ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
2013年 06月 16日 ( 1 )
祝 ピーチ 関空~仙台就航!桜を追って、仙台・宮城へ!③
b0053082_14941100.jpg

桜はとっくに終わった季節ですが、続きます。
ごめんなさい。

仙台での楽しい思い出のあと、
ひとり、向かったのは石巻でした。

今回は公共交通機関を使っての旅にしようと思い、利用したのが、
宮城交通の仙台~石巻の臨時バス
石巻駅まで片道800円。
所要1時間ほど。
これが、とても便利でした。

で、宿はどうしようかなぁ、と。
検索していたときに、見つけたのが、フタバインというB&B。
値段も手ごろで、サイトを見ると悪くなさそう。
さっそく電話をすると、応対も丁寧。ということで、即決!

石巻駅で降りて、徒歩7、8分とうところでしょうか。
無事、見つけてチェックイン。

b0053082_1523164.jpg

シングルの部屋は、こんな感じ。
北欧テイストで、シンプル&クリーン。
心地よい空間で、とても気に入りました。
暖房の入った室内が、外からの冷えた体を温めてくれます。


軽くシャワーを浴びて、さて、一杯やりに行きますか。
ということで、フタバインのご主人にうかがうと、パッと地図を広げて、いくつかお薦めを教えてくれました。


b0053082_204122.jpg

外に出ると、宵闇みせまる時刻。
もらった地図を片手に、まずは中心となりそうな方向へと歩いていきます。


ゆるゆると、思うままに歩いているうちに、
フタバインから勧められた店のひとつ「汐だまり」という居酒屋が近いことに気づく。
「いい店ですが、人気なので座れないかも」と宿のご主人に言われたものの、ワケもなく、だいじょうぶ、という気持ちに。
店の前に行き、ちょいと考える。
路地にひそむ、小体な店構え。
いいじゃないですか。
今日の一献はここに、決定!


暖簾をくぐり、カラリと戸をひいて中へ。

カウンター越しに、主人と女性陣が、「いらっしゃい!」と心地よく出迎えてくれる。
思ったとおり、サラリーマンの男性陣が数人いるだけで、空いている。

b0053082_2165333.jpg

カウンターに座り、おしぼりをいただき、
「フタバインさんから教えてもらって」と、まずはひとこと。

「ああ、フタバさんからはお客さんをよくご紹介いただくんですよー」とご主人がにっこり。

適当に、お願いします。
と言えば、あとは簡単。
まずは、旬の刺身が食べきりで登場。

b0053082_2212279.jpg

お酒はもちろん、地元・石巻のものを所望。
この日、いただいたのは墨廼江(すみのえ)と、日高見(ひたかみ)。
いやいや、どちらも旨い!

b0053082_2241450.jpg

お酒をゆっくりいただきながら、タイミングよく供される小料理。
メヒカリ、白魚。
自家製の塩からに、チーズの味噌漬け。
フタバインからのゲストには一品サービスがあり、これもありがたく頂戴します。

杯を重ねながら、カウンター越しに、どこからですか、ああ、桜ですか。
そんな話をゆるり、ゆるりと交わしていく。
女性ひとりでも、こうやって地元のみなさんのふところに入れていただき、会話が楽しめるのが旅のいいところ。幾度とない旅先で学んだのは、女性ということを気にせず、気にされず、ということ。
気持ちのいい客として思われるのに男性も女性も関係ないもの。一期一会の気持ちで、おいしいお酒をいただくことが旅人のつとめだと思っています。

b0053082_2292187.jpg

そして、いつしかご主人、隣のサラリーマンの男性2人りも交えて、話が始まります。

某大手企業にお勤めのTさんとSさん。
石巻に来ると、この店に顔を出す、常連さんです。

話の途中、
「明日から気仙沼に行くのですが、どこか美味しいお店、ご存知ですか?」
気仙沼勤務のTさんにうかがいつつ、
「仙台のグルメ番長からは、気仙沼に行ったら、福よしに行けと言われているんですが」と言うと、

「お、福よしをご存知ですか?」

食べること、飲むことを話すのは全国共通、すぐに盛り上がります。最後は、「じゃあ、気仙沼に着いたらご案内しますよ」。とありがたいお言葉。

これだから、旅は楽しい。


b0053082_2543079.jpg

おいとまする前に、「汐だまり」の店主、佐藤さんたちをパチリ。
次回、石巻に来たらおじゃますることを約束。
また、ひとつ好きな店が増えました。
真心こもった料理と、あたたかな接客に感謝。

ごちそうさまでした。


<おまけ>
b0053082_259028.jpg

「汐だまり」を後にして、宿に戻る途中。
キャバクラ、スナックなどが並ぶ通りに、なんとなく気になる店。
店名は、「Beat Station」。
脇に、「ウィスキー・アンド・ロックンロール」と書いてある。

で、入りました。笑

b0053082_2594116.jpg

誰もいないカウンターにいたのが、オーナーのケニーさん
飄々とした雰囲気。
ちょっとクドカン似かな。

【石巻と書いてロックンロールって読むんだぜ!】
これは、ケニーさんのCDタイトル。
なるほど!
ギンギンにクールなスタイルで、石巻をベースにバンド活動中。
数店舗あった経営店は、震災でダメになったそうですが、ロックスピリッツでがんばっています。

オンザ"ロック"で乾杯して、ここでもまた、アレコレと話を楽しむ。


さて、よく飲みました。
いい出会いもありました。


明日は、石巻の町を歩く予定です。
by naoko_terada | 2013-06-16 03:29 | 東北応援! | Trackback | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム