ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
カテゴリ:エアライン( 15 )
シンガポール航空 日本・シンガポール外交関係樹立50周年記念特別機内食を京都・菊乃井本店で発表


b0053082_047549.jpg

さわやかな初夏を思わせる快晴の今日、
京都・菊乃井さんへおじゃましました。

b0053082_0481717.jpg

丁寧なおでむかえをいただき、中へ入ると、
おお、見慣れたサロンクバヤ姿のCAがお出迎え。

そうです。
今回はシンガポール航空の記者会見。
2016年は「日本・シンガポール外交関係樹立50周年(SJ50)」。それを記念して、シンガポール航空のインターナショナル・カリナリー・パネルのひとりである菊乃井の村田吉弘氏が、7、8月の2ヶ月間限定の「SJ50記念メニュー」を考案。そのお披露目だったわけです。

b0053082_155486.jpg

列席者のみなさんも豪華。
村田氏、京都府副知事の城副健陽氏、シンガポール政府観光局長・柴田亮平氏、シンガポール航空日本支社長・デビッド・ラウ氏、北アジア地区リージョナルバイスプレジデントのリム・ウイー・コック氏など。
また、今回の料理にあわせて搭載されるのはサントリー自社畑100%のブドウを使用した「登美の丘」。サントリーインターナショナル株式会社国産ブランド部長の木村靖彦氏もご参加。

b0053082_1202296.jpg

b0053082_1203419.jpg

村田氏が手がけたのは日本初シンガポール行きのスイート、ファースト、ビジネスクラスの機内食(一部ナイトフライトの便では提供されません)。

選んだ食材は黒毛和牛。京都牛「みやび」をはじめ、山形、近江、飛騨、三河などの和牛を使ったオリジナルなひとさら。スイート/ファーストクラスはいちじくソース、ビジネスクラスは大和煮に。一見、洋風に見えますが、バター、クリームは一切使用せず、岡崎の八丁味噌、太白ごま油、だしといった日本料理らしい調味料を活かしています。

京都牛「雅(みやび)」は京都府産高級和牛肉で実は初輸出先がシンガポール。今では90%が海外輸出されるため、日本ではなかなか味わうことができない「まぼろしの肉」とのこと。試食させていただきましたが、お箸で食べられる柔らかさ。そこに村田氏渾身のコクのある味噌だれ。ミシュラン三ツ星の菊乃井によるメニューは味わいたい逸品に仕上げらています。


SJ50限定のメニューは今年だけのスペシャル。7、8月にシンガポール航空の上級クラスに搭乗される方は登美の丘と共にぜひ、チョイス。
機上で味わってみてください。
by naoko_terada | 2016-06-04 01:53 | エアライン | Trackback | Comments(0)
ANAとピエール・エルメが機内デザートでコラボレーション

b0053082_11253431.jpg

b0053082_1147322.jpg

スイーツ女子の聖地、青山のピエール・エルメ・パリ
この日は、こーんなスーツ姿の男性陣がズラリ。
シャンパン片手に並べられたマカロンを味わってます。

b0053082_11273889.jpg

理由は、こちら。

麗しいクルーのため、だけではありません。

ANAが、ピエール・エルメ・パリとの機内デザートコラボ"Haute Patisserie"~オート・パティスリー~を発表。
その記者会見だったからです。

プロダクトサービスブランド『Inspiratopn of Japan』のコンセプトの一環として、機内でしか味わうことのできないデザートをエルメ氏に依頼。6月1日から日本発のANA国際線・欧米線ファーストクラスで提供。
9月1日からは、成田発のビジネスクラスにも月替わりのデザートを提供する予定に。
至福の空の上でのデザート体験の誕生です。

b0053082_11313410.jpg

今回、お披露目されたデザートは3種類。
こちらは、サラワクペッパー入りシロップで煮た各種果実に生イチゴを加えたコンポート、クリームチーズ入りソルベ、サクリスタン。
サラワクペッパーでキリリと立ち上がった果実のテクスチュアと、スムースなソルベ。

b0053082_1138251.jpg

こちらは、抹茶入りクリーム、マロンクリーム、バニラビーンズとサラワクペッパーでポワレしたマロン、パッションフルーツゼリー、パッションフルーツ入りチュイル。
濃厚な抹茶にパッションフルーツの酸味に、スモーキーなマロンの味わい。
見ためのかわいさとは異なり、立体的で、計算された複雑さがからみあった、大人な味です。

奥にあるのは、パートシュクレ、ビターチョコレートガナッシュ、柚子で風味付けした蒸し煮リンゴ、ソルベショコラ、ブラックチョコレートソース。
ビターなチョコレートを温度、テクスチャを変えて楽しむ遊び心。


いずれも、まさに、ピエール・エルメの官能的なスイーツです。

b0053082_114655.jpg

この日は、ご本人も来日。
美人クルーが隣にいても表情を変えない、シャイなエルメ氏に無理に笑ってもらいました(笑)。

「パティスリー界のピカソ」と、評されるピエール・エルメ。
彼の才能をいち早く見抜いたのは、実は赤坂のホテルニューオータニ。
当時の社長が、彼に出店を依頼、
ピエール・エルメの第一号店として、1998年にニューオータニにショップを開業。
その3年後に、パリにブティックをオープンするという異例のブランドデビューとなりました。というバックグランドから、エルメ氏も、日本に対しては深い信頼と愛情を感じていらっしゃいます。

それにしても、職人気質で妥協を許さないエルメ氏を、
ANAはよく、口説き落としたものです。

話をうかがったところ、どうやらエルメ氏も機内食には興味を持っていたようで、
日本のエアラインというブランド力とあわせて、タイムリーなご縁だったのでしょう。

b0053082_11562647.jpg

そして、エルメ氏の究極のデザートを、レシピ通りに完璧に仕上げるのが、ANAケータリングサービスの存在。こちらは中心となるおひとり、賞品開発室 調理統括部 ベーカリーメニュー開発参与の髙橋正巳氏。
一流ホテルでの勤務経験を持つ、機内食開発のキーパーソンです。
ゲストにサービスされる時間を逆算しながら、そのときに最高の状態となるように作るのが機内食ならではの難しさ。機内では盛り付けをするだけ、という状態で積み込むそうです。


空の上で味わう至福のデザート。
ぜひ、味わいたいものです。
でも、ファーストクラスやビジネスクラス限定では、無理だわ。
そんなふうに思っている人には朗報。
7月上旬からは、ピエール・エルメ・パリ青山ブティック2階の「バー・ショコラ」にて、期間限定でANAファーストクラスと同じ3種類のデザートがいただけます!


でも、できれば青山、そして空の上、両方で味わいたいですね。
by naoko_terada | 2012-05-29 12:15 | エアライン | Trackback | Comments(0)
日本のおもてなしは、マーシャラーから

b0053082_0434435.jpg

空港には、マーシャラーという職業があります。

日本語では、誘導員。
写真のように、着陸した機体を所定の位置に誘導するのが仕事。
最近は、機内スクリーンで着陸風景が映し出されることも多いので、
お気づきの人もいるでしょう。

これが、最高にカッコいい!

大きな機体を、手信号だけで、みごとに操り、ピタリと定位置におさめる。
窓から彼らの作業が見えるときは、もう凝視しちゃいます。


b0053082_0503410.jpg

そして、何よりもわたしがしびれるのが、日本人のマーシャラー。
彼らは、所定の位置に機体が収まり、
指示を解除したあと、頭を下げて機体にむかって丁寧にお辞儀をするのです。
これが、ビジネスライクにさっと去ってしまう、海外のマーシャラーと違い、
日本人の誠実さを表現するようで、私の心に響くのです。

それは、日本に戻ってきた日本人に対しての、「おかえりなさい」であり、
海外から来られた方々への、「ようこそ、日本へ」という歓迎の仕草だと思えるのです。

外国人機長の中には、
彼らのこの最後のお辞儀を見ると、
「ああ、日本に来たな」と実感するという方もいらっしゃいます。

飛行機が着陸して、外に出る前から。
日本のおもてなしは、現場のマーシャラーによって始まっている。
それが、とてもうれしいのです。


b0053082_115847.jpg

ちなみに、今回の写真は先日の伊豆大島の空港でのもの。
羽田~伊豆大島をつなぐのは、プロペラ機のDHC-8。
飛行時間、わずか30分ほど(笑)。


ドリームライナーも、プロペラ機も、
どんなにハイテクになろうとも、マーシャラーなしでは、ダメ。


そんな、彼らに惜しみないエールを(密かに)送ってます!
by naoko_terada | 2012-05-24 00:31 | エアライン | Trackback | Comments(2)
日本初LCC、ピーチ第一号機の内部を見学
b0053082_0225513.jpg

ご招待客のみなさんの見学後、
メディアが何班かに分かれて、ピーチ初号機の内部の見学を開始。

わたしは、Bチームなので、2番め。
クツに青いカバーをするように指示されます。

タラップをあがると、さきほどのCA嬢がにこやかに。
わたしの前のエアライン雑誌、ウェブのカメラマンのおじさまたちが粘る、ねばる(笑)。

「はいっ、じゃあ、今度はそこに手をかけて」

「彼女、悪いねっ、もう一回、さっきのポーズやってくれる?」


撮影会と化してました。


b0053082_0325790.jpg
b0053082_0332081.jpg
b0053082_0333046.jpg

機内は、イメージどおりのカラースキーム。

座席数は180。
A320としては、従来よりも詰めています。
なので、実際に座るとかなり狭いです。
リクライニングも、ほとんど倒せません。
体の大きな男性や外国人は、ちょっとつらいかなぁ。
でも、2~4時間の国内、近距離アジアまでなら、料金が安ければ個人的にはアリです。

b0053082_0382727.jpg

広いのは、この非常用ドアのシート。
でも、おそらくここを指定する場合は、追加料金が必要になることでしょう。
それが、LCC的なビジネス。

b0053082_0414274.jpg

b0053082_0411917.jpg

b0053082_0415823.jpg

トイレ、ギャレーもシンプル。
ノーフリルと呼ばれる、アメニティやドリンクサービスなどをしないことにより、
コストカット、それを低料金に還元するのがLCC。
でも、新造機なので、どこもぴかぴかで気持ちがいい。
新しい機体の匂いがします。
新車が納品されてきたようなワクワク感です。

b0053082_0454189.jpg

9・11以降、セキュリティが強化され、
最近ではめったに見られなくなったコックピットも拝見。
かっこいい。。。
運転してみたいものです。
ムリだけど。

b0053082_0504428.jpg

機内視察が終わり、取材終了。
外も、夕暮れに。


2012年3月就航のピーチ。
料金発表は今月末。

さぁて、どれくらい安く打ち出すか。
関西マーケットは厳しいですからね。

期待しましょう!

b0053082_0532467.jpg

by naoko_terada | 2011-11-12 00:57 | エアライン | Trackback | Comments(2)
日本初LCC、ピーチの一号機をおひろめ!
b0053082_22482094.jpg

昨日、11月10日、日本初となるLCC(ローコストキャリア)、
ピーチ Peach Aviationの第一号機が、拠点となる関空に到着。
そのおひろめ取材に行ってきました。

b0053082_22591227.jpg
b0053082_22592478.jpg
b0053082_22595050.jpg

午前中に、関空に無事、ランディングした初号機。

11月8日(現地日付)に生みの親となるエアバス社のあるフランス・トゥールーズを出発し、
アラブ首長国連邦・シャールジャ国際空港、タイ・ウタパオ国際空港を経由し、関空へ。

午後は、格納庫での記者発表会。
こういうときじゃないと、できない機体を間近で見せていただき、
あらゆる角度からお姿を拝見。
新機なので、どこもかしこもピカピカ。
まさに、みずみずしいフルーツのようです。

b0053082_2344420.jpg
b0053082_2345963.jpg

CAたちも、モデルとして被写体に。

ユニフォームは、事前情報よりは、「ふつうかな?」という印象。
個人的には、ストレッチ素材(そうじゃないそうです)にして、
もっと細みのパンツでスキニ―な感じにすれば、より若々しいかな、と思いました。

↓ これがピーチがリリースした最初のイメージ。
b0053082_23144137.png


いっそ、男女ともにパンツでもいいかも。
でも、腰に結ぶサッシュ(?)は、桃の花をアレンジ。
キュートです。

b0053082_23193793.jpg
b0053082_23195139.jpg

井上慎一CEOのスピーチは明確で、シンプルでした。

「最も優先すべきは安全、そのために新機を導入」


ピーチが保有するのは10台。
そのすべてをエアバス社のA320で統一。
A320は、世界で7000機以上が飛ぶ、人気の機種。
安定した飛行実績と、単一機種にすることによるオペレーション、メインテナンスの効率化をはかります。

井上CEO、今年5月のピーチのブランド記者発表のときよりも、
かなりこなれた感じでした。
5月のときは、それまで勤務されていたANAの看板を感じさせる雰囲気でしたが、
この数ヶ月で完全にLCCピーチのトップに変身(偉そうにすみません。。。 m(__)m)。

「料金はいくらに?」

記者たちの執拗な質問に、
「めっちゃ、がんばります!」と笑顔で回答。

ピーチ応援コメントを記したバックボードに、MCが、「では、CEOも一筆、お願いします」

「愛こそすべて Love & Peach」としたためる。
おちゃめです。

ネクタイがコーポレートカラーだったのに気づいたのですが、
実はこれ特注ではなく、既製品を見つけたよう。
取材に来ていた某エアライン雑誌の知り合い編集者が教えてくれる。
いいですね、LCCらしい。
ちなみに何本かまとめ買いされたそうです(笑)。

b0053082_23485371.jpg

しかし、その後の囲み会見では、こんな表情も。
あ、手の下のもふもふは、声をひろうためのTV局のマイクです♪

「ピーチが目指すのは、空の電車。
みなさん、電車のきっぷを買うのに旅行会社には行かないでしょ。
駅で直接、買うか、オンラインで買うはず。
飲み物やお弁当も自分で持ち込むか、車内販売で買います。
それと一緒です。
また、指定席のように、この席に座りたいというときは、追加の料金を頂戴する。
そういうふうに思っていただければいいと思っています」

「既存のLCCに対抗するにはコスト面をおさえることが大原則。
日本政府が新成長戦略として、
成田と関空をLCCのハブとして、発着料などを刷新すると打ち上げた。
それをぜひ、実現してほしい」


ピーチは、来年、2012年3月からまず、国内線の新千歳~福岡間を運航、
5月に韓国の仁川線を就航予定。
気になる料金は、今月11月末あたりに発表とのこと。


さて、お次は機内の中を見せていただきましょう。
by naoko_terada | 2011-11-11 22:47 | エアライン | Trackback | Comments(2)
エキサイト シンガポール航空A380 LA便ビジネスクラスをプレゼント!現地では。。。
b0053082_15404715.jpg

本日公開。
シンガポール航空×エキサイト with ハイアット ホテルズ アンド リゾーツによる
超太っ腹のユーザープレゼントがスタートしました!


それがLAの旬を極める7つの魅力 "Seven Wonders in LA ! "

大人気のシンガポール航空が2011年3月27日、エアバスA380型機をシンガポール-成田-ロサンゼルス路線の定期便に導入。アジア-北米間をA380で結ぶ初めてのエアラインとして運航をスタートする記念に、シンガポール航空からのまさにメガスーパークラスのプレゼント。
ビジネスクラスですよー。
しかもペアです。
もう、鼻息が荒くなっちゃいます。
こんな企画はシンガポール航空でも異例のこと。
それをエキサイトユーザーだけに贈るエクスクルーシヴさですっ。

さらに、LA滞在には、ハイアットの新しいブランドとして注目されるアンダーズの2軒目。アンダーズ ウエストハリウッドのサンセットストリップに面したビュールーム3泊もプレゼント!


ステキすぎます。。。


LAは記事でも書いていますが、ダウンタウンの開発が進み、アートやダイニングシーンもますます成熟で、今いくべき旬なホットスポットのデスティネーション。円高の恩恵もあってLAファッションを思いっきり買い倒す欲望も十二分に満喫できます(笑)。


まずは特集をお読みいただき、プレゼント応募へアクセス!

とびっきりのラッキーを手にしてくださいっ!
by naoko_terada | 2011-02-28 16:03 | エアライン | Trackback | Comments(2)
Fly to the World 深夜の羽田国際空港へ


b0053082_451046.jpg

10月31日、32年ぶりに羽田から国際線の定期運航便が就航開始。
先ほど、第一便就航記念イベントへ行ってきました。

取材陣の集合は、22:45。
うへぇ。
でも、どの程度、混雑しているのかわからないので、
モノレールに乗って早めに空港へ行くことに。
新しい国際線ターミナル駅に着き、改札を出ればもう目の前がチェックインカウンター!
スーツケースを持ってもラクなシームレス。
搭乗客の他にも空港開港直後で、しかもハロウィーンで日曜。
ということで、遊びに来ているようなカップルやファミリーもちらほら。
かなりの混雑ぶりです。

b0053082_4131759.jpg
b0053082_4132657.jpg
b0053082_4133496.jpg
b0053082_4134983.jpg

集合時間まで、1時間ほどあったので、話題の江戸小路でもひやかそうと思ったら、
おっと! 店舗はすでに閉店。
インフォメーションの冊子を見ると、ショップのほとんどは21時クローズ。
レストランはカフェ、お好み食堂などを除き、22時か22時半がラストオーダー。
施設案内は営業している店のところだけ照明が灯される工夫がされていて便利ですが、
もうほとんどやっていないところばかりで淋しいかぎり。
う~ん。。。
これは改善してほしいですね。
最終のフライトが00:30なので、まだまだお土産探しや何か食べておきたい乗客がうろうろしている。
見送りの方たちも、遊びに来ているカップルも物足りなさそう。
もちろんわたしも。

b0053082_4294829.jpg
b0053082_4295644.jpg

出国口は、長蛇の列。
オペレーションが慣れていないせいもあるでしょうから、当分は、早めにチェックインして出国しておいたほうがよさそうですね。

b0053082_4313623.jpg

しょうがないので、コーヒーをテイクアウトして展望デッキに行ってみる。
雨がだいぶ強くなってきて、肌寒い。
でも、雨に濡れた空港は雰囲気がありますね。
ハイファイセットの「土曜の夜は羽田に来るの」のフレーズが浮かぶ。
日曜だけど。
懐かしい。

b0053082_4452725.jpg

などと、メランコリーな空港ごっこをしているうちに集合時間に。
今回はタイ国際航空からのご招待です。
ほかにも新聞、テレビ、航空ジャーナリスト、旅行業界誌などの記者、カメラマンたちが。
知っている顔もあります。
多くのプレスが、昨晩のJAL、ANA就航記念イベントから2日続けての取材のよう。
空港ホテルに泊まっての取材です。
ごくろうさまです。

その中で、わたしのこのブログをずっと見てくれているという某新聞社の記者の方にお声がけいただき、驚きつつも嬉しい気持ちに。
もっと頻繁に更新しなくちゃ、ですね。
でも、ホント嬉しい。
また、どこかでお会いできること楽しみにします。
ありがとうございました。

b0053082_4583781.jpg
b0053082_4585014.jpg

「PRESS」の腕章を付けて、
スタッフ用の通路からセキュリティを経て出国、搭乗ゲートに出ます。

タイ国際航空の式典の直前に、すぐ近くのゲートでシンガポール航空の記念イベントが行われていたので、ちゃっかり取材。ギターとバイオリンの演奏の中、式典関係者と一号機搭乗者にシャンパンとフィンガーフードのサービス。なかなか力が入ってます。
お、演奏者にフォーカスしているこの後ろ姿は、航空カメラマンのOさん。

ふと、見ると乗客の中にも知り合いが。
このフライトでシンガポール取材に行くそう。
シャンパン片手に優雅に搭乗を待っています。
楽しんできてね♪

b0053082_562930.jpg

b0053082_565438.jpg

シンガポール航空、羽田国際空港のお偉方のスピーチがあり、
その後、お約束のリボンカット。

終了と同時にタイ国際航空のゲートへダッシュします。

b0053082_583114.jpg

ゲートに行くと、シンガポールとは異なったゆるいムード。
派手なサテンの衣装を身に付けた楽団が演奏するのも、タイらしい長閑な民族音楽。
やっぱりタイです(笑)。
脇にはタイ王国特命全権大使を主賓に、タイ航空、空港関係者が並びます。

b0053082_5112870.jpg
b0053082_5113842.jpg

みなさんのスピーチの後、
一号機の乗客代表のカップルと、機長へ大使から花束贈呈。
こういうところもタイぽっくてカワイイです。

b0053082_5141818.jpg

そして、こちらでもリボンカット。

タイ国際航空の羽田便TG661は、羽田発00:20、バンコク着05:20。
帰りは、TG660となり、バンコクを14:50発、羽田着22:30。

バンコクに早朝に着くので、そのまま乗り継げばチェンマイ、サムイ、クラビにも午前中に到着。カトマンズ、バリ島(デンパサール)、デリー、ホーチミン、メルボルン、パースなどへの乗り継ぎもスムースで利便性がアップしました。

現在、羽田就航記念として、ビジネスクラス「ロイヤルシルククラス」が13万円~とかなりお得なキャンペーンも実施中。オーバーナイトのフライトだと、やはりビジネスクラスのスペーシーなシートはありがたいものです。


無事、式典も終了し、時計を見れば00:15!
誘導されながら出発ロビーへと戻り、関係者にご挨拶をしたら、猛然とダッシュしてひとつ下の到着ロビーへ降り、さらに地上階へと走り込んで、00:40発の新宿最終のリムジンにすべりこむ。

土砂降りの新宿駅に着いたのは、01:10頃。
これからは、こんな取材も増えることでしょう。

でも、それもちょっと楽しいな、と今はそう思っています。
by naoko_terada | 2010-11-01 05:45 | エアライン | Trackback(1) | Comments(6)
ルフトハンザ エアバスA380専用ハンガーに、2000人!!


b0053082_0313261.jpg

フランクフルトに到着したエアバスA380は、そのまま、
専用ハンガー(格納庫)へと移動。

ゆっくりと時間をかけながら、巨大なハンガーへ。

と、窓の外が明るく発光する。
どうやら、フラッシュのよう。

タラップを降りて、外を見まわして初めてその正体が。
うわぁ、こういうことだったのね!
A380の一号機を祝そうと、2000人の関係者、メディアが集まっています。
壮観。。。
一斉にフラッシュを浴びて、セレブ気分です(笑)。

b0053082_048298.jpg
b0053082_0483856.jpg

まずは、CEOたちが顔を見せます。
この様子は、テレビの生放送で放映中のため、キャスターたちが駆け上がり、
カメラを向けてインタビューを開始。

その間、私たちは別のステップから降りていきます。

b0053082_0512516.jpg

タラップの下にはシャンパンを持ったケータリングスタッフ。
ハンガー内にいい匂いを漂わせた、世界各国の料理が並ぶブッフェも控えています。
乗客の中にはマイクを向けられてインタビューされる人も。

それにしても、このハンガー、本当に大きい。
A380がすっぽりと収まってしまうだけではなく、2000人もの人たちを加えても余裕。
これからは、ここがA380のホームになるわけですね。

b0053082_0582491.jpg
b0053082_0583473.jpg

b0053082_17186.jpg

降機したわたしたちは、ここでやっとリラックス。
ロイター通信など大手メディアたちが取材する様子を眺めながら、
ビールと焼きたてソーセージで乾杯!
正面の大スクリーンでは、CEOたちのコメントに続き、
フランクフルト市のペトラ・ロート市長による一号機の命名式が。
ここで、晴れて「フランクフルト・アム・マイン」という名前が正式に授与されました。
「フランクフルト・アム・マイン(マイン川沿いのフランクフルト)」は、
フランクフルトの正式名称。
ルフトハンザのハブ空港を有する都市の名前が、栄誉あるこの第一号機に付けられたわけです。

一角にはファーストクラスのシートが展示され、
参加者はみな、興味津々に座ったり、位置を移動させてみたり。
また、巨大なロールスロイス社のエンジンの実物も展示。

A380の美しいシルエットを背景に、
いつしか、ハンガー内は一大パーティ会場へと変わっていきました。


ルフトハンザは、このエアバスA380の一号機を6月6日、2010 FIFA ワールドカップ参加に向かうドイツ代表チームを乗せてフランクフルトから南アフリカへ特別運航。
そして、6 月11 日からはフランクフルト-成田間での定期便運航を開始します。
A380としては初の成田からの欧州直行フライトです。


ルフトハンザのA380に乗るためにドイツへ。
今年の夏はそんな方も多いのでは。


わたしが体験したワクワクと興奮を、ぜひ、ご一緒に体感してみてください。
by naoko_terada | 2010-06-02 01:24 | エアライン | Trackback | Comments(4)
エアバスA380、ユンカースと出会う


b0053082_4342587.jpg

あっという間の2時間。
ルフトハンザのエアバスA380の第一号機は、フランクフルト空港へと。

下に空港が見え始めると、機体はぐっと速度を落とし始めました。
まさに、ふわりと浮くような浮遊感で低空で飛行場の上を舞います。

そのとき、機長のアナウンスが。

「ただいま、右手に我々を歓迎するためユンカースが並走しています」

オオッと乗客が右手に集中。
残念ながら、わたしは窓際ではないので見ることはできませんが、
その姿を想像する。

ユンカースは戦前から活躍した、ドイツの航空会社でルフトハンザの前身。
まだ、現役で飛べるものを持っているのですね。
新旧のエアラインがルフトハンザのハブである、フランクフルトの上空で出会う贅沢さ。
世紀の瞬間です。

こんな粋な演出をする、ルフトハンザに脱帽です。
とってもかっこいい。


シートの目の前のエアショーを見ていると、
A380はゆっくりと、滑走路への進入コースを取り、あとはランディングを待つだけ。

ぐんぐんと、滑走路が眼下に近づいてくる。


と、思ったその瞬間、
今まで抑えていた速度をフルスロットル、再び、上空へと上昇を始めました。
もちろん航行上、問題のない範囲でのことですが、
グッとシートに背中が押し付けられる加速感に、「ワアッ」と
ゲストたちがざわめく。

隣に座っていたドイツ人記者が、
「これで、ユンカースは追いつけないぞ」とニヤリ。
機内にいるゲストの興奮も最高潮です。

再び、機長が
「さあ、地上にいる人たちへの挨拶はここまでです。
今度こそ、着陸しますよ」


再び、進入コースへとゆっくりと迂回したA380は、
完ぺきなランディングでフランクフルト空港に到着しました。
by naoko_terada | 2010-05-28 03:44 | エアライン | Trackback | Comments(2)
ルフトハンザ エアバスA380のビジネスクラス


b0053082_311126.jpg

今回のルフトハンザのエアバスA380の機内を見ているメディアの間で、
実は一番、話題になったのがビジネスクラスでした。

b0053082_313167.jpg

ルフトハンザをよくご利用される方なら、「アレ?」と思うかもしれません。

「何も変わっていないんじゃない?」

そうなんです。
新造機であるのにもかかわらず、
ビジネスクラスは現行のスタイルをほぼそのまま採用しているのです。
その理由は、現行のビジネスクラスがとても好評だから。
確かに、ルフトハンザのビジネスクラスはとても使い勝手のいい設計です。
フルフラットにはなりませんが、体に添うようなフォルムのシートは熟睡できるほど。

もちろん、新しい点もあります。

そのひとつが収納スペースの増大。
オーバーヘッドコンパートメントは広くなり、窓際のシートにはサイドに収納スペースも。
また、シートには新しい素材を採用しています。

b0053082_3235374.jpg

トイレには窓が。
大空の世界を望みながら、なんてすごいです。


「せっかくA380なのに。。。」
などと思っているビジネスクラス・ユーザーの方もいるでしょう。
でも、マイヤーフーバーCEOは、この日、
「2011~2012年にかけて全機種のビジネスクラスをリニューアルします」とスピーチ。
満を持して最先端のCクラスを用意するようです。



あっという間の2時間が過ぎ、
A380は、徐々にフランクフルトへと下降体制を取り始めました。

この日、向かうのはA380専用のハンガー(格納庫)。


そこで、我々を待ちうけていたのは。。。
by naoko_terada | 2010-05-27 03:09 | エアライン | Trackback | Comments(4)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム