいらっしゃいます。島の状況をニュースで見るたびに、通いなれた場所の現状に心がつぶされそうです。
また、町田市でもおひとりお亡くなりになっています。
一刻も早い救助・避難解除を願い、心からのお見舞いを申し上げます。

小さな島では観光関係者の多くも当事者となっています。
友人のダイビングショップのオーナーは消防団の一員として行方不明者の救助&捜索を。大島バスや船は避難所への搬送、緊急物資の輸送などに奔走されています。十分に注意をしながら、どうぞよろしくお願いいたします。


大島の災害情報のアップデートは東京都防災ホームページをご覧ください。→コチラ

ボランティアに関しては大島社会福祉協議会災害ボランティアセンターのフェイスブックが。→コチラ

大島町に対する義援金の募集については東京都が開始しています。→コチラ

公益社団法人 東京青年会議所も災害支援金募集を始めています。→コチラ


再び台風27号が日本に接近中です。大きな被害がないことをただ、祈るのみです。
伊豆大島にかぎらず、どうぞ、みなさんお気をつけてお過ごしください。
by naoko_terada | 2013-10-20 14:06 | 伊豆大島 | Trackback | Comments(0)
『伊豆大島体験ツアー検討フォーラム』で登壇
b0053082_415575.jpg

この2年ほど、伊豆大島の観光の活性化のお手伝いをさせていただいています。

先日は、その一環として『大島体験ツアー検討フォーラム』を開催。
基調講演をさせていただきました。
上の写真はフォーラム当日。
主催者のみなさんと竹芝からのジェットフォイル船で元町港に着いたところ。
快晴ですよっ!

ちなみに東京から伊豆大島までは、距離にしてわずか120キロ。
東海汽船のジェットフォイルで1時間45分という近さ。
あ、東京都の島ということはご存じでしょうか?
なので、島の車は品川ナンバーなんですよ♪

b0053082_4122249.jpg

講演のテーマは、「東京ネイバーアイランドの魅力 伊豆大島の魅力と可能性、そして課題について」

海外取材経験を通じて、あるいは、全国の観光地などをめぐった体験をふまえ、
伊豆大島の持つポテンシャルの大きさへの気づきと、
より、観光活性化を促進するための、底力を持つことの重要性などを約1時間。
初めて作ったパワーポイントのできもまずまず♪
多少なりとも、島の観光関係者のみなさまのお手伝いになれば嬉しいと思っています。

講演の中で、わたしが一番、伝えたかったのは、
今、わたしたちがしようとしていることは自分たちのためではなく、子供たちや、次世代の島の若い人たちが将来、伊豆大島を離れることなく、安定した収入を得て、さらにはやりがいを感じる仕事に就けるようにすることである、ということ。
そのための観光の基盤を、みんなで一緒に作っていくことが一番、大事なことだと思っています。

また、もうひとり、お話しをされたのが、地球探検隊という旅企画会社を運営している隊長こと、中村伸一さん。
今までの個性的な探検隊のツアー体験を軸に、伊豆大島での体験ツアー企画実地に向けてのアドバイスをされました。

フォーラムの詳細は、参加されたみなさんのブログで紹介されていますのでごらんください。

●西谷香奈さんのブログ、「グローバルネイチャークラブのガイド日記」
●伊豆大島ナビの『スロー風土記』
●小林正也さん(探検隊メンバー)のブログ


フォーラムの後は、懇親会。
会場は我々のプロジェクトのメンバーであり、大島でフリーペーパー「12class」を発行し、伊豆大島ナビのサイト運営もするトウオンさんが、元町に作ったコミュニティスペースkichiにて。
元町の港を望む、最高のロケーションの中、関係者、島の人たちなど大勢のみなさんと交流。
建築学科の学生や、現在、進行中のプロジェクトにかかわる各種クリエイター、アーティストなど、活動の場所はまったく異なる人間が、「伊豆大島」をキーワードに集い、少しずつケミストリーが起こってきていることを実感。
わたしにとってもさまざまな角度から、伊豆大島の観光について学習することができ、本当に貴重な経験となりました。


ということで、東京ネイバーアイランド伊豆大島、これから確実におもしろくなりますよ。

どうぞ、ご期待ください!
by naoko_terada | 2012-07-23 04:34 | 伊豆大島 | Trackback | Comments(0)
パワースポット三原山・裏砂漠での奇跡の金環日食体験
b0053082_4571736.jpg

20日の午後、海外取材から成田に到着。
事務所に荷物を置き、着替えて、夜の竹芝桟橋へ。
目的は、22:00発のかめりあ丸

めざすは、愛する伊豆大島。
東京アイランド、伊豆大島で金環日食を見るためです。

b0053082_523634.jpg

およそ1時間ほど予定が送れ、
午後23時過ぎに、大型客船は静かに東京湾を離れます。
デッキで潮風を受けながら、ゆっくりと流れていく夜景を見つめる。

レインボーブリッジの下をくぐるのは、オンからオフへの通過儀礼。
これで、日常とはしばし、さよなら。
刺激的な非日常へのプチエスケープのスタートです。

b0053082_56164.jpg

東京の新名所、「恐竜橋」の名前も持つ、東京ゲートブリッジもライトアップ中。
886個のLED照明が、明るく輝いています。
きらめく東京の夜景はナイトクルージング気分でちょっと得した気持ちに。
とはいえ、さすがのわたしも、
このあたりで移動の疲れも出てきたので、船内へ。

一枚100円の毛布を借りて、2等和室でほかの乗客と一緒にザコ寝。
最近は空港泊や安宿泊も少なくなりましたが、こういうのもまったく問題なし。
持参のフリースをシーツ代わりに、耳栓&アイマスクで完全装備。周囲の釣り目当てのおじさんたちのイビキもなんのその。
朝まで熟睡です。

b0053082_5175060.jpg

早朝、伊豆大島がうっすらと姿をあらわす。
天候は残念ながらくもり模様。

b0053082_5201496.jpg

5時45分、かめりあ丸は伊豆大島・岡田港に入港。
この晩の船は満席。
下船する人も、釣り客、島民などにまじって一般観光客の姿が多く見られました。

b0053082_5215138.jpg

そんな観光客を出迎えているのがこちらの観光バス。
なんと、その数、8台9台!
この時期はオフシーズンなので、こんなことはまれ。
いつもは「椿まつり」で使用する観光バスを総動員。
さすが、世紀の天体ショーです。

b0053082_5372418.jpg

振り向くと、かめりあ丸が。
見送ってくれているかのようです。
彼女はこれから、利島(としま)、新島、式根島、神津島と旅を続けます。

しかし、天気が悪い。。。


b0053082_5383848.jpg
b0053082_539234.jpg

そして、わたしはお手伝いしている伊豆大島応援サイト、「大島ナビ」の中心人物Sさんと5歳の息子ちゃんと落ち合って、
一路、三原山へ。
三原山の東側の斜面を覆う、噴火時の噴石からなる真っ黒な「裏砂漠」で、日食を観察しようという計画です。
すでに、前日のイベントに参加していたツアー客や、知人たちが集まっています。
標高750mほどの山頂付近は、気温もぐっと低く、みな、ダウンやフリース、寝袋にくるまれて待機中です。

b0053082_5535485.jpg

用意されたお弁当を食べながら、じっと待つ我々。
時計を見ると、6時半を過ぎている。
すでに欠け始めているはずですが、我々のいる裏砂漠では、
太陽がどこにあるかもわからないような状況。
ときおり、一瞬、雲が切れそうになり、「オオっ!」とみんなが歓声をあげるものの、
太陽の輪郭は見えない。
「こりゃ、ダメかもね」
そんな声もちらほら。
わたしもちょっとあきらめ気味になってしまう。

7:00過ぎ、風が強く雲は流れているものの、太陽は顔を出さない。

b0053082_60211.jpg

そんな中、女性数人が空を見あげて歌と手拍子をし始めた。
フレーズに「エアラエ」という響きがある。

これは、後で聞いたところ、
ハワイの古代からのチャントで、太陽の輝きを讃えるものだそう。
E ALA E(エアラエ)、意味は「光のさす方向へ」。
「あなたは太陽だから、早く目を覚まして明るく輝きなさい」という歌詞とのこと。
唄い始めたのは、前日のイベントでライブを行ったSandiiのバックコーラスの女性たちでした。

すると、本当にホントウに不思議なことに、
彼女たちが見上げた空の一部だけ、厚い雲の層がゆっくり、ゆっくりと切れはじめる。
上の写真がそれ。
これには、わたしも周囲で見守っていた人たちも、びっくり。

それをきっかけにシンプルな手拍子と、
「エアラエ」のチャントの輪が広がっていきます。
気持ちをこめて、気持ちをひとつに、
太陽への思いが、空に向かって裏砂漠から響きわたります。


b0053082_6325487.jpg

わたしのデジカメのデータを確認すると、7:33。
まさに、太陽と月と地球が一直線に連なり、金環がパーフェクトに見えているそのとき、
わずか数秒の間、薄くなった雲の中から、美しいリングの太陽とシルエットになった月が姿をあらわしました。

チャントを唱えていた声と、手拍子が止み、一瞬の静寂が裏砂漠を包む。
その場にいたカメラマンたちでさえも、写真を撮ることを忘れて空の一点を見上げる。

b0053082_6364581.jpg

そして、爆発したような歓声と拍手。

抱き合って喜ぶコーラスガールズや、ツアーのみなさんたち。
はっと我に返って一心にシャッターを押すカメラマン。
わたしもレンズ越しに奇跡の瞬間を一枚。

画像をチェックして、空を見上げるともう太陽は雲に隠れて見えなくなっている。

裏砂漠は、実はパワースポットと言われている場所でもあります。
漆黒の砂漠の風景はそれだけでも、ミステリアスな雰囲気ですが、
この日の体験はやはり、何か大きな存在を感じさせるものがありました。

それをさらに裏付けるように、金環日食を見た直後から、、
雲はさらに厚く暗く、急速に天候は崩れ、
なんとヒョウのような大粒の雨がバラバラと降り始め、ついにはどしゃぶり。
その間、わずか10分ほど。

急激な展開に、裏砂漠の全員が、信じられない思いに。
誰かが、「奇跡だよね、これ」


自然のいたずら。
たまたま偶然にそうなっただけ。
そうかもしれません。

でも、この日の裏砂漠での体験は、
今までに味わったことがない、大きな感動をわたしたちに与えてくれました。


それを、奇跡と呼んでもいいように、わたしは思っています。



E ALA E 
光のさす方向へ。
感謝をこめて。
by naoko_terada | 2012-05-23 04:56 | 伊豆大島 | Trackback | Comments(0)
伊豆大島が舞台。新ブログ「東京アイランダー気分で」スタート!


そろっと、新ブログが始まりました。

タイトルは「東京アイランダー気分で」


舞台は伊豆大島です。
第一回目でも書いていますが、縁があって伊豆大島の魅力を、
熱いココロを持った人たちと一緒に仕掛けていくことになりました。


そのひとつが、このブログ。

ほかにもいろんなおもしろいプロジェクトがゆるっと、進行中です。



あふれるアイデアと、フットワークの良さ。
そして、時空間をとびこえるソーシャルネットワークでのつながり。
お金がない分、そんなところでがんばってます。


意外に知られていない伊豆大島のあんなこと、こんなことを、
旅する目線で語っていければな、と思っています。


ということで、
ハッピー・トラベルデイズ同様、
こちらもどうぞよろしくお願いします!
by naoko_terada | 2011-09-04 01:55 | 伊豆大島 | Trackback | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム