ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ムンバイ、そしてバンコクを思う


3年ほど前、インドへ取材に行った際、
最終地がムンバイでした。

取材の目的地はムンバイではなかったのですが、
ムンバイ出身の若いガイド氏が、
「インドに来たら、ここはぜひ、見て帰ってください」
と、私たちを連れていってくれたのが、港に面したインド門。
英国ジョージ五世がこの地を訪れた記念に作られた、この街のシンボル。

そして、その向かいにたたずむのがタージ・マハル・ホテルでした。


今、インド門の周辺は祈りをささげる人たちが集まっています。


貧困、飢餓、宗教弾圧。
世界は複雑で、人生は不公平です。

でも、テロはその解決にはいっさいなりません。

私たちは、いつになったら学習するのでしょうか。
ニュースを見るほどに、無力さを感じます。



そして、バンコク。

こちらも混沌とし、被害者が出ています。



悲しみ、苦しむ人たちのために、祈るしかないのでしょうか。
by naoko_terada | 2008-12-01 05:57 | その他 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://naoterada.exblog.jp/tb/9961625
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 2時間 湯けむり ジャネ.. at 2008-12-01 11:21
タイトル : ムンバイ
ムンバイのテロ事件、中国人の死亡のないことが確認ムンバイの同時多発テロ アメリカ人、6名死亡確認 5千人を殺す目的だった ムンバイ、そしてバンコクにインド・ムンバイ同時テロ:インド・パキスタン緊張 双方「国境に軍展開」インド・ムンバイ同時テロ:米大統領声明「捜査に協力」【ムンバイ同時テロ】米大統領、ライス国務長官をインドへ派遣... more
Commented by mikansky at 2008-12-01 10:29
毎年1年が終わるころになると思います。
来年こそ、身をえぐられるような悲しい思いをする人が無くなりますように。
来年こそ、恐怖に眠れない夜を過ごす子供が無くなりますように。
でも、その願いが一瞬のうちにかき消されるほどの空虚なものであることも、私には痛い程わかっていて・・・。
どうしたらいいのでしょうね。
欲しい物は何でも手に入り、夢のようにきらびやかなクリスマスライトが溢れ、暖かく幸せに眠ることができるこの街で、
私には一体何ができるのか。
こうしている間にも、世界は転がり続けているのですね。
Commented by naoko_terada at 2008-12-06 10:51
mikanskyサマ

私の仕事机の前の壁に、
そのときにカメラマンが撮ってくれたガイド、ドライバーと一緒に写っている写真が貼ってあるのです。

何もできない、ということほど空しいものはありません。
Commented by baby.chappy at 2008-12-15 18:34
直子さん、ただいまです。タイムリーな時期に行ってしまい、私も帰国が遅れました。普通には10日待ちだと言われ、香港経由で帰りました。ニュースでは空港の様子も連日放送されていましたが、やはりインドのニュースがメインで流れていました。胸が痛む出来事はいつになればなくなるのでしょう。街中に軍人が立ち、警備を始めた時に、いつもは日本で平和ボケしてしまっていた自分に気付きました。亡くなった皆さまのご冥福を心よりお祈りします。
Commented by naoko_terada at 2008-12-25 02:20
baby.chappyサマ

おかえりなさい!
大変でしたね。でも、こういうときだからこそ、ローカルの人たちの前向きで明るい笑顔に癒されたりするものですね。

来年も数多くの出会いがあることを!

よいお年をお迎えください。
<< フランス風に ~In the ... 憧れのタヒチ、ボラボラ・クルーズへ >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム