ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
2006年 01月 15日 ( 1 )
コアラ、大好き!
b0053082_15413734.jpg

今、オーストラリアの原稿を書いています。
というよりは、格闘中。
なので、唐突にコアラねたを。

オーストラリアは、わたしがかつて暮らしていた場所。
今までに60回ほど通っている、大好きな国です。

この時期、オーストラリアは真夏。

行くたびに思うのですが、どうして
北半球と南半球で季節が逆になっちゃうのだろう。
科学的には解明されているのでしょうが、実感としてホント、不思議。
それにオーストラリアにはユニークなものがいっぱい。

たとえば、オーストラリア名物(?)のコアラやカンガルー。
地球上に彼らが生息するのは、オーストラリアだけ。
他大陸と離れた環境が、この国独自の生態系を生み出したのですが。

不思議ないきものです。
でも、カワイイ。
特にコアラの赤ちゃんなんて、本当にヌイグルミのよう。
そばによると、ほのかに主食であるユーカリの香りがする。

コアラは山火事、都市開発、車による交通事故などで生息数が減少気味で、
現在、保護の対象とされています。

そんな彼らを守ろうとして立ち上げられたのがNGOの「オーストラリア・コアラ基金」
世界中からの募金によってボランティアがコアラの保護、ロビー活動を行っています。

わたしも寄付をしていますが、ご興味ある方はオンライン募金が可能です。

また、オーストラリアのアンゴーヴズ社というワイナリーが作っているのが、
ベア・クロッシングという、コアラをモチーフにしたワイン。
毎年、数多くのコアラ(ベア)がユーカリの森を走る
幹線道路を横切る(クロッシング)際、交通事故にあって命を落としています。
母親コアラは死亡してもお腹の袋の中にいた赤ん坊コアラは助かることも多い。
アンゴーヴズ社は、このワインの売り上げの一部を前述のコアラ基金に寄付し、
そういった赤ちゃんコアラやケガをしたコアラのケアに役立てています。
値段も手頃なので、オーストラリアへ行かれたらおみやげにしてみてはどうでしょう。

ほのぼの感漂う、コアラ。
夜行性なので昼間は寝ていることが多く、
見ているだけで気分がほんわか、柔らかくなっていく。

そんな彼らに、癒やされつつ、
原稿書きへと戻りましょう・・・・。
by naoko_terada | 2006-01-15 17:01 | トラベル | Trackback | Comments(12)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム