ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
フランス風に ~In the French Style~


b0053082_8393282.jpg

タイトルは、アーウィン・ショーの短編の題名。
パリを舞台に美しい娘に恋をした、アメリカ人青年のちょっとほろ苦いお話。


そんな物語をふと、思い出したのは、
今週、とてもフランス風な時間を楽しんだから。

そのひとつが、駐日フランス大使館邸で開催された、
「ルフレ ダミティエ - 輝く友情 ジオ・ポンティとクリストフル 1925-2008」展覧会。

これは、ご存知、フランスのシルバーウェアの老舗、クリストフルと、
長年、クリストフルと家族のような関係を築いてきた、イタリア・建築&デザイン界の巨匠、
ジオ・ポンティとの友情を形にしたコレクション。
今年のミラノ国際家具見本市「ミラノ・サローネ」で発表されたもの。
「日仏交流150周年」を記念した、イベントです。

駐日フランス大使をはじめ、クリストフル本社CEO、日本支社CEOなどが列席。
記者会見の後、シャンパンと軽食をいただきながら、コレクションを鑑賞。
今回、展示されているものは、復刻したものですべて限定制作。
その場で、購入することができ、
この日の収益は、
「国境なき子どもたち」と、「国際難民支援会」ふたつのNPOに寄付されます。

b0053082_9344353.jpg
b0053082_9351394.jpg

力強いデザイン性を持ったコレクションは、
どれも輝く一級の芸術品。
なかには日本の折り紙を思わせる、シンプルなフォルムのものも。

慈善イベントでもあるので、どれかひとつ。
と、思うのだけれど、さすが、クリストフル。
お値段もこれがまた一級。
リミテッドアイテムということもあり、どれも20万円、30万円というプライス。
中には限定50の、60万円超えという銀製の花瓶も!

その中で、どうにか手に入れられるアイテムが、
直径5センチの小さなキャンディ・ボックス。
クリストフルのオーナー、トニー・ブイエがポンティの姪である
カーラ・ボーレッティと結婚をしたことを祝して、
1928年にポンティがデザインした、「フレシェ」コレクションのひとつ。
今回が復刻初版とのこと。

フレシェとは「矢」の意味。
ハートに愛の矢がささった、とてもロマンチックなデザインです。

ささやかながら、善意の気持ちをこめてひとつ。


帰りには、おみやげにピンバッジをいただきました。
ジオ・ポンティが1978年にデザインした、「イル・ディアボロ・マスク」と
名づけられたシルバーの花瓶がモチーフ。

かわいい。
ちゃんとクリストフルと印字された小箱に入っています。


この、ジオ・ポンティ・コレクション。
12月から青山の「クリストフル ブティック」と、六本木の「クリストフル ブティック六本木」にて、展示・販売されています。


イタリア現代工芸アートとフランス伝統の匠とのマリアージュ。

まさに、「アール・ド・ヴィーヴル(生活の美)」の世界です。
by naoko_terada | 2008-12-05 10:30 | その他 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://naoterada.exblog.jp/tb/9990199
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from イタリア旅行 at 2009-04-13 01:47
タイトル : 今年も開催「ミラノサローネ」2009年4月22日から27日
「ミラノ・サローネ」とはミラノでは「ミラノ・コレクション」と同じぐらい有名な年に一度の大きな国際的イベントです。サローネというのは元々イタリア語で展示会という意味。ミラノでサローネといえば家具インテリアの国際展示会のこと。ミラノにて1961年から開始され現在世界一の規模を誇る大きな家具市であり、世界中から千何百という企業が参加しています。地元イタリアの企業が多いですが北欧やアジア、アメリカなどといった世界各地の家具メーカーが集う、まさに最先端のデザイン、インテリアの発表会とも言えるでしょう。毎年4月に...... more
Commented by w-atanabe at 2008-12-07 14:39
はじめまして、「アールド・ヴィーヴル」を意識して暮らすと日常がとても豊かになってゆきますね。
若い時パトリスジュリアンさんの「生活はアート」という本に目を通した事を思い出しました。
Commented by naoko_terada at 2008-12-07 22:52
w-atanabeサマ

はじめました。

パトリス・ジュリアンさんのレストランもとても素敵でしたね。
おっしゃるとおり、意識して暮らすことは大切だと思います。

最終的には、自分自身のスタイルを持つこと、なのでしょう。
<< ブノワ、再開を祝す ムンバイ、そしてバンコクを思う >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム